慰安婦問題について、いろんな報道: 振り上げた拳の着地点「実は韓国もどうしたらいいか分からない」 ・・・ ( ゚д゚)ポカーン 産経新聞

Translate

2014年6月25日水曜日

振り上げた拳の着地点「実は韓国もどうしたらいいか分からない」 ・・・ ( ゚д゚)ポカーン 産経新聞





【歴史戦 第3部 慰安婦 韓国との対話(4)】
振り上げた拳の着地点「実は韓国もどうしたらいいか分からない」
2014.6.25 11:43 (1/3ページ2/3ページ3/3ページ
元慰安婦の経験を記憶・教育するため、
反日団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」
(挺対協)が2012年5月に開設したソウル市の
戦争と女性の人権博物館」を訪ねた。  

 「戦争と女性の人権博物館」日本建設委員会
慰安婦グッズリスト  リンク
「もうひとつの歴史館・松代」建設実行委員会
韓国挺身隊問題対策協議会 韓国語サイト 
  
この博物館建設に当たっては、日本からも多くの寄付金が寄せられた。
寄付者の名簿を見ると、個人名のほか次のような団体名が記されている。
大阪市労組、JR東労組、自治労東京本部、ピースボート、広島県教職員組合…。
JR東労組とは、左翼過激派の日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派
(革マル派)の活動家が相当浸透していると政府が認定している団体だ。
韓国の「反日」の背後には、必ずそれと連携する日本の左派系団体や
個人の影がある。
そして彼らは、韓国では「良心的日本人」と呼ばれているのだ-。


 ソウル市在韓日本大使館前の慰安婦像



                 戦争と女性の人権博物館

0 件のコメント:

コメントを投稿