慰安婦問題について、いろんな報道: 米軍の尻拭いに日本政府が3.8億円(性犯罪含む) ・・・ 日本軍慰安婦問題について、インドネシアの件を取り上げる人々の矛盾 ・・・

Translate

2014年8月14日木曜日

米軍の尻拭いに日本政府が3.8億円(性犯罪含む) ・・・ 日本軍慰安婦問題について、インドネシアの件を取り上げる人々の矛盾 ・・・

2014/08/14 
米軍の尻拭いに日本政府が3.8億円 (強姦犯は名誉除隊)
2月にも「在日米軍の性犯罪処分の甘さ告発 3分の2収監せず」というニュースがあった。
今度は朝日新聞が、ここ10年で米軍が引き起こした事件や事故の後始末に
日本政府が3億8千万円以上支払ったと伝えている。
慰安婦問題を上から目線で説教する人々を見ていると、日本政府に兵隊の性犯罪の
尻拭いまでやらせておいて、と思わずにはいられない。

あまり知られていないが、2002年に横須賀でオーストラリア人女性が米兵に強姦され、
犯人が訴訟中にあっさり米国へ逐電、名誉除隊になって行方をくらま せるという事件があった。
被害者であるキャサリン・フィッシャーは、10年かけて犯人の居場所を特定、
米国の裁判所で勝訴した。
I did this for all the women who have been raped in this country by the U.S. military 
over the last 70 years
この70年間日本で米兵に強姦されたすべての女性たちの為に戦った)と
彼女は言ったものである。
フィッシャーは、2004年に日本の裁判所でも300万円の損害賠償を勝ち取っていたが、
犯人は海軍の弁護士の指示で帰国しており、日本政府(防衛省)が
彼女に見舞金を支払っている。
ラベル be-米軍 の投稿を表示  ラベル zai-在日米軍 の投稿を表示 

2014/02/11 性犯罪を軍法会議にかけぬ在日米軍 (AP)
スマラン(白馬)事件は、軍が犯人を軍法会議にかけなかったから、
「軍による強制連行」だ!と言い張る人々(だったら、 
柔道の女子強化選手に対する暴力事件も全柔連の組織的犯罪なのか?)
ああいう事を言っている学者らはもう歴史の裁きに委ねる他ないのだが、
内輪の処分が甘くなるのはどこも一緒のようで、在日米軍も性犯罪を軍法会議に
かけようとしないとして非難されている。しかも、こっちは現在の話である。
なお、スマラン事件に関しては、吉見教授も「少なくとも厳罰には処していない」

とはぐらかしているように、何らかの処分は受けたものと見られる。

 ラベル su-スマラン事件 の投稿を表示。 

二人の米兵に強姦された沖縄の婦女。。。キャサリン・ジェーン・フィッシャー(Jane)
2012年10月27日 06:41
責任逃れを許さない 海を越えた裁判

2012/08/30 に公開
責任逃れを許さない 海を越えた裁判
10年前に日本で女性を暴行した米兵を訴えた裁判が、
来週アメリカで開かれることになりました。
米兵を追って海を越えた裁判、現状に風穴を開けることができるのでしょうか。

米兵暴行の被害女性 仮名で過ごした10年
来日32年のキャサリン・フィッシャーさん
10年前 横須賀基地近くで性的暴行を受ける
民事裁判で勝訴 暴行認定 300万円の賠償命令
米兵は帰国し支払いを免れたまま

「私の場合は裁判に勝ってる。
本当だったら日本政府がこの人を戻さないといけない。
米兵の事故・犯罪の慰謝料の大半を日本政府が支払う
「何で米兵の罪について日本人が払わないといけないのか考えられない」
「もう恐れずに全てさらけ出すのは私の声が皆の声になるから」
「日本政府もアメリカ政府も協力してくれないから自分でやるしかない」
「今日、生きていて良かった。何かちょっと変わるかもしれないから嬉しい」

(本間浩法政大学名誉教授)
「いかに不平等であるかについて日本はもっと主張しなければいけない。
それをしてこなかった」
なくならない米兵暴行事件 今も続く被害女性の闘い

Q+リポート 米兵の性暴力被害と戦う
2014年1月31日 18時45分



2013/03/20 米軍の「軍隊内性トラウマ」
33パーセントというのはかなりの高率だが、ここで言われているレイプがどの程度の行為を
指しているのかは分からない。
セクハラが別カテゴリーになってい る所を見ると、やはり我々が普通に想像するような
レイプということでいいのだろうか。
被害者が女性兵士の三人に一人に上るというのは驚きである。
これとは 別に男性の被害者も存在する。

ところで昨年公開された映画に「The Invisible War」(見えない戦争)という
ドキュメンタリー映画がある。やはり米軍内部の性暴力を扱っている(未見)。
米軍内にこういった問題が起こるのは、吉見理論に 従えば、「大儀なき侵略戦争だから」
「慰安婦制度自体が女性に対する性暴力を肯定しているから
(現在の米軍に慰安婦所はないが、女性兵士の帯同が
それを代替しているという指摘はある)」
などが理由として挙げられそうだが、恐らくこういった問題は米軍や日本軍に
固有の問題ではないだろう。

 この映画を見た人によれば、加害者が処罰されていない(場合も少なくない)、
という話である。

2013/10/26 共産党、しつこく「バタビヤ軍法会議がぁ!」当り前である。
共産党の党員が事件を起こしたら、今後は無条件にそれを日本共産党の組織犯罪として
対応していくのかという話である。
軍規違反と戦時動員の話をごっちゃにする。

「政府が発見した資料の中に『バタビア軍法会議記録』が含まれていることを初めて認めました」

別に今までだって否定はしていないだろうし。

そもそも河野談話の「官憲等が直接これに加担したこともあった」という部分は、 
スマラン事件の事だと言われている

「収容所から慰安所に連行し、売春を強制しても『強制連行』でないとすれば、

どんな強制連行も安倍内閣のいう『強制連行』に当たらないということにな る」・・・
いいえ、なりません。
日本政府は慰安婦以外の強制連行(戦時動員)については認めていますが、
安倍内閣に限らず歴代のどの内閣も慰安婦の強制連 行は認めていません。
いい加減にしろ。

0 件のコメント:

コメントを投稿