慰安婦問題について、いろんな報道: 中国を牽制、海自がフィリピンに大型護衛艦を派遣 屈指のヘリ運用能力備える。フィリピンで邦人女性あわや拉致 ボートから飛び降り脱出。フィリピンどころかグアムでも・・ その後・・

Translate

2016年4月5日火曜日

中国を牽制、海自がフィリピンに大型護衛艦を派遣 屈指のヘリ運用能力備える。フィリピンで邦人女性あわや拉致 ボートから飛び降り脱出。フィリピンどころかグアムでも・・ その後・・

海上自衛隊の護衛艦「いせ」=神戸市中央区の
新港第4突堤(甘利慈撮影)

2016.4.5 21:55 2【緊迫・南シナ海】産経ニュース
中国を牽制、海自がフィリピンに大型護衛艦を派遣 海上幕僚監部は5日、インドネシア海軍が今月中旬に主催する
多国間共同訓練に、海上自衛隊の
大型ヘリコプター搭載護衛艦「いせ」を参加させると発表した。
海自はこれに合わせ、経由する南シナ海の
フィリピン・スービック港への寄港を検討。
米海軍やフィリピン海軍との共同訓練も調整している。
南シナ海での存在感を高め、
人工島の軍事拠点化を急速に進める中国を牽制する狙いがある。
 スービック港には今月3日、
海自の練習潜水艦「おやしお」が入港したばかり。
海自潜水艦のフィリピン訪問は15年ぶりで、
護衛艦「ありあけ」と「せとぎり」も同行している。
 今回派遣するいせは、海自護衛艦の中でも
屈指の哨戒ヘリ運用能力を持ち、
潜水艦への警戒・監視活動に威力を発揮する。
海自幹部は「通常の護衛艦派遣よりも意味合いは大きい。
潜水艦派遣と合わせ、中国にとっては
厳しいメッセージに映るだろう」と指摘する。
 いせは、今月12~16日の日程でインドネシアの
パダンで開かれる多国間共同訓練「コモド」や国際観艦式に参加。
捜索・救難訓練や指揮所訓練などを行う。
その後、南シナ海に入り、
米比両海軍との共同訓練を行う方向だ。
さらに、潜水艦とともにスービック港に入った護衛艦2隻は
6日に出港し、ベトナムのカムラン湾に向かう。
米国に加え、南シナ海で中国と対立するフィリピン、
ベトナム両国との連携を強化し、
“中国包囲網”を構築する狙いだ。
 南シナ海で活発化する海自の動きに、
中国も神経をとがらせ始めている。
 来日中の武大偉朝鮮半島問題特別代表は
5日、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり
外務省の石兼公博アジア大洋州局長と会談。
記者から南シナ海問題が議題に上がったかを問われると
「私の担当する問題ではないし、
日本と何の関係もない」と不快感を示した。
 官邸筋は「日本の動きを気にしているのは確かだ。
メンツを重んじる国なので、『力による現状変更は許さない』
という国際世論を喚起する活動を継続する必要がある」と述べた。

フィリピンで武装集団がホテル襲撃 カナダ人観光客など4人誘拐
09/23 04:50 FNN

http://knk.or.jp/wp/wp-content/uploads/2014/10/phil_samar_131125map.gif
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/797/56/N000/000/000/130689297364616232114.JPG
                    サマール島のパラダイスビーチ

フィリピンで邦人女性あわや拉致
ボートから飛び降り脱出 
2015年9月23日 05:30 スポーツニッポン
 フィリピン南部ミンダナオ島ダバオ沖のサマル島のホテルに
21日深夜、武装集団が押し入り、ノルウェー人ら計4人を拉致した。
関係者によると、宿泊客の日本人女性1人も一時身柄を拘束されたが脱出。
軽傷を負い、病院で治療を受けた。
 警察当局などによると21日午後11時ごろ、
サマル島の海岸沿いにあるリゾートホテルの船着き場に、
武装集団11人がボートで乗り付けて侵入し、4人をボートで連れ去った。
日本人女性もボートに乗せられたが、飛び降りて逃げた。
この際に軽傷を負ったとみられる。
 共同電によると、フィリピン南部では
イスラム過激派アブサヤフが身代金目的の拉致を繰り返しており、
軍や警察は今回もアブサヤフが関与している可能性もあるとみて、
武装集団の行方を追っている。
 拉致されたノルウェー人はホテルの男性従業員。
カナダ人の男性宿泊客2人と、
このうち1人の妻のフィリピン人1人も連れ去られた。
 サマル島では2001年、アブサヤフが別のホテルから
観光客らを拉致しようとしたが、警備員と銃撃になり失敗する事件があった。

リゾート襲撃  まにら新聞ウェブ 2015.9.23
北ダバオ州サマル島を武装集団が襲撃し、
外国人ら4人を拉致。日本人も負傷
ミンダナオ地方北ダバオ州の人気リゾート、
サマル島のバランガイ(最少行政区)カムドムドで
21日午後11時40分ごろ、少なくとも11人の武装集団が宿泊施設を襲い、
カナダ人など外国人3人とフィリピン人女性の計4人を連れ去った。
宿泊していた日本人女性Kさんと夫の米国人も拉致されかかったが、 
海に飛び込んであやうく難を逃れた。
その際、2人は頭部に負傷、病院で手当を受けた。
 サマル島はダバオ市から船で10分の場所にあり、

外国人に人気の観光地。治安の良さに定評がある同市から
目と鼻の先にあるリゾートでの外国人拉致事件だけに、
国軍がいち早く捜索に乗り出すなど、
今後の武装集団との交渉の行方を含め事件の衝撃が広がっている。
 国家警察の調べでは、拉致されたのは、

カナダ人男性2人、ノルウェー人男性1人、比人女性の計4人。
 地元メディアの報道では、カナダ人のうち1人は

ミンダナオ地方全域で鉱山開発を行う会社の元幹部。
ノルウェー人はリゾート施設の管理人という。
 国家警察の捜査関係者によると、

ヨットを利用した部屋が並んだ宿泊施設には
観光客約40人が宿泊していたが、武装集団は日本人のKさんと
夫の米国人が宿泊したヨットに向かい、2人を連れ去ろうとした。
2人は手近にあった武器で必死に抵抗、
ヨットから海に飛び込んで逃げ延びたという。
その際、負傷し、ダバオ市内の病院に搬送され治療を受けた。
 在比日本大使館は、

日本人女性の被害について事実関係の確認を進めている。
 一方、鉱山会社元幹部のカナダ人と施設管理人のノルウェー人は、

騒ぎに気付いてヨットの外に出たところを武装集団に拉致された。
また、別のヨットにいたもう1人のカナダ人と比人女性も襲われ、拉致された。
 4人を連れた武装集団は、同島に接岸していた

モーターボート2隻に分乗して
コンポステラバレー州パントゥカン町方面に走り去った。
 当初、武装集団は宿泊客を装って施設に侵入したとみられ、

流ちょうな英語とタガログ語を話していた。
短パン、私服姿で、顔も隠していなかったことから、
国家警察北ダバオ地域本部の捜査員は
犯行に手慣れた拉致グループではないとみている。
 また、波止場から約500メートル離れた場所で施設警備員が

「隊長に正義を:NPA」と書かれた紙を見つけたとの報道もある。
これに対し、捜査員は比共産党の軍事部門、
新人民軍(NPA)の犯行とは断定できないと慎重な見方を崩していない。
 イスラム過激派アブサヤフの犯行とする報道も出ているが、

捜査員は現時点で身代金の要求がなく、アブサヤフが拠点としている
同地方スルー州では拉致被害に関する情報もないことから、
これについても断定を避けた。
 サマル島は観光地として有名だが、

2001年5月、反政府勢力、モロ・イスラム解放戦線(MILF)に襲撃され、
リゾート施設の従業員ら5人が死傷、2人が拉致される事件が起きた。(加藤昌平)
レイテ島の小学校
産経WEST日本企業寄贈「KOBAN」にハングルの大看板 
米領グアム、在留邦人の抗議で撤去         
2014.10.11 10:01
日本企業の支援によって米領グアム島に建設された交番に
ハングルの看板が掲げられ、
在留邦人の抗議で取り外されていたことが分かった。
JTBなど の日本企業が1991年、
「日本には交番という優れた制度がある」(JTB)として、
防犯と地域交流を目的にグアム中心部3カ所に寄贈した交番だった。
 関係者によると、ハングルの看板が設置されたのは、
日本人観光客ら3人が死亡した昨年2月の
無差別連続殺傷事件の現場に近いグアム中心部・タモン地区にあるタモン交番。
地元でも「KOBAN」と呼ばれて親しまれ、
地図や案内にも「KOBAN」と表記されている。
「POLICE」と同じ大きさで「トゥモン警察署」と書かれた
ハングルの看板
=今年3月、米領グアム(読者提供)
3月初旬に「トゥモン(タモン)警察」と
ハングルで書かれた看板が設置された。
地元でレンタカー店を営む
韓国人オーナーが費用を捻出したという。
  在留邦人らがレイ・テノリオ副知事に
撤去を求めると、韓国系米国人の
秘書から「日本企業が寄付すれば
もっと大きな文字を表示できる。
韓国の観光客が増えて いるから
設置したのでは」との回答があった。
「交番3カ所と数台のパトカーは
日本企業が寄贈したものだ」と訴え、
撤去されることになった。
 看板設置に抗議した在留邦人は産経新聞の取材に、
「日本人は資金を出してもあえて公表しないのを美徳としているが、
ハングルの看板はあまりに公平さに欠けていた」と話した。

意見をつなぐ、日本が変わる。BLOGOS続 日本政府事業で建設したフィリピン小学校の記載が
韓国軍によって塗り替えられた件について
小林 ふみあき   2014年07月14日 22:09
前回の状況から進展がありましたのでご報告します。        ■塗り替えの経緯
フィリピン教育省の説明によれば
校舎の外壁の塗り替えは韓国軍ではなく、
現地の児童の保護者等がボランティアで実施したもので、
その際に記載が消されてしまったとのこと。
その後、韓国側より韓国軍が修復した証を外壁に残したいとの申請があり

もともとの日本の支援を意識せず許可してしまったとのこと。
事務的なミスであり、
日本国民の心情を傷つけたことへの謝罪があったそうです。
フィリピン政府としては日本の支援の証を何らかの形で復元することを

検討すると述べており、外務省からも
早期の対応を引き続き申し入れることとなりました。
以上が経緯です。



日本支援で建設の比校舎、日の丸が韓国国旗に
 台風支援の韓国軍が塗り替える?
日本政府の支援によってフィリピン・レイテ島に建設された小学校で、
「日比協力」の印として校舎の壁面にフィリピン国旗と並んで描かれていた
日章旗 が消され、韓国国旗に塗り替えられていたことが8日までにわかった。

2014年5月30日金曜日 コピノ産経ニュース
日本が寄贈したグアムの交番に
現地韓国人がハングルの看板を掲げる 
2014.07.08 18:45 記者 : ソル カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ 
: ゴールドラッシュ 
昨日報じた、フィリピンの学校に書かれていた日の丸が
韓国アラウ部隊により太極旗に書き換えられた件はご存じだろうか。
日本の環境改善事業の一環として改装して建てられたフィリピン学校が

昨年の台風により8校舎が倒壊。
それを修繕する際に韓国アラウ部隊はフィリピンの方が善意で書いてくれた
日の丸を塗りつぶし、自ら太極旗に書き換えたのだ。
それに似た事例が今回はグアムで起きている。
日本企業が交番やパトカーを寄贈したグアムの交番に
いつの間にかハングルが表記されているのだ。
その表記は「タモン/トゥモン交番」と書かれたそうだ。
それを表記したのは在米韓国人だと言うことが判明。
さてここからが少しややこしくて、日本語表記はしないのか? 
という疑問が湧いてくる。
それに対しての返事は「金を出せば日本語も表記してあげる」
という物だった。
しかしそもそもこの交番もパトカーも日本が寄贈したもの。 
 
しかし1時間後に副知事から連絡があり、「交番を見てみろ」と言われて
見てみるとハングルの看板が取り外されていたそうだ。 

0 件のコメント:

コメントを投稿