慰安婦問題について、いろんな報道: 朝鮮日報の名物反日記者、車学峰(チャ・ハクポン)特派員の自画自賛ネタ記事 その反論、ブログスより

Translate

2014年8月1日金曜日

朝鮮日報の名物反日記者、車学峰(チャ・ハクポン)特派員の自画自賛ネタ記事 その反論、ブログスより

木走正水(きばしりまさみず)
2014年08月01日 15:13
本当に日本人に「自画自賛症候群」が広まっているというのか?

〜あまりにも表層的主観報道であり悪意すら感じてしまう東京新聞記事
・・・ 日本のリベラル系メディアが日本もしくは日本人を
「自虐的」に自己批判する記事を掲載、それに韓国メディアが
飛びつき拡散させていく、メディアリテラシー的にはいつもの
「日本批判」報道拡散パターンであります。
 
それにしても東京新聞の報じるところの
「近ごろ日本を覆う「自画自賛」症候群」であるとか、
朝鮮日報の「日本社会に広まる「自画自賛症候群」、
背景に韓中の成長」記事の指摘ですが、本当に現在の日本人に
「自画自賛症候群」が広まっていると言えるのでしょうか。

たしかに本屋では「嫌韓本」や「嫌中本」と並んで「日本は世界から尊敬されている」
という類(たぐい)の本が並んでいます、もちろん売れるから並んでいるのでしょう。

 しかしその現象をもってのみで、日本人に「自画自賛症候群」が
広まっていると言い切るこれら記事の分析には、違和感を禁じえません、
なんとも表層的な分析であり先に日本人批判ありきの
「自虐的」分析なのであります。
 正確な統計情報と国際比較資料に基づいて、
現在の日本の若者の気質について科学的に検証致しましょう。

 資料として、先頃内閣府が公表した『子ども・若者白書』の内容を取り上げます。
2013年11~12月に日本、韓国、米国、英国、ドイツ、フランス、スウェーデンで
インターネット調査を実施し、各千人程度から回答を得ています。
 この日本を含めた7カ国の満13~29歳の若者約7000人を対象とした
意識調査の結果は、当ブログでも一か月前にエントリーで取り上げています。
2014-07-03 『子ども・若者白書』徹底検証 編集
■[社会]『子ども・若者白書』徹底検証~内閣府分析「自己評価が低く、将来を悲観している」は暗すぎないか?
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20140703
そこに顕われている日本人の若者の意識は「自画自賛症候群」とは真逆のものであります。
諸外国と比べて,自己を肯定的に捉えている者の割合が低い


 【木走寸評】
「自分自身に満足している」「自分には長所がある」ともに最下位の日本なのであります。
うむ、謙虚でよろしい、冷静に自分を見つめておりうぬぼれてはいないのであります、
まだまだ自分は発展途上であると、向上心を持っていると評価できます。
国際比較において「自己肯定感」が最下位なのが日本の若者であります。
 対して「自国に対する認識」において日本の若者の意識が興味深いのです。
■4.自国に対する認識
自国人であることに誇りを持っている割合は,諸外国と同程度。
自国のために役立つことをしたいと思っている割合は,諸外国と比べて相対的に高い。

【木走寸評】
素晴らしいですね、自国人であることに誇りを持っている割合もまあまあですし、
自国のために役立つことをしたいと思っている割合は最上位です。
ちなみに参考までに日本のどんな点に誇りを持っているのか、詳細はこちら。
 うむ  「治安」に「歴史」「文化」「芸術」「科学技術」「自然」と並んでいます。

多くの若者が「自国人であることに誇りを持っている」のであり、
「自国のために役立つことをしたいと思っている割合」は
七カ国国際比較において最高の割合を示しています。 
 ・・・
 まとめます。
 この内閣府が行った若者意識国際比較調査においては、
少なくとも日本の若者に
「自画自賛症候群」が広まっている兆候は全く見られません。
 
 それどころか 調査結果は真逆であり、「自分自身に満足している」
「自分には長所がある」ともに最下位の日本なのであります。

 自己評価では謙虚に冷静に自分を見つめておるのに対し、
多くの若者が「自国人であることに誇りを持っている」のであり、
「自国のために役立つことをしたいと思っている」意識も
国際比較において最高なのであります。

多くの日本人は日本の「治安」「歴史」「文化」「芸術」「科学技術」「自然」などに
誇りを持っているだけなのであり、「自国のために役立つことをしたいと
思っている」わけであり、このような意識を持っている国民が多ければ、
「日本は世界から尊敬されている」という類(たぐい)の本が売れるのは
当然なのではないでしょうか。

 それらの本が並んでいるのを、日本人の謙虚さを失った
「自画自賛症候群」が広がっていると、単純な分析で一刀両断で切り捨てる
東京新聞の表現は、あまりにも表層的主観報道であり
悪意すら感じてしまいます。

 日本人には「自画自賛症候群」など広まっていないのです。
(木走まさみず)

東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 

日本社会に広まる「自画自賛症候群」、背景に韓中の成長
日本は今「『自画自賛』症候群」
放送・出版界、日本の優越性を強調…天皇制・靖国神社も賞賛
「原発事故や周辺国の勢力拡大に余裕のなさ露呈」

記事入力 : 2014/07/31 11:26
日本人はたとえ表面上だけであっても、謙虚さを失わないことを
「最高の美徳」としてきた。
この謙虚さは 経済力と共に、世界で日本が尊敬される重要な要素でもあった。
ところが、その日本の美徳が急速に失われようとしている。
世界で日本は最も優れていて、最も 尊敬される国だと触れ回る
「『自画自賛』症候群」が日本社会に広がっているためだ。

 「嫌韓・嫌中」書籍を相次いで出してきた日本の出版各社は最近
「日本はなぜ美しいのか」「日本は世界から尊敬されている」
「世界が絶賛する日本人」「日本人に生まれて良かった」といった類いの本を
競い合うようにして出している。

日本の優越性を強調する内容の中には、とんでもないものも多い。
イギリス在住の日本人が書いた『日本はイギリスより 50年進んでいる』
という本は「イギリスに住んでみたら、日本は天国だった」という内容になっている。
著者は「イギリス人は肥満だが、日本人はスリムだ」 
「ロンドンには慢性の交通渋滞があるが、東京はそうではない」
といったことを日本が優れている根拠として挙げている。

 日本 の優越性を証明するためなら外国人も動員する。
人口3万人という小国サンマリノ共和国の駐日大使であるマンリオ・カデロ氏が
書いた『だから日本は世界から 尊敬される』は、天皇制や靖国神社に対し
賛辞を並べ立てている。
経済専門家らもこれに加わり、『そして日本経済が世界経済の希望になる』
『負けない日本企 業 アジアで見つけた復活の鍵』『もしも日本が消えたなら』
といった本を出版している。
 NHK BSは毎週『cool japan発掘! かっこいいニッポン』という番組で、
外国人による「日本賞賛リレー」を放送している。
日本テレビ、テレビ朝日はバラエティー番組にも外国人を多数出演させ、
日本が住みやすい国であるということを強調している。
 こうした動きに火を付けたのは政界だ。安倍晋三首相は
「美しい国、日本」「この国に生まれたことを誇りにできるようにしたい」という言葉を
口癖のように言い続けている。

  東京新聞は30日「近ごろ日本を覆う『自画自賛』症候群は何の表れか」という記事で
「近ごろ、本屋に立ち寄ると、気恥ずかしくなる。店頭に『日本人はこん なにすごい!』
という『自画自賛本』が平積みにされているからだ。
この国から『奥ゆかしい』とか『謙虚』といった感覚が
急速に消えていっているように感じる。
だが、そうした違和感を口にすると、どこからか『自虐だ!』
という悪罵が飛んできそうだ」と書いた。新潟青陵大学大学院の碓井真史教授は
「日本が圧倒 的な経済力と技術力を誇っていた時代には謙虚さがあったが、
大震災や原発事故、韓国・中国の台頭で余裕がなくなった」と分析した。
恵泉女学園大学の高橋清貴特任准教授は「日本の自画自賛は周辺国に対する
隠れた優越意識をあらわにしたもの」と話している。

検索キーワード「車学峰」に一致する投稿を関連性の高い順に表示しています。 
2014年7月18日金曜日
韓国紙の記事なので、どういう実態かはわかりませんが、
国連が強制性奴隷といえと言ったそうです。
2014年7月25日金曜日
懲りない朝鮮日報深みにはまり、更に記事を出す。 
在日米軍基地は韓国のためにあると思い込み、
日本をなめきっているのが韓国。
2014年7月30日水曜日
中央日報の火病記事シリーズ、
今度は韓国初の伝説のミニスカ熟女女優で反日記事 ・・・
※エントリー内に車学峰記者の記事あり


2012年08月22日 個人ブログより
車学峰という朝鮮日報の無知な日本特派員 (2) 
2014-02-06 10:10:20
おなじみ車学峰(チャ・ハクポン)特派員のお馬鹿記事
2013年08月20日09:00

【朝鮮日報】日本の嫌韓は韓国が中国の肩を持つから。
韓国は日中韓関係を主導できる[08/19]
東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員


`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/08/19(月) 11:19:29.97 ID:1eWuAoCV
気にするなたいした事はいってない
せ 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿