慰安婦問題について、いろんな報道: マイケルヨン氏、日本:「スコッツボロガールズ」 ――この映像をプロモートしないでください、と異論?。“Racism America & Sex Slaves [ 8 TIPS you need to know about Comfort Women before taking sides] 動画追加。【予告編】 慰安婦/ドキュメンタリー・ムービー 【谷山雄二朗】

Translate

2015年5月20日水曜日

マイケルヨン氏、日本:「スコッツボロガールズ」 ――この映像をプロモートしないでください、と異論?。“Racism America & Sex Slaves [ 8 TIPS you need to know about Comfort Women before taking sides] 動画追加。【予告編】 慰安婦/ドキュメンタリー・ムービー 【谷山雄二朗】

新番組 "JB Interview" のゲストは、米国人ジャーナリストのマイケル・ヨン氏。
現代の情報戦、中国、歴史、慰­安婦、靖国。
日本人が勝つために、何が不可欠かを考えます。
「クンユアム 日タイ友好 戦争博物館」  YujiroTaniyama.com

日本:「スコッツボロガールズ」
――この映像をプロモートしないでください
 (Japan: "The Scottsboro Girls" --- Do Not Promote this Film )
May 19 at 12:15pm Michael Yon JP
Americans and westerners in general will find this film highly offensive. 
I specifically and personally cautioned Yoshiko Sakurai not to promote this film.
普通のアメリカ人と西洋人はこの映像(→注1)を過度に攻撃的なものだと思うだろう。

私は櫻井よしこ氏にこの映像をプロモートしないよう、
はっきりと個人的に注意を促した。
Ms. Sakurai promoted it anyway and lost much respect.
People are afraid to speak up to Ms. Sakurai because she is extremely connected
 and powerful. Whatever she says goes.
櫻井女史は結局それをプロモートして人々からの大きな敬意を失ってしまった。

櫻井女史は有力者に顔が広く力強いので、世間の人々は彼女に
自分の意見を自由に言うのを恐れている。彼女が言うことが何でも通る。
The buck stops here.
これらの発言の最終責任は私にある。・・・以下略。
訳者注
注1)「スコッツボロガールズ」プロジェクト
慰安婦問題の常識を根底から覆す188分の迫真のドキュメンタリーを

米国国内でDVD販売流通していこうという、
谷山雄二郎氏が推進しているプロジェクト。
http://japangiving.jp/p/1641


2015年5月24日日曜日
CWU(セントラルワシントン大学)の岡田です。
マイケルヨン氏曰く、トレーラーパークでのケンカみたいなものだ、
マイケルヨン氏のエントリより・・・日本:「スコッツボロガールズ」
――この映像をプロモートしないでください。
日本:Willマガジンは読者にうそをついている。
櫻井よしこ女史は決断を下すべきだ

注2)言論テレビでの谷山雄二郎氏
タイトル:【櫻LIVE】第104回 - 谷山 雄二朗 × 櫻井よしこ(プレビュー版)
URL:https://www.youtube.com/watch?v=iLOLHXJLF9U


櫻井よしこ&谷山 雄二朗 慰安婦の濡れ衣払拭に英

Jacquelyne Hector  2015/05/01 に公開 音声版全編。

コメント欄より
 ↓ 松井秀幸(訳者) said...
訳者から皆様へ
今回のマイケルヨン氏の記事はとても敏感な問題を含んでいると思います。
マイケルヨン氏、櫻井よしこ氏、谷山雄二郎氏へのご批評は、
できるだけマイケル氏の英語の原文を参照してからしてくださるよう、お願いします。
必ずしもマイケル氏本人の意図どおりに翻訳できているかは、
残念ながら分かりませんと言わざるを得ません。
そして、皆様に最も心に留めておいていただきたいことは、
この記事はマイケル氏のフェイスブックの読者の方々
(主にアメリカ始め英語圏の人たち)に向けて書かれていることです。
マイケル氏はフェイスブックにおいて、読者からのコメントや
アクセス状況な どを詳細に把握しており、私たち日本人よりずっと、
英語圏の人たちの傾向を知っています。
マイケル氏は桜井氏や谷山氏が言っていることが嘘であるとは書いておらず、
方法が過激すぎて逆効果になると心配しているのでしょう。
ご不快になられた方もいらっしゃるでしょうが、
どうぞ、冷静で意義のあるコメント・議論をいただけたらと思います。
私はマイケル氏を信頼していますが、桜井 氏や谷山氏にも
逆効果にならないよう配慮しつつ、
これまで通り頑張っていただけたら、と思っています。
いつの日かマイケル氏と桜井氏や谷山氏が再びともに協力できることができれば、
と願っております。松井秀幸May 20, 2015 at 5:38 AM
人種差別国家アメリカと、 セックス スレイヴズ [谷山雄二朗] 
ニコニコ動画版リンク
YouTubeから。(音声は01:16より出始めます)
原題:“Racism America & Sex Slaves
[ 8 TIPS you need to know about Comfort Women before taking sides]
”元動画のURL: https://www.youtube.com/watch?v=OgGxbSxsJS4
人種差別国家アメリカと、 セックス スレイヴズ [谷山雄二朗]
YujiroTaniyama.com さんが2015/05/07に公開しました。
Samurai Democracy. We broadcast, you decide. "SCOTTSBORO GIRLS" Trailer : http://JapanBroadcasting.net/ScottsboroWARNING!: 
The speaker adores mocking BS like Mr Lance Armstrong, 
as well as obnoxious figures of shameless dishonesty. 
Please continue to watch this content only if you have the eligibility 
to understand cynical expressions,
and the guts to face the reality over this controversy. 
この日、流そうとしていた慰安婦ドキュメンタリーの 特報 sm24441043 
予告編 sm24709862 2015年05月08日 22時42分 投稿 anifunk03 さん

2015年4月30日木曜日
米国在住、反日活動家小山エミ氏、動員力を自慢、反日活動をツイート
検索キーワード「在韓日本大使館」に一致する投稿を関連性の高い順に表示 

【予告編】 慰安婦/ドキュメンタリー・ムービー 【谷山雄二朗】anifunk03 さん  
2014年10月17日 12時31分 投稿
YouTubeから。原題: “Scottsboro Girls Trailer”
元動画のURL: https://www.youtube.com/watch?v=bqmWOSV--mE
YujiroTaniyama.com さんが2014/10/15に公開しました。
Challenging the controversial issue. We broadcast, you decide. Samurai Democracy. http://JapanBroadcasting.net 

櫻井よしこ氏 「美しき勁き国へ」
http://www.sankei.com/politics/news/141006/plt1410060007-n1.html

DVD通販開始! http://japanbroadcasting.net/Scottsboro.html
タイトルの元ネタ: Scottsboro→
http://www2.netdoor.com/~takano/southern_film/scottsboro.html
SCOTTSBORO GIRLS Trailer - スコッツボロ・ガールズ  YujiroTaniyama.com

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】 
産経ニュース濡れ衣払拭 個人の挑戦
2014.10.6 11:30 
1/4ページ2/4ページ3/4ページ4/4ページ
「20万人の強制連行」「性奴隷」「終戦間際の虐殺」など、
日本国の濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)と
不名誉を晴らしたいと本当に思えば、個人だってここまでできる。
そう実感したのが、谷山雄二朗氏が全編、英語で語った作品
『スコッツボロガールズ』だった。

  私はこれをDVDで観(み)たが、作品の題名を氏は1931年に米国アラバマ州

スコッツボロで起きた事件からとっている。
白人女性2人が黒人青年9人に強 姦(ごうかん)されたと訴え、
8人に死刑判決が下された。
証拠は女性の証言のみ、物証はなかった。
後に女性の1人が被害話を嘘と認め、被告人らは50年に 釈放されたが、
全員の無罪確定は事件からなんと70余年後だった。

 谷山氏は黒人青年らの濡れ衣の苦しみと日本人の慰安婦問題の苦しみに

共通性を見いだし映画の題名をつけた。
氏は41歳、日本で生まれ豪州、タイで育ち、英語は極めて流暢(りゅうちょう)だ。
言論の自由を尊び差別を憎む。氏は 少年時代に受けた人種差別の記憶があるからこそ、
「今になっても、偽善や、どうみても筋が通らないことに対し、黙っていられないのかも」
と語っている。

 なぜ人は事実に目をつぶり偏見を抱くのか。氏はこうも訴える。

 「僕がチャレンジする慰安婦問題は(海外では)超アウェーの議論になるでしょう。

だって国際社会では今や『慰安婦=セックス奴隷』ですから」。
しかし、「もう傍観できない。日本人として反撃キックオフ、それしかない」

氏は韓国人の言い分を聞くべく、まず、ソウル郊外にある元慰安婦のための施設、
ナヌムの家を訪ねる。
しかし、そこで摩訶(まか)不思議な体験をする。
大阪の在日の人々に阻まれ、門前払いされたのだ。
彼らは一体そこで何をし、何を隠そうとしているのか。
  日本大使館正面に設置された慰安婦像前の集会で歌や踊りに熱中する
韓国の若者にも氏は問う。
金学順氏の「貧しさゆえに14歳で母親に売られた」とのハンギョレ新聞の
告白記事を読んだことがあるかと。彼らは読んでいない。
金氏は女子挺身隊の名の下に連行されたとの「朝日」の記事を信じているのであろう。
  谷山氏は別の元慰安婦、文玉珠氏の残した貯金通帳の拡大コピーを示し、
東条英機首相の月給が800円だったとき、彼女が2年間で2万6145円を貯金したことを
明らかにする。ソウルでは1000円で家が買えた時代に26軒分の資産を2年で蓄えた
女性を奴隷と呼ぶのは無理だと、これは誰でもわかる。
 こうした情報はすでに大半の日本人が共有する。
問題は、しかし、当の韓国をはじめ諸外国の人々が恐らく、ほとんど知らないことだ。
だからこそ全情報を英語で発信する谷山氏のように、国際社会にあらゆる面で事実を
知らしめる具体策が急がれる。

 1944年10月1日の米軍による慰安婦の調査書や
94年1月24日のオランダ政府の調査書は、日本が活用すべき一次資料である。
ビルマで働いていた朝鮮人慰安婦20人を米軍が実態調査した結果、彼女らは
強制連行の犠牲者でも、性奴隷でもなかったことが明確にされている。
これも多くの日本人にとっては、いまや常識であっても、アメリカ議会の選良でさえ、
知っているのは極めて少数である。
 94年1月24日のオランダ政府の調査報告書は
日本人として気の重くなる内容も多いが、詳細な事実関係を踏まえている。
  報告書はインドネシアのスマランの慰安所を「最悪のケース」と断じ、同時に
日本軍の上官が、現地の日本軍が女性たちを強制したことを知ると、同慰安所を直ちに
閉鎖させたこと、さらに責任者が戦後死刑に処せられたことも明記している
同件は、女性たちへの強制が日本軍の方針ではなかったことを、オランダ政府が
逆に証明する結果になっている。
 調査は全体の結論を、200~300人のオランダ系女性が働いていた、
内65人は売春を強いられたが、大多数(majority)の女性は
強制ではなかったとまとめた。
 スマランの事例は戦時の性犯罪であり、
強制連行問題とは明確に分けて考えるべきものだ。
ところが、両者を意図的に混同する議論や論点のすり替えがとまらない。
 朝日新聞は吉田清治氏の嘘を認めたうえで、
慰安婦問題の「本質」は女性の人権問題だと
強弁する。韓国も朝日の論調に同意する。

ではなぜ、韓国政府は韓国当局が100万人もの女性が売春に身を落としていると発表した
自国の現実を正そうとしないのか、なぜ、気の毒な女性たちに救いの手を差しのべないのか。
谷山氏のこの問いかけに、私は同感である。
 もうひとつ、私たちが改めてしっかりと見据えるべきことは慰安婦問題をはじめとする
歴史問題がおよそいつも日本人によって提起されている点である。
どれも火元は日本であり、朝日はそのすべてに関わっている。
 挺身隊と慰安婦を同一の存在として報じた植村隆元記者、南京事件を
捏造(ねつぞう)報道した本多勝一氏らの説明責任とともに、一連の問題に日本は
なぜ筋立てて反論できなかったのかが、私たちが自問すべき最重要の点であろう。
 谷山氏はドキュメンタリーの最後で、日本にいわれなき非難を浴びせる韓国や
アメリカにすさまじい憤りを爆発させている。
その憤りこそ、大半の日本国民が、実は国内に向けて抱いている思いであることを、
私は実感している。
 政権与党も外務省も含めて私たちの国は、一体どこで、なぜ、何を、間違えたのか。
その失敗を認識して、初めて、有効な反撃作戦が可能になると思う。

世界の中の日本
慰安婦問題、日本版アルジャジーラで独自の発信を
谷山雄二朗氏に聞く「情報戦」に勝つ戦略
2013.07.30(火) 井本 省吾
1 2 3 4 5
日本維新の会共同代表の橋下徹・大阪市長が再燃させた「従軍慰安婦」問題。
1990年代初めに大きく表面化して以降、この問題は韓国から世界に広がり、
日本は「性奴隷を強制した国」という暗いイメージが定着しつつある。

 橋下氏は「それは事実とは違う」と発言した。

だが、米軍に風俗産業の活用を勧める発言が伴っていたこともあって強い非難が起こり、
米国政府の怒りを買った。
結果として日本は人権を軽視する国という負のイメージが強化された面がある。

 だが、秦郁彦氏の労作『慰安婦と戦場の性』(新潮選書)などにあるように、

韓国人慰安婦について日本軍による強制連行の証拠がないのも事実。
また、第2次大戦当時や朝鮮戦争、ベトナム戦争時など、慰安婦制度が日本以外にも
幅広く存在したことを示す史料が多数見つかっている。

ユーチューブ上の英語スピーチで賛否両論の反響
日本の「汚名」を晴らし国際社会で「名誉ある地位」を得るため、
日本はどうしたらいいのか。
 ブロードキャスター、映像ディレクター、

海外テレビ番組の司会者など内外で活動する
谷山雄二朗氏は昨年9月、「慰安婦問題の真実」について 
英語のスピーチ(Geisha,Tony Blair & Comfort Women) 
をユーチューブで発表、
賛否両論を巻き起こし今日に至っている。

 「対外広報機関を作り、中東のアルジャジーラのような放送局や
インターネットテレビを作り、正確な歴史史料とともに
日本の主張を英語で世界に発信することが肝心です」
と言う谷山氏に、日本の国益に沿った情報発信のあり方を語ってもらった。
**************************
谷山雄二朗
(たにやま・ゆうじろう)氏 ブ ロードキャスター。
Japan Broadcasting.net Founder CEO. 
小学校時代は南オーストラリアのアデレード、
中学時代はタイで生活。
慶應微塾大学経済学部卒。
英国BBCやITV, オランダRTL, 中国 Hunan-TV など
海外テレビ番組に司会者・俳優として出演。
映像クリエーター、通訳、作家としても活動。
2011年、国際化を訴え東京都知事選に出馬。
10,300票 獲得するも落選。
2012年から尖閣諸島、竹島、慰安婦などをテーマに
英語スピーチを開始、YouTubeで発表。
内外から賛否両論の反響を受けている
http://JapanBroadcasting.net

井本 2007年の第1次安倍内閣で

「日本は軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」
という閣議決定がなされました。「強制連行はなかった」というのが公式見解なのに、
なぜ世界的な非難が収まらないのでしょうか。

谷山 この問題で日本はスタートラインからずっと負け戦なんです。

政府、外務省は有効な反論をほとんどせずに謝罪ばかりしてきました。

 慰安婦問題がマスコミで大きく騒がれて以降、

1992年に宮沢喜一首相(当時)は韓国で謝罪を繰り返し、
93年には有名な河野談話が出た。
河野洋平官房長官(同)による軍の関与があったかのような謝罪談話です。
これが致命的でした。

井本 河野談話は2007年の閣議決定と矛盾するのに、

今も政府は見直しをしていない。

 だから各国の政府やマスコミ、国連は「強制連行の証拠はないと言っても

官房長官は軍の関与があった」と言っているじゃないかと反論する。
そこで保守派の間から「河野談話を見直すべきだ」という意見が強まっています。

谷山 政府が反論せず謝罪ばかりしてきたツケを今、日本人全員が払わされています。

 福島の原発事故に例えると、慰安婦問題がゆがんだ形で「水素爆発」を起こした後、

その「放射性物質」が世界に飛び散ってしまった。「除染」はきわめて困難です。
勝敗の分岐点だったスマラン慰安所のオランダ女性強制売春事件

 最大のポイントは河野談話ですが、実はもう1つ重要なことがあります。

1994年1月のオランダ人慰安婦による東京地裁への提訴です。
インドネシ アのスマラン慰安所の強制売春事件ですね。
その前の92年に被害者の1人が体験を公表しています。今から思うと、
あれが勝敗の分岐点でした。

 日本は竹島問題で国際司法裁判所(ICJ)に提訴すると言っていますね。

そのICJがあるのはオランダです。
“国際法の権威が集結する 国”の女性が
「戦時中強制連行され慰安婦にさせられた」と訴えた。
これが世界に与えたインパクトは大きかった。
このケースは売春宿で働いている女性が
戦場の慰安婦となった韓国人とは決定的に違います。

だまされて慰安婦にされた韓国人女性も少なからずいたでしょうが、

シカゴ大学のブルース・カミング氏が
自著 『Korea's Place in the Sun』でも述べているように、
慰安婦集めをしたのは朝鮮人などの民間業者が多く、日本軍が直接、
徴用していたわけではありません。

 一方、オランダの場合は強制連行の証拠があります。

日本では被害者の人数は35人とされていますが、英語版ウィキペディアの
「Comfort women」にはオランダ政府報告書に基づき300人のオランダ女性が監禁、
レイプされたと書かれている。それも1ページ目に真っ先に出てくる。
「白人女性が日本軍人にレイプされた!」。
この衝撃的な事実は瞬く間に欧米に広がりました。

 日本側がこの事件を軽視したことが、日本が悪質な人権蹂躙国家と

見られるようになった決定的要因だったと思います。

「ダースベーダー日本軍」という負のイメージに追い討ち
井本 「慰安婦問題は誤解だ」と反発する日本の保守派は、

この件について次のように反論しています。
「日本軍によるオランダ人女性の強制連行は
出先部隊の一部の軍人による行き過ぎた行動で、
日本軍の幹部は気付いてすぐに慰安所を閉鎖させた。
また軍幹部たちは戦後 BC級裁判の法廷で裁かれ、
戦犯として処刑されている。
死刑になった人もいる」

谷山 戦犯で裁かれたから、責任はすでに果たしたと言いたいのでしょう。

その気持ちは分かりますが、慰安婦問題 が世界に広がった大きな要因が
この事件にあったことは確かです。
日本の有識者の多くは「責任者は戦後、
処刑され罪を償った」と決着済みであるかのように述べていますが、それは違う。

 21世紀は人権の時代であり、法的には決着済みであろうと

日本軍人がオランダ人女性をレイプした事実は消え去りません。
少なくとも国際社会はまったくそのようには捉えていない。

 だからこそ、国連の「戦場の性暴力」ディスカッションがあると、

今でも真っ先に出てくるのが慰安婦問題なのです。
ただでさえ戦時中の日本は捕虜の人権尊重を定めた1929年のジュネーヴ条約を
批准していなかった。泰緬鉄道建設の際にも捕虜を酷使した。
これには反論もあるでしょうが、そうした
「ダースベーダー日本軍」という負のイメージに、オランダ人慰安婦が
レイプされたスマラン事件がボディブローのように追い打ちをかけている。
残念ながらそういう 構図なのです。

 ここで恐るべきことは、オランダ人女性の事件は韓国人などアジア人の場合とは

性質が違うのに、すべてがいっしょくたになって
「日本は外国人女性を性的奴隷にした」
という話になって広がってしまっていることです。

 慰安婦問題を追及する韓国人や韓国系米国人は、

オランダ人女性事件の「効果」を知って意図的に
自分たちの慰安婦問題と結びつけ、日本を非難する声明を
世界に発信している面も強いですね。
今や韓国内だけでなく、米国にも慰安婦像ができてしまいました。
民主主義、言論の自由を標榜するアメリカで既成事実ができてしまった以上、
撤去はきわめて困難ですね。

アウシュビッツより1ケタ多い「Comfort women」のヒット数
 今、ネットで Comfort women と打つと、何件ヒットすると思いますか。

1億7000万件出てきます。片やAuschwitzは1900万件です。
ナチス・ドイツが世紀の大量虐殺をした
強制収容所であるアウシュビッツのヒット数より1ケタ多いんです。
 Comfort women には慰安婦問題とは無関係な意味、ジョン・レノンの

「ウーマン」の歌詞など歌の中に出てくるようなものも含まれているかもしれませんが、
それを差し引いたとしても相当な数です。
日本の負のイメージがどれほど世界に飛び散っているか、それを示した数字ですね。

井本 では、どうすればよいですか?

谷山 残念ながら勝利の方程式はありません。

この問題が持ち上がったころに早めに着手すべきだったのに、河野談話をはじめ
政府が謝罪を繰り返した今、負け戦をひっくり返すのは容易ではありません。
しかし、このままでは日本の汚辱の歴史は世界に飛散し、
それを子孫に背負わせることになる。
すでに国民の誇りを傷つけ、活力を奪っています。損失は計り知れません。
世界のいじめられっ子ニッポン、明確な主張で反撃を
 韓国や中国、欧米もそこを狙っている面がある。

日本を道徳的劣位に追い込むことで自分たちの優位を保つ。
国家間の情報戦は食うか食われるかの戦いなのです。
歴史認識で叩かれる今の日本は、まさに世界のいじめられっ子です。
各国は自分がいじめられる側にならないように、
いじめっ子集団に加わる傾向がある。
子供の世界と同じです。

 だから、いじめられっ子は反撃しなければなりません。

日本政府はオランダ人慰安婦の強制連行、
レイプについては慰安婦だった女性たちとオランダ政府に対し
誠意ある態度を示し、従来の姿勢を堅持する。

 その一方、「風俗産業の形で商売をしていた韓国など

アジア人の慰安婦はこれとは異なる。
もちろん貧しくて慰安婦にならざるを得なかった女性や
だまされて慰安婦になった人々は気の毒だったが、
軍による強制連行はなかった」ということを明確に主張する。
詳細な史料を、特に「欧米に伝わるカタチで」公開する。

 つまり、オランダ人と韓国などのアジア人の問題を切り離すのです。

河野談話もそうした形で見直すことが、
この情報戦に勝つための要だと思います。

井本 慰安婦問題は日本が黙っていれば収まる。

こちらから「寝た子」を起こす必要はない、ヤブヘビになるという意見もあります。
外務省などはその方針のようです。

谷山 「No risk、No victory. 虎穴に入らずんば虎子を得ず」です。

第一、日本国内にいる自虐的な反日勢力や韓国の反日勢力は
沈静化させようと思っていません。
だから何かあれば火がつ く。
橋下発言は典型的で、反日勢力にとっては飛んで火にいる夏の虫だった。
いったん沈静化しても、彼らは同様の発言を手ぐすね引いて待っています。

 それでなくても終戦記念日などのタイミングで、

反日勢力は靖国問題などとセットにして慰安婦問題を持ち出してくる。
「日本は悪い国なんだ」という イメージを再生産するために。
これに対抗するにはオランダの慰安婦問題と線引きする、日本側の情報戦略を
打ち出さねばなりません。
リスクを怖れて対抗策を打ち出して来なかった外務省こそが批判されるべきです。

井本 韓国憲法裁判所が2011年に

「慰安婦問題の解決に韓国政府が努力しないのは違憲」と判断したことも
火種になっていますしね。しんどいが、粘り強い努力が必要なのですね。
情報戦略に不可欠な英語での説明、批判を恐れては何も変わらない

谷山 50年、100年かけて取り組む。慰安婦問題は

それくらいの長期的な構えが必要です。
韓国や中国は長期間 かけて日本を弱体化させる情報戦略を取っているのですから。
米国も「戦前、戦中の日本は悪い国だった」という負のイメージを日本に押し付ける点では
同じで す。情報戦略は今や、物理的な軍備の増強と並んで、国家戦略の要となっています。

井本 具体策としては?

谷山 第一に、英語を駆使することです。

聖書やコーランを読んできた人と味噌汁を飲んできた日本人が会って、
暗黙の了解なんてことはあり得ません。
世界共通の言語=英語で説明、説得するしかない。
日本の保守派は雑誌やテレビなど国内メディアでは「慰安婦問題で韓国や
米国の言っていることは間違っている」と声高に主張します。
ところが、海外に行くとチワワのように静かで、ほとんど何も言いません。
英会話が弱いことも あるでしょうが、通訳を雇うなどやり方はいろいろあるのですから、
内弁慶だと言われても仕方がない。

最近は英語で慰安婦問題や尖閣問題について

海外に情報を発信する人々も出て来ましたが、まだ質、量的とも
大幅に不足しています。
個人レベルで英語力 を磨き、文字だけでなく音声、映像を活用し、ユーモアや
興味深いエピソードも交え、欧米など海外に通用する雄弁で明快な主張を
ふんだんに展開する必要があります。

 私はそう考えて昨年来、ユーチューブで慰安婦や竹島、

尖閣、靖国などの問題について論じてきました。
8月には、韓国の3大ネットワークの1つであるテレビ局MBCの番組に出演します。
テーマは竹島ですが、英語で発信しているからこそ
韓国人ディレクターにも伝わるのですね。

 「ヒール(悪役)にされるから出演は控えたほうがいい」と知人の多くは止めましたが、

それこそ典型的な日本人的内向き思考でしょう。
他人の目ばかり気にして叩かれるのを恐れている。それじゃ何も変わらない。
自己主張あるのみです。
内閣府に諜報部門と対外広報部門を結合した部局を作れ

井本 政府のやるべきことは?

谷山 内閣府の傘下にDCI(Department of Cyber Intelligence=対外広報局)を作り、

米ホワイトハウスのような報道官を置くことです。
“サイバー”と聞くと諜報部隊をイメージするかもしれませんが、これからの対外広報は
デジタル=サイバー空間で勝つことが必須条件であり、この2つは切り離せません。
よって諜報部門と対外広報部門を結合した チームを作る。

 諜報で得た情報を、広報の中に時折織り交ぜつつ発信する広報で流す。

宣伝戦で勝つ。そして外国メディアに毎日、英語で情報を流し、質疑応答する。 
日本だけでなく欧米や韓国の歴史資料、外交・軍事の報告書、写真、映像なども含め
正確で具体的な証拠を豊富に用意し、分かりやすく、時にユーモアを含んだ英語で
説明することが肝心です。

 後々は、アラビア語やスペイン語の報道にも着手する。

海外の有力な歴史家が書いた歴史書も適切に活用し、韓国などの反日勢力が
反論できないぐら い、丁寧にスピーチするのです。
欧米やアジアの優秀な外国人を高給で報道官に雇ってもいい。
中国では自国の国益にかなったことを欧米人に発言させていま す。

 ユーチューブなどサイバー空間で正確な情報を流す一方、

「中東のCNN」と言われるアルジャジーラのように衛星放送も行うべきです。
興味深いドキュメンタリー番組も作成し、頻繁に放送することが大切です。

 ぼくは中学時代にタイで過ごしましたが、例えばあそこのパタヤビーチを取材し、

同ビーチがベトナム戦争以来、米軍の慰安所として発展したことを正確に、
詳細にリポートする。
客観性を高めるため、リポーターは日本人でなくてタイ人や欧米人にしてもいい。

 米軍内には今でも性的暴行が横行しており、この5月に国防省が

「性的暴行年次報告書」を出しました。
そこには、2012年度に性的暴行を受けた兵士が2万6000人もいたことが報告されている。
そうした内容も米国人リポーターを活用して詳細に報道すればいい。

 韓国軍もベトナム戦争当時、ベトナム人女性を強姦して多数の混血児「ライタイハン」が

生まれたという史実があります。
この問題を現地にルポした番 組を作ってもいい。
戦中の日本の慰安婦制度よりも、もっとひどいことが戦中だけでなく、戦後にも各国で
起こっている。そうした情報を発信し続けることが 「日本だけがひどいことをした」
という誤ったイメージを払拭するのに役立つはずです。
中国のCCTV英語版に見る情報発信力の差

井本 米国をあまり刺激すべきではないという意見もあります。

アルジャジーラは国際テロ組織アルカイダから送られた同組織の指導者
ウサマ・ビンラディンのメッセージ映像を流すなど一時、米国政府に敵視されました。

谷山 米国に脅威を与えるくらい、独自の情報発信をしているということですよ。

いたずらにアメリカを刺激するの は得策ではありませんが、欧米とは違う
日本独自の視点で放送すべきです。
アルジャジーラや英国のBBCに比べるとNHKワールドを見ている外国人は
ケタ違 いに少ない。主張がないからです。

 キャスターはハワイの日系人などで英語はネイティヴですが、基本的に渡された原稿を

読んでいるだけ。
日本政府の顔色をうかがい、各国からクレームが来そうな番組作りも避けている。
それに比べると、中国のCCTV英語版は欧米の優れたジャーナリストやキャスターを
高い報酬で雇い、質の高い面白い番組を作りながら、中国の国益に 沿った
「中国から見た世界」を提供しています。
中国に対するアフリカ諸国の好感度がなぜ高いのか、
我々はそこを考えねばなりません。 

井本 海外との軋轢を嫌う外務省は反対しそうですね。

谷山 ですから、内閣直轄にして外務省の横ヤリを入れないようにするんです。
内閣人事局を新設し、内閣が人事権 を握り、内閣の考える情報戦略を行う。
安倍首相は第1次内閣当時の2007年にその構想を持っていました。
参院選の自民党圧勝で、この構想を実現させると思います。
その中でDCI――対外広報局を作る。

“Cool Japan”は予算のムダ遣い、お金が足りなければBBC方式も
井本 衛星放送もやり独自取材の番組も作るとなると、
相当の予算が必要ですね。

谷山 中国は年間、対外広報予算に9000億円も使っているんですよ。
イランやロシアもかなりの予算をかけて国 際放送やネット番組を作り、
英語などによる自前の番組を作っています。
これに対して日本はゼロに等しい。で、何にカネを使っているのか。
「クール・ジャパ ン」構想に500億円もかけている。
まったく不毛です。
外国人に“Cool Japan” と言っても誰も知りません。
アニメや漫画などは活力ある民間企業に任せておけばいい。
政府が乗り出すのは予算のムダ遣い、役人の天下りを増やすだけです。
 予算が足りないなら英国のBBC方式を取ってもいい。
BBCにはスウェーデンのボルボやスイスのロレックスの時計とか、CMが流れる。
オリジナリティがあって面白いから企業がCMをつける。
NHKワールドはCMを流さない方針ですが、
つまらない番組だから企業がCMを流さないとも言えます。
 アルジャジーラはカタールのTV局で、当初は100億円ほどカタール首長が出した
ファンドで始めましたが、今では海外に映像を提供し、
その使用料収入が多いと聞きます。
日本でも当初予算として100億円あれば、衛星放送は可能ですね。
それで日本のイメージが高まるなら、安い買い物です。

井本 谷山さん自身の今後の情報戦略は?

谷山 私は先月6月に数名の仲間と共にオンラインTV局&プラットフォーム
――Japan Broadcasting.net(JB)を立ち上げました。
まだテイクオフしたばかりで手探り状態ですが、
今後は日本再生に有益な独自番組を作り、英語を主体に、
日本語も織り交ぜながら世界に発信していこうと考えています。
尖閣諸島一つとっても、完全に情報戦争に突入しており待ったなしの状況です。
このグローバルな時代だからこそ、
日本人のオピニオンを“オモシロク”世界に発信していく広報ミッションは急務です。
 政府出資や民間出資などの形で資金が確保できれば、我々自身が
日本版アルジャジーラを作って衛星放送も展開してみたいと思っています。
ともあれ、今はやれるところからやって行きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿