慰安婦問題について、いろんな報道: 国連が、ことしから7月30日を「人身取引反対世界デー」に指定されていたらしい ・・・

Translate

2014年7月30日水曜日

国連が、ことしから7月30日を「人身取引反対世界デー」に指定されていたらしい ・・・

KYODO NEWS 【共同通信社】ハートマークで人身取引反対 NPOが啓発キャンペーン
KYODO NEWS 【共同通信社】  2014/07/30 に公開
きょう人身取引反対世界デー 根絶を訴え 7月30日 17時19分
国連が、ことしから7月30日を「人身取引反対世界デー」に
指定したのを受け、東京の繁華街ではNPOのメンバーらが
街頭で啓発活動を行い、女性や子どもがだまされて
強制的に働かされるといった被害に遭わないよう
人身取引の根絶を訴えました。

人身取引はだましたり脅したりして連れてきた女性や子どもに
売春などを強要する犯罪で、警察庁によりますと、去年1年間に
国内で摘発された25件の人身取引事件の
被害者17人はすべて女性で、そのほとんどが売春を強要される被害に
遭っていたということです。 
また、被害者の半数以上は日本人だったということです。

※帰化していたケースもあると思われる。

人身取引を巡っては、被害が発展途上国を中心に
世界中に広がっていることから、国連は、ことしから7月30日を
「人身取引反対世界デー」に指定しました。
これを受けて、東京・渋谷区の繁華街では30日、被害者の支援を行っている
NPOのメンバーらが、国の内外で広がる被害の実態を伝えるビラを配り、
人身取引の根絶を訴えました。
被害者支援を行っているNPO「ライトハウス」の七島亜耶さんは、
「人身取引は発展途上国の犯罪と考えている人が多いと思いますが、
国内でも外国人だけではなく、多くの日本人が
被害に遭っている事実を知ってほしいです」
と話していました。
日本における人身取引の根絶に向けて:
藤原志帆子 at TEDxTokyo
TEDx Talks                       
[PROFILE]
米国NPOポラリスプロジェクトでの勤務を経て、
2004年に同団体日本事務所を設立。             
代表/藤原志帆子
2014年1月より現在の団体名称に変更。
売春やポルノ 出演の強要等、性的搾取を目的とした
人身取引をなくすために、多言語の相談電話による
被害の発見と救済事業を開始した。
人身取引被害を受ける子どもや女性への
現場での支援の傍ら、児童施設や入国管理局での
研修講師としても活動している。
08年 母校ウィスコンシン大学マディソン校より
名誉卒業生賞受賞。
2012年AERA紙 にて 「日本を立て直す100人」 に選出される。
TED2013オー ディションスピーカー、 及び
2012年TEDxTokyoス ピーカー。

0 件のコメント:

コメントを投稿