慰安婦問題について、いろんな報道: 自民「石破派」が発足、ポスト安倍狙い20人参加。石破さんの乱 政界の慣例として総理の人事に注文をつけのは異例・・・

Translate

2015年9月28日月曜日

自民「石破派」が発足、ポスト安倍狙い20人参加。石破さんの乱 政界の慣例として総理の人事に注文をつけのは異例・・・

ポスト安倍狙い20人参加
2015/9/28 10:12 (2015/9/28 11:22更新) 
石破茂地方創生相は28日、
自らの新しい派閥「石破派」を立ち上げた。
名称を「水月会」とし、
石破氏を含め、山本有二元金融相ら計20人が参加した。
安倍晋三首相の後継である「ポスト安倍」の候補として
存在感を高める狙いだ。
 石破氏は都内のホテルで記者会見し
「私のような者でも、仮に政権を担うことが望ましいということであれば、
それを目指したいと思う」と表明した。
この後、自民党の首相経験者や各派閥へのあいさつ回りを行う予定だ。

 今後は講師を招いての勉強会などを重ね、
社会保障やエネルギーなどの政策分野で政権構想を練る。
来夏の参院選へ向けて資金集めのパーティーも開く方向だ。

 他派閥と同様に総務省へ政治団体として届け出て、
国会近くのビルに事務所を構える。
事務総長には古川禎久元財務副大臣が就く。

 石破氏は過去に派閥に否定的な発言をしていたことがあり、
党内には「派閥をダメだと言っていたのはどこの誰だ」(党幹部)と
冷ややかに見る向きもある。
                                  
                                   ↓
自民党総務会で野田聖子総務会長(左)と高市早苗政調会長(右)に挟まれて
困り顔にもみえる石破氏
=26日、自民党本部
 
                                                                 ↑
                                                              今ここ
                    video  
石破幹事長、自らの処遇を含め安倍首相に一任する姿勢を強調
(14/08/29) FNNnewsCH
[政治]自民党・石破茂氏、UFOゴジラ襲来時の自衛隊のあり方について語る
2013/01/13 に公開 taro kei
2007年12月20日 UFO襲来への対応「個人で考える」 石破防衛相

石破氏 入閣要請あれば受諾の考え伝える
8月29日 14時19分NHKニュース
来月3日の内閣改造を巡って
安倍総理大臣と自民党の石破幹事長が会談し、
このあと石破氏は記者団に対し
「組織人としてトップの決定に従うのは当然のこと だ」
と述べ、引き続き安倍総理大臣を支えていく意向を示したうえで、
入閣の要請があれば受諾する考えを伝えたことを明らかにしました。
“石破潰し”失敗…安倍首相の思惑狂わせた
「3つの誤算」 2014年8月29日 
※政権アンチのゲンダイなので、参考程度に
          時事通信社   

発言しないのが常識=麻生財務相が
石破氏批判 
 麻生太郎財務相は
29日の閣議後記者会見で、
内閣改造をめぐる石破茂自民党幹事長の
処遇問題について、
「普通、この時期に話題に出てくる人は
発言しないものだ。(政治家になってから)30年間の
俺の中で培われている常識だ」 と述べ、安全保障法制担当相への就任を
固辞する意向を公に表明した石破氏を批判した。(2014/08/29-13:19)                                   
2014/08/28 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説  voice1242
「安倍総理があす、石破幹事長と会談」

産経ニュース石破氏「無役」から一転、                                  
地方創生相の方向 
大島氏は復興・環境相で調整                                   
2014.8.28 04:50
1/2ページ2/2ページ3/3ページ安倍内閣
安倍晋三首相が9月3日に行う内閣改造・自民党役員人事で、
石破茂幹事長を入閣させる方向で検討していることが27日、分かった。
新設ポストの地方 創生担当相として起用する方向だ。
また、復興相と環境相を兼務させ、大島理森前副総裁を
起用する方向で最終調整している。
参院からは脇雅史参院幹事長か、 岩城光英参院議院運営委員長の
入閣論が浮上した。
  石破氏は安全保障法制担当相としての入閣は辞退することを明言。
これに対し首相は強い不快感を示した。
首相は「(就任要請を)石破氏が受けなかった場合は無役だ」と周辺に語り、
安保担当相以外では処遇せず、石破氏は「無役」になる公算が大きかった。
しかし、首相は石破氏を無役にすれば党内対立が深刻化しかねないと懸念し、
石破氏を他の閣僚として起用する方が得策だと判断した。
石破氏周辺からも他のポストの打診があれば受諾し、
事態打開を図るべきだとの声も出ていた。
首相は29日にも石破氏と会談する。
地方創生相は、これまで総務相が兼ねてきた
地域活性化担当相と道州制担当相の業務を兼務させる方向で調整している。

大島氏(衆院青森3区、当選10回)は党東日本大震災復興加速化本部長を務め、
4次にわたる提言を取りまとめてきた実績が買われた。 
脇氏(参院比例、当選3回)は参院幹事長の続投を希望し、入閣は固辞しているため、
岩城氏が起用される可能性もある

安保相固辞から一転、入閣の方向…強気の石破氏、3つの理由
2014.8.28 11:11 (1/3ページ2/3ページ
9月3日の内閣改造・自民党役員人事をめぐり、亀裂の入っていた安倍晋三首相と
石破茂幹事長が歩み寄った。安全保障法制担当相を固辞した石破氏が
他のポス トで入閣する方向になったのは、首相が党内融和を重視する姿勢に
転じたからだ。強気の姿勢を続けてきた石破氏。背景を探ると、
これまで石破氏に厳しかった 党長老のささやきや党内基盤を強化する必要性、
首相との憲法観の違いの「3つの理由」が見えてくる。
党長老との融和/党内基盤の強化/憲法観など相違
 「石破君は、幹事長を続投した方がいいわね」
 石破氏の去就が注目され始めた8月上旬。引退してもなお額賀派に影響力が及ぶ
青木幹雄元参院議員会長が、こう語ったとの情報が永田町を駆け巡った。
  石破、青木両氏は、平成20年の党総裁選以来、疎遠になっていた。
額賀派幹部によると、当時の石破氏は出馬に必要な20人の推薦人集めに苦労し、
協力を求 められた青木氏が数人を提供した。
しかし「石破氏が選挙後に謝意を十分伝えなかった」
(額賀派幹部)ことなどで関係がこじれた。
そもそも石破氏は党長老から長年、にらまれてきた。
かつて自民党を離党し新進党などを渡り歩いて復党。
「苦しい時に逃げる」(森喜朗元首相)と厳しい批判を浴びてきた。
 ところが、幹事長に就任すると、これを好機とばかりに、就任あいさつだけでなく、
国政選挙など難題に直面する度に青木氏らを非公式に訪ね、
忠告にも耳を傾けるようになった。
 森氏は2日付の読売新聞朝刊のインタビューで、石破氏を
「安保担当相でもいいが、幹事長の方がより政権は安定する」と
続投が望ましいとの考えを示した。
 「安保法制の意見が違うのに受けられない」
 石破氏は約1週間のシンガポール滞在から帰国した21日夜、石破氏を中心とした
勉強会「さわらび会」の幹部数人に、安全保障法制担当相の就任要請を断る決意を
電話で伝えた。
 石破氏はお盆前、党幹事長経験者に「安保担当相を受けるべきか
まだ悩んでいる」と吐露している。
家族とシンガポールに滞在した際に腹を固めたようだ。

さわらび会の浜田靖一元防衛相ら側近は、首相に従う石破氏の姿勢に
「存在感が薄れる」とかねて危機感を抱き、「無役」になるよう進言してきた。
石破氏は最終的にそんな浜田氏らと来年9月の党総裁選をにらみ、党内基盤を
強化する道を選んだ可能性は高い。

青木氏らとの距離を縮めたのも、党内基盤が弱いこ との裏返しといえる。
 石破氏が安保担当相を固辞するのは、集団的自衛権の行使を可能にするための
手法の違いにもある。首相との対立は、実は2年近くに及ぶ。

 首相は平成24年10月31日、野党総裁として衆院本会議で代表質問に立った。
首相は質問案を練る過程で、行使容認に向けた憲法解釈見直しは
「国会での首相答弁と閣議決定を優先させればいい」と主張した。

 これに対し石破氏は
「長年積み上げた政府の憲法解釈は重く、変えるなら国会の承認を得る形が必要だ」
と反論し、包括的な「国家安全保障基本法」の制定を求めた。
最終的に首相の考えが採用されたが、石破氏には
「憲法観が違う」とわだかまりが残った。
 石破氏は周囲に「ライフワークで取り組んできた政策の考えが違う以上、
安保担当相だけはどうしても受けられない」と語る。
ただ「他の閣僚ならいいのだが…」とも漏らしており、今回の内閣改造で首相と
決定的に対立するつもりはなかったようだ。 

首相と石破氏が29日会談へ 内閣改造・党役員人事で
2014.8.28 12:13
 
9月3日の内閣改造・自民党役員人事をめぐり、安倍晋三首相と石破茂幹事長が
29日に会談することが28日、固まった。
安全保障法制担当相の就任を固辞している石破氏の処遇について話し合う。
首相は、地方創生担当相での入閣を打診するとみられ、
石破氏の判断が焦点となる。
 
安倍首相、あす石破氏と会談=安保相以外提示も
 2014 年 8 月 28 日 11:23 JST 更新 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
 安倍晋三首相は、9月3日の内閣改造・自民党役員人事をめぐって29日に
自民党の石破茂幹事 長と会談する。
石破氏が28日、周辺に明かした。首相は、
石破氏を新設する安全保障法制担当相に起用したい考えだったが、
石破氏が固辞しているため、別の 閣僚ポストを提示して
協力を求めるとみられる。石破氏が応じるかが焦点だ。 時事通信社


週刊アサヒ芸能 9/4号
■2014/8/26発売
■420円(税込)
http://www.asagei.com/
2014年8月27日 9:56 AM

“土俵際”石破茂が繰り出す“安倍をうっちゃり”奇策(1)
安倍が用意した「第2の牢獄」
9月3日に発表されると言われる内閣改造とそれに伴う党人事。
注目は、早々に幹事長解任が報じられた石破茂氏の処遇だ。
来年9月の 総裁選に向け、最大のライバルの封じ込めを狙う安倍総理。
無役となるか、子飼いとなって総理の夢を諦めるか‥‥
追い込まれた石破氏が繰り出す逆襲の一手 は!?

安倍晋三総理(59)による内閣改造と、自民党役員人事。これによって

石破茂幹事長(57)は、新たに設けられる
安全保障法制担当相(以下「安保相」)を打診されている。

政治部記者が語る。
「石破さんの安保相起用を最初に報じたのは、7月9日の読売新聞です。

この情報は官邸サイドから流されました。
安倍さんの側近たちのリークで石破安保相の流れを作ったのです。
この時点で、官邸内では石破さんの幹事長解任はほぼ決定的だったということです」

側近たちの動きと呼応するように、安倍総理は7月29日までに石破氏に安保相への

打診を行った。そもそも2人は、12年の自民党総裁選で一騎打ちを演じた関係だ。
政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこの人事の意味を解説する。

「選挙を取りしきる幹事長職は石破さんというライバルを“牢獄”に

閉じ込める意味がありました。選挙で負ければ責任を取ってもらう、勝っても手柄は
 安倍さんになりますから。安保相は安倍さんが石破さんに用意した“第2の牢獄”です。
安保の法整備は審議も含めて1~2年かかると言われ、来年の通常国会では
終わりません。つまり、来年9月の総裁選に反旗を翻して、出られないようにする
封じ込めポストなのです」

安倍総理が報道機関を利用して、石破氏を土俵際に追い込んでいることを知った

菅義偉官房長官(65)は、 「何で(安倍総理は)ここまでするかねぇ」
と、そのえげつないやり方を嘆いたという。
現在、態度をはっきりと表明していない石破氏だが、ある自民党議員はこう予想する。

「官邸筋では受けると読んでいますよ。

総裁選に出たって石破さんに勝ち目はないですから。
滋賀県知事選で敗北した責任に加え、10月の福島、11月 の沖縄の両県知事選も
準備が遅れて非常に厳しい状況で、本来、更迭されてもおかしくないところです。
石破さんにとって大好物の安保専門のポストを渡した温情人事ですよ」

確かに滋賀を落とした総理の怒りは相当なものだったようで、石破氏に向かって

こう叱責したという。

「大丈夫だって言ったじゃないですか!」

ポストを蹴っての無役か、牢獄入りかの岐路に立たされた石破氏だが、

予想に反して周囲にこう漏らしているという。
「入閣の話をのんだら、俺の政治生命は終わりだ」

なぜ石破氏が「政治生命」を考えるほど思い詰めるのか

──その理由を知るには秋以降から来年にかけての
安倍政権のロードマップを考えなければならない。

“土俵際”石破茂が繰り出す“安倍をうっちゃり”奇策(2

総理の言いなりにはならない 
鈴木氏が語る。
「安倍さんは長期政権を狙っていて、ここまでで前半戦を終えたと考えています。
安全保障や憲法改正も諦めておらず、
解散というカードを切ることを意識し始めています」
 来年9月の総裁選をにらみ、解散カードを切った時に
目の上のたんこぶとなるのが他ならぬ石破氏だ。
政治評論家の浅川博忠氏が解説する。

「今解散すれば自民党が勝つ可能性が高い。
選挙では幹事長が資金面も含め、議員の面倒を見ます。
石破シンパが増え、力が大きくなりすぎると、
来年9月の総裁選で巨大なライバルになってしまうのです」

 解散カードをいつでも切れる状態で必要なのは、
文句も言わずに選挙に邁進する「イエスマン」タイプの幹事長だ。
岸田文雄外相(57)が次期幹事長の筆頭候補にあがっているのがその理由だという。
「安倍さんは外交を全部自分でやります。
普通の外相なら文句を言うでしょう。
ところが、岸田さんは言わない。
場合によっては自分で調整して、『総理どうぞ』とさえ言います。
そんなこともあって、安倍さんの評価がきわめて高くなりました」(鈴木氏)

 もう一人、候補としてあがっているのが
総理の盟友である下村博文文科相(60)である。
「すでに岸田さん、下村さんのどちらかで固まっています。

自民党には総理と幹事長は違う派閥という『総幹分離』の原則があり、
下村さんは同じ派閥。
そんなところからも岸田さんのほうが可能性は高いでしょう」(浅川氏)

 幹事長続投の目は完全についえ、もはや“失脚”同然だが、鈴木氏はそれでも
石破氏は安保相の打診に首を縦に振るとは思えないと言う。
「石破さんは防衛相を務めた経歴からもわかるように、
自民党きっての外交・安保通ですが、安保相は
安倍さんの考えを超えて安全保障の法律を作ることはできない。
安保に持論を持っている石破さんが言いなりの立場に甘んじるとは考えにくい」

 石破氏がこと安保に関しては総理にも譲れないことを示すエピソードがある。
安倍総理が集団的自衛権の閣議決定に当たって、そのプランを聞いた石破氏は、
「フンって感じだよ。フンッ」
 と、その思慮の浅さを鼻であしらったというのだ。

「入閣したら石破さんに総理の目はありません。 


次の総裁選を勝てば、安倍さんは自分への影響力が強い人物を後継指名します。
これは2人の最終戦争なのです」(鈴木氏) 

 官邸の思惑をうっちゃり、無役になった石破氏が次期総裁選で総理を打ち負かす
“奇手”はあるのだろうか。

ZAKZAK
石破氏、生殺し… 別の閣僚への起用も検討 
安保相固辞で自民党内に批判続々
 (1/2ページ) (2/2ページ)
2014.08.27
自民党内で、石破茂幹事長への批判が噴出している。
安倍晋三首相が9月3日に行う内閣改造・党役員人事をめぐり、
新設する安全保障法制担当相への就任を固 辞し、
幹事長続投を公然と要求したため、
「まるで謀反だ。首相の人事権を収奪する気か!」
(党幹部)と怒りを買っているのだ。
首相周辺では「石破外し」を 求める声が多いが、
安倍首相は党内亀裂を避けるため、
石破氏を別の閣僚に起用することも検討しているという。

「防衛相や農水相を経験したが、政府の役職にある者は

(首相と考えが同じでなければ)閣内不一致になる」

石破氏は26日、党役員会後の記者会見でこう語った。

前日のラジオ番組で、自身の人事の希望を語って党内をあぜんとさせたが
、再び安保担当相就任を固辞した形だ。

組織人とは思えない態度に、

自民党の脇雅史参院幹事長は26日の記者会見で
「安保政策だけでなく、さまざまな政策で、
個人の見解は当然あるが、組織としての意向に従うのは常識だ」と批判した。

先の役員会でも、高村正彦副総裁が「どんな役職であっても党として一致団結

していくことが重要だ」と苦言を呈し、細田博之幹事長代行は
「人事では不満が出ることもあるが、民主党はそれで失敗した」と対立が先鋭化
しないようクギを刺した。

これに対し、石破氏側近は安保担当相起用について

「安倍首相が来年9月の党総裁選で再選を果たすため、
石破氏を幹事長から外して、閣内に閉じ込める拙劣な戦術だ」
「石破氏は無役でいい。生殺しのポストも不要だ。
来年の自民党総裁選に備える」と主張する。 

石破氏側に対し、「反安倍」色の強い長老数人が「安保担当相を受けるな」と
促していることも大きいようだ。長老の数人は「親中派」「親韓派」として知られ、
安倍首相の外交政策などを厳しく批判している。

双方の不信感が募るなか、菅義偉官房長官は26日、石破氏と会談した。

政権奪還から1年8カ月、党内に亀裂が入り、
党内抗争に発展する事態は避けたいとして、
今後も政権運営に協力するよう要請したという。

安倍首相としては、安保担当相は、集団的自衛権の行使容認などに伴う

安全保障関連の法整備と国会審議を乗り切るため、
重要ポストと位置付けている。
石破氏の安保担当相起用を模索しながら、党内結束を図るため、
別の閣僚での起用も検討しているようだ。 

2014年8月31日日曜日
番外編 小渕幹事長で調整中らしい ・・・ 読売 ・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿