慰安婦問題について、いろんな報道: 番外編 東洋経済の寄稿記事の酷さに呆れる声多し・・・ 東京経済の記事によると、ブラック企業と呼ぶことは、人種差別らしい ・・・

Translate

2014年9月1日月曜日

番外編 東洋経済の寄稿記事の酷さに呆れる声多し・・・ 東京経済の記事によると、ブラック企業と呼ぶことは、人種差別らしい ・・・

夕刊アメーバニュース「ブラック企業」は人種差別用語か 「言葉狩り」評も
2014年09月01日 14時00分
劣悪な労働環境を強いる「ブラック企業」という単語はすっかり一般的となったが、この「ブラック企業」という単語について、「人種差別用語では?」
という指摘が登場。ネット上で議論となっている。

議論となっているのは、英国の軍事専門誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」の

東京特派員・高橋浩祐氏が「東洋経済オンライン」で発表した「『ブラック企業』は、
人種差別用語である」という記事だ。

高橋氏は、「従業員を酷使する企業を『ブラック企業』、従業員を大切にする企業を
『ホワイト企業』と呼ぶ背景には、『黒が悪いもの』『白が良いもの』との
価値判断が前提となっている」

と述べ、アメリカではBlack(黒人)という表現よりも、Afro-American

(アフリカ系アメリカ人)という表現が使われることや、映画『マ ルコムX』で
マルコムXが辞書を引き、「(黒は)汚れていて、不潔、陰気、敵意」
「白 - 汚れのない雪の色。
あらゆる色彩の原点」という項を見て憤るシーンなどを列挙。

「『ブラック』や『ホワイト』といった色の有無を善悪の基準に

いつまでも平然と使っているのはいかがなものか」
と、ブラック企業という呼称を問題視している。

ブラック企業という単語が一般化していることは、厚労省の資料

(「いわゆるブラック企業による若者の『使い捨て』が…」 
2014年行政事業レビュー シート)や、閣僚の答弁
(「ブラック企業と言われているような問題に対してしっかりと対応してまいりたいと…」 
田村憲久厚労相 2013年9月3日閣議 後記者会見)などに
登場していることからも分かる。
それゆえ、高橋氏の指摘はネット上で大いに話題となり、

「優良企業、脱法企業、違法企業がしっくりくるかな?」
「危険企業とか癌企業とか使い捨て企業とか言い替えは色々有るような気がする」
「ほー!この感覚はなかった。気をつけたいが、どうしたら良いかな?」

と、氏の主張を肯定する意見や、

「『ブラック企業』を黒人差別に結びつける奴がいるとは思わなんだ」
「考えすぎだろ…。黒星白星といっしょやん…」
「考えすぎというか、ほぼ言葉狩りに近い感じがする」

といったコメントが登場。激しい議論となっている。
 

「ブラック企業」は、人種差別用語である   
言葉の使い方に鈍感すぎる国内メディア
高橋 浩祐ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー東京特派員 
2014年09月01日 
東洋経済新報社ホームページ

高橋 浩祐たかはし こうすけ
ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー東京特派員 

1993年3月慶応大学経済学部卒、
2003年12月米国コロン ビア大学大学院でジャーナリズム、
国際関係公共政策の修士号取得。
朝日新聞社、ブルームバーグ・ニューズなどを経て
2009年1月から英国の軍事専門誌
『ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』東京特派員。
北朝鮮ニュース専門サイト『NK News』にも寄稿中。

2010年02月07日
世界的に権威のあるイギリスの軍事週刊誌
ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー

(Jane's Defence Weekly,略称JDW)の東京特派員は、
これまで故・江畑謙介氏、清谷信一氏、
そして現在は2009年1月から高橋浩祐氏が勤めています。

JDW特派員、高橋浩祐とはどんな人物なのか
自己紹介のところを見ると、元朝日新聞記者で、北朝鮮問題を専門とされています。
さて、高橋浩祐氏はどのような人物なのかと検索してみたら、
「分からんなぁ:ギロニズムの地平へ」というブログの記事での書き込みが見つかりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿