慰安婦問題について、いろんな報道: イルカ約150頭打ち上げられる 茨城。大量のイワシ打ち上げられる 北海道むかわ町の漁港(11/04 11:55)

Translate

2015年4月10日金曜日

イルカ約150頭打ち上げられる 茨城。大量のイワシ打ち上げられる 北海道むかわ町の漁港(11/04 11:55)

イルカ130頭超、茨城の海岸に打ち上げられる 
More than 130 dolphins beach in Japan AFPBB News
 
茨城・鉾田市の海岸にイルカ130頭以上が打ち上げられる
茨城・イルカ大量打ち上げ 専門家に話を聞きました。
(15/04/10) FNNnewsCH


イルカ約150頭打ち上げられる 茨城
NHKニュース4月10日 14時21分
10日朝、茨城県鉾田市の海岸に
イルカおよそ150頭が打ち上げられているのが見つかり、
地元の人たちが救出作業に当たっています。
10日午前6時半ごろ、鉾田市の海岸に多数のイルカが打ち上げられていると
通報があり、鹿島海上保安署で調べたところ、鉾田市の海岸4キロほどにわたって、
およそ150頭のイルカが打ち上げられているのが確認されました。
鉾田市によりますと、打ち上げられたのはイルカの一種「カズハゴンドウ」で、
いずれも体長は2メートルから3メートルあり、多くは体じゅうが傷つき、
衰弱しているということです。
海岸では、地元の人たちがイルカをシートに載せて海に戻そうとしているほか、
イルカの肌が渇かないように水をかけ続けるなど、救出作業を続けています。
また、比較的体力があるイルカを放流するため、これまでに3頭が
海上保安庁と県警察本部の2隻の船に載せられ、10キロほどの沖合で
放されることになっています。
アクアワールド茨城県大洗水族館によりますと、カズハゴンドウは、
小型のクジラに分類されることもある、浅いところにはいない種類で、
こんなに多くの数が打ち上がるのは珍しいということです。
近くに住む男性は「これだけ多くのイルカが
このへんに打ち上がったのは見たことがない。
まだ生きているのでかわいそうです」と話していました。
茨城県内では4年前の平成23年3月5日にも、
鹿嶋市の下津海岸に52頭のカズハゴンドウが
打ち上げられているのが見つかっています。
NHKニュース北海道の港に大量のイワシ打ち上げられる
11月6日 13時53分

北海道の太平洋側にある浦河町の港に
イワシが大量に打ち上げられているのが見つかり、漁業関係者たちが漁を休んでイワシを
取り除く作業に追われました。

6日午前5時ごろ、北海道浦河町の浦河港の岸に大量のイワシが打ち上げられていると
漁業関係者から地元の漁協に連絡がありました。
イワシは港のおよそ2キロの範囲で打ち上げられたり、港内に浮かんだりしていて、
ほとんどが死んでいるということです。
港の近くに住む女性は「イワシがあがっていると聞いて駆けつけましたが、見てびっくりしました。50年近く住んでいますがこんなことは初めてです」と話していました。
地元の漁協では、大量のイワシが船の出入りや水揚げ作業などの妨げになるとして、
イワシを取り除くことにし、漁業者たちが本来の漁を休んで漁船から網やザルで集めていました。
集めたイワシは飼料などに加工する工場へ運ぶということで、港での作業は7
日も続くということです。
浦河町にある日高中央漁業協同組合の小松伸美参事は
「イワシをすべて取り除くには何日もかかると思います。
その作業のために今がシーズンのイカやタコの漁も休むことになります。
大量のイワシが打ち上げられた原因は、関係機関に調べてもらいます」と話していました。
浦河町によりますと、6日は町内のほかの港でもイワシが打ち上げられているのが
見つかったほか、今月3日には、西に80キロ離れたむかわ町でもイワシが
大量に打ち上げられたのが見つかっています。


「海水温の影響でイワシの動き鈍ったか」
地方独立行政法人釧路水産試験場によりますと、この時期、イワシは産卵のため
北海道東部の沖から、より海水温の高い本州の太平洋側に南下するということです。
そのうえで、ことしのイワシの動きについて中明幸広調査研究部長は

「北海道の日高沿岸の海水温が、ことしは平年に比べて1度程高いため、
イワシの群れの一部が北海道東部から日高沿岸にかけて回遊しているとみられる」
と分析しています。
さ らに「今週初め、急激に発達した低気圧による暴風と高波の影響で、表面の暖かい海水と

深いところにある冷たい海水がかき回されて海面の水温が下がった。
こ れによって動きの鈍ったイワシの群れが高い波にあおられて陸の方に寄せられ、
イワシが大量に打ち上げられたのではないか」という見方を示しました。

大量のイワシ打ち上げられる 北海道むかわ町の漁港
テレ朝news  (11/04 11:55)北海道むかわ町の漁港で、大量のイワシが打ち上げられているのが見つかりました。
 胆振地方のむかわ漁港では3日、大量のイワシが数kmにわたって打ち上げられたのが

見つかりました。むかわ町役場によりますと、イワシの大きさは15cmから20cmほどで、
町では廃棄物として処理するために受け入れ先を検討しているということです。
 地元漁師:「びっくりしました」「漁師をやって60年ぐらい経つけど、見たことない」

「大変だ、後片付け」
 北海道の水産試験場によりますと、

「きのうのしけによって水温が下がったことで、港近くにいた魚が打ち上げられた
可能性もあるが、詳しい原因は分かっていない」ということです。

0 件のコメント:

コメントを投稿