慰安婦問題について、いろんな報道: 韓国人被爆者への支援、実に40億円も 「冷淡」と言われヤル気うせる。長崎・平和公園の朝鮮人追悼碑 政治利用される慰霊の場 慰安婦資料館の看板も 設置許可を市はだしたらしい・・

Translate

2016年5月28日土曜日

韓国人被爆者への支援、実に40億円も 「冷淡」と言われヤル気うせる。長崎・平和公園の朝鮮人追悼碑 政治利用される慰霊の場 慰安婦資料館の看板も 設置許可を市はだしたらしい・・

2016.5.28 15:30 2 【ソウルからヨボセヨ】産経ニュース
韓国人被爆者への支援、実に40億円も
オバマ米大統領の広島訪問で韓国では、
被爆当時、広島や長崎に居住していた
韓国人被爆者のことが思い出したように話題になった。
被爆者の約1割が韓国人だったといわれ、
そのうち戦後、韓国に引き揚げた人々に対する
日本からの支援運動は1970年代以降、本格化した。
 日韓国交正常化が1965年だから、
それまではいわば「見捨てられた在韓被爆者」で、
その存在を訴えた同じタイトルの本が
日本で70年に初めて出版されている。
問題が韓国や米国に関わるものだったため当初は、
歴史的贖罪(しょくざい)意識が強く
かつ反米・反日的な左派・リベラル勢力に関心が強かった。
 その後、官民双方で支援が続けられ、
90年には日本政府が「人道医療支援基金40億円」を提供している。
昨年末、日韓で合意した新たな慰安婦支援が10億円だから、
四半世紀前の40億円は相当大きい。
この基金は韓国側で医療支援や福祉会館建設などに使われたが、
結果的には長期的かつ効果的な運用に失敗し、
「食いつぶされた」といわれる。
そのあげく韓国マスコミには「日本は何もやっていない」
「冷淡だ」といった非難がいつもの“日本たたき”として出る。
 何をやっても評価されず、
文句ばかり言われ続けたのではヤル気はうせます。(黒田勝弘)
【オバマ大統領広島訪問】米メディアはどう伝えたか?
「日米が希望を生み出すともしびになる」

韓国人慰霊碑、長崎市長「ふさわしい形で設置」 
2014年07月30日 11時26分 YOMIURI ONLINEホームへ
長崎市の平和公園に
韓国人原爆犠牲者慰霊碑の建立が計画されている問題を巡り、
田上富久市長は29日の記者会見で
「ふさわしい形の慰霊碑が設置できるように、
調整を進めたい」と述べた。 
 慰霊碑は、韓国政府と在日本大韓民国民団長崎県地方本部
今年1月、市に設置許可を申請。計画によると、
直径4・4メートルの円形台座に、高さ3・7メートルの石碑などを建立。
碑には原爆犠牲者を慰霊する思いや、
 「この地での過酷な強制労働と虐待」などの文章を刻むことになっている。
 現在、市は申請者に、慰霊碑の大きさや設置場所、
碑文の内容などについて、再検討を求めている。
田上市長は「話がまとまれば、前に進むと思う」と語った。

平和公園の朝鮮人追悼碑設置継続、長崎市が許可
2014.7.26 03:46
長崎市・平和公園の市有地に建立された
「長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼碑」と説明板について、
設置期限が切れたまま長年放置されていた問題で、
長崎市が設置の継続を認めたことが25日、分かった。
 説明板は日本の戦争責任を追及する内容となっており、
市民から批判も出ているが、市は
「協議の上で決定した。碑と説明板は
(原爆)犠牲者追悼のためと理解している」
(みどりの課担当者)とした。
 碑と説明板は、市民団体「長崎在日朝鮮人の人権を守る会」が、
公園管理者である市の許可を得て設置。
それぞれ昭和57年と平成10年に設置期限を迎えたが、
更新申請はなされず、市も指導せず放置していた。
  説明板には日、英、韓の3カ国語で「日本が朝鮮を武力で威かくし、
植民化し、その民族を強制連行し、虐待酷使し、
強制労働の果てに遂に悲惨な原爆死に
至ら しめた戦争責任を、彼らにおわびする」などと記載。
同会は毎年8月9日に追悼碑前で政治色の強い集会を開催している。
昨年の集会では団体の代表者が
「日朝 平壌宣言に基づいて
国交を正常化する努力を怠った日本の責任も重大だ」
などとあいさつした。
 「慰霊以外の政治的目的で使われている」
などとする市民の指摘があり、
市は昨年12月、同会に更新申請を出させた上で、
今月15日付で許可を出した。
集会についても特に指導・要望は行わなかったという。

聯合ニュース
長崎での韓国人被爆者慰霊碑設置事業
 半年以上ストップ 2014/07/24 10:56
【東京聯合ニュース】
長崎市の韓国人原爆犠牲者慰霊碑建設推進事業が
半年以上ストップしていていることが
24日、分かった。
 在日本大韓民国民団(民団)関係者は
聯合ニュースの取材に対し、
「今年1月に長崎市の平和公園に慰霊碑設置のための許可を申請したが、
まだ市から許可が下りていない」と明らかにした。
現在、市側と交渉を進めているという。
 慰霊碑の建設を支援する駐福岡韓国総領事館関係者は
「碑文の内容や碑石の大きさなどをめぐって
長崎市側と調整を続けている」と伝えた。
 関係者らの話をまとめると、韓国人原爆犠牲者が生まれた背景をめぐり
強制徴用問題など韓国の植民地時代の被害に関する内容を
碑文に盛り込むかどうかが判断の鍵になっているもようだ。
 ある外交筋は
「韓日関係が悪化する中、韓国人が植民地時代に受けた被害を
碑文に刻むことについて長崎市側が懸念を示しているようだ」と話した。
 実際に、慰霊碑建設に反対する右翼団体などが同市や同市議会に
圧力をかけているとされる。
 日本メディアは22日、「市によると、日本による強制労働を非難する内容を含む
碑文案に1000件以上の意見が寄せられ、大半が批判的だった
建立反対の陳情も市議会に出された」と報じた。
  同様の事例として、群馬県は22日、県立公園に立つ戦時中に動員・徴用された
朝鮮人犠牲者の追悼碑について設置許可更新を認めないことを決めた。
この追悼碑を設置した市民団体が毎年、追悼集会で日本に強制連行に対する
謝罪を求めるなど、「政治的活動」を行っていることを理由に挙げている。 
sjp@yna.co.kr

【長崎・平和公園の朝鮮人追悼碑】
政治利用される慰霊の場 市の姿勢が助長 慰安婦資料館の看板も

0 件のコメント:

コメントを投稿