慰安婦問題について、いろんな報道: 「さすがテロ政党」とやじられ、共産・志位氏、 事実関係の究明要求。赤旗による、安倍政権へのネガティブキャンペーン記事。・・・講義調査自体が圧力 田村氏 「慰安婦」絡み文科省 赤旗記事より

Translate

2015年2月17日火曜日

「さすがテロ政党」とやじられ、共産・志位氏、 事実関係の究明要求。赤旗による、安倍政権へのネガティブキャンペーン記事。・・・講義調査自体が圧力 田村氏 「慰安婦」絡み文科省 赤旗記事より

衆院本会議で代表質問する共産党の志位和夫委員長=17日、国会 
志位和夫委員長の代表質問 日本共産党
2015/02/17 に公開 2月17日、衆院本会議での代表質問と安倍首相の答弁
※ヤジの部分は聞き取れませんでした
 
産経ニュース2015.2.17 19:22更新
「さすがテロ政党」共産・志位氏へのやじで、
事実関係の究明要求
共産党の志位和夫委員長が17日の衆院本会議で代表質問した際、
議場から「テロ政党」とのやじが飛んだ。
共産党は問題視し、林幹雄衆院議院運営委員長に事実関係の究明を申し入れた。
 問題のやじは、志位氏が過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件に関する認識や、
テロ組織をどう解体に追い込むかを安倍晋三首相にただした際に飛んだ。
「さすがテロ政党」との内容だった。
 共産党によると、どの位置から声がしたか、はっきりしなかったという。
やじが聞こえなかった共産党議員もいるといい、
議場は一瞬ざわついたが、混乱は起きなかった。

2015年1月26日月曜日共産・池内氏が謝罪「今の時期に昨日のようなツイートは 不適切だと考え削除しました」。池内議員がのたうちまわっていたようです・・共産・池内氏「心の底から許せない政権」 殺害画像受け投稿も削除
2014年10月24日金曜日
保守速報を見てたら、日本共産党の吉良さんの記事が目にとまりました。


検索キーワード「赤旗」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年10月6日月曜日
赤旗、「吉田証言」記事取り消しのおわび記事。 得意満面なネガキャン記事で安倍政権を攻撃中の模様 ・・・・
2014年8月30日土曜日
国連委が日本に勧告、自民 国会デモ 規制検討へ 赤旗反発する。 ピレイ人権高等弁務官、以前からちょっとアレな人だった
  「しんぶん赤旗」
2014年10月13日(月)
「河野談話」否定派の系譜(上)  

策動当初から国際的批判 講義調査自体が圧力
日本軍「慰安婦」問題で、「朝日」検証報道(8月5、6日付)をきっかけに「『吉田証言』を
根拠として、日本の名誉は地に落ちている」(稲田朋美・ 自民党政調会長、
3日の衆院予算委)などとする主張が、「靖国」派の政治家や一部右派メディアから
流されています。しかし、日本の「国際的名誉」を傷つけ てきたのは誰か、歴史的経過を
みれば明らかです。

攻撃の矛先
 1993年8月4日、「慰安婦」問題で日本軍の関与と強制性を認め、おわびと反省を表明した

「河野洋平官房長官談話」が発表されました。
「靖国」 派の攻撃の矛先は当初、その直後に出た細川護熙首相発言―
「私自身は、(先の戦争は)侵略戦争であった。間違った戦争であったと認識している」
(同年8月 10日)―に集中し、自民党靖国関係三協議会が中心になって、自民党内に
「歴史・検討委員会」が設置され、侵略戦争美化の見解をまとめました。
当時新人議員だった安倍晋三氏(現首相)は、このとき委員に抜てきされました(95年6月)。

 こうした逆流にもかかわらず、政府は95年、侵略と植民地支配へのおわびと反省をのべた

「村山富市首相談話」を発表。
「慰安婦」問題では、93年 の国連人権委員会の差別防止・少数者保護小委員会や
94年の国際法律家委員会がとりあげ、国連人権委員会に「女性に対する暴力、その原因と
結果に関する特別報告者」が設置されました。
報告者に任命されたラディカ・クマラスワミ氏は「慰安婦」について「明確に性奴隷制であり、
かつ奴隷に似たやり方である」と 告発しました。 ※クマラスワミは別途問題がありますね。

 こうしたなか、歴史逆流勢力が巻き返しのために標的にすえたのが歴史教科書でした。
自民党の「明るい日本国会議員連盟」は、96年9月「教科書問題に関する決議」をあげ、
南京大虐殺や日本軍「慰安婦」に関する記述を削除するよう要求。
同年12月には民間団体「新しい歴史教科書をつくる会」が発足し ました。

 それを加速させたのが、安倍氏らが97年2月に結成した

「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」でした。
安倍氏が事務局長を務めた同会には、菅義偉、高市早苗、下村博文の各氏ら、
現安倍内閣の中心閣僚が顔を並べています。

 若手議員の会は、すでに自民党総裁を経験していた
河野洋平氏や石原信雄元官房副長官ら、「河野談話」作成の関係者を呼び出し、
勉強会と称して攻撃的質問を浴びせていました。
同会発行の冊子『歴史教科書への疑問』では、「河野官房長官談話は、当時の作られた
日韓両国の雰囲気の中で、事実より外交上の 問題を優先し…軍の関与、官憲等の
直接な加担があったと認め、発表されたもの」(安倍氏)、「『従軍慰安婦』の強制連行など
実際にはなかった」(菅氏)な どと「河野談話」を攻撃していました。

 同年5月には、右翼改憲団体が合流し、「日本会議」が結成され、

侵略戦争美化と改憲の両面で活動を強めました。
逆流の動き

 しかし、こうした動きは日本の「汚名をそそぐ」どころか、日本の国際的名誉を深く傷つけ、

国際社会から不信、批判の的となり続けました。

 98年8月には、国連人権委員会の差別防止・少数者保護小委員会に

ゲイ・マクドゥーガル報告書が提出され、「慰安所」と「慰安婦」という表現は
婉曲(えんきょく)であり「レイプセンターの性奴隷」と表現すべきだと厳しく批判しました。

 99年3月には、国際労働機関(ILO)条約勧告適用専門家委員会が、

補償措置などを求める報告書を発表するなど、日本政府の責任回避に批判が集中しました。

 「河野談話」以降90年代には、自民党などの歴史逆流の動きに対し、

「慰安婦」問題を人道犯罪とする立場から国際的批判が強まっていったのです。(つづく)

「河野談話」否定の議連 安倍政権に出身閣僚10氏
「慰安婦」問題 不誠実対応 背景に 

田村氏 「慰安婦」絡み文科省 2014年6月26日(木)

広島大の「慰安婦」授業を攻撃 「産経」記事は学問の自由侵害
科学者会議支部が声明  2014年5月25日(日)
「しんぶん赤旗」
日本共産党






写真
(写真)質問する田村智子議員=19日、




2014年6月19日 参議院中継動画






田村智子(日本共産党)  田村智子(日本共産党) 田村智子(日本共産党)   
参議院インターネット審議中継


中丸委員
要は、こういうものを授業の中で組み込むことに対して産経新聞は
問題視しているわけなんですけれども、文科省としてこの事実をどういうふうに
把握されているかというのを教えていただければと思います。
上野大臣政務官
大切なことは、このような講義を通して映画を見せたり、演劇を見せることが
目的ではなく、それを見せた後どのような指導をしていくか、
特に政治的なものであれば、政治的な中立性を保ちつつ
子供たちに何を学ばせるかという、そこのところが大切であると思っております。 

上野大臣政務官 先生の御指摘ですが、一般に、国立大学の役員とか職員が、
依頼に応じて学生団体の発行物等に挨拶文を寄せることはあると思われますが、
そうした場合に、依頼を受けた当人が、個々にその対応について
判断しているのではないかと考えるところでございます。
・・・省略
 前回もお話ししましたように、この「琉大ライフ」のような配付物であっても、

大学執行部の一員である理事や副学長の挨拶文を掲載することにより、
当該発 行物の記載内容について、新入学生等に対して、
大学の公式な見解を示すものと誤解を与えるようなことは
避けなければならないと考えております。 

中丸啓(日本維新の会) 【衆議院 内閣委員会】
~平成26年5月23日 国会中継~ 広島大の件についての質疑動画。

衆議院

【歴史戦 番外編】元慰安婦の映画上映「特に問題ない」 
広島大、改善点は認めたが…
2014.6.14 19:18 (1/2ページ2/2ページ [「慰安婦」問題] 産経

【歴史戦 第2部 慰安婦問題の原点(2)前半】講義で「日本の蛮行」訴える韓国映画上映 広島大准教授の一方的「性奴隷」主張に学生から批判 産経
2014.5.21 08:18 (1/3ページ)2/3ページ3/3ページ「慰安婦」問題
 産経ニュース

0 件のコメント:

コメントを投稿