慰安婦問題について、いろんな報道: 「強制連行」という魔術語

Translate

2014年7月5日土曜日

「強制連行」という魔術語

鄭大均
尚中を批判する
鄭大均

.
飛鳥新社
1200円+税
【日韓の細道】
「強制連行」という魔術語 首都大学東京特任教授・鄭大均
2014.7.5 11:00 (1/4ページ)
「強制連行」という魔術語を使って在日の由来を語ったのは 
朴慶植(パク・キョンシク)氏の『朝鮮人強制連行の記録』(未来社、1965年)である。
この本 には60年代末に出合ったが、ひとごとのような気がした。
私は父が「強制連行」で日本に来たのではないことを知っていたし、
周囲の在日一世にもそれらしき 人はいなかった。
一世とは、無理算段して朝鮮の故郷を脱出した人びとではなかったのか。 
http://ja.wikipedia.org/wiki/鄭大均

 検索キーワード「鄭大均」に一致する投稿を日付順に表示しています。
 関連性の高い順
2014/04/06
なぜロスやパリで日本軍性奴隷の話が流布するのか(鄭大均)
2014/02/27 米国の騒動は韓国系のごく一部が主導 (鄭大均)
2012/01/09 鄭大均 「良心的日本人」が韓国人の中の偏見を助長
2011/09/11 フォーカス台湾 「台湾は日本軍占領地だった」
                                   続・慰安婦騒動を考える より

0 件のコメント:

コメントを投稿