慰安婦問題について、いろんな報道: 韓国人女性5人、不二越を新たに提訴 戦時中の徴用で。戦時徴用訴訟 韓国地裁、日本企業に約1億5,000万円支払い命令

Translate

2015年4月8日水曜日

韓国人女性5人、不二越を新たに提訴 戦時中の徴用で。戦時徴用訴訟 韓国地裁、日本企業に約1億5,000万円支払い命令

戦時中の徴用で
ソウル=貝瀬秋彦  2015年4月8日23時28分
 戦時中に朝鮮半島から徴用され、機械メーカー・不二越(本社・富山市)の
軍需工場で働かされた韓国人女性5人が8日までに、
1人あたり1億ウォン(約1100万円)の損害賠償を同社に求める訴訟を
ソウル中央地裁に起こした。 


 不二越をめぐっては同地裁が昨年10月、同様の訴訟で原告らに
1人あたり8千万ウォン~1億ウォンの支払いを命じる判決を出しており、
今回はこれに続く第2次訴訟になる。
 8日、市民団体とともに記者会見した原告の金玉順(キムオクスン)さん(85)は
「言葉にするほど涙が出てくる。日本のせいで苦労をした」などと話した。
 日本政府は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場だが、
韓国大法院(最高裁)が2012年に個人の請求権を認める判断を示して以降、
韓国では徴用をめぐる訴訟で原告側の勝訴が相次いでいる。(ソウル=貝瀬秋彦)

韓国の女子挺身隊被害者 不二越を提訴=精神的賠償求め 
2015/04/08 17:55 
【ソウル聯合ニュース】太平洋戦争中に女子勤労挺身隊として、
日本の機械メーカー不二越(富山市)で労働を強いられた韓国人女性5人が、
同社に合計5億ウォン(約5500万円)の損害賠償を求める訴えを
ソウル中央地裁に起こした。
韓国の市民団体、太平洋戦争被害者補償推進協議会が8日、明らかにした。
 同地裁は昨年10月、元隊員の韓国人女性13人と死亡した
元隊員の遺族18人が不二越に損害賠償の支払いを求めた訴訟で、
1人につき8000万ウォンから1億ウォンを賠償するよう
同社に命じる原告一部勝訴の判決を下した。
 今回の原告は、強制労働の過程で受けた精神的、
肉体的苦痛に対しても賠償すべきだとして、提訴に踏み切った。

太平洋戦争被害者補償推進協議会の厚生労働省交渉に同席
2014年6月23日
神本みえ子民主党参議院議員




戦時徴用訴訟 ソウル中央地裁 不二越に損害賠償命令 1億6000万円
韓国の横暴、たかりの象徴「戦時徴用訴訟」 更新日: 2014年10月30日
2013年7月10日 ソウル高裁が新日鉄住金(旧日本製鉄)に賠償支払いを命じる。
2013年7月30日 釜山高裁が三菱重工に賠償を命じる。
2013年11月    光州地裁が三菱重工に賠償を命じる。
この他、200社がリストに上っているという。
日韓請求権協定
昭 和40年、日韓の国交正常化に合わせて結ばれた戦後賠償に関する2国間協定。
日本が韓国に無償3億ドル、有償2億ドルの経済支援をすることで、
両国間の請求権は「完全かつ最終的に解決された」と規定している。
韓国政府は平成21年、徴用工の未払い賃金についても、
「請求権協定で外交上解決済み」との見解を示している。

戦時徴用訴訟 韓国地裁、日本企業に約1億5,000万円支払い命令
(14/10/30) 10/30 21:53 FNNニュース
戦時中に日本で強制的に労働させられたとして、韓国人女性らが
日本企業を相手に、損害賠償を求めた裁判で、韓国の裁判所は、
およそ1億5,000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
この裁判は、戦時中、朝鮮半島から動員され、

富山市の機械メーカー「不二越」の工場で、強制的に労働させられたとして、
韓国人女性やその遺族が、慰謝料の支払いを求めたもの。
ソウル中央地裁は30日、「不法な植民地支配に直結した反人道的行為」などとして、

原告らの主張をほぼ認め、総額およそ1億5,000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
判決を受けて不二越は、「主張が認められなかったことは遺憾。控訴審で

正当性を主張していく」とコメントしている。
日本政府は、戦時徴用の問題について、

1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場だが、
韓国では同じような訴訟で、日本企業に賠償を命じる判決が続いている。 

検索キーワード「戦時徴用」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年9月22日月曜日
韓国 「戦犯認定」の日本企業に投資し 収益率21.2%の大儲け。 三菱重工、調停に応じず 韓国の挺身隊訴訟
2014年10月14日火曜日
歴史問題を煽る、共同通信、NHK、琉球新報、朝日新聞の反日メディア。

0 件のコメント:

コメントを投稿