慰安婦問題について、いろんな報道: 河野談話「もはや役割は終わった」…萩生田氏。 自民、河野談話見直し要請へ ・・・ 産経 他

Translate

2014年10月7日火曜日

河野談話「もはや役割は終わった」…萩生田氏。 自民、河野談話見直し要請へ ・・・ 産経 他

萩生田光一・自民党総裁特別補佐は6日、BS日テレの「深層NEWS」 に出演し、
いわゆる従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房長官談話(河野談話)について、
「政府として見直しをしないと公言している」とした上 で、
「もはや役割は終わったと思っている。戦後70年に合わせた新たな談話を出すことによって、
結果として(河野談話は)骨抜きになる」との見通しを示し た。

 慰安婦問題を巡る日本のイメージ回復に向け
「政府広報を英語のみならず数か国語で世界に発信していく必要がある」とも述べた。

 西岡力・東京基督教大教授も「(河野)談話が誤読されて、強制連行があったとの誤解が
広がっている。新談話を出すことが、誤解を解く道だ」と語った。
一方、孫崎享・元外務省国際情報局長は
「国際社会への影響を考えると見直すべきではない」と述べた。

深層NEWS 徹底討論!慰安婦問題
慰安婦問題をめぐり日韓関係が悪化するなか、国際社会に広がった日本の負のイメージを
どう払拭するのか。未来志向の日韓関係をどう築く。河野談話見直しの是非は─。
 6日(月)にBS日テレで放送した深層NEWS「徹底討論! 慰安婦問題 
日本批判どう変える?」を特別に配信。
ゲスト:萩生田光一氏(自民党総裁特別補佐)
    西岡力氏(東京基督教大学教授)
    孫崎享氏(元外交官)

キャスター:玉井忠幸(読売新聞編集局次長兼編集委員)
      小西美穂(日本テレビ報道局) 
日テレNEWS24
民・高市氏 「慰安婦問題で新談話を」       
NHKニュース8月26日 19時06分
自民党の高市政務調査会長は、総理大臣官邸で
菅官房長官と会談し、
いわゆる従軍慰安婦の問題を巡って、
朝日新聞が一部の記事を取り消したことなどを踏まえ、
戦後70年となる来年に向けて、新たな官房長官談話を出すよう申し入れました。

この中で、自民党の高市政務調査会長は、朝日新聞がいわゆる従軍慰安婦の問題を巡る
自社のこれまで の報道を検証する特集記事を掲載し、一部の記事を取り消したことなどを
踏まえ、戦後70年、日韓国交正常化から50年になる来年に向けて、
新たな官房長官談話を出すよう申し入れました。
また、高市氏は、政府がことし6月に公表した従軍慰安婦の問題を巡り、謝罪と反省を示した
平成5年の河野官房長官談話の検討結果について、情報発信を国内外で
強化するよう求めました。
これに対し、菅官房長官は「安倍政権は、いわゆる河野官房長官談話は見直さないとしており、
新たな官房長官談話を出すことは考えていない」と述べる一方で、政府の検討結果の
扱いについて、「予算措置を行って国内外での情報発信に力を入れたい」と述べました。

産経ニュース「新談話ものすごく効果」
「国会で朝日、白黒つけよ」21日の自民党政調会議抄録
2014.8.22 00:31 (1/2ページ2/2ページ「慰安婦」問題
21日に開かれた自民党政調会議の主な内容は次の通り。
 高市早苗政調会長「未来志向の外交も非常に重要だが、私たちにとっては
国家、国民、そして子孫の名誉を守りぬくことも大切なことだ」
 内閣官房担当者「(当時の)朝日新聞の報道で対日批判が強まった。
日本政府は強制連行は確認できないとの姿勢を貫いていた」
 外務省担当者「(米カリフォルニア州グレンデール市などに設置されている
慰安婦像について)大使館などを通じて、このような動きを阻止できるよう努めている」
 片山さつき環境部会長「グレンデールの慰安婦だけでなく、日本海を『東海』に
変えろというのは同じ(反日)運動だ。組織的に対応しないといけない。
河野談話に対しては新談話を出すとものすごく効果がある」
 城内実外交部会長「(日本と韓国以外の)第三国には粘り強く丁寧に説明し、
誤解を解いていかなければならない」
  佐田玄一郎元行政改革担当相「(河野談話は)どうしてこんな文書になったのか、
どこが問題かを内閣官房は言わないとまずい。
(韓国は)内政干渉に近いこと を言ってきている。
日本を大きく毀損(きそん)した朝日新聞には、閉会中審査でもいいので、国会で
白黒はっきりつけるべきだ」
 佐藤正久参院議員「(慰安婦を『性奴隷』とした国連欧州本部自由権規約委員会
がある)ジュネーブできちんと正しい情報を発信すべきだ。
外務省が真剣にやらないといけない」
 大西英男衆院議員「朝日新聞が誤った報道をしたせいで、世界に『性奴隷』という
情報が広がっている。朝日の当時の経営者や記者を国会で証人喚問すべきだ」
 山田賢司衆院議員「自民党として河野談話を総括しないといけない。
談話を見直さないのなら、新談話を出すべきだ」
柴山昌彦衆院内閣委員長「国際的に権威のある人権機関が正しいコメントを
発表するようにしないといけない」
 赤池誠章副幹事長「改めて新談話を出すのが大事だ。
自民党が主導してきちんと強制連行がなかったことを主張しないといけない」
 高市氏「新談話が必要との要望があれば、党として菅義偉官房長官に要請したい。
閣議決定していない河野談話を、なぜ政府が継承するのかというそもそもの疑問もある」
 有村治子参院議員「虚偽のことを垂れ流し、(旧日本軍の)尊厳を踏みにじる自由は
朝日新聞にはない。
(同紙が強制連行の証言報道を虚偽と認めたことで)河野談話は根底から揺らいでいる」
 丸山和也参院議員「韓国とは火花を散らすのではなく、その動きを
国際社会の中で封じ込めるのがいい」
 簗和生衆院議員「朝日新聞の所業についてはしっかりと追及すべきだ」

NHKニュース
慰安婦問題で新たな官房長官談話要請へ
8月21日 17時59分
自民党の政務調査会は会合を開き、
いわゆる従軍慰安婦の問題を巡って、朝日新聞が一部の記事を取り消したことなどを
踏まえて、戦後70年となる来年、新たな官房長官談話を出すよう
政府に要請することを決めました。

自民、河野談話見直し要請へ
産経ニュース2014.8.21 19:16 (1/2ページ) 2/2ページ
自民党は21日、慰安婦問題を議題とした政調会議を
党本部で開き、戦後70年となる来年に、慰安婦募集の強制性を認めた
平成5年の河野洋平官房長官 談話に代わる新たな官房長官談話を
出すよう来週にも政府に要請することを決めた。
政府は河野談話の継承を表明しているが、新たな談話を出すことで事実上、 河野談話の
見直しを求めるものだ。

 河野談話の作成過程に関する政府の有識者チームの検証により、作成過程で韓国側と
内容をすりあわせ、強 制性の有無の事実よりも政治決着を急いだ談話だったと
証明されたことや、朝日新聞が慰安婦の国際問題化の契機となった記事の一部を誤報と認め、
取り消したことを踏まえた。
 高市早苗政調会長は会議後、記者団に「河野談話は閣議決定されたものではなく、
当時の官房長官が発した談話だ。
新しく判明した事実に基づいた新たな談話を発出してもらいたい」と述べた。
同時に「正しい史実に基づき、日本の名誉を回復したい。国際社会に正しい情報を
積極的に 発信すべきだ」と述べ、国内外の発信強化も併せて要請する考えを示した。
 要請書は高市氏が文案をまとめ、党内手続きを経て、来週にも
菅義偉(すが・よしひで)官房長官に提出する。

政調会議では、政府側が河野談話の作成過程の検証結果などを報告した。
出席議員からは「朝日関係者を国会に招致すべきだ」との意見が出された。
朝日関係者の国会招致について、政調幹部は「国対が判断する問題だ」として、
積極的に要求する話ではないとの考えを示した。

 党が独自に河野氏や朝日関係者から事情を聴き、検証していくことについても、
高市氏は記者団に
「今後、必要があれば(同様の政調会議を)開きたい」と述べるにとどめた。

【阿比留瑠比の極言御免】平均月収は兵士の数十倍、慰安婦の虚像と実例
2014.8.21 11:56 (1/3ページ2/3ページ3/3ページ「慰安婦」問題
大事な問題なのでしつこく書く。朝日新聞が5、6両日付朝刊で展開した
慰安婦問題に関する自社報道の特集記事についてである。
朝日は5日付1面の杉浦信之編集担当の記事「慰安婦問題の本質 直視を」で、
こう主張している。
 「被害者を『売春婦』などとおとしめることで自国の名誉を守ろうとする一部の論調が、
(中略)問題をこじらせる原因をつくっている」
「慰安婦として自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質なのです」
 確かに、親に売られたり悪徳業者にだまされたりして意に反して
慰安婦となった女性もたくさんいた。
その境遇には同情するが、朝日の一方的な言い分には強い違和感を覚える。

米軍が先の大戦中、ビルマ(現ミャンマー)で捕らえた朝鮮人慰安婦20人らに尋問した
内容をまとめた米国戦争情報局資料「心理戦チーム報告書」(1944年10月1日)は、
こう指摘している。  「慰安婦は売春婦prostitute)であるに過ぎない」→
 

[PDF]日本軍慰安所管理人の日記.pdf (3.23MB)

※ 2ちゃん掲示版等でよく議論になる点が、2.2 斡旋業者による募集方法
1942年5月上旬、日本の斡旋業者(エージェント)たちが、日本が新たに勝ち取った
東南アジアの属領で、「慰安役務・慰安奉仕(comfort service)」をさせる
朝鮮人女性を募集(enlist)するため朝鮮に到着した。
これら斡旋業者が用いる誘いの言葉は、病院で負傷兵の世話をしたり、兵士を
喜ばせるような仕事であると説明し、報酬の高さ、家族の負債返済の好機、
楽な仕事、シンガポールにおける新生活が待っていると勧誘した。
こうした虚偽の説明を信じて、多くの女性が海外任務(duty)に応募(enlist) し、
数百円の前借金[7]を受け取った。←この点であります
応募した女性の多くは無知で教育の程度も低く、なかには娼婦もいた[8]

この文章には親の存在が書かれておらず、さも慰安婦業者が娘を
直接騙したように読めますが、これは間違いで前借金を受け取ったのは
当時の民法の家制度による、家長である立場の親や兄なのです。
そのことを、娘である慰安婦らは米軍に申告したか、あるいは米軍が
報告書であえて触れなかったかはわかりませんが、慰安婦である娘には
前借金で養うべき親兄弟がいるからこそ慰安婦に売られたわけです。
独り身なら、そもそも前借金は必要なく慰安婦になりません。

この報告書は朝鮮人日本軍慰安婦らですが、親が売ったという点では
日本人日本軍慰安婦も同じです。

慰安婦業者を交渉し話をつけた親は娘に
おまえを慰安婦(売春)に売った」と面と向かって言うと思いますか?
親の心情からして、無理があり多くの場合は、
慰安婦業者は楽な仕事だと言っている」という前述の、 
病院で負傷兵の世話、兵士を喜ばせるような仕事と親は娘に説明したと
推測するのが常識的に合点がいくでしょう。

娘は直接に慰安婦業者と家長である親に無断で交渉はしません。
慰安婦業者が勝手に娘と話をつけると、それこそ親の申し立てにより
誘拐事件になるからです
従って、親が言葉を濁して娘に説明し慰安所に着いて娘がこういう仕事だと知り、
それでも、家族のため親兄弟のためだと思い従ったというのが
実情ではないでしょうか?

ならば朝日はまず、米国に抗議すべきだろう。
また、朝日のいう「自由を奪われ」「尊厳を踏みにじられ」といった画一的な
慰安婦像も大いに疑問である。

この米軍の報告書によると、慰安婦たちは将兵とスポーツやピクニックを楽しみ、
当時としては高価な蓄音機を持ち、町に買い物に出ることができた。
日本人兵士が結婚を申し込む例も多く、実際に結婚に至ったケースもあった。
平均月収は兵士の数十倍に上り、「彼女らは金を多く持っていた」という。
 朝日の書きぶりはこうした実例には目をつぶり、慰安婦が「性奴隷」状態に
あったように印象付けようとしているのではないか。果たして事実はどうなのか。

 明星大戦後教育史研究センターの勝岡寛次氏の新著
「『慰安婦』政府資料が証明する〈河野談話〉の虚構」(明成社)は、
政府が平成4、5年に発表した調査資料(前記の米軍報告書を含む)をもとに、
慰安婦の実像に迫っている。
 政府資料には、戦局や地域・慰安所経営者によって差異はあろうが、
こんな事例が記されている。
 慰安婦たちは毎朝2時間の散歩が許可されていた▽廃業の自由があった
▽酔った兵士に暴行された慰安婦に所属部隊から30円の慰謝料が支給された
▽兵士が慰安婦に貢ぐため白米や砂糖を盗んだ-など。 

 直木賞作家で在日韓国人でもあった故つかこうへい氏は
17年前の平成9年、自身で慰安婦問題を取材して分かった
慰安婦像について筆者にこう語っていた。

 「鎖につながれて殴られたり蹴られたりして犯される
奴隷的な存在と思っていたけど、実態は違った。
将校に恋をして貢いだり、休日に一緒に映画や喫茶店に行ったり
という人間的な付き合いもあった。
不勉強だったが、僕はマスコミで
娘に語る祖国 満州駅伝-従軍慰安婦編
光文社)にも
娘に向けたこんな率直なセリフが出てくる。
「パパはいろんな人に取材したんだけど、
従軍慰安婦の人たちは必ずしも悲惨じゃなかったんだ」
朝日は自らに施した洗脳を解き、もう少し
慰安婦問題の本質を直視してはどうか。
(政治部編集委員)

朝日新聞の慰安婦報道が
国際社会で既成事実化した経緯を検証
2014.08.21 07:00 NEWSポストセブン
朝日新聞は吉田清治氏(故人)が証言した戦時中の「慰安婦の強制連行」に
ついての記事を8月5日にようやく取り消した。
この問題が深刻なのは、朝日 の嘘が国際社会で既成事実化されたからだ。
朝日の慰安婦報道が国際社会に定着した過程を改めて検証する。
西岡力・東京基督教大学教授が語る。 

「韓国政府は朝日の報道を受け、1992年7月に『日帝下軍隊慰安婦実態調査中間報告』を
まとめ、その中で吉田氏の著書を強制連行の証拠として採用しました」

 それを受けて韓国外務省アジア局長が、
「慰安婦動員に日本政府が強制または強制に近い方法を行使したと推察される」
という見解を表明すると、朝日 は待ってましたとばかりに〈日本政府としては
この問題に対する責任ある対策を強く促されることになった〉(同年7月31日付)と報じた。

 親日派として知られた当時の盧泰愚・韓国大統領は退任直前、
慰安婦問題について〈日本の言論機関の方が問題を提起し、我が国の国民の
反日感情を焚きつけて国民を憤激させてしまいました〉
(文藝春秋1993年3月号の対談)と告白している。 
 
慰安婦問題は朝日新聞の捏造だと盧泰愚元大統領が証言【宮崎哲弥】   
それでもいったん上がった火の手は止まらない。国連にも飛び火した。
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-8d-8a/aki_setura2003/folder/807233/91/31665391/img_1?1396339010
弁護士の戸塚悦朗氏が1992年2月の国連人権委員会に出席し、
強制連行と 慰安婦問題で日本政府に責任を取らせるように提起した。  
国連人権委員会は審理を始め、スリランカの法学者で特別報告官のクマラスワミ女史を  
中心とする調査団が元慰安婦らから事情聴取。
 1996年の報告書では慰安婦を正式に「性奴隷(セックス・スレイブ)」と定義した。  
その中には、〈強制連行を行った1人である吉田清治は戦時中の体験を書いた中で、  
他の朝鮮人とともに1000人もの女性を「慰安婦」として連行した
奴隷狩りに 加わっていたことを告白している〉とある。西岡氏が解説する。
次のページへ
1995年にはオーストラリア人文筆家のジョージ・ヒックス氏の著書  
THE COMFORT WOMEN』が出版されました。  
英語で書かれ、吉田証言を事実として扱っています。
 クマラスワミ報告書ではヒックス氏の本からも多くの話を引用しています」   
朝日の虚報によって日本国民は 罪の犠牲者になり、
国際社会に慰安婦=性奴隷説が  定着していく。 
2006年には米国議会調査局が
日本軍の慰安婦システム』と題するレポートを発表。
吉田氏の証言が引用され、翌年には米下院で日本政府に対する 慰安婦への
謝罪要求決議が成立した。  
韓国の歴史教科書では「慰安婦を『日本軍によって
強制的に戦場に連行され、 性的奴隷生活を強要された女性たち』と定義し、
吉田証言を参考にした
と思われる 『女性までもが挺身隊という名目で引き立てられ、日本軍の慰安婦として
犠牲になった』 という記述がある」(明星大学戦後教育史研究センターの勝岡寛次氏)
という状況だ。 子供の頃から の歴史を教えられて 「日本人はひどい」と思い込まされた
現代の韓国の若者たちが 反日的になるのは当然だろう。それも朝日の虚報が原因なのだ。
  ※週刊ポスト2014年8月29日号

2 件のコメント:

  1. 「何も悪いことはやっていないことがわかりました。でも深く反省し謝罪します。」とまったく理解できない談話になりませんか。

    返信削除
  2. ですよねー あまり期待できそうにないような・・・

    返信削除