慰安婦問題について、いろんな報道: 番外編 自衛隊、集団的自衛権で焦点の掃海訓練を公開

Translate

2014年7月25日金曜日

番外編 自衛隊、集団的自衛権で焦点の掃海訓練を公開

 
写真・図版
写真・図版
機雷掃海訓練には、多くの掃海艇や航空機が参加した
=24日午前10時58分、青森・陸奥湾、時津剛撮影
NHKニュース憲法解釈の変更で新たに認めるとした
集団的自衛権の行使のうち、政府が示した
具体的な事例のひとつが、シーレーン=海上交通路での
国際的な機雷の掃海活動です。
命じられれば任務を担うことになる海上自衛隊の掃海部隊が、青森県沖で大規模な
訓練を行っています。

自衛隊、集団的自衛権で焦点の掃海訓練を公開
集団的自衛権をめぐる議論で焦点の1つとなっている機雷の処理ですが、
その訓練を自衛隊が公開しました。 (24日20:59)
自衛隊、集団的自衛権で焦点の掃海訓練を公開動画

TBSの動画ニュースサイト News i

朝日新聞デジタル海自と米軍、合同で機雷掃海訓練 青森・陸奥湾
asahi.com


海上自衛隊 掃海隊の機雷戦訓練(宮崎県日南市)日南テレビ!
2011/11/17 に公開
海上自衛隊 掃海隊の機雷戦訓練が11月10日から行われています。
16日は掃海艇「つきしま」で­の訓練が報道陣に公開され、
10時30分に油津港を出港。

 掃海艇「つきしま」は、串間市の築島から名称の由来があり、
1993年に「うわじま型­」掃海艇3番艇として就役しましたが、
今年度で除籍が決定しています。

 出港後、20km沖合に待機する、掃海母艦「ぶんご」に人員を移送。 
そして、鵜戸神宮の沖合およそ4kmで、機雷処分具(S-7)を走らせ
機雷掃討訓練を­行いました。 
実際は機雷の位置まで無人の水中ロボットを潜水させ機雷を処分します。

 訓練は日向灘沖の通行船舶の安全を確認するため、掃海隊艦艇が
海底に敷設(ふせつ)さ­れた機雷の探索および排除する目的です。 
海上自衛隊の掃海訓練は今月20日まで日向灘沖で行われます。

0 件のコメント:

コメントを投稿