慰安婦問題について、いろんな報道: 北九州市議会・大阪市議会:「慰安婦問題、適切対応を」 意見書案を可決

Translate

2014年9月30日火曜日

北九州市議会・大阪市議会:「慰安婦問題、適切対応を」 意見書案を可決


北九州市議会:慰安婦問題の事実検証 国会に求める意見書
毎日新聞 2014年09月30日 12時14分
 北九州市議会は30日の本会議で、朝日新聞が従軍慰安婦に関する一部記事を
取り消したことを受け、慰安婦問題の事実関係を国会で検証することなどを求める
意見書案を賛成多数で可決した。
意見書は議員20人が共同で提案した。
朝日新聞の報道について
「従軍慰安婦問題が日韓の外交問題に発展する事態になった」と指摘。
「近隣諸国との今後の平和と友好を築くためには、公の場で検証が必要」
と主張し「正しい歴史認識を発信する措置を講じることを要請する」としている。
 朝日新聞の従軍慰安婦報道を巡っては、大阪市議会も今月9日、
政府に適切な対応を求める意見書を可決している。【奥田伸一】

日本経済新聞慰安婦問題で新たな談話を 大阪市議会が意見書   
2014/9/10 2:01

大阪市議会は9日の本会議で、従軍慰安婦問題を巡り、
戦後70年となる来年に向けて、新たな官房長官談話を発表するよう政府などに求める
意見書を大阪維新の会、自民党などの賛成多数で可決した。
維新、自民両会派が共同提出。公明党などは反対した。

  意見書では「慰安婦問題が日韓間でかつてない深刻な状況にある」と指摘。

新談話の発表とともに、政府などに対して「日本人の名誉を回復するため、国際社会に
多言語で積極的な発信をすること」
「正しい歴史認識を周知するための広報を推進し、教科書が史実に基づいて
記述されるよう対応すること」などを求めた。

毎日新聞
大阪市議会:「慰安婦問題、適切対応を」
意見書案を可決
毎日新聞 2014年09月09日 18時45分
大阪市議会は9日、朝日新聞が従軍慰安婦に関する記事の一部の誤りを認めたことに関連し、
慰安婦問題についての適切な対応を政府に求める意見書案を賛成多数で可決した。
維新と自民が共同提案した。
意見書は(1)日本や日本人の名誉を回復するための国際社会への積極的な発信
(2)正しい歴史認識を周知するための広報の推進
(3)「河野談話」(1993年)に代わる新たな官房長官談話の発表−−などを政府に求めている。【重石岳史】

0 件のコメント:

コメントを投稿