慰安婦問題について、いろんな報道: 産経新聞ソウル支局が韓国検察に聴取終了、韓国外務省報道官は要するに日本に対する脅しだと明言 ・・・ 何様のつもり?

Translate

2014年8月19日火曜日

産経新聞ソウル支局が韓国検察に聴取終了、韓国外務省報道官は要するに日本に対する脅しだと明言 ・・・ 何様のつもり?

検索キーワード「尹炳世」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年8月21日木曜日
カツラが落ちそうになるほど、まくしたてた韓国、
反日尹外相が、お見舞い=広島土砂災害 ・・・
2014年9月3日水曜日
韓国外交部は強気も、韓国外相は弱気 ・・・ 韓国市民団体のや韓国の強硬姿勢に絶望
アジア女性基金の元理事  ・・・
                             

会談する岸田外相(左端)と韓国の尹炳世外相(右端)=9日、ネピドー(共同)
会談する岸田外相(左端)と韓国の尹炳世外相(右端)=9日、ネピドー(共同)
【本紙ソウル支局長聴取】言論の自由、割れる韓国 
引用元の朝鮮日報は「口頭注意」のみ
2014.8.19 08:23 (1/2ページ2/2ページ日韓関係 
韓国で記事をめぐり外国人記者が捜査対象となるのは極めて異例。
大統領に関する報道の自由はどこまで許されるのか、市民団体の告発とはいえ
権力による言論の自由への介入を認めていいのか-。
韓国でも当局の動きを問題視する見方が出ている。

加藤支局長が出頭したソウル中央地検前には、日本や韓国の報道記者40人以上が
押し寄せ、関心の高さをうかがわせた。
韓国では今回の問題を機に、大統領に対する報道、言論の自由のあり方をめぐり
議論になり始めている。
 「韓国憲法は言論と表現の自由を保障しているが、他人の名誉を毀損し、
人格を冒涜(ぼうとく)する自由までは許されない」(東亜日報)
  加藤支局長のコラムに対し、韓国ではこのように、報道の自由の“限度”を強調する
論調が少なくないのは事実だ。

ただ、「寛大に見ても正道を外れた報道だ」 と批判する文化日報も、一方で
「市民団体の告発を機に、メディアと記者に対する検察の捜査が一挙に進められるのは、
手順に無理がある」と捜査のあり方を問 題視するなど、韓国メディアも揺れている。

今回の問題で韓国大統領府は、加藤支局長がコラムの中で主に引用した
朝鮮日報に対しては、口頭による注意にとどめており、国内メディアと海外メディアへの
対応の違いを疑問視する向きも少なくない。
  ミャンマーで9日に行われた日韓外相会談の際、岸田文雄外相が
「報道の自由の観点からの憂慮」を韓国側に伝えたが、ハンギョレ紙は当時、現地にいた
日本の 記者の発言を紹介。
「記事で特に問題となった部分は朝鮮日報のコラムを引用したもの。
なぜ朝鮮日報を問題視せず、産経新聞にだけ法的措置をとるのか」との 言葉を引いて、
対応の不公平さを指摘した。

 一方、京郷新聞は「大統領と政府が訴訟で応じるのは、国家権力に対する
正当な監視活動を萎縮させる」とした法律学者の見方を紹介している。
 この学者は1975年に作られた大統領批判を禁じるための「国家冒涜罪」を例に、
「名誉毀損が乱発されれば、国家冒涜罪があった権威主義の時代のようになる」
と警告している。

本紙ソウル支局長、聴取終了 ソウル中央地検 韓国大統領の名誉毀損告発2014.8.18 21:10【ソウル=名村隆寛】
「産経新聞のウェブサイトに掲載された記事が
朴槿恵(パククネ)大統領の名誉を毀損(きそん)した」という
韓国の市民団体の告発を受け、ソウル中央地検が18日、
産経新聞の加藤達也ソウル支局長(48)に行っていた
事情聴取は同日夜、終わった。

加藤支局長は同日午前11時ごろ、弁護士らとともに地検に出頭。

地検は情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律
(情報通信網法)違反の疑いで、地検側の通訳を介して
取材の経緯などを聴いたとみられる。

本紙ソウル支局長が出頭 ソウル中央地検 韓国大統領の名誉毀損告発で
2014.8.18 11:19
【ソウル=名村隆寛】「産経新聞のウェブサイトに掲載された記事が朴槿恵
(パククネ)大統領の名誉を毀損(きそん)した」として、韓国の市民団体が記事を 
執筆した産経新聞の加藤達也ソウル支局長(48)を告発した問題で、
加藤支局長は18日午前、ソウル中央地検に出頭した。
同地検は告発を受け、加藤支局長 に事情を聴くため、出頭を求めていた。

小林毅・産経新聞東京編集局長
 「本日、産経新聞ソウル支局の加藤達也支局長がソウル中央地検に出頭した。
これは、韓国国内の司法手続きに沿ってわれわれの考え方を説明するため
要請に応じたものである。
 産経新聞のウェブサイトに掲載された当該コラムに韓国大統領を
誹謗(ひぼう)中傷する意図はまったくない。
内容は韓国国会のやりとりや朝鮮日報のコラムの紹介を中心に、
韓国国内の出来事や動きを伝えることが目的である。
 当該コラムが問題視されたことは理解に苦しむが、捜査には真摯(しんし)に応じる。
韓国司法当局が民主主義国家の根幹である報道の自由、表現の自由に照らし合わせ、
公正に判断されることを期待する」
本紙支局長出頭要請、外相会談で議論 韓国側は「当然」産経ニュース
 【ソウル=名村隆寛】韓国外務省報道官は12日の定例記者会見で、
韓国検察当局が産経新聞ソウル支局の加藤達也支局長(48)に
出頭を要請した問題について、
「産経新聞の報道は、根拠のない流言飛語を基に国家元首の名誉を毀損(きそん)する
悪意ある報道で、極めて重大」と述べた。

  岸田文雄外相が9日、ミャンマーでの日韓外相会談で、
尹炳世(ユンビョンセ)外相に対し、「報道の自由、日韓関係の観点から心配している」
という立場を伝 えたことについて語ったもので、報道官は、
「韓日関係発展に向けた論議の過程で、韓日両国民の感情を傷つけてはならない
との次元で(尹外相は)最近の産経 報道に言及した。
日本側の注意を喚起したものだ」と述べた。
 ※要するに脅しだと言ってるわけです。

 外相会談でこの問題を取り上げたことについては、
「韓国の国民感情を大きく悪化させるため、論議したことは当然」と明言した。

本紙支局長出頭要請 「表現の自由が保障されている国からすると違和感」 
民主・松原氏が批判   2014.8.13 12:11 
民主党の松原仁国会対策委員長は13日の記者会見で、
韓国検察当局が産経新聞ソウル支局の加藤達也支局長(48)に
出頭を要請した問題について、 
「言論、出版、その他一切の表現の自由が憲法で保障されているわが国からすると
極めて違和感がある。
韓国政府は民主国家として、適切な対応をすべきだ」と 厳しく批判した。

 出頭要請は、産経新聞のウェブサイトに掲載された同支局長の記事が、
朴槿恵大統領の名誉を毀損(きそん)しているとする韓国の市民団体の
告発を受けたもので、同支局長は18日に出頭する。
  記事は韓国紙、朝鮮日報に掲載されたコラムなどを紹介する形で
書かれたもので、松原氏は
市民団体が韓国の大手報道機関に対して、同様の行動を取っている のか」と指摘。
さらに「民主主義の原点は報道の自由だ。
(韓国にも)同じ民主主義国家としての考え方や矜持(きょうじ)というものがあるだろう」
と皮肉っ た。 
=韓国ネット「当然の疑問」「脅せばいいと思ってる」
配信日時:2014年8月12日 13時16分
2014年8月10日、韓国・ハンギョレ新聞によると、ASEAN(東南アジア諸国連合)
地域フォーラム(ARF)に出席するためにミャンマーを訪問した 岸田文雄外相は
9日、韓国検察が産経新聞の加藤達也ソウル支局長を召喚したことについて、
韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相に対して、「報道の自由とい う観点から懸念している」
と伝えた。   
 これに対し、尹外相は「産経新聞が根拠のないデマを引用し、悪意を持った報道で
隣国の国家元首の名誉を深刻に毀損したことを非常に残念に思っている」
という立場を日本側に伝えたが、現場にいた日本の記者たちは
大統領府の態度を理解できないという反応を示したという。
報道によると、ある日本の記者は「加藤達也支局長は『反韓』寄りの記事を書くが、
今回、特に問題となった部分は『朝鮮日報』のコラムを引用したもの。
なぜ『朝鮮日報』は問題にしないで『産経新聞』にのみ法的措置をとるのか」
と疑問を投げ掛けた。
このような現状に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。
 以下はその一部。
「本当に訴訟するのだろうか?恐らくできないだろうな」

「常識的な考え方からすると、(日本の記者の)このような疑問が出てくるのは当然だろう。
大統領を愚弄(ぐろう)したといった考えを持つ前に、何を隠そうとしてこうなったのか。
よく注意して見ていかないといけない」
「『自由守護青年団』と『独島を愛する会』は、朝鮮日報も名誉毀損(きそん)の疑いで
告訴しろよ」(※「自由守護青年団」と「独島を愛する会」は独自に
加藤達也支局長を告訴した)
「『独島を愛する会』は独島を愛していればいい。なぜ大統領に愛を捧げる?
これは完全に政府の御用団体だ」
「日本の新聞から少しでも何か(記事が)出てきたら、
『韓国のマスコミと同じように脅せばいい』という安易な考え方を持っている
政府関係者も笑わせるよ」
「解決策は簡単だよ。(1)セウォル号惨事の真相究明を実施する。
(2)真相究明を含む内容で、大統領が7時間どこにいたか明らかにする。
(3)もしセウォル号の惨事に大統領として責任がある場合は
  法律により(大統領は)処罰される。
(4)もし、大統領職を辞めるべきなら、正式に国民投票で新大統 領を選ぶ」
「セウォル号の件では、終始知らないフリをしてるけど、今回のことはちょっとしんどそうだね。
日本以外の他の国の新聞にまで同じことをするのか?
(朴槿恵氏が)韓国大統領だということが悲しいよ」
「チェ・ボシク(※朴大統領の疑惑を伝えた朝鮮日報の記者)はいつ召喚されるんだ?」
(翻訳・編集/まるみ) 
                     
岸田外相、産経支局長聴取「報道の自由、心配」 尹外相に伝達
8.10 03:32
【ネピドー=沢田大典】産経新聞ウェブサイトに掲載された記事が
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損(きそん)しているとの告発を受け、 
ソウル中央地検が産経新聞ソウル支局の加藤達也支局長(48)に対し、
12日に出頭するよう求めた問題で、岸田文雄外相は10日、訪問先のミャンマーで
韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と9日に会談した際に、

「日韓両国の関係に影響が出るのではないか、報道の自由との関係で心配している。
注視している」 と伝えたことを明らかにした。記者団の質問に答えた。

 外務省によると、尹氏は「自分たちも本件を注意深く見ている」と述べたという。

2014年8月3日日曜日
番外編 朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、
七時間ほど行方不明だったらしい ・・・ 昼寝でもしてたのかしら ・・・

産経ニュース産経新聞ソウル支局長 出頭は18日に    
2014.8.11 17:20
【ソウル=名村隆寛】 
ソウル中央地検が産経新聞ソウル支局の加藤達也支局長に
出頭を求めた問題で、検察当局は当初、12日の出頭を要請していたが、
手続き上の理由から出頭は18日となった。
産経支局長に「オンライン名誉毀損」の適用検討
聯合ニュース =韓国検察 2014/08/11 16:56
【ソウル聯合ニュース】韓国の検察は、
朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つけた疑いがあるとして、産経新聞の
加藤達也ソウル支局長に対し情報通信網法における名誉毀損罪の適用を
検討していることが11日、分かった。

 検察によると、ソウル中央地検は旅客船セウォル号沈没事故当日の朴大統領の
行動を扱った同紙の記事のうち、紙面よりもインターネットサイトに掲載された記事が
朴大統領に対する名誉毀損の度合いが強いとみて、関連法を検討中という。
 同記事は朝鮮日報のコラムや証券業界の情報などを引用し、
朴大統領の私生活に関するうわさを報じており、外国のマスコミが他国の首脳を
侮辱したと物議を醸していた。
  情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律(情報通信網法)は
「人を誹謗(ひぼう)する目的で情報通信網を通じ、公然と偽りの事実により、
他人の名誉を傷つけた者は7年以下の懲役、10年以下の資格停止
または5000万ウォン(約495万円)以下の罰金に処する」と規定している。

 刑法をはじめとする各法に定められた名誉毀損の処罰規定のうち、法定刑が最も重い。
だが、「誹謗する目的」があったのかについては、取材の動機と報道の経緯、
記事の具体的表現などに基づき、検察が立証しなければならない。
 加藤支局長は朝鮮日報のコラムを引用したと主張している。
だが検察は該当コラムについて、国政運営の乱れを指摘したもので、
同紙の記事とは主題が異なるとみている。
家宅捜索などの強制捜査は外交問題などを勘案して検討していない。
 検察は加藤支局長を出国禁止とし、12日に出頭するよう求めた。
だが加藤支局長は弁護人選任などの問題のため、調査を先送りするよう要請した。
これに伴い、検察は支局長側と出頭日を再調整する。
 検察は加藤支局長から報道の根拠や取材の経緯を説明するための資料を
提出させる方針。青瓦台(大統領府)でも関連資料を入手して調べるという。
検察関係者は「報道の根拠がどの程度信じられるものであったのかが核心」とコメントした。
産経新聞のソウル支局=11日、ソウル(聯合ニュース) 
産経新聞のソウル支局=11日、ソウル(聯合ニュース)

本紙ソウル支局長に出頭要請 ウェブ記事「大統領の名誉毀損」
2014.8.9 08:35【ソウル=名村隆寛】韓国のソウル中央地検は8日、
産経新聞ソウル支局の加藤達也支局長(48)に対し、12日に出頭するよう求めた。
産経新聞の ウェブサイトに掲載された記事が朴槿恵(パク・クネ)大統領の
名誉を毀損(きそん)しているとする韓国の市民団体の告発を受け、事情を聴くという。

  問題とされる記事は、ウェブサイト「MSN産経ニュース」に
3日掲載された加藤支局長による
「【追跡~ソウル発】朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明 に…
誰と会っていた?」。
今年4月16日に起きた韓国旅客船沈没事故の当日、7時間にわたって
朴大統領の姿が確認できなかったことをめぐり、その間の朴大 統領の行動などで
韓国国内で論議が高まっているという内容。

 記事は、韓国国会内での議論や韓国紙、朝鮮日報に掲載されたコラムなど、
公開されている情報を中心に、それらを紹介するかたちで書かれている。
 ウェブサイトへの掲載後、産経新聞には、韓国大統領府から
ソウル支局に抗議があったほか、在日本韓国大使館から東京本社に
「名誉毀損などにあたる」として記事削除の要請があった。
産経新聞は記事の削除には応じなかった。

 小林毅・産経新聞東京編集局長
 「問題とされた記事は韓国国会でのやりとりや
朝鮮日報コラムの紹介が中心であり、この記事を理由に名誉毀損容疑で
出頭を求められるというのは理解に苦しむ」

韓国検察、産経新聞ソウル支局長に出頭命令
ソウル=東岡徹 2014年8月9日12時19分

記事入力 : 2014/08/09 11:09
産経新聞、連日韓国と朴大統領を侮辱する「挑発報道」
「告げ口外交・世界の超少数派・売春輸出国・旅客船事故時に大統領所在不明」
慰安婦問題の争点化で非常識な報道、日本でも「反韓感情を助長」と批判 
日本の総理を侮辱する記事を掲載したとして物議を醸している朝鮮日報は
「その存在意義は反日感情を助長することにある」と日本でも皮肉られるほど
「日本をさげすむ記事」を連日掲載している。
同紙は3日「朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…
誰と会っていた?」という電子版記事で、証券街関係筋の話として、
朴大統領のプライバシーにまつわる疑惑を取り上げた。

  従軍慰安婦の強制動員そのものを否定する産経新聞は、朴大統領が
慰安婦問題を国際社会で争点化すると、非常識な記事を連発し始めた。
同紙は今年2月、朴大 統領の外交政策を「告げ口外交」「言いつけ外交」と
さげすみ「(同紙記者の知人の話では)日本統治下の朝鮮半島の北端でも
『言いつけ』は日常的にあった」 
「知人は、北朝鮮でも今、この『民族的習性』が生き残っている可能性を指摘した」
と書いた。帝国主義の日本が韓半島(朝鮮半島)を強制的に統治したことを 
合理化するため持ち出した「韓民族さげすみ論」を連想させる。

 産経新聞は3月の韓米日首脳会談で、朴大統領が安倍晋三首相 と
握手しなかったことについて「韓国では無視が最大の侮辱」
「朴氏は反日の姿勢を取ることで、国内で自身に向けられる敵意を
日本に向かせようとしている」 という大学教授の話を伝えた。
慰安婦問題をめぐり世界各国から批判が相次ぐと、同紙は韓国を
「性搾取大国」「売春輸出国」と攻撃している。

  韓国が中国と首脳会談をすると、同紙は
「隠さぬ傲慢中国、尾を振る韓国の事大主義」というコラムで
「米国の抑止力に頼りながら、自由主義とはまるで価値観 が異なる中国に
媚(こび)を売っているのが韓国なのだ。
気色の悪い二股ぶりといわずして、なんといおう」と書いた。
また、このコラムは「この中韓と日本の 関係は、1世紀以上も前の
日清戦争前夜と似ている」と書き「我は心において
亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」という明治時代の新聞社説を引用した。
さ らに、同紙は別の記事で「安倍政権に嫉妬する中韓は世界の超少数派」
「アベノミクスで日本経済が活性化され、安倍首相の外交が成功すると、
中国・韓国は嫉 妬と焦りを隠せずにいる」といった
あきれた主張も繰り広げている。
※朝鮮日報こそ、反日新聞社、どの面下げて偉そうに・・

 韓国企業についても「“チャイナパニック”に喘ぐサムスン」
「長引く権力空白“サムスン王朝”の機能不全」
「『現代自』燃費偽装・雨漏りで自滅の予兆」
「米国人が『NO』と敬遠し始めた韓国・現代自動車」
などの記事で韓国を中傷している。

 産経新聞は舛添要一東京都知事が先月、韓国を訪問し、朴大統領と
会談したときに握手をして腰を折り曲げている写真が韓国紙に
掲載されたことにまで難癖を付けた。
舛添知事に対し「弱腰外交」「必要以上に卑屈な印象」という表現を使った。

  さらに同紙は、日本を称賛し韓国をさげすむために日本国籍を取得した
呉善花氏を紙面に頻繁に登場させる。
呉善花氏は5回にわたる連載インタビュー記事で 
「日本は無理に今のような韓国と付き合おうとせず、
『それならば結構です』といったん距離を置いた方がうまくいく」としている。
また、呉善花氏は同紙が主 催した講演会で、セウォル号事故について
「韓国人は反日の時は団結するが、愛国心はなく、徹底した利己主義だ」
と言ったことを報じた。
東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版  
※呉善花氏は済州島出身、韓国の呉氏に対する差別意識も大きいと思います。
ZAKZAK呉善花氏は日本に帰化された日本人です。

【韓国の真実】自国民から外国人労働者まで… 
夕刊フジ実は差別だらけの韓国
2013.07.07                       
★(11)
韓国とは「人間差別」があふれた国だ。
ここで「人種差別」と言わないのは、韓国人同士にも激しい差別があるし、
別の国に住む韓民族も差別の対象になっているからだ。

 全羅道(旧百済地域=朝鮮半島南西端の地方)出身者に対する差別は
高麗時代から始まった。
朴正煕大統領から金泳三大統領に至る政権は、慶尚道
(旧新羅地域=朝鮮半島の南東部の地方)人脈を中枢に据え、
「中央省庁の標準語は慶尚道方言だ」とされるほどだった。

 慶尚道人脈が圧倒的優位だった全斗煥政権下でのことだ。

「政権を支える3人」と言われた大統領秘書官3人が
私を高級ルームサロンに招いてくれた。
その中の1人が言った。
「在日韓国人が日本で差別されるのは当然だ。
彼らの大部分は済州島か全羅道の出身なのだから」

 数日後、くだんの秘書官が
「日本の韓国人差別の撤廃を求める大統領談話」を
朗読しているテレビを見て吹き出した。

 慶尚道出身の在日韓国人が
「全羅道の女などにウチの敷居をまたがせないぞ!」と
息子を怒鳴りつけている場面に遭遇したこともある。

 韓国人同士の会話で、日本人のことを侮蔑語の「倭奴(ウェノム)」と呼ぶのは
珍しくないし、時には「チョッパリ(=ひづめが割れた奴の意味)」が使われる。

 在日韓国人は「半チョッパリ」と言われる。
韓国のサッカー場で「半チョッパリ」とヤジられたのを機に、日本に帰化した選手が
いたではないか。

 韓国人同士の間にも、異様な学歴崇拝癖と、職業に対する伝統的にして
病的な貴賤意識とが絡み合い、李王朝時代と同じような事実上の身分制度がある。

 さしずめ財閥系大手の管理職は両班(ヤンバン=貴族)であり、
町工場のブルーカラーの人々はひどく差別されている。
李王朝時代の身分制度には法的根拠があったが、現代の両班は
故なく威張りちらしている。

今日の韓国では、外国から就労目的で来た人々が
ひどい差別の対象になっている。

 脱北者、中国の東北部に住む朝鮮族、そして外国人労働者だ。
彼らは、同業種の韓国人よりも、はるかに低い賃金・悪い労働条件で働いている。

 韓国の大手紙は、差別による事件が発生すると
「外国人労働者への差別をやめよう」といった社説を掲げるが、
状況に目立った改善はない。

 3K業種で働く当の朝鮮族から「韓国での待遇を考えると、中国に戻って
仕事をする気にはならない」といった声が出ている
(朝鮮日報12年4月20日)というから驚きだ。

 旧満州地域に住む朝鮮族の生活水準は、よほどひどいのだろう。

 朴槿恵(パククネ)大統領が中国首脳に
「朝鮮族の待遇改善を訴えた」という報道は、ついに見付からなかった。
■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。
慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、
ソウル特 派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、
評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、
「日韓がタブーにする半島 の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。 

2014年8月8日金曜日
呉善花さん 

記事入力 : 2014/08/09 11:10
旅客船沈没:大統領府、産経の報道受け説明
「朴大統領は大統領府で業務に当たっていた」

朝鮮日報 ChosunOnline

【コラム】朴槿恵大統領の「テント青瓦台」(1)
2014年08月08日17時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]事態はおかしな方向に流れている。
憶測が憶測を呼んでスキャンダルに包まれている。
7時間」に何かすごい秘密が隠されているように膨らんでいる。
医療手術に関係しているという推測も出てきた。

ついには日本の産経新聞が3日、公開的に記事化す るに至った。
「朴槿恵大統領、旅客船沈没当日に行方不明…誰と会っていたのか?」。
まるで芸能人のスキャンダルを扱う記事のようだ。
具体的な内容は全くな い。
国会質問・答弁とインターネットで飛び交っていた話をつぎはぎした程度だ。
ところがその内容が再び国内に広がって事実のように増幅されている。

セヌリ党の人々の発言が、さらに火をたきつけた。

「大統領の私生活(プライバシー)の話ではないのか」〔趙源震(チョ・ウォンジン)
セウォル号特別委セヌリ党幹事〕、
「大統領の一挙手一投足を分刻みですべて暴くのが穏当だと思うか」
〔李完九(イ・ワング)院内代表〕という言葉が
かえっ てスキャンダルを匂わせたのだ。

疑惑の当事者とされたチョン・ユンフェ氏は最近、中央日報のインタビューで

「大統領選挙以後、朴大統領と接触したのは当選後に大統領が私に
電話をくれた際に話したのが全て」と話した。

金淇春秘書室長はすでに国会運営委で何時間も追及された。
ところが野党は聴聞会で再び問い詰めるとい う。
金室長は、大統領がどんな食べ物が好きなのかも秘密だと主張する人だ。
それでも「今日の天気は本当に良いです」などと言って見過ごすことでもない。
市中で飛び交ううわさが、事実ではないと信じる。
それならば国民が失望しないように説明するかも、最低限、野党代表に
非公開でも状況を説明して了解を求めるべきではないのか。

0 件のコメント:

コメントを投稿