慰安婦問題について、いろんな報道: 経団連のお節介、榊原会長が韓国大統領と会談。 「首脳会談実現を」慰安婦と経済は別々に…政治家が解決すべき、経団連会長。 経団連 韓国の経済団体と懇談会再開へ ・・・ 経団連は、韓国と何をしよというのですか?

Translate

2015年5月13日水曜日

経団連のお節介、榊原会長が韓国大統領と会談。 「首脳会談実現を」慰安婦と経済は別々に…政治家が解決すべき、経団連会長。 経団連 韓国の経済団体と懇談会再開へ ・・・ 経団連は、韓国と何をしよというのですか?


NHKニュース経団連会長 パク大統領と会談 関係改善を
5月13日 17時56分
韓国を訪問している経団連の榊原会長は、
去年12月に続いてパク・クネ(朴槿恵)大統領と会談し、
日韓関係の改善に向けて首脳会談の早期実現を改めて求めました。

経団連の榊原会長は、日本と韓国の企業関係者らが開く
「日韓経済人会議」に出席するため韓国のソウルを訪問していて、
これを前に日韓経済協会の佐々木幹夫会長らと大統領府を訪れ、
パク・クネ大統領と会談しました。
こ の中で、榊原会長は「両国の首脳が自由に意見交換できるような
良好な政府間関係が不可欠だ。
日韓の首脳会談を早期に実現してほしい」と改めて求めました。
榊原会長によりますと、パク大統領は「首脳会談の実現については
今、政府レベルでさまざまな対応しているので、
よい結果が出ることを期待している」と述べ たということです。
両者の会談は去年12月にも開かれ、この時にはパク大統領は
いわゆる従軍慰安婦を巡る問題などで
日本政府の真摯(しんし)な対応を求めましたが、
今回は慰安婦問題や歴史認識についての発言はなかったということです。
榊原会長は会談のあと、記者団に対し、
「会談は前回にも増して友好的だった。
前向きな動きが出ていると受け止めている」と述べました。 
経団連会長が韓国大統領と会談 「首脳会談実現を」  TBS News-i
(13日17:21)
冷え込んだ関係は改善に向かうのでしょうか。
日本の経済界のトップが韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談しました。
 「日韓両国の首脳会談の早期実現といったことを申し上げました」 
(経団連 榊原定征会長)
 韓国を訪問している経団連の榊原会長は、朴槿恵大統領と会談し、

安倍総理との首脳会談を行うよう求めました。
これに対して、朴大統領は
「現在、政府レベルでさまざまな努力をしており、
いい結果が出ることを期待したい」と応じました。
 日本の要人との会談では常に言及してきた歴史認識については、

触れなかったということですが、韓国は慰安婦問題が進展しなければ
首脳会談には応じない姿勢を崩しておらず、早期の会談実現は難しい情勢です。 

中央日報慰安婦と経済は別々に…政治家が解決すべき 
2014年12月09日08時55分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
日本経済団体連合会(経団連)の榊原定征会長(71)は
日本の代表的な知韓派経営者だ。
東レグループ会長である彼は韓国を200回以上も訪問した。
1960年代からサムスンやコーロングループなど韓国内企業とも協力している。
「韓国と日本は 切っても切れない大変重要な関係」という信念のためだ。
韓国7都市に東レが投資した会社の10カ所の支社がある。
投資額だけで3兆ウォン(約3252億 円)を越える。
今月1日、経団連会長団と企業家21人と共にソウルを訪れ、7年ぶりに開かれた
韓日財界会議に参加した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)を 訪問し、
朴槿恵(パク・クネ)大統領にも会った。
硬直した韓日関係改善のために、
財界レベルの努力を模索し始めた榊原会長に今月5日、
東京経団連会議室で インタビュー取材を行った。

--韓日財界会議で何を提案したか。
「アジアにおける経済協力・産業協力を提案した。

特に第3国のインフラ設備分野の協力を強調した。
観光・金融・貿易投資・スマートフォンなどの分野で協力が可能だ。
両国首脳ははやく会談すべきだ」

--今月1日の朴大統領との会見はどうだったか。
「明るくて友好的な雰囲気だった。朴大統領は『日本企業の協力を増やすために

外国人投資促進法を整備する』と話した。
また、両国間の 貿易が減少している点に懸念を示した。
首脳会談に関連して、朴大統領は『日本側が慰安婦問題に対し、誠意ある姿勢を
見せることを願う』と述べ、これを安倍 晋三首相に書面で報告した」

--慰安婦問題に対する考えは。
「慰安婦問題は慰安婦問題、経済は経済だ。政治は経済と違う。

経済人には解決は難しいので、政治家が解決すべきだ」

--日帝強制占領期間の民間人徴用者賠償判決が

まもなく韓国大法院(最高裁判所に相当)から出る展望だ。
「結論がしっかりと出ることを希望する。

両国経済協力にマイナスになってはいけない。
日本側に不利な判決が下されれば日本企業には投資リスクとなる。
友好的・未来志向的に解決されればと思う」

--1ドル当たりの円相場が120円を越えた。
「ここ1カ月間で1ドル当たり10円の円安ドル高になった。非常に急な変化だ。

安定が重要だ。中小企業・非製造業・地方・庶民など、
否定的な衝撃を受ける人々に対して配慮しなければならない」

--来年の韓日国交正常化50周年の計画は。
「未来指向的な経済フォーラム、次世代経済フォーラムなど

両国経済界が全員参加する行事と
交流を構想している」

経団連 韓国の経済団体と懇談会再開へ       
NHKニュース10月20日 0時32分
日本と韓国の関係が冷え込むなか、経団連は、
韓国の経済団体との定期的な懇談会を7年ぶりに
再開することを決め、経済分野での連携を
深めることで日韓の関係改善を目指すことになりました。

経団連の榊原会長を団長とする訪問団は、
来月末、韓国のソウルを訪れ、韓国の経済団体、
全国経済人連合会=「全経連」との懇談会を開きます。
経団連と全経連は、昭和58年からほぼ毎年、懇談会を開いていましたが、

平成20年から開催が途絶えていて、今回が7年ぶりの開催となります。

懇談会では、少子高齢化やエネルギーなど日韓に共通する

課題の解決に向けて議論するほか、
日本、中国、韓国によるFTA=自由貿易協定の交渉加速を、お互いの政府に
働きかけることなどを話し合う見通しで、経済分野での連携を深める方針です。
経団連の榊原会長はNHKの国際放送でのインタビューで、
「日韓の経済交流を拡大し、
両国の関係改善につなげていきたい」と抱負を述べました。
これに関連するインタビューの内容は、

インターネット上のNHK国際放送の英語サイト
「NHKワールドオンライン」に掲載しています。

2014年12月2日火曜日
慰安婦問題解決、首相に直接要求…韓国大統領。 経団連の人たちっていったい何を考えてるんでしょうと 訪韓したニュースを見て思ったのは私だけ?

0 件のコメント:

コメントを投稿