慰安婦問題について、いろんな報道: 番外編、さよなら韓国 「韓国の一つの終わり」実感 産経記事

Translate

2014年7月20日日曜日

番外編、さよなら韓国 「韓国の一つの終わり」実感 産経記事






最初の三養ラーメン
三養ラーメンを作った全仲潤会長

黄色の三養ラーメンは最近売りだされた約50年前の復刻版
産経ニュース
【から(韓)くに便り】「韓国の一つの終わり」実感              
2014.7.20 13:00 (1/3ページ
先日、韓国でインスタントラーメンの草分けだった

三養(サムヤン)食品」の創業者、 全仲潤(チョン・ジュンユン)名誉会長が亡くなった。

94歳だった。 インスタントラーメンは1958年に日本で開発され、その後、世界に広がった。
現在、世界で最大の生産国は中国だが1人当たりの消費量では韓国が世界一で ある。

その韓国で1960年代に初めて製造販売を手がけたのが、全仲潤氏だった。
世界インスタントラーメン史の初期に、彼がどのようにしてそれを始めたのか、
その歴史は何回、思い出しても感動的である。

  彼は、日本で1959年に食べたインスタントラーメンのことが忘れられず、
まだ貧しく食糧難だった韓国の国民に「何とかあれを食べさせられないものか」と 
一念発起し、日本からの導入を決意する。国交正常化2年前の1963年、
「国民の窮乏を救いたい」という彼の志にいたく共感し協力を約束してくれたのが
 「明星食品」の当時の奥井清澄社長だった。

 技術提供は無償(!)。全仲潤氏は明星食品の工場に10日間、通い詰めて
製造技術を学び、最大の難問だった原料配合表(レシピ)も提供された。
帰国後、明星食品から技術者が1カ月間、派遣された。
製造機械の半額提供以外はみんな無料だった。

こうして翌1964年、初めての製品が出荷され、これが“ラーメン王国・韓国”のスタートとなった。
 全仲潤氏の死去に際しては韓国のマスコミも 2/3ページ
「庶民の飢えを解決した“ラーミョンのゴッドファーザー”」(東亜日報)などと
大きく報道していたが、肝心の明星食品との“美談”に触れたものはなかった。

生前、彼に長時間インタビューしたことのある林廣茂・前同志社大教授によると、
彼は青年時代だった日本の戦時中、ソウル(当時は京城)で逓信省の仕 事をしていて、
同僚の日本人たちが「この戦争は日本の負けだ。
そのうち朝鮮は解放されるからもう少し辛抱しろ」といっていたと、
心優しい日本人の思い出を 語ってくれたという。

 また日韓併合など過去の歴史については
「不幸の始まりだったが、ロシアや中国の支配下に入らなかったことは不幸中の幸いだった」
というのが持論だったという。
 戦後の日韓交流史にはビジネスをはじめ多くの分野でこうした美談があるのだが、
韓国ではなぜか表向き語られず、記録されない。マスコミが伝える“美談”というと、
歴史問題や領土問題などで韓国の立場を支持し、日本を批判する日本人との協力話ばかりだ。

ところで先日、ソウルのロッテホテルが予定されていた日本政府の公式外交行事である
「自衛隊創設記念日レセプション」への会場提供を拒否した。
韓国 マスコミの非難報道におじけづいたためだが、ロッテホテルは在日韓国人資本で
日本系として日本人に人気があり、いわば日本の政財界の“御用達ホテル”でも あった。

 そのロッテホテルが日本との義理を無視したのだ。
全仲潤氏の死、さらには「日本より中国」の外交もそうだが、このところ
「韓国の一つの終わり」を感じさせられることが多い。3/3ページ
(ソウル駐在客員論説委員・黒田勝弘)

2013年03月05日12:39                             
韓国人「韓国初のラーメンについて調べてみよう」

6.25戦争(朝鮮戦争)後、韓国の人々は食べるものが
なくなり、米軍が食べ残した食べかすをお粥にして
食べていた。当時の人はこれを豚粥と呼んでいた。
しかし、こんな食べ物でも食べられる人は
運のいい人だけであった。
この悲惨な状況を見た全仲潤会長は、どうすれば韓国の国民が飢えずに安価で食べ物を

食べられるのかを考えていた。
そして、日本で食べたラーメンを思い出 し、自分も作ってみようと決心した。
全仲潤会長は、朴正熙元大統領を訪ね説得。
5万ドルの支援を受けて、日本の明星食品から機械を輸入してラーメンを作っ た。

カイカイ反応補足:三養ラーメン - Wikipedia
日本の明星食品から無償技術供与を受け2台のインスタントラーメン製造装置を
入手して生産を開始した。

当時のラーメンの価格は10ウォンで、味はチキン風味で日本の味をそのままコピー

していたのだが、それを食べた当時の人々はあまり美味しくないと売れ行きは不振で、
会社崩壊寸前まで追い込まれていた。

朴正煕元大統領は、三養ラーメンを直接視察した。山のように積まれた在庫を見て、

何が問題なのかを確かめるためにラーメンをその場で直接試食した。
ラーメ ンを食べた朴正熙元大統領は全仲潤会長に対し
「韓国人は辛いのが好きだから唐辛子粉を入れなさい」とアドバイスをした。
その助言をもとに、再びラーメン開 発に着手。
市内の多くの場所で無料で試食を実施し、大反響を受け成功を収めた。
ka-2171

0 件のコメント:

コメントを投稿