慰安婦問題について、いろんな報道: 番外編 そもそも中国進出してメリットってありますかね? アルプス電気、会長が「侵略否定」発言?抗議され謝罪。

Translate

2014年7月4日金曜日

番外編 そもそも中国進出してメリットってありますかね? アルプス電気、会長が「侵略否定」発言?抗議され謝罪。


アルプス電気、会長が「侵略否定」発言?
1000人の中国従業員に囲まれ、謝罪
2014/7/ 2 19:09 J-CASTニュース
 電子部品や音響機器の大手メーカー、アルプス電気の中国広東省の製造委託先の工場で、
視察に訪れた片岡政隆会長(68)の発言に、現地の従業員が仕事を投げ出して抗議した。
   片岡会長が第2次世界大戦について、日本が中国に侵略したとの見方を
否定する発言をしたと、中国の従業員に伝わったのがきっかけ。
約1000人が謝罪を求めて集まり、片岡会長は会議室に閉じ込められたという。

日本でのものづくりにこだわる - 日経BPストア

「俺は中国から脱出する!」ある中小企業経営者の中国撤退ゲリラ戦記
 【第155回】 2014年7月4日 姫田小夏 [ジャーナリスト]

日本企業が中国撤退に際して想定すべき難問とは
経済ニュース2014/06/25(水) 14:54
日本経営管理教育協会が見る中国 
第312回--宮本邦夫(日本経営管理教育協会会長)


日本企業の撤退加速させる中国10大リスク 30年の長期停滞に突入へ
巨大な市場を抱える中国でビジネス展開する
日本企業が引き続き多いのは確かだが、
チャイナリスクに警戒心を強める日本企業も増えている。
中国でのビジネスリスクについて、(1)政情や社会情勢・治安(2)知的財産保護
(3)人件費上昇(4)法制度(5)代金回収(6)不買運動(7)環境汚 染(8)労務問題
(9)為替(10)税務-を挙げる声が多かった。
反日姿勢のほか、パクリ商品の横行、PM2・5などの問題が警戒されていることが
浮かび 上がる。

0 件のコメント:

コメントを投稿