慰安婦問題について、いろんな報道: 現代史家・秦郁彦氏に聞く 

Translate

2014年10月18日土曜日

現代史家・秦郁彦氏に聞く 

産経ニュース
【現代史家・秦郁彦氏に聞く(1)】
慰安婦問題 政府どう取り組むべきか
  2014.10.18 09:00 1/3ページ2/3ページ3/3ページ
朝日慰安婦検証
日本の国際的なイメージを毀損(きそん)し、韓国との間で政治問題と化した慰安婦問題。
朝日新聞は、朝鮮半島で女性を「奴隷狩り」して慰安婦にしたと述べた
自称・元労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏の証言を虚偽と判断し、
関連記事16本を取り消したが、朝日報道の問題点はどこにあるのか。
日本 の名誉回復に向けて政府は今後どう取り組むべきか。慰安婦問題に詳しい
現代史家の秦郁彦氏に聞いた。(阿比留瑠比、是永桂一)

まず幻の反論文書 公開を
 --政府は今年6月、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の
河野洋平官房長官談話の作成過程に関する検証報告書を公表した
  「政府が次にやるべきことは、河野談話の見直しの前に1996年の
(慰安婦を性奴隷と認定した国連の)クマラスワミ報告書について、政府が非公開としている
『幻の反論文書』を公開することだ。
ク報告書がその後の国連人権委員会(現・人権理事会)の動きや、2007年の米下院による
慰安婦問題での対日非難決 議につながった」
《「幻の反論文書」はク報告書に対し、吉田清治氏の証言が引用されている点など
具体的な事例を示して「客観的資料は無視」「事実調査に対する姿勢は 甚だ不誠実」
「法的には成り立たない恣意(しい)的な解釈に基づく政治主張」など逐一、反論した。
ところが、当時の日本政府はこれを途中で引っ込め、その 後は非公開としてきた》

 --日本外交は歴史問題に関し、いつも「もう法的に決着済み」
「すでに何度も謝罪した」というばかりで事実関係を争わない

 「『反論文書』の件は一つの分水嶺(ぶんすいれい)だった。
それまでは日本も一応、言うべき反論、やるべき指摘はやっていた。
河野談話にしても、事務官僚の限界はあったが『強制連行』という用語は突っぱねていた」
  「ク報告書に対する反論文書は今でも生命力があり、直す必要もない。
一番の長所は、日付が古いことだ。96年当時の反論文書となれば言いがかりをつけにく い。
なぜ引っ込めたかの経緯を含めて積極的にオープンにすべきだ。
このまま他国を刺激したくないという日本外交の風習を続けていたら、歴史戦争は
負けてし まう。非公開といっても、東京電力福島第1原子力発電所事故における
吉田昌郎所長(当時)の聴取記録『吉田調書』でも公表したのだから」

《秦氏は平成7年7月、来日したクマラスワミ氏と都内で面談し、
(1)吉田清治氏は「職業的詐話師」
(2)暴力で連行されたと申し立てた慰安婦の証 言で、客観的裏付けが取れたものは
   一例もない
(3)慰安婦の雇用契約関係は日本軍との間ではなく、業者との間で結ばれていた
-などを説明した。
ところが、 ク報告書には秦氏が「大多数の慰安婦は日本軍と契約を交わしていた」と
述べたと記述されていた。
秦氏は抗議の申立書(英文)をクマラスワミ氏に届けたがな しのつぶてだった》

【プロフィル】秦郁彦
 はた・いくひこ 昭和 7年、山口県生まれ。東京大学法学部卒。
プリンストン大学客員教授、千葉大学教授、日本大学教授を歴任。
平成5年『昭和史の謎を追う』で菊池寛賞受賞。
著書に『慰安婦と戦場の性』など。今年6月20日に政府が報告書を公表した
「河野談話作成過程等に関する検討チーム」に参加。

【現代史家・秦郁彦氏に聞く(2)】 2014.10.18 10:00
朝日記事取り消しで素早く手を打った韓国 1/2ページ2/2ページ
--韓国メディアは、朝日新聞が8月5、6両日に「慰安婦問題を考える」という特集記事を
掲載し、吉田証言に関する記事を取り消した直後の9日に、スリランカで
クマラスワミ氏に対し合同インタビューを行った
「韓国は河野談話の作成過程が検証され、朝日新聞が吉田証言の記事を取り消すのを見て
『次はクマラスワミ報告書が危ない』と、素早く手を打ったのではないか。
クマラスワミ氏は韓国側と日本の人権団体に取り込まれたとみているが」
 「駐スリランカ日本大使館の職員はクマラスワミ氏宅の前を交代で見張り、
誰が出入りするのかチェックしておけばよかった」

《外務省の佐藤地(くに)・女性人権人道大使は14日、米ニューヨークで
クマラスワミ氏に会い、吉田証言が引用されたク報告書の
一部撤回を申し入れたが、拒否された》
 --朝日新聞は9月29日付朝刊で、木村伊量(ただかず)社長が「自信を持っている」
と述べた8月5日の特集記事に訂正を出した。
記事で吉田証言を昭和57年9月に初めて取り上げたと記した
「大阪社会部の記者(66)」は、実は当該記事の執筆者ではなかったとの内容だ
「何もあんな訂正記事を出すことはない。
『匿名A』ではなくて『匿名B』の元記者が私らしいと名乗り出た、という話なのだが、
誰が書いたか断定できるまで訂正記事を待った方がいいのに。
朝日新聞内はもう混乱を極めていて、まるで終戦直前の日本政府・軍部みたいだ」

--「匿名A」は8月の記事で「講演での話の内容は具体的かつ詳細で疑わなかった」と
証言していた。筆者じゃないのにこんなコメントをしたのも妙だ
 「『匿名A』は記事を自分で書いたといったんは認めている。
しかし、自分の書いた記事かどうか読んで分からないものだろうか」

【用語解説】クマラスワミ報告書
  国連人権委員会の「女性に対する暴力」特別報告官に任命されたスリランカの女性法律家、
ラディカ・クマラスワミ氏が1995年に日本や韓国で聞き取り調査 などを行い、とりまとめた。
虚偽であることが指摘された吉田清治氏の証言や、吉田氏の著書などに依拠した
別の著書を参照した記述が複数ある。
慰安婦につい てはクマラスワミ氏自身の認識として「軍性奴隷」と定義し、日本政府に
法的責任の受け入れや元慰安婦への賠償など6項目を勧告した。
96年2月に国連人権 委員会に提出、4月に採択された。

【現代史家・秦郁彦氏に聞く(3)】2014.10.18 11:00 1/2ページ2/2ページ
特集記事検証に不備 朝日の記者も認めている--朝日新聞の8月の特集記事には、秦氏もアドバイスしたと聞く
 「第1素案のようなものを持ってきたので、目を通して注文をつけ た。
私は『中途半端になるならやめた方がいい』『関係記者の匿名はやめなさい』と言った。
それと『(吉田証言にかかわる)16本の記事取り消しは英断では あるが、
どういう記事で取り上げたのかもう2、3例追加すべきだ』とも言ったが、
ことごとく実行されなかった」
 「朝日社内には後悔してい る人もいると思う。中途半端なものを出してたたかれて、
8月の特集記事は出さなければよかったと。
吉田調書の誤報もジャーナリストの池上彰氏のコラム不掲 載も一過性の問題だ。
一方、慰安婦問題は一過性ではないからもう少し踏み込み、敗戦処理は
きれいにやるという決意でやっていればよかった」
 --特集記事の問題点はほかにも多い。
植村隆元記者が平成3年8月に初めて韓国人元慰安婦の証言を書いた記事も、
おそらく本人が話していない「女子挺身隊として戦場に連行」という内容になっているが、
朝日新聞は事実のねじ曲げはないと主張している

「植村氏の最初の記事は元慰安婦証言のテープを聴いたとあるが、
テープを聴かせてもらったのか、ダビングしたのか実物が残っているのか不明だ。
実際に元慰安婦に会いもせず、テープだけをもとに報じるのは報道のイロハに反する。
テープで語っているのが当人かどうかも確認できない。変な記事だ。
あの特集記事の検証が非常に不備だったというのは朝日新聞の記者たちも認めている」
 --慰安婦と女子挺身隊を混同した理由を「研究の乏しさ」のせいにするという発想は
いかがなものか
  「ただ、私は朝日バッシングはそろそろやめた方がいいのではないかと思う。
今、朝日擁護は韓国メディアだけで背後には韓国政府もいる。
慰安婦問題で中韓に 日本の人権団体を加えて共闘態勢ができつつある中で、
『居場所がなくなったから』と中韓側に朝日を追いやることになりやしないかと気になっている」

【現代史家・秦郁彦氏に聞く(4・完)】 2014.10.18 11:30
慰安婦問題で避けるべきは中韓共闘 1/2ページ2/2ページ--朝日新聞が記事を取り消そうと、韓国は相変わらず慰安婦問題で強腰だ
 「韓国はもう放っておくしかない。中国に対しては刺激するのを避けるのが賢明だ。
中韓の共闘となるのは避けたいからだ。
韓国には遠慮なく攻勢をかける。ただし米国を主舞台にすべきだろう」
 「韓国軍慰安婦、米軍慰安婦、ベトナム戦争での性犯罪、ライダイハン問題
(韓国人兵士によるベトナム女性に対する性的暴行で生まれた子供の問題)…と
韓国は日本の数倍も女性の人権を侵害している(笑)。大いに広報すべきだ」

 --朝日新聞も韓国も、慰安婦問題の本質は強制連行の有無ではなく、
女性の人権だと言い出しているが
  「慰安婦募集の強制性や慰安所における性奴隷状態というのも怪しくなり、
一番無難な女性の人権問題に向かっている。
そうすると一般の売春はどうなるのか。 
これも女性の人権侵害になるのかという問題が浮上する。
売春は職業の一つだという現実もある。
売春婦による組合もデモもある。
売春や『自由恋愛』も女性の 人権侵害と規定し根絶させる方向なのか、
どこで線引きするのかという議論をしなければならない」
「韓国人女性ばかりが問題になっているが、一番多かった日本人慰安婦は
人権侵害の対象にならないのか。
救済措置を取ることになるのか。
もっとも日本人慰安婦はこの20年、一人も名乗り出ていないが-」
 「今や米国、国連人権理事会、韓国を標的に逆攻勢をかける時機だと考えている」

検索キーワード「反論文書」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年10月16日木曜日
慰安婦問題、政府が国連広報強化へ 菅官房長官、とうとうクマラスワミさんの不誠実さに“遺憾砲”発射  ・・・ 
2014年9月8日月曜日
クマラスワミ氏は性奴隷呼ばわりを一番嫌がっている元慰安婦らの証言が根拠だと言い張り、性奴隷呼ばわりを正当化したいらしい ・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿