慰安婦問題について、いろんな報道: 談話合作の対韓ブーメラン効果 現代史家・秦郁彦

Translate

2014年7月4日金曜日

談話合作の対韓ブーメラン効果 現代史家・秦郁彦

【正論】

談話合作の対韓ブーメラン効果 現代史家・秦郁彦
2014.7.4 03:07 (1/6ページ)2/6ページ3/6ページ 
4/6ページ5/6ページ6/6ページ正論
 慰安婦問題に関する河野官房長官談話(平成5年8月4日)の作成過程についての
内閣官房・外務省・有識者による検証チームの報告書が6月20日公表された。
 《検証結果に3種の反応》
 以前から河野談話の見直しを要望する声は高く、昨年11月の産経新聞世論調査では
57・1%に達していたが、日韓関係の悪化を好まない米国の意向もあり、
安倍晋三政権は見直しを断念、引き続き談話を継承すると言明した。

  その代わり、談話作成までの日韓両国政府のやりとりを主とする事実経過を
公文書に依拠して復元し、国民の「知る権利」に応えようとする作業を菅義偉官房長
官の主導で行った。筆者も加わった5人の有識者委員は事務局が準備した原案を検分し、
依拠した公文書も閲覧してそのかぎりで内容がほぼ妥当なものと判定し た。

 企業の監査役に似た役割を果たしたのだが、河野談話の見直しはしないという
制約があるから、一切の評価、提言はもとより美辞麗句や傍論のたぐいも排し、
事実の経過だけを淡々と記述する手法に徹しようと考えたのである。


ラベル ha-秦郁彦 の投稿を表示しています。
2014/07/04 なぜ河野談話は「強制性」なのか、喧嘩にならないから(秦教授)
2013/12/11 1990年、ついに韓国で火が着いた慰安婦問題 (秦郁彦)
2013/12/02 1992年慰安婦問題のビッグバン (秦郁彦)
2012/09/12 [メモ] 週刊FLASH 9月11日号
2012/09/05 毎日新聞記者も河野談話見直しに賛成

0 件のコメント:

コメントを投稿