慰安婦問題について、いろんな報道: 元慰安婦ら、陛下に謝罪しろだと? ・・・・・ 法王がお乗りになった小型車は起亜の「ソウル」だったらしい ・・・

Translate

2014年8月21日木曜日

元慰安婦ら、陛下に謝罪しろだと? ・・・・・ 法王がお乗りになった小型車は起亜の「ソウル」だったらしい ・・・

2014年8月19日火曜日
ローマ法王:性的虐待被害者に「あなた方に許しを請う」と言い、
元従軍慰安婦を招待も直接接触はない見通し・・・の続き

傷つき癒やされることのない韓国人の心
ローマ法王の訪韓に沸いた韓国だったが
それも束の間・・・
2014.08.21(木) アン・ヨンヒ
韓国で数年前、日産自動車の
小型乗用車「キューブ」がはやったことがあった。
四角い形が丸々としていてそれまで韓国にはない形だったので、
ユニークさを求める若者たちに人気があったようだ。 


日産の「キューブ」にそっくりだったKIAの「ソウル」
 ただ、その頃は正式に輸入されていなかったようで、

右ハンドルのまま(韓国の車は左ハンドル)の車を
不便そうに運転する人たちがいた。 
 しばらくして、街では
キューブによく似た車を見かけるようになった。
KIA(キア自動車)の「ソウル(SOUL)」であった。
ちみに韓国の首都の表記は「Seoul」だ。

 筆者は、韓国の友人に、
「『ソウル』は日産のキューブを真似したと思わない?」と
同意を求めたところ、
あれのどこがキューブと似ているのかと反論されてしまった。
 彼曰く「日産のキューブは、

アシメントリーを売りにしているが、ソウルは反対に
シメントリーに徹している」というのだ。
 言われてみれば確かに日産のキューブは

四角いが後ろのドアの部分などがアシメントリーで、
キアのソウルは四角いが後ろのドア部分がシメントリーだ。
でも、これって全く違うと言い切れるものかな。

 筆者は四角い形が似ていることの方がずっと気になるのだが・・・。

それから数年経った今、「ソウル」は
独BMWの「ミニクーパー」に似ている気がする。
屋根の部分やサイドミラーなどを色違いにできるところなどである。
現在の「ソウル」は、

キューブの良さ+ミニクーパーの面白さを併せ持っていると言える。
さて、先週の8月14日、フランシスコ・ローマ法王が…訪韓した。

光化門の前の大通りは封鎖され、道路規制が厳しく敷かれたなか、
庶民派と言われる法王はさっそうと「ソウル」に乗ってやって来た。
                             ↓
                             ↓
ローマ法王の訪問を熱烈歓迎した韓国人だが・・・
「ソウル」を選んだ理由は、
小型多目的車として法王の清廉なイメージに合致し、
韓国の小型モデルでは
安定性と実用性の面で最も優秀だからという。
韓国のカトリック信者数は531万人と

人口の約10%(世界的には5番目に信者が多い)である。
 韓国ではプロテスタントと

仏教信者がそれぞれ約30%ずつ占めているので、
相対的にカトリック信者は少ない方である。
それでも法王の人気は予想以上にあった。

 おかげで「ソウル」を販売しているキアの株価も上昇した。

内需販売の促進や8月の欧米市場での販売に
ポジティブな影響を与えると見られたからだ。
これで何かの偽物というレッテルも剥がれることだろう。

 今回ローマ法王が訪韓した理由は、

男尊女卑と王朝時代の身分差別を乗り越え
信仰を受け入れ朝鮮時代に
殉教した聖人たちを列福するためなのだが、 
ちょうど今セウォル号(今年の4月に沈没した船)問題や
慰安婦問題など様々な憂いを抱え、
国民の鬱化が進んでいる韓国に一縷の希望を与える
きっかけになっ たと言える。

 法王は、セウォル号の真相を究明してほしいと

デモをしている遺族たちや慰安婦の人たちに
毎日のように会って彼らの心を癒やす言葉や祈りを上げた。
彼の行く先々で「ビバパパ(VIVA PAPA)」の歓声が上がり、
彼の一挙手一投足に熱狂した。

 韓国人は宗教を超えて法王の訪韓を

熱烈に歓迎したが、8月15日列福ミサが
行われているすぐ近くでプロテスタント教会の人たちが、
カトリックと教皇制度に反対するという集会を開いていたのも事実だ。

セウォル号の遺族の人たちは、
法王が訪韓している4泊5日の間、
毎日法王に謁見することができたが、
大統領は事故が起きてから120日以上の間、
たった1日しか会っておらず、
真相究明もされていないことに怒りを感じている人もいる。
法王が去ってみれば、癒やされた心も束の間だった

結局、法王の訪韓により韓国人たちが感じたのは、
現在の韓国社会にはこのような
癒やしを与えてくれるリーダーがいないということだ。
従って、先週紹介した過去の英雄(李舜臣)
外国人の法王に依存してしまう。
 法王が残した希望のメッセージなどは

一時期韓国人の心を癒やしてくれたが、
それを一部の政治家たちは内政干渉と受け止めているようだ。
 聖書を引用して

「兄弟の罪は何度でも許すべし」と言った部分が拡大解釈され
「北朝鮮の政権を無条件に許し、
いくらでも援助すべきだ」に聞こえるといった
こじつけを言う極右の人たちもいる。
 そして、左寄りの発言をする法王によって、

朴槿惠大統領が侮辱されたとまで言う主張も出てきた。 
 結局、夏祭りの後にゴミがたくさん残ってしまうように、
法王の美しいメッセージは色あせてしまい、
現実の問題だけが山積みになってしまった。

元慰安婦がローマ法王に直接「名刺」渡す
2014/8/20 19:21 J-CASTニュース
フランシスコ・ローマ法王の訪韓は、
従軍慰安婦問題を国際社会にアピールする
絶好の機会だ、と韓国は考えていた。
この戦略は成功した、と韓国メディアは大喜びだ。 
   法王が韓国を訪れるのは25年ぶりで
2014年8月14日から18日まで5日間滞在した。
従軍慰安婦問題をアピールしたい韓国は
法王の訪問先 として、従軍慰安婦の施設の訪問や
慰安婦だったという女性との面会を求めたが断られたという。

そこで考えたのがミサへの出席。
従軍慰安婦だったという女性 と自然な形で
対面させようとしたのだ。

安倍首相に対し「平和的解決せよ」とローマ法王様に
指導してほしい

   18日のミサではどのようなことが行われたのか。
朝鮮日報などによるとミサの最前列に
従軍慰安婦だったという7人の女性が並び、
法王は従軍慰 安婦とされる女性たちの話に耳を傾けたり、
手を握ったり、贈り物を受け取ったなどと書かれている。

8月18日付けの聯合ニュースウエブ版では
出席した元慰安婦へのインタビューが掲載された。
法王から数珠(ロザリオ)をもらったという女性は、

「平和をいただいて、

問題を解決してくださると約束されたではないかと思います。
本当に感謝しています」などと述べた。
さらに、法王とこうして直接会話ができるなんて
思いもよらなかったため緊張してしまったが、

「握手をしながら、私の写真と
日本の天皇も謝罪せよ』ということが
書かれた名刺を差し上げました」
といい、満足げな表情を浮かべた、と書いている。
さらに、
「日本の人々の罪は憎いけれど、人を憎むことはできない。
日本の安倍総理が平和的解決に出るよう、
法王様が指導してくだされば良いと思う。
それしか望みはありません」と強調したという。 
   一方、日本のメディアは
18日のミサの模様について、法王はミサで
「罪を犯した兄弟を完全に許しなさい」と述べたが、
慰安婦問題など
日韓の歴史問題への言及はなかったとしている。
   法王が韓国を離れバチカンに戻る
18日の特別機内で行われた記者会見には
各国の同行記者が集まった。
朝鮮日報の14年8月20日付けの
電子版はこの時の法王の発言をこう綴っている。
   「明洞聖堂で会った慰安婦7人についても、
『(日本の)侵略で連行されて
利用されて奴隷のような生活をしたが、
決して人間的尊厳を失わない人』と話した」
   これは毎日新聞の記者の質問に
答えたものだという但し書きがあり、
法王のこうした発言について、
「『日本』を直接指していないが、
慰安婦おばあさんたちが
強制的に動員された事実を明らかにしてある」 
と書いている。

1 件のコメント:

  1. 通りすがり2014年8月21日 7:17

    法王から発言を引き出すのに貢献したのは毎日新聞だったんですね。情報ありがとうございます。

    返信削除