慰安婦問題について、いろんな報道: お散歩デモが日本に効果的とネタが尽きた中央日報が論陣をはる、安倍政権以前から韓国は反日だと言ってるわけで・・

Translate

2014年7月2日水曜日

お散歩デモが日本に効果的とネタが尽きた中央日報が論陣をはる、安倍政権以前から韓国は反日だと言ってるわけで・・

中央日報「悪い癖を直す」発言より「散歩デモ」が日本に有効だった(1)
2014年07月02日09時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
1995年11月14日。中国国家主席として初めて韓国を訪れた江沢民主席が、
金泳三(キム・ヨンサム)大統領と青瓦台(チョンワデ、大統領府)に一緒に立った。
共同記者会見で両首脳は声を一つにして日本を糾弾した。

日本政治指導者が「韓日併合は合法」などと妄言を繰り返していた時期だった。
江主席が
「中国国民は日本の過去の侵略行為、特に南京大虐殺を絶対に忘れることができない」
と一喝した。金大統領はさらに強度を高めた。
「日本の政治家の妄言が続いて いる。今回は悪い癖を直す。
文民政府は過去の軍事政府とは違うということを日本に見せる必要があると考える」。 
中国との対日外交協調、この2枚の写真に答えある=1995年、金泳三大統領と江沢民中国国家主席は妄言を繰り返す日本を相手に“挟撃”をした。左の写真は11月14日、両首脳が青瓦台で首脳会談前に握手している姿。金大統領は「(日本の)悪い癖を直す」と述べた。右側の写真は4日後の18日、大阪のAPEC首脳会議で両首脳が散歩する姿。村山首相が会議場の入り口で待っていたが、両首脳は泰然と散歩を楽しみ、日本政府に向けて無言のデモをした。(中央フォト)
中国との対日外交協調、この2枚の写真に答えある=1995年、金泳三大統領と
江沢民中国国家主席は妄言を繰り返す日本を相手に “挟撃”をした。
左の写真は11月14日、両首脳が青瓦台で首脳会談前に握手している姿。
金大統領は「(日本の)悪い癖を直す」と述べた。
右側の写真は4 日後の18日、大阪のAPEC首脳会議で両首脳が散歩する姿。
村山首相が会議場の入り口で待っていたが、両首脳は泰然と散歩を楽しみ、
日本政府に向けて無 言のデモをした。(中央フォト)
「悪い癖を直す」発言より「散歩デモ」が日本に有効だった(2)
国内でも相手にされない朴大統領
最恐男プーチンにまで喧嘩を売った朴槿恵韓国「コリアという病」の代償
日刊大衆日刊大衆

 
オバマの前で「中国が頼み」と言い切った朴槿恵
首脳会談でも韓国を引き戻せなかった米国

鈴置 高史

   日本の専門家はこう読む。
韓国と米日の別個のMDを統合運用するのは技術的に不可能に近い。
そもそも韓国が独自のMDを開発するのは経費、時間の面からいって現実的ではない。
 

 「韓国型MD」の開発・導入を韓国政府が本気で言っているとは思えない。
米軍もまともに機能するとは見なしていないだろう。

韓国のハラづもりは以下であろう。
中国に対しては「構築するのはあくまで韓国独自のMDであり、3国軍事協力体制に

組み込まれたわけではない」と言い訳する。

米国には「相互運用性を向上させれば米国主導のMDに参加しているのと同じだ」

と納得してもらう。

実態がどうであろうと、米国だってオバマの顔を立ててもらえれば文句はないはずだ。
我が国は敵ミサイルを捉える能力が足りない。米国のくれる衛星情報はあった方がいい。
 米国から突きつけられた踏み絵を、韓国は別の物にすり替えて踏んで見せた。

米国も、それは分かっていて「合意」したのだろう。
大統領訪韓の目に見える成果が必要だったのだから。

早くも空手形?
 そして、もう1つの踏み絵である日本との軍事協定。韓国はこれも米国に譲歩した。

しかし、早くも空手形になる雲行きだ。
Joint Fact Sheet」(英語)では以下のように記された。
米韓両国は北朝鮮の核とミサイルの脅威に対抗するため、米韓日3国の情報の交換が

重要であるとの認識で一致した。
 軍事協定を結ぶとまで韓国は約束しなかったが、含みは持たせた。

だが、朴槿恵大統領は共同会見で記者の質問に以下のように答えた(注4)。
(注4)朴槿恵大統領の発言はここで読める(韓国語)。

従軍慰安婦問題に対し(日本が)何か実質的な提案を持って誠意ある努力をなした時に、

信頼の絆が生まれ「協力しよう」という動力となるであろう。
 「慰安婦問題で進展がないと日本とは一切、協力しない――つまり、

軍事協定は結ばない」と言ったのも同然だ。

 2013年9月に訪韓したヘーゲル米国防長官も3国軍事協力を求めた。

朴槿恵大統領は直ちに拒否したが、この時も「慰安婦」を言い訳に使った。
韓国の姿勢も手口も全く変わっていない。 

【世界を斬る】米国は韓国を必要としない ツマ弾きにされ始めた韓国企業
2014.07.02 (1/2ページ)

経済関係が悪化してきた米国と“ならず者国家”韓国(AP)【拡大】
今や世界的な資金の流れは、資金を提供する側に有利な
資金主導型から、企業側が有利なマーケット主導型に
変わりつつある。こうした変化が起きたのは、
よう やく日本の市場が安定してきたこと、米企業が活性化すると同時に石油の値段が
上がり始めたためだった。
資金の流れの変化で、韓国と米国の経済関係と政治関 係も大きく変化した。 

韓国は少なくとも第2次大戦後、米国の軍事同盟国で友好国だった。
ところが、経済の時代になった今、経済的な関係が悪化している韓国は、
米国にとって友好国ではなくなった。
米国にすれば、経済的“ならず者国家”韓国を政治的に友好国として遇する必要は
なくなったのである。 国際情勢の変化で、米国は韓国を必要としなくなった。
中国と日本、台湾、アジア諸国との軍事的・政治的な緩衝国としての韓国の存在価値は、
今や全く失われてしまった。

さらに、重要なのは、オバマ大統領が中国を敵とする米国の基本的な国際戦略を
捨ててしまったことから、米中関係に地殻変動的な変化が起きていることだ。
中国の習近平主席が日本や北朝鮮より先に韓国を訪問し、朴大統領と
首脳会談を行うことに、神経質になっている人がいる。

 だが、米国の指導者や米国民からすると、習氏の訪韓は、米国の国際戦略が

太平洋戦争以前に戻ったことを象徴しているにすぎない。 ■日高義樹(ひだか・よしき)

朴大統領、中国でまた日本批判 「共闘」主張の韓国紙、 
NewSphere「中韓の温度差」指摘の日本紙  更新日:2014年7月3日
韓国の朴槿恵大統領は、2日に放映された 
中国国営中央テレビ(CCTV)のインタビューで、
日本政府が6月20日に公表した
河野談話の検証結果を非難した。

【中国と韓国には温度差か?】
 ただ劉氏は、「今回の訪韓は日本を意識したものではない」とも説明し、
「日本に関連する措置や声明、会談の内容などを発表することはないと思う」
(朝鮮日報)と述べている。
 また聯合ニュースは、3日の会談で話し合われる予定の最重要課題は、 
北朝鮮の核兵器開発の問題だろう、と報じている。
 中国のテレビに出演しているにもかかわらず、日本批判を繰り返した朴大統領に対し、
北京の改革派知識人から「もっと中韓関係のことや朝鮮半島の
非核化問題に関する考えを知りたかった」との感想が聞かれた、
と産経新聞は報じている。同紙は、中国政府が5月から日本の訪中団を
積極的に受け入れるなど、対日強硬姿勢を緩和する動きを取り上げた。
そして中国政府の朴政権との温度差を指摘する向きがあるとしている。

週刊文春デジタル
習近平に足許を見られた朴槿恵「反日同盟」で中国の属国に 
2014-07-03 05:00
中国の習近平国家主席が七月三日に訪韓する。
これまでの慣例を破り、北朝鮮より韓国を優先したのだ。
「韓国大手各紙は『中韓の関係を深める意味で歓迎すべき』と
絶賛する論調が相次ぎました」(ソウル在住の韓国人ジャーナリスト)
 だが、そこには大きな落とし穴が潜んでいる。

0 件のコメント:

コメントを投稿