慰安婦問題について、いろんな報道: 番外編 ローラさん父、また逮捕された模様・・・ 。 台湾で日本人旅行者が受けた善意 ・・・

Translate

2014年10月23日木曜日

番外編 ローラさん父、また逮捕された模様・・・ 。 台湾で日本人旅行者が受けた善意 ・・・

朝日新聞デジタル
 海外で入院したと偽り、
療養費をだまし取ったとして、警視庁は23日、 
バングラデシュ国籍で職業不詳のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(54)= 
東京都江東区住吉1丁目=を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。
ジュリップ容疑者はタレントのローラさんの父親。「入院したのは間違いない」と、
容疑を否認しているという。
 組織犯罪対策1課によると、ジュリップ容疑者は2007年4月、バングラデシュで 
デング熱のために約1カ月間入院したと偽り、東京都多摩市役所に国民健康保険の
海外療養費を申請、同年8月に98万8千円を詐取した疑いがある。
偽造した医師の署名や病院の印影の入った申請書類を提出していたという。
 ジュリップ容疑者は07~12年、保険会社3社から保険金として計約100万円を
受け取っていたといい、同課は同様の手口で詐取したとみている。
 ジュリップ容疑者は7月、知人がバングラデシュで入院したと偽って
海外療養費などを詐取したとして同容疑で逮捕されたが、処分保留で釈放されていた。

タレント・ローラさんの父親逮捕 海外療養費詐取の疑い
2014/07/27 16:11 【共同通信】
  知人がバングラデシュで診療を受けたと偽り、
海外療養費など約87万円をだまし取ったとして、
警視庁組織犯罪対 策1課は27日までに詐欺の疑いで、
タレントのローラさんの父親で住所、職業不詳、
ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(54)
=バングラデシュ国籍= を逮捕した。
 組対1課によると

「そんな事実はありませんし、私は関係ない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は、2008年12月~09年1月、バングラデシュの病院で

知人が診療を受けたとする虚偽の診療内容明細書などを、
東京都世田谷区役所に提出して、 
海外療養費高額療養費を振り込ませた疑い。


サーチナ「匿名」で日本人に寄付をした台湾の企業家 
「過去に日本人に親切にしてもらった」=台湾メディア
2014-07-27 04:41
台湾メディアの中国時報の24日付報道によれば、
台湾への出張から
日本へ帰国する途中で脳幹出血によって倒れ、
台湾の病院に入院した日本人男性が
このほど台湾人企業家の寄付によって
無事に日本へ帰国するという出来事があった。  
報道によれば、脳幹出血によって倒れたのは
東京から建材の買い付けのため台湾を訪れていた50歳の日本人男性だ。
男性は台湾での買い付けを終え、
日本へ 向かう帰国便のなかで体調を崩したという。
男性が搭乗していた航空便は台湾の空港へ引き返し、
男性はそのまま病院に入院した。  
入院後、男性の家族が台湾を訪れ、
「日本での治療」を望んだものの、男性の家族は帰国に伴う
莫大な費用を負担することができなかった。
その後、入院した 日本人男性について現地で報道がなされると、
費用全額にあたる160万台湾ドル(約540万円)の
寄付を申し出る企業家が現れ、同企業家のおかげで
日本人 男性は無事に日本に帰国することができたという。  
記事は、台湾人の企業家は「匿名」で
160万台湾ドルを寄付したと伝え、企業家が寄付にあたって
「お金を返す必要はないので、余裕ができたら今度は別の 人を助けるために
そのお金を使って欲しい」と語ったことを伝えた。  
台湾人の企業家が日本人男性のために寄付を申し出た理由は、
企業家が過去に日本でスキーをしていた際に怪我(けが)をしたことがあり、
日本人に親切にさ れたことがあるためだという。
記事は「当時の恩に報いるため、企業家は160万台湾ドルを寄付した」と伝えたほか、
企業家の秘書が、「当時の恩に報いる機会をいただき、
(企業家は)とても感謝している」と語ったことを伝えた。(編集担当:村山健二)

海外療養費給付制度について(概要)
国民健康保険または社会保険等の被保険者が
海外渡航中に病気やけがで止むを得ず
治療を受けた場合、その医療費は
帰国後、申請することによって
海外療養費として給付を受けることができます。
(但し、治療目的の渡航による医療費は給付の対象外となります。)

海外療養費支給制度海外療養費支給制度
(かいがいりょうようひしきゅうせいど)とは、
日本の公的な健康保険(医療保険)に加入する者が
健康保険法等に基づき、海外渡航中に急な病気で
やむを得ず現地で治療を受けた場合、
加入する保険組織(保険者)に申請手続きを行うことにより、
海外で支払った医療費の一部の払い戻しを受けることができる。

自治体や組合機関によって海外療養費還付請求や
海外療養費給付制度等と呼称は異なっているが、
制度自体に変わりはなく療養費の立替払いの還付として
高額医療費等の還付を受ける事ら全般を支給すると呼ばれている。

3 自己負担限度額
3.1 70歳未満
上位所得者(健康保険は被保険者の標準報酬月額が53万円以上、
国民健康保険は総所得金額の世帯合計額が600万円超)
:(10割相当医療費-500,000円)×1%+150,000円
一般:(10割相当医療費-267,000円)×1%+80,100円
低所得者(市区町村民税の非課税者世帯等):35,400円

また、高額療養費には多数回該当と呼ばれる区分があり、
直近1年以内に高額療養費給付に該当する回数月が
3回以上あった場合、4回目以降は自己負担額がさらに減額される。
ただし、途中で管掌する保険者が変わった場合、
回数の通算はされない。
上位所得者:83,400円
一般:44,400円
低所得者:24,600円 同一世帯で
同月内に同一医療機関に支払った自己負担額が
21,000円以上となった被保険者や被扶養者が2人以上いる場合は
自己負担額を合算して
上記の自己負担限度額を超えた場合も払い戻される。

そもそも健康保険として日本における保険医療機関
(保険診療)に支払う保険診療費を 一定額以下にとどめる制度であり、
保険医療機関などで直接医療サービスが受けられる
「療養の給付」を原則としていますが、
やむを得ない事情により療養の給付が受けられない場合で、
保険者が認めた時は事後に、支払った医療費から
自己負担相当分を控除した額が「療養費」として払い戻される。

 海外における医療費(療養費)もその一つで、
海外渡航中に急な病気やけがでやむを得ず現地で治療を受けた場合は
前述の療養の給付が受けられない場合となり、
加入する保険者に申請手続きを行うことにより認定され査定を受けた後に
海外で支払った医療費の一部の払い戻しを受けることができる。

公的医療保険健康保険(政府管掌健康保険)の種類については
医療保険を 参照。 従来、国(社会保険庁)で運営されていたが、
平成20年10月1日、
新たに全国健康保険協会という組織が設立され、運営されている。

 一般的に医療保険事務上、地域保険の国民健康保険(国保)と
サラリーマンが加入する健康保険(社保)や
公務員などが加入する共済組合等がある。
 健康保険の種別については健康保険を参照。


台湾の国連加盟を支持する署名活動に協力を!

台湾の国連加盟を求める台湾聯合国協進会が
「台湾の加盟は世界平和に繋がる」と訴える署名活動を開始。
日本人も協力しよう。
http://campaign.tw-npo.org/sign.php?id=20140701201439
「加入個人連署」(個人署名)をクリック。

「姓名」欄に氏名を書込む(必須)。
コメントがあれば「留言」欄で。
【台湾チャンネル】
[桜H26/7/27]

「すべてはっきりして」=ブログでローラさん ガジェット通信
2014.07.27 20:36 記者 : 時事通信社  
ローラさんの所属事務所は同日、
「多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くおわび申し上げます。
報道内容には本日まで関知していません。
捜査にはできる限り協力します」とのコメントを発表した。

0 件のコメント:

コメントを投稿