慰安婦問題について、いろんな報道: 11月07日 16時08分、リベリアから帰国の男性が発熱、エボラ熱検査へ。・・米国CDCが改正して、とうとう飛沫感染認めた。

Translate

2014年11月7日金曜日

11月07日 16時08分、リベリアから帰国の男性が発熱、エボラ熱検査へ。・・米国CDCが改正して、とうとう飛沫感染認めた。


TBSニュース  
https://archive.today/ka9YK
保守速報
http://hosyusokuhou.jp/archives/40968559.html
ニューヨークタイムズ(NYT)の大西哲光の正体
http://asahi.kirisute-gomen.com/onishi.html

リベリアから帰国の男性が発熱、エボラ熱検査へ
2014年11月07日 16時08分 YOMIURI ONLINEホームへ
西アフリカのリベリアに滞在歴のある東京都内の男性が、発熱などの症状を訴え、
医療機関を受診していることが7日分かった。

 厚生労働省は、念のためエボラ出血熱の感染の有無を確認するため、
国立感染症研究所で検査を行う。

 同省などによると、男性は60歳代。今月4日に入国しており、 3週間以内にリベリアに
滞在していた。7日午後に都内の医療機関を受診したところ、38度以上の発熱を確認。
現地では患者との接触はないという。
男性は今 後、都内の指定医療機関に入院した後、国立感染症研究所で血液検査を行い、
エボラ出血熱の感染の有無を確認する。

 先月27日には、リベリアに滞在していた40歳代の男性が、羽田空港に到着直後に
発熱の症状があり、感染が一時疑われたが、検査で陰性と確認された。

カナダ、エボラ流行国滞在者のビザ申請処理を停止へ
2014.11.01 Sat posted at 12:35 JST (CNN)  
カナダのクリス・アレクサンダー
市民権・移民相は10月31日、
エボラ出血熱が大流行している西アフリカ諸国を訪れた
外国人からのビザ申請の処理を停止すると発表した。
当局によると、流行国を訪問した人が提出したビザ申請書は、申請者に返還されるという。
ただ、今回の措置は現在西アフリカに滞在するカナダ人には適用されないため、
現在西アフリカで勤務するカナダ人の医療関係者の帰国は認められる。
オーストラリア政府も27日に同様の措置を講じている。
アレクサンダー氏は「カナダ人を守ることが最優先」と述べた上で、
「われわれは国内の備えを強化する一方で、今後も国内外のパートナーと連携し、
西アフリカにおけるエボラ出血熱の大流行への取り組みを支援していく」と語った。
Reuters JPエボラ関連の医療従事者隔離で新指針、
米CDCが発表
2014年 10月 28日 16:02 JST 
[ニューヨーク/ワシントン 27日 ロイター]
 - 米疾病対策センター(CDC)は27日、エボラ出血熱が流行している西アフリカから
帰国した医療関係者に対して一部の州で強制隔離が行われて物議を醸していることを受け、
新たな指針を発表した。
CDCのフリーデン所長は、最も感染リスクの高い人については自主的な自宅待機を
求めるとする一方、流行国であるリベリア、ギニア、シエラレオネから帰国した
医療従事者については、

隔離せずに毎日体調を監視することが求められるとの見解を示した。
新指針では感染リスクを4段階に分類。
流行地域から帰国した医療従事者の大半は「一定のリスク」、米国の施設で
患者の治療にあたった医療従事者は「低いがゼロではないリスク」に区分される。
隔離については、西アフリカで感染防止活動にあたった軍要員を、感染の兆候が
見られなくても隔離すると軍が表明したほか、シエラレオネで患者の治療にあたった
看護師がニュージャージー州で強制隔離され、陰性の判定を受けた後も
2日間隔離を継続された。

こうした事態に、公衆衛生の専門家や国連、医療慈善団体、ホワイトハウスなどから、
強制隔離は科学的に正当化されるものではなく、西アフリカでの活動の
妨げになるとの批判が高まっていた。 


【エボラ】アメリカ疾病予防管理センターがエボラウイルスの飛沫感染認める(病人からの咳やくしゃみが目、鼻、口に入ると感染する可能性。距離1メートル未満)
d6e4f8c0
http://www.cdc.gov/vhf/ebola/pdf/infections-spread-by-air-or-droplets.pdf
CDCが改正して、とうとう飛沫感染認めた 
2014年10月29日01:04
アメリカ疾病管理予防センター(アメリカしっぺいかんりよぼうセンター、
Centers for Disease Control and Prevention:CDC)は、
アメリカ合衆国ジョージア州アトランタにある保健福祉省所管の感染症対策の総合研究所。 

Canadian journalist masterminds the bioterrorism of EBOLA in Japan
 By lapis666 | Posted 2014/10/28 3:50 
This man is the NY Times reporter, source familiar with the situation said
 on Monday midnight. Probably this man who came from the Ebola zone
 is Norimitsu Onishi. Onishi had been reporting from Liberia since this August. Moreover his reporting from Liberia was released October 11, 2014. 
This is too much of a coincidence. 
It is a safe bet that this man is Norimitsu Onishi. 


【エボラバイオテロ未遂】
ニューヨークタイムズのノリミツ・オオニシがとった行動が
ヤバすぎる!!!完全にテロリスト
 
2014年10月28日23:18  

 8月リベリア入国 エボラ患者や遺体を直接取材

10月18日 リベリア出国

10月26日までベルギーに10日間滞在

10月27日 発熱の申告もせずに福岡の修学旅行生らと同じ飛行機で共に日本入国

10月27日 隠しサーモで羽田の空港職員に発熱を見破られ捕獲される

人が大勢感染して死んでるリベリアに取材に行って
危険性は十分理解しているはずなのに

修学旅行生の子供達が大勢乗ってる飛行機に
あえて発熱の申告もしないで普通乗るだろうか?
認識が甘すぎるのではないだろうか?

このニューヨークタイムズのこのオオニシ記者は
朝日や韓国の新聞と連携して反日マッチポンプ記事のロンダリングで
日本を叩いてきたがついにばれてニューヨークタイムズ南アフリカ支局に左遷される。

アフリカで復帰を狙ってエボラウイルス患者や自宅、遺体の取材を行って
一発逆転の再起を掛けるが発熱する

何故か修学旅行生の大勢のる飛行機へ発熱の申告もせずに日本へ来る
(今後の慰安婦報道の方向性の打合せの為に朝日に行くためか?)

羽田の隠しサーモにより発熱が発覚し羽田職員により捕獲される
マッチポンプ記事のロンダリング仲間の朝日がさっそく捏造して擁護開始へ

NHK
w8kE338

>体の不調は訴えず

朝日

http://www.asahi.com/sp/articles/ASGBW6VHWGBWULBJ01C.html

>27日午後に羽田空港に到着した40代男性が発熱の症状を訴えたため

オオニシがついた2つの嘘
・身体の不調はないと申告したが、サーモグラフィーで熱があることを

見抜かれ嘘を見破られた
・エボラ患者と接触はないと申告したが、実際は末期患者や死体の取材をしており、
 何らかの原因でウィルスが付着してもおかしくない危険な状況に身を置いていた 


朝日新聞東京本社          ..〒104-8011 東京都中央区築地5丁目3番2号 
東亜日報東京支社           〒104-8011 東京都中央区築地5丁目3番2号 
ニューヨークタイムズ東京支局   ..〒104-8011 東京都中央区築地5丁目3番2号


オオニシ を含む記事  池田信夫 blog
2014年10月05日17:12 白人の人種的偏見に迎合する日本人 
2014年10月28日09:52 NYTのオオニシ記者が世界にばらまいた嘘のウイルス
2014年09月20日10:59 ノリミツ・オオニシ記者はNYTの吉田清治
2014年08月30日11:27 NYタイムズは「性奴隷」報道を謝罪せよ
2011年12月18日10:56 慰安婦と戦場の性
2008年07月31日00:48 ジャーナリズム崩壊
2007年11月16日14:41 「正義の国」の日本人


エボラ流行国滞在男性、羽田で発熱訴え病院搬送  

2014年10月28日 02時01分 YOMIURI ONLINEホームへ
検査を行っている国立感染症研究所(27日午後8時31分、
東京都新宿区で)=加藤祐治撮影

 厚生労働省によると、27日午後4時頃、東京・羽田空港に到着した
乗客の40歳代男性が発熱の症状を訴えた。

 男性はエボラ出血熱が流行している西アフリカ・リベリアの滞在歴があり、同省は、
男性がエボラ出血熱に感染している可能性もあるとして、男性を東京都新宿区の
国立国際医療研究センター病院に搬送した。隔離病棟に入っているという。

 国内でエボラ出血熱の疑いのある患者が見つかるのは初めて。
塩崎厚労相は27日夜、記者団に「エボラ出血熱は、(患者と)接触がない限りは感染しない。
冷静に受け止めてもらいたい」と話した。
感染しているかどうかの検査の結果は28日に判明する。
 

 同省などによると、男性はジャーナリストで、8月から今月中旬 までリベリアに
滞在していたが、エボラ出血熱患者が多数いる病院などへは行っていないという。
男性はその後、ベルギーに移り、ロンドン発の全日空機で入国 した。
発熱は、発症の目安とされる38度を下回っているという。

 同省では24日以降、空港での入国審査の際、全員を対象に、エ ボラ出血熱が
流行しているリベリア、ギニア、シエラレオネ、コンゴ民主共和国の4か国に
過去21日以内に滞在したかどうかを確認している。
該当者には、患 者との接触歴や38度以上の発熱、頭痛などの有無を
調べることになっており、男性も羽田空港にある東京空港検疫所支所のチェックで分かり、
搬送された。全日空によると、同便は乗客・乗員206人が乗っていたが、
空港には足止めされていないという。


Africa  In Liberia, Home Deaths Spread Circle of Ebola Contagion
By NORIMITSU ONISHISEPT. 24, 2014
Continue reading the main story Slide Show

Slide Show|14 Photos
In Liberia, a Shortage of Treatment Centers for Ebola Patients
CreditDaniel Berehulak for The New York Times 
Norimitsu Onishi, 日本名:大西 哲光)は、日系カナダ人のジャーナリスト。
ニューヨーク・タイムズ記者。
img_0
速報:全日空、エボラ感染疑いの男性乗った機の乗客と乗員は206人と公表。他の乗客への連絡は厚労省の指示待ち。  2014/10/28 00:02 【共同通信】 

池田信夫 ‏@ikedanob
もしオオニシ記者だとすると、彼が日本でエボラ・ウイルスを拡散していたら
NYTは70年後まで賠償責任を負うことになるな。23:35 - 2014年10月27日

アフリカから到着の男性発熱 エボラ検査
塩崎恭久厚生労働相は27日夜、エボラ出血熱が流行している西アフリカに滞在し、 
東京・羽田空港に同日午後に到着した40代男性に発熱の症状があり、体調不良を
訴えたことを明らかにした。

男性は東京都新宿区の国立国際医療研究センターに搬送。

国立感染症研究所がエボラ出血熱のウイルス感染の有無を検査している。
結果は28日未明に判明する見通し。

エボラ熱は西アフリカのリベリア、ギニア、シエラレオネで流行しており、患者は

23日までに疑い例を含めて1万141人。死者は5000人に迫っている。

厚生労働省は24日、検疫を行っている国内30空港で、流行地に

最近滞在したことがあるかどうか、すべての入国者に確認する措置を始めている。
政府は28日午前、関係閣僚会議を開くことを決めた。(共同)
 [2014年10月27日22時42分] 日刊スポーツ購読申し込み

0 件のコメント:

コメントを投稿