慰安婦問題について、いろんな報道: おめでとうございます、 「和紙」無形文化遺産に 和食に続き、ユネスコが登録決定。 和紙「韓国発祥」の噴飯 不可解すぎる“ウリジナル” 。「和紙」無形文化遺産へ=ユネスコ補助機関が登録勧告・文化庁

Translate

2014年11月27日木曜日

おめでとうございます、 「和紙」無形文化遺産に 和食に続き、ユネスコが登録決定。 和紙「韓国発祥」の噴飯 不可解すぎる“ウリジナル” 。「和紙」無形文化遺産へ=ユネスコ補助機関が登録勧告・文化庁

和食に続き、ユネスコが登録決定。 
文化庁に27日入った連絡によると、 国連教育科学文化機関 
(ユネスコ)は、 フランス・パリのユネスコ本部で政府間委員会を開き、
日本政府が推薦した 「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」を
無形文化遺産に登録することを決めた。
昨年の「和食」に続き2年連続の登録決定で、文化庁では 
「日本の文化や伝 統工芸の水準の高さを国際社会にアピールする
原動力にしたい」と期待している。 
今回登録された「和紙」は、国の重要無形文化財に指定され ている
「石州半紙(せきしゅうばんし)」(島根県浜田市)と
「本美濃紙(ほんみのし)」(岐阜県美濃市)、
「細川紙(ほそかわし)」(埼玉県小川町、東秩 父村)の
3紙の技術で構成。
職人らでつくる保存団体が、原料にクワ科の植物である「楮(こうぞ)」の樹皮のみを用いる
伝統的な製法を守り伝えている。
 このうち、石州半紙は平成21年に登録済みだが、政府は25年、本美濃紙と細川紙を加えた
「和紙」の技術として登録し直すよう拡張提案。
ユネスコの補助機関が事前審査を行い、無形文化遺産に登録するよう
今年10月に勧告していた。
 文化庁によると、政府間委員会では、丈夫で柔らかい和紙の特質だけでなく、
(1)後継者の育成(2)学校での体験事業(3)楮の栽培促進-など地域で保存活動が
進められていることも、高く評価されたとみられる。
 無形文化遺産は「世界遺産」や「記憶遺産」と並ぶユネスコの遺産事業の一つで、
11月25日現在、世界で281件が登録。日本では「能楽」「歌舞伎」
「京都祇園祭の山鉾(ぼこ)行事」など22件に上る。
東スポWeb2014年11月09日 07時00分
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の補助機関が
先月末、「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」を
無形文化遺産に登録するよう勧告した。
登録勧告が覆された例はなく、11月下旬にフランス・パリで開かれるユネスコ政府間委員会で
登録が決まる見通しだ。日本人からすると和紙は和紙だが、予想通り韓国は
「紙を作る技術は韓国が伝えた文化だ」と激怒している。
韓国による“つきまとい”とも言えそうな日本への執着は、いったいどこから来るのか。

 登録対象は国の重要無形文化財に指定されている細川紙(埼玉県)と本美濃紙(岐阜県)、

石州半紙(島根県)。
いずれもクワ科の植物、コウゾの繊維だけを原料に手すきで作るという
伝統的な製法を伝えている。

 日本からは歌舞伎や能楽、和食など22件の無形文化遺産が登録済み。

  韓国では「また韓国の文化を盗んだ」

「韓国に10年以上あるものは全部ユネスコに登録しよう」「和紙なんて初めて聞いた」
「西洋人が『韓紙』を『和紙』と呼んでいて驚いた」などなど、仰天意見が続出している。
儒教国家の韓国は祖先を大切にするため、物に対しても起源を重視する。
だからといって、何でも“韓 国が○○の起源だ”と世界に主張し、日本としてはうんざりする。
この執着心の正体は何なのか。韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「韓国では、日本の文化や技術が世界で称賛されると、『われわれの祖先が日本に伝えた』

あるいは『日本に(技術を)盗まれた』といった、根拠のない韓国起源説が飛び交います。
もはやこれは恒例行事のようなものです。
韓国のこうした起源主張を『ウリ(われわれ)』と『オリジナル』をもじって誰がつけたか、
『ウリ ジナル』と言います」

 これまで“ウリジナル認定”された日本の文化・文物は、

柔道、剣道、華道、茶道、盆栽、折り紙、すし、と枚挙にいとまがない。

「韓国で騒いでいる分には笑えるのですが、近年は欧米諸国向けウリジナルを発信し、

東洋好きの西欧人を洗脳しようとしているのですから、看過できません。
ここ 数年、フランスなどでは韓国製ニセ剣道・海東剣道が進出しており、
彼らは『われわれの武道こそが日本の剣道のルーツ』などと吹聴して門弟を募集しています。
空手とテコンドーを比べれば分かりますが、韓国の“武道”はクルクル回ったり、
見た目が派手なので、外国人の目に留まりやすいのです」(但馬氏)

 今回の和紙について、韓国は

「和紙は仏教伝来とともに新羅の技法が日本に伝わったもの」と主張しているようだ。

  但馬氏は「仏教を始め大陸文化のすべては朝鮮が日本に教えたというのが、

彼らの言い分ですが、通り道だったにすぎません。
大阪のお好み焼きが東京に届くの に、途中、名古屋に停車したからといって、
名古屋が大阪のお好み焼きを伝えてやったという理屈にはならないでしょう」と言う。

 韓国の主張するウリジナル伝播の時代的ポイントは3つあるという。

「ひとつは、古代~飛鳥時代です。これは『文化を教えてやった』です。あとの2つは、

豊臣秀吉の朝鮮出兵と日韓併合。これは『文化を奪われた』になります」(同)

  朝鮮出兵で朝鮮の陶工が多数日本に連れてこられたのは事実だろう。

しかし、その陶芸を芸術にまで進化させたのは日本という文化土壌があってのことだ。
弓矢 や日本刀などの各種武道も、このとき日本に奪われた文化だと主張する
韓国人学者もいる。また、韓国によると、日韓併合時に日本が朝鮮民族から数々の文化、 
技術を収奪したとし、すしや華道はこのとき奪われたそうだ。

 但馬氏は「面白いのは、韓国人にとって朝鮮出兵と日韓併合は民族的受難であり

屈辱であるはずなのに、このように文化的優越感に浸るためのツールになっていることです。
このように、韓国が『日本に侵略された』うんぬんを叫びたがる 心理の裏側には、
劣等感と優越感が絡み合った実に複雑怪奇なものがあります。
だからこそ、彼らはそこにこだわるのです」と指摘する。 これでは今後、何百年費やそうが、
日韓の間で歴史的問題の和解などありえないだろう。

社会(時事通信)





ウォール・ストリート・ジャーナル日本版  2014 年 10 月 28 日 03:00 JST 更新
文化庁は28日、政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に提案していた
「和紙  日本の手漉(てすき)和紙技術」について、
事前審査を行うユネスコ補助機関が「登録」を勧告したと発表した。
勧告通り認められるのが一般的で、11月 24日からパリのユネスコ本部で行われる
政府間委員会で正式決定される見通し。
和紙が無形文化遺産に決まれば、昨年の「和食」に続いて2年連続。
同遺産には国内で計22件が登録されている。

提案書は8世紀から続く伝統的な工芸技術として、原料に「楮(こうぞ)」を用いるなど
古来の製法を守る手漉和紙の価値をアピール。
島根県浜田市の「石州半紙」、岐阜県美濃市の「本美濃紙」、
埼玉県小川町、東秩父村の「細川紙」の3件を申請していた。

石州半紙は2009年に無形文化遺産に登録されたが、11年に提案した本美濃紙は
類似性を指摘され認められなかった。
政府は対象を拡張するため、和紙とし て登録し直すことを提案。
職人らでつくる保存会などが国指定重要無形文化財の保持団体に認定され、
技術伝承の体制が充実している3件の一括登録をユネスコ に求めていた。 
石州和紙
石州半紙
本美濃紙

 
本美濃紙
細川紙
細川紙

0 件のコメント:

コメントを投稿