慰安婦問題について、いろんな報道: 東北アジア歴史財団が英語で慰安婦証言を公開。韓国、慰安婦白書発刊へと云いつつ、韓国主導で東アジア5カ国慰安婦研究に着手らしい ・・・ 続報

Translate

2015年1月24日土曜日

東北アジア歴史財団が英語で慰安婦証言を公開。韓国、慰安婦白書発刊へと云いつつ、韓国主導で東アジア5カ国慰安婦研究に着手らしい ・・・ 続報

Northeast Asia History Network
東北アジア歴史財団が英語で慰安婦証言を公開  2015/01/24 





日韓の共通認識 日本は韓国にとって何なのか?
金慶珠・李元徳
韓国政府が日本軍慰安婦白書の編纂に乗り出すという
ニュースのまとめ。
日本政府が行った河野談話検証への対抗策ということであるが、
6月の文化日報は、白書を通じて日本の慰安婦蛮行を全世界に
さらに広く知らしめるのだと政府以上に意気込んでいた。
彼らが官民上げて取り組んでいる「慰安婦問題の国際化」、
つまりジャパン・ディスカウントである
そして、今月になって白書作りの陣容が明らかにされた。
国民大学のイ・ウォンドク李元徳(이원덕)教授や
(李元徳 : 1962年生まれ。
1985年ソウル大学校外交学科卒業。国民大学校国際学部副教授。
専攻は日韓関係史、国際関係論
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ) 
成均館大学のイ・シンチョル(이신철)研究教授(?)などが執筆者となり、
女性家族省の次官を団長として外交部・国務総理室・東北アジア歴史財団などが
バックアップ。慰安婦制度が国際法上の犯罪行為であることを立証するのだそうだ。
イ・ウォンドク教授について何か情報がないかと探したら、朝日新聞
朝鮮日報によるインタビューがあった。
若干反日度が足りないような気もするが、「昼は反日、夜は親日」の国だから分からない。
イ・シンチョルは、2月に上海で開催された国際会議に韓国の代表として参加。
日本軍は強制動員関連資料を焼却した、立証する資料がないという
日本政府の言い分は通らないと主張した学者。
もしかしたら、2chのコピペ職人かもしれない。
                       続・慰安婦騒動を考える 
2014年12月25日木曜日
慰安婦関連資料1065点 国指定記録物に指定 =韓国。従軍慰安婦の資料公開で中国人驚き「強制連行ではない」の声も、レコードチャイナ。
2014年6月27日金曜日
韓国外交部サイトに上げた映画は、どうやら広島大の講義での映画と同じらしい・・
韓国主導で東アジア5カ国慰安婦研究に着手…
韓国学中央研究院〔院長/李培鎔(イ・ベヨン)〕が
韓国を含む5カ国の慰安婦事例研究に着手した。
韓国・中国・台湾・インドネシア・フィリピンが対象だ。
李培鎔(イ・ベヨン)韓国学中央研究院長
先月始めたこの研究は来年12月まで1年6カ月の間、
進められる。
  李培鎔院長は「東アジア地域を包括する慰安婦研究は
今回が初めて」としながら「韓国の被害が最も大きいことは
事実だが、日本の論理に きちんと反論するためには
研究対象を国外に拡大して資料を集大成する
必要がある」と15日、明らかにした。
慰安婦が日本軍の占領地ごとに形成されたため、 
拡大した地域研究が必須という意味だ。  
韓国学中央研究院はこの地域の被害者規模を
把握した後、面談を通じて口述資料を確保する計画だ。
それだけでなく各国家が保管している資料も収集する。
韓国学中央研究院では日本社会史を専攻した金京一(キム・ギョンイル)教授が
研究の責任を負 い、中国・台湾の研究陣が合流した。
右翼論理に反対する日本学者も一部参加している。

  研究目標は慰安婦徴集の手続きと過程を糾明することだ。
徴集の強制性を証明する根拠と論理を確保することに焦点を合わせる。
資料発掘 と整理が終われば、政府が来年にユネスコ世界記録物として
登録を申請する計画の慰安婦記録物に含められる計画だ。
李培鎔・国家ブランド委員会委員長

李院長は「慰安婦問題は東アジアはもちろ ん
全世界的な関心事になった。
東アジアが連帯して学問的に真実を糾明でき、
ユネスコ登録申請を通じて国際世論にも
影響を及ぼすことができるとみている」と 話した。         
※ 李培鎔氏は元国家ブランド委員会委員長。     

「韓流ドラマもK-POPも根元には伝統文化DNA」 
2011年08月24日12時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
「韓流といえばドラマ、K-POPを思い出すが、
包括的に見ると伝統文化のDNAが流れ ている。
例えばアイドルグループ内の役割分担は農業社会の協業精神を受け継いでいるものだ。
世界的な競争力を確認した大衆文化韓流の底辺にコリアブランド があることを
確認する場になるだろう」(李培鎔国家ブランド委員会委員長
ディスカウントジャパン運動とは、国際社会における日本の価値や評判を下げて、
日本の地位失墜をめざす運動のこと[1][2]
2014/06/30 10:49
聯合ニュース


韓国、慰安婦白書発刊へ…河野談話検証に対抗か

読売新聞 2014年06月24日10時05分
YOMIURI ONLINEホームへ


時事通信 2014/06/24-11:55

【河野談話検証報告書 】 交渉「暴露」に賛否交錯 修正封印に期待、韓国反発   (共同通信)2014/06/24 10:28
 
河野談話の検証報告書を日本政府が公表したことに対し、
別所浩郎駐韓日本大使(左)を呼んで抗議した
韓国外務省の趙太庸外務第1次官=23日、ソウル(共同)

0 件のコメント:

コメントを投稿