慰安婦問題について、いろんな報道: 番外編、セウォル号沈没事故のよう?橋を爆破して逃げた漢江人道橋爆破事件とサラエボ事件は6月28日。

Translate

2014年6月29日日曜日

番外編、セウォル号沈没事故のよう?橋を爆破して逃げた漢江人道橋爆破事件とサラエボ事件は6月28日。

朝鮮戦争の1950年、韓国軍はソウル市民を見捨て、橋を爆破して逃げた
The Huffington Post
投稿日: 2014年06月28日 14時25分 JST 更新: 2014年06月28日 18時22分 JST
6月28日は、朝鮮戦争初期、韓国軍が首都ソウルの漢江(ハンガン)
に架かる橋を爆破し、多数の犠牲者が出た日だ。
大勢の避難民が橋の上にいるにもかかわらず爆破作戦が実行され、
500人とも1500人とも言われる人々が死亡した

【関連記事】 朝鮮戦争、開戦から64年...知られざる戦禍の数々【画像集】 

大統領が逃げ、国民を欺き続ける中で、北朝鮮の南進を少しでも遅らせるため、
韓国軍はソウルを東西に流れる漢江の人道橋(人間、車用)を爆破した。

韓国国防部の朝鮮戦争60年事業団のブログは
「為政者による無責任の極致だった」と批判している
 

日没とともにライトアップされる漢江に架かる
漢江大橋

minaQのつぶやき 네토미나 より

2014/06/25 10:10
 聯合ニュース

[歴史と責任①] セウォル号の悪魔、大韓民国の悪魔…


韓洪九(ハン・ホング)教授のセウォル号惨事 特別寄稿
私たちの歴史の中にセウォル号の悪魔を上回りこそすれ
決して下回らない悪魔はあまりにも多かった。
1950年6月の北朝鮮軍全面攻勢以後、大統領李承晩が
ソウルを捨てた頃に立ち返ってみよう。

じっとしていなさいセウォル号に、じっとしていなさいソウルに








   韓洪九(ハン・ホング)聖公会(ソンゴンフェ)大教養学部教授 

hankyoreh 

  

 「サラエボ事件」から100年 2014年6月28日 revirasu
投稿日:                                                                 1
サラエボ事件100年で追悼式典
(29日06:28)
 第一次世界大戦のきっかけとなったサラエボ事件からちょうど100年となる28日、
事件の舞台となったボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボで追悼式典が開かれました。

TBSの動画ニュースサイト News i


0 件のコメント:

コメントを投稿