慰安婦問題について、いろんな報道: 「南京大虐殺」「慰安婦」…誤った史実ひとり歩き  米高校で試験にも 日本人生徒「英語でも反論を」。米出版社、日本政府の教科書訂正要請を拒否。

Translate

2015年1月8日木曜日

「南京大虐殺」「慰安婦」…誤った史実ひとり歩き  米高校で試験にも 日本人生徒「英語でも反論を」。米出版社、日本政府の教科書訂正要請を拒否。


2015.1.8 06:07更新 【歴史戦】産経ニュース2/3ページ3/3ページ
「南京大虐殺」「慰安婦」…誤った史実ひとり歩き 
米高校で試験にも 日本人生徒「英語でも反論を」
「日本軍の残虐さを疑う生徒はいない」。
米カリフォルニア州の公立高校に通う日本の男子生徒(16)と女子生徒(17)が、
世界史や米国史の授業で 「慰安婦」や「南京大虐殺」について、
どのように習ったかを語った。
男子生徒は、旧日本軍が慰安婦を強制連行したと記述、南京事件の被害を
誇張して伝えて いる米大手教育出版社「マグロウヒル」(本社・ニューヨーク)の教科書で
学んでいた。誤った歴史の拡散は深刻な事態を招いている。(ロサンゼルス 中村 将)
 男子生徒によると、世界史の授業は教師が史実に関する概要を教え、
生徒が自宅で教科書を読んで復習するスタイル。
「南京大虐殺」については教師が「それまでの歴史で類を見ない残酷さ」と説明していた。
  マグロウヒルの教科書「トラディションズ・アンド・エンカウンターズ(伝統と交流)」は、
南京事件について「ザ・レイプ・オブ・南京」という項目を立てて、
《日本軍は2カ月にわたって7千人の女性を強(ごう)姦(かん)》《日本兵の銃剣で
40万人の中国人が命を失った》などと記述している。
  日本側の調査・研究をふまえると明らかに誇張された表現だが、こうした記述が
実際に試験にも出る。男子生徒によると、
「この時代に、日本軍が中国で残酷なことをした事件は」という問題があり、
「ザ・レイプ・オブ・南京(南京大虐殺)」と答えさせる設問や、
「虐殺で何人が犠牲になったか」と問い、20万人、 30万人、40万人の中から
選ばせる設問もあった。生徒らは教科書を熱心に暗記していたという。
女子生徒は米国史の授業で、戦争での残虐行為を告白する元日本兵を名乗る
白髪の老人の動画を見せられた。
日本語で話す内容に英語のナレーションがついていた。
老人は「女性を5、6人で強姦して殺害した」などと語っていたという。
  女子生徒は老人を、慰安婦問題で虚偽の証言を繰り返した吉田清治氏とは
「別人だった」とし、「中国での話だったと思うが、戦争で日本兵がいかに残虐かを
説明する際に見せられた」と話した。
老人が本当に元日本兵だったかも含め真偽は不明。
CDやDVDではなく、ビデオテープだったことから
「相当古いもので、 長年使いまわしているようだ」とも指摘した。
 女子生徒の世界史の授業は「トラディションズ・アンド・エンカウンターズ」は使わなかったが、
授業では教科書通りの表現で慰安婦について説明された。
 《日本軍は慰安婦を天皇からの贈り物として軍隊にささげた》。
全くの虚偽だが、教師からそう説明された日本以外のアジア系の生徒に
「天皇からの贈り物だって。すごいよね」と言われ、衝撃を受けたという。
 2人とも保護者に話して初めて、授業内容が史実と反することを知った。
男子生徒は、仲の良かったアジア系の級友に
「慰安婦の強制連行も南京大虐殺もなかったらしいよ」
と言ってみたが、一蹴されたという。
「日本語の本や 文献しかないので、反論できない」。
男子生徒はそう語り、日本政府の立場や、歴史の捏(ねつ)造(ぞう)に対する反論を
「英語でも発信してほしい」と要望 している。
 女子生徒は「世界史を教える先生が日本軍は残虐だったと信じている。
先生たちにも日本側の見解を理解してもらう方法を考えてほしい」と話した。
 取材に同席した保護者は、「思春期の子供は学校でのことをいちいち親に言わない。
どんなことを教わっているか知らない親は多い。
『米国での教育』と突き放すのではなく、史実と違うのだから、
日本政府は静観しないでほしい」と語った。


米出版社、日本政府の教科書訂正要請を拒否
=「“慰安婦”の記述は史実に基づいて書かれた」―米メディア
配信日時:2014年11月25日 23時42分 Record Japan
2014年11月25日、捜狐網によると、米メディアは、日本政府が米国の出版社に対して
「慰安婦を強制連行した」という不適切な記述がある教科書の訂正を求めていた問題で、
出版社側は修正を行わないとの立場を示したことを伝えた。

日本の岸田文雄外相は18日の記者会見で、米国の学校で使用されている教科書に

旧日本軍が慰安婦を強制連行したという記述があることに関し、
「不適切な内容」だとして出版社のマグロウヒルに訂正を求めたことを明かしていた。
これに対して出版社側は各メディアに声明を送り、

「学者たちは“慰安婦”の史実に基づいて(教科書を)執筆した。
われわれ出版社は作者の作品、研究、表現をはっきりと支持する」との立場を示した。
問題の教科書は「トラディションズ・アンド・エンカウンターズ(伝統と交流)」で、

旧日本軍の慰安婦問題について
「約20万人にのぼる14~20歳の女性を慰安所で働かせるために強制的に徴用」
「多くが韓国人や中国人だった」などとする記述がある。(翻訳・編集/TK)

米教科書に慰安婦めぐる記述…外務省、訂正要請
2014年11月20日 10時48分 YOMIURI ONLINEホームへ
米国の公立高校向けの世界史教科書にいわゆる従軍慰安婦問題をめぐる
誤った記述があるとして、外務省が出版社に訂正を申し入れていることが18日分かった。
 問題の教科書は、米大手教育出版社「マグロウヒル」(本社・ ニューヨーク)が出版し、
カリフォルニア州などで使われている。
「日本軍は14~20歳の約20万人の女性を慰安所で働かせるために


強制的に募集、徴用した」
といった記述がある。
政府は7日、ニューヨーク総領事館を通じて、同社に「重大な事実誤認がある」と申し入れた。


慰安婦問題】
産経ニュース「日本軍は14~20歳の女性20万人を
強制的に徴用した」…史実と異なると
外務省が米の高校教科書の是正を出版社に要請
2014.11.18 05:37 (1/2ページ2/2ページ
米カリフォルニア州ロサンゼルス市や同市近郊の公立高校で使用されている
世界史の教科書に、旧日本軍が慰安婦を「強制連行」したとする史実と異なる記述が
されている問題で、外務省が同教科書の使用実態の調査に着手し、出版社に記述内容の
是正を要請したことが17日、分かった。
執筆者にも修正を申し入 れる方針だ。
 問題の教科書は、米大手教育出版社「マグロウヒル」(本社・ニューヨーク)が出版した
「伝統と交流」。
先の大戦を扱った章で 
「日本軍は14~20歳の約20万人の女性を慰安所で働かせるために強制的に募集、
徴用した」「逃げようとして殺害された慰安婦もいた」などと、強制連行があったかのように
記述されている。
「日本軍は慰安婦を天皇からの贈り物として軍隊にささげた」
と明白な虚偽内容も含まれている。
 また、日本の江戸時代を考察する項目で用いられている地図に「日本海(東海)」と
韓国側の呼称も併記されている。
慰安婦と日本海呼称の箇所は、同じ執筆者が記述したという。
 産経新聞が11月3日付で報じたことを受けて外務省は同日、在米の大使館、
全総領事館を通じて米国の公立高での同教科書の使用実態について調査に入った。
 ただ、外務省は
「一部高校に設置された専門課程で使用が認められている2冊のうちの1冊で、
具体的な使用実態の把握は困難な状況だ」としている。
さらに外務省は7日、在米公館を介し、マグロウヒル社に
「慰安婦と日本海呼称問題で重大な事実誤認や日本政府の立場と相いれない記述がある」
として記述内容の是正を申し入れた。
 これに対し出版社サイドは「日本政府の問題意識は共有した」として、
責任者が17日以降に協議したいと回答してきた。
執筆者とは同日現在、面会の調整を続けている段階だという。

2014/11/04  Hazama Hisatake 続・慰安婦騒動を考える
米教科書「日本軍は慰安婦を天皇からの贈り物としてささげた」 (産経)
「日本政府は出版社に記述の是正を求めるなどの対応を迫られそうだ」と産経。
だが、日本政府は、未だ日本軍が14~20歳の約20万人の女性を
慰安所で働かせるために強制的に徴用したといった類の話は事実ではないと
明言したことはない。
よって、無理な相談である。安倍首相も歴史家に任せると言っておられる。
天皇への貢物というのは、金一勉あたりが言い出したと思う。

それをユン・ジョンオクが広めた(要確認)。

産経ニュース米教科書に「強制連行」
「20万人の日本軍慰安婦」LA公立高校
2014.11.3 06:07 1/2ページ2/2ページ) 
【ロサンゼルス=中村将】
米大手教育出版社「マグロウヒル」(本社・ニューヨーク)が
出版した高校の世界史の教科書に、旧日本軍が慰安婦を強制連行したとする
記述があることが分かった。
教科書はカリフォルニア州ロサンゼルス市や同市近郊の公立高校で使用されている
ほか、他地域でも使われている可能性 がある。
中韓による反日活動で広がった、事実に反する認識が「史実」として米教育現場に
持ち込まれている実態が浮上した。
 問題の教科書は 「トラディッションズ・アンド・エンカウンターズ(伝統と交流)」。
先の大戦を扱った章で約1ページにわたり、
「日本軍は14~20歳の約20万人の女性 を慰安所で働かせるために強制的に徴用し、
慰安婦になることを強要した」
「逃げようとして殺害された慰安婦もいた」などと、強制連行があったかのように記述されている。

「日本軍は慰安婦を天皇からの贈り物として軍隊にささげた」と虚偽の内容も含まれている。

 現代史家の秦郁彦氏によると、慰安婦の約4割は日本人で、朝鮮半島出身者は
約2割だったとされるが、教科書では「多くは朝鮮や中国からの慰安婦だった」
「戦争終結時に証拠を隠すため、日本兵は多くの慰安婦を殺害した」など、
事実と反する内容も目立つ。

また、この教科書で日本の江戸時代を考察する項目で使用されている地図は、

2008年に改訂された第4版で「日本海」と表記されていた部分が、
第5版(10年改訂)からは「日本海(東海)」と韓国側の呼称も併記されていた。

  ロサンゼルス統一学区では、複数の公立高校がこの教科書を使用している。
米国では一般的に各学区の教育委員会がそれぞれの教科で数冊の教科書を指定し、
各校がその中から1冊を選ぶ。
マグロウヒルは教科書出版では最大手の一つで、他の地域でも同じ教科書が
使われている恐れがある。
 日本政府は出版社に記述の是正を求めるなどの対応を迫られそうだ。
 
3/3【緊急特番】朝日新聞の新たな捏造報道[桜H26/11/8] 米国教科書についてSakuraSoTV

【歴史戦 第7部 崩れ始めた壁(4)前半】
産経ニュース「慰安婦は皇軍将兵への贈り物」 日韓教組が「教材」化 
依拠資料に疑問視も 2014.10.29 06:07
1/3ページ2/3ページ3/3ページ歴史戦
「日本軍は朝鮮の女性たちを日本軍『慰安婦』として戦場に連れていき、
性奴隷としての生活を強要しました。
(中略)『皇軍慰安婦』・『皇軍将兵への 贈り物』として望ましいのは、
『朝鮮女で、しかも若いほどよい(15歳以下が望ましい)』という軍医の報告により、
朝鮮人女性たちが、『軍需物資』として 犠牲になったのです」
 広島県教職員組合韓国の全国教職員労働組合大邱(テグ)支部が昨年3月に
共同で作成した「日韓共通歴史教材・学び、つながる 日本と韓国の近現代史」の記述だ。
日本側の執筆者は公立小・中・高校教諭ら8人。
 この「教材」のまえがきなどには、現役の教職員が「目の前の子どもたちに、
両国の歴史を詳細にやさしく書こうと努力しました」
「授業の教材として積極的に活用していただくことも願っています」と明記されている。
 広島県教組は産経新聞の取材に「実際に活用されているかどうかは把握していない」
と話すが、2月に増刷されており、教育現場に持ち込まれた可能性もある。
 「教材」には、こうも書かれている。
「『慰安婦』の証言によれば役人や警察、軍人が暴力的に拉致していく場合もあったそうです。
その対象になったのはほとんどが十代の若い女性たちで、中には11歳の少女もいました」
 広島県教組は取材に対し、「教材」に書かれた記述は元小学校教諭の西野留美子の著書
『従軍慰安婦 元兵士たちの証言』(平成4年発行)と『従軍慰安婦のはなし』(5年発行)に
依拠したと説明する。
 そのうえで、「吉田清治の証言をはじめ、朝日新聞の記事を根拠にしているわけではないので、朝日新聞が誤報を認めたとしても、修正するつもりはない」とコメントした。
 だが、西野は、朝日新聞記者時代に「従軍慰安婦・邦人巡査が強制連行」などの記事を書いた松井やより(故人)と関係が深く、松井が初代代表を務めた
「戦争と女性への暴力・日本ネットワーク」(現バウラック)の現在の共同代表だ。
 西野は松井が主催し、慰安婦問題で天皇と日本を「有罪」とした平成12年の
「女性国際戦犯法廷」にも深く関わっている。
「教材」の記述が西野の著書に依拠していることについて、現代史家の秦郁彦は疑問視する。
 「歴史教材というなら、一次史料や専門家の論文に基づき、学説に照らし
正しい記述でなければならない。
しかし西野は専門家ではなく、いわゆる“人権活動家”だ。
その著書に依拠したものは教材とは言いにくい」(敬称略)

2014年11月2日日曜日
副教材の適正使用通知へ 朝日作成教材などの偏向懸念 文科省検討

2014年11月2日日曜日
副教材の適正使用通知へ 朝日作成教材などの偏向懸念 文科省検討
【歴史戦 第7部 崩れ始めた壁(4)後半】
学校に持ち込まれた慰安婦“強制連行” 子供たちは嘘教えられ自虐史観も蔓延
2014.10.29 07:00 1/4ページ2/4ページ3/4ページ4/4ページ歴史戦
朝日新聞が昭和57年、日本軍が朝鮮人女性を慰安婦に「狩り出した」とする吉田清治の
虚偽証言を報じて以来、慰安婦問題は教育現場でも広く取り上げられるようになった。
  文部科学省によると、高校の教科書に初めて登場したのは63年度検定から。
三省堂の日本史に「多くの女性が従軍慰安婦にかりだされた」と記述された。
平成 4年の首相、宮沢喜一の訪韓前に朝日新聞が慰安所への日本軍関与を示す資料が
見つかったと報じ、外交問題化すると、教科書記述は一気に拡大する。
4~5年 度検定では高校日本史の教科書23点中22点で取り上げられた。
 中学校の教科書も7年度検定で全7点が記述した。
 「従軍慰安婦として強制的に戦場に送りだされた若い女性も多数いた」(東京書籍)、
「朝鮮などの若い女性たちを慰安婦として戦場に連行しています」(大阪書籍)などと、
「強制連行」と捉える説明が多く見られた。
「朝日」「談話」の罪
「朝日新聞の一連の誤報がなければ、慰安婦問題が教科書に取り上げられることはなかった。
子供たちに嘘を教え、自虐史観を蔓延(まんえん)させる原因をつくった朝日新聞の罪は
極めて重い」新しい歴史教科書をつくる会理事の藤岡信勝はこう指摘する。
藤岡によると、朝日報道とともに教育現場に影響を及ぼしたのが、5年の
河野洋平官房長官談話だ。
「歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ」ると談話で発表したため、
教科書記述に“お墨付き”を与える形となった。
  中学教科書で慰安婦問題を教えることには「いくら何でもやり過ぎだ」とする批判が高まり、
12年度検定以降は記述が減少。
現在使用されている22年度検定で、この問題を取り上げる中学の歴史教科書はなくなった。
だが、高校日本史の教科書ではいまもなお15点中13点が記述している。
 「女性のなかには、日本軍に連行され、『軍』慰安婦にされる者もいた」(清水書院)、
「日本の植民地や占領地では(中略)多数の女性が『慰安婦』にかりだされた」(東京書籍)
国語辞典にも掲載 教科書だけではない。
副教材や国語辞典の中にも、慰安婦“強制連行”がノーチェックで掲載されている。
 10月17日の衆院文部科学委員会。質問した元文部科学政務官、義家弘介は
国語辞典にある「慰安婦」と「従軍慰安婦」の項目が教育現場に与える影響に懸念を示した。
「辞書や辞典は、子供たちの学習に欠かせない教材だ。
朝日新聞が誤報を認めたとしても、『辞書を引いてみなさい、ちゃんと(慰安婦強制のことが)
書いてあるから』と教えられたら元も子もない」
「広辞苑」(岩波書店)に初めて「従軍慰安婦」の項目が登場するのは、
4年の第4版第2刷以降。
同年1月の朝日新聞の「日本軍関与」報道により慰安婦が外交問題化した時期で、
「日本軍将兵の性的慰安のために従軍させられた女性」と記述された。
 現在使用されている第6版にも、
「日本軍によって将兵の性の対象になることを強いられた女性」と書かれている。
  3年に朝日新聞記者が慰安婦の「連行」と女子挺身(ていしん)隊
(軍需工場などに徴用された女性労働者)とを混同する記事を書いたことも、
影響を与えたようだ。11年発行の「新辞林」(三省堂)は、
「『女子挺身隊』などの名で動員され、兵士相手に慰安所で性の相手となることを強要された
女性たち」と記す。
 藤岡はこう指摘する。
 「そもそも慰安婦問題を教育で取り上げることが間違いだ。
自国を卑しめることが正義であるかのように思い込む倒錯は、道徳的堕落と知的退廃の
表れにほかならず、教育ではない」
文部科学省は今年1月、教科書検定基準を改正し、教科書で近現代史を扱う際に
政府見解を尊重することを求める規定を明記した。
政府は「強制連行を示 す資料はない」としており、高校教科書に現在も残る慰安婦
“強制連行”の記述は、次回検定から姿を消すことになりそうだ。
ただ、現場の教職員の意識が変わらない限り、事実と異なる教材が今後も使われる恐れがある。
 朝日新聞はどう考えているのか。産経新聞の質問に対し、こう回答した。
 「朝日新聞による慰安婦報道と教科書の関係について様々な議論があることは
承知していますが、慰安婦報道については現在、第三者委員会に検証をお願いしており、
同委員会の見解が示されるまで回答は控えさせていただきます」(敬称略)

【阿比留瑠比の極言御免】慰安婦問題、誤解拡散の典型例 
2014.10.30 07:00
 1/3ページ2/3ページ3/3ページ
29日付の本紙連載「歴史戦」は、広島県教職員組合と韓国の全国教職員労働組合が
共同作成した日韓共通歴史教材「学び、つながる 日本と韓国の近現代史」を取り上げていた。
慰安婦問題でデタラメや誤解がいかに拡散されてきたかを示す一つの典型例だと考えるので、
当欄で補足したい。
 歴史教材は、日本軍が朝鮮の女性たちを「戦場に連れていき、性奴隷としての生活を
強要しました」と記し、こう決め付けている。
 「望ましいのは、『朝鮮女で、しかも若いほどよい(15歳以下が望ましい)』という
軍医の報告により、朝鮮人女性たちが『軍需物資』として犠牲になった」
  慰安婦問題を少しかじった者ならピンとくる。ここでいう「軍医」とは産婦人科医の
麻生徹男氏のことだろう。
麻生氏は陸軍軍医大尉として中国各地を転々とし、上海で慰安婦約100人の検診をした
経験から、昭和14年に「花柳病(性病)の積極的予防法」という論文をまとめ、
上官に提出した人物だ。
麻生氏はこの中で、検診では「(朝鮮)半島人の内、
花柳病の疑いのある者は極めて少数なりし」
と記し、その理由として日本人慰安婦より若年者が多かったことを挙げている。
要するに、検診結果の一例を示しただけである。だが、これを作家の千田夏光氏が
次のように裏付けなくこじつけて著書に書いた結果、麻生論文が朝鮮人女性の
強制連行のきっかけだとの誤解が広まっていく。
 「レポートの結果として軍の目は当然のようにそこへ向けられていく。(中略)朝鮮半島が
若くて健康、つまり理想的慰安婦の草刈り場として、認識されていくことになる」
この千田氏の「創作」話が、
さらにゆがんで日韓共通歴史教材の記述につながったとみられる。
千田氏は軍属を連想させる「従軍慰安婦」という造語の発案者でもある。
 千田氏自身は後に麻生氏の娘である天児都(あまこ・くに)氏からの抗議を受け、
手紙で「私の記述が誤解をまねき、ご迷惑をかけているとすれば罪は私にあります」と
間違いを認め、謝罪している。
 にもかかわらず、いったん流布された虚構は事実を装って独り歩きしていく。
  慰安婦を「性奴隷」と認定した平成8年の「クマラスワミ報告書」には、
オーストラリア人ジャーナリスト、ジョージ・ヒックス氏の著書が多数引用されている。
この本の索引欄を見ると千田氏や、朝日新聞が虚偽と判断して関連記事を取り消した
「職業的詐話師」、吉田清治氏らの名前が並んでいるのである。
悪貨は良貨を駆逐するという。扇情的なプロパガンダ(宣伝)は、当たり前の事実よりも
よほど流通しやすいらしい。
 ちなみに歴史教材は、拉致されたのは「ほとんどが十代の若い女性たち」とも記す。
だが、米軍が昭和19年、ビルマ(現ミャンマー)で捕らえた朝鮮人慰安婦20人に行った
尋問記録を読むと、10代女性は1人(19歳)しかいない。
  また、日本軍が朝鮮人女性を「軍需物資」としたとも指摘する。
とはいえ、韓国軍が朝鮮戦争期、軍慰安婦を「第5種補給品」と位置づけ
各小隊に支給していた ことは、韓国陸軍本部刊行の「後方戦史(人事篇)」に
明記されているのである。自らの行為を日本に投影してはいないか。
 こんな教材で子供たちに偽の歴史を植え付けて、日韓が「つながる」道理がない。
(政治部編集委員)

2015年2月10日火曜日
日本総領事 館が米教科書執筆者に「事実誤認」指摘 教科書なのに「言論の自由侵害された」 ハワイ大准教授主張。呆れた米歴史学者19人が声明。安倍首相:「がくぜんとした」-米マグロウヒル教科書の慰安婦記述に。慰安婦で米教科書の訂正要求= 政府。慰安婦記述の米教科書、日本政府の修正要請を拒否。米国教科書、慰安婦「強制連行」記述の是正を正式要請 外務省、 米教科書会社に 協議は継続のもよう

2014年12月26日金曜日
【歴史戦 第8部 南京「30万人」の虚妄(3)後半】 「40万人虐殺」米の教科書に堂々と載る屈辱 誤りは断てるか。 【歴史戦 第8部 南京「30万人」の虚妄(3)前半】 アイリス・チャンの“業績”を踏襲せよ! 「ホロコースト」と結びつけ反日攻勢
2014年7月14日月曜日
米政治家、世界初の慰安婦歴史教育法案を再推進
検索キーワード「米国教科書」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
 
検索キーワード「歴史戦」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年10月26日日曜日
挺対協がいる限り日韓の慰安婦問題は解決しない理由。 歴史戦 第7部崩れ始めた壁 韓国で元慰安婦バッシング 「日本の汚い償い金、なぜ受け取る」 産経

0 件のコメント:

コメントを投稿