慰安婦問題について、いろんな報道: ただの政治団体と化している歴史学研究会が韓国でもてはやされているらしい・・・ 結果として反日日本人として日本を安売りしている日本人学者たち

Translate

2014年11月1日土曜日

ただの政治団体と化している歴史学研究会が韓国でもてはやされているらしい・・・ 結果として反日日本人として日本を安売りしている日本人学者たち

http://rekiken.jp/THE HISTORICAL SCIENCE SOCIETY OF JAPAN
歴史学研究会とは

歴史学研究会綱領歴史学研究会会則委員会活動方針(2006年度)[参考]

 歴史学研究会は、職業・所属・年齢・専門を問わず、会の綱領・会則に賛同する人が
自由に 入会し参加できる、誰にでも開かれた全国的な学術団体です。
現在、会員数は約2,200名で、年一回大会・総会が開かれています。
 本会では、学歴・学閥などの古い権威にとらわれず、
「民主主義的な、世界史的な立場」に立って、
「科学的な歴史学」を発展させることを目的に活動してい ます。
また、教科書・歴史教育問題、文化財保存、情報公開、紀元節問題など、
現実社会の提起する課題に対しても主体的・積極的に取り組んでいます
 こうした会の趣旨に賛同される方の入会をお待ちしています(入会案内はこちら)。
 歴史学研究会の活動は、会誌『歴史学研究』の編集、各種研究会の開催、
科学運動への参加を主としています。
会員の方々には、毎月『歴史学研 究』と『歴史学研究月報』をお送りしています。
『歴史学研究月報』は、学問をとりまく様々な社会情勢・研究会の活動報告、会員の意見交換、
会からのお知らせなどを掲載しています。

ホーム歴史学研究会とは歴史学研究会大会『歴史学研究』
部会活動出版活動科学運動資料室リンク集入会案内

【声明・アピール】
・ 【2014.05.24】

声明「憲法解釈の変更による集団的自衛権の容認に反対する」を委員会が採択いたしました。
【2013.12.20】 

声明「安倍政権による教科用図書検定基準の改悪、教科書の国家統制強化に反対する」を委員会が採択しました。
・【2013.11.01】 

「特定秘密保護法案に対する反対声明」を歴史学研究会委員会が採択いたしました。
【2013.10.30】 

「特定秘密保護法案に対する歴史学関係者の緊急声明」が9名の研究者連名で発表されました。
【2013.04.01】

声明「日本政府主催の「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」開催に反対する」を採択しました。
・「東京都教育委員会による高校日本史教科書採択への不当な介入に抗議する歴史研究者・教育者のアピール」を採択しました。




歴史学研究会 (れきしがくけんきゅうかい、英名 The Historical Science Society of Japan、
略称歴研)は、日本の代表的な歴史研究の学術団体である。
概要
「歴史の大衆化」、「歴史の科学的研究」の発展を目的として、1932年に設立された。
前年に結成された「庚午会」という東京帝国大学文学部史学科出身の若手有志による会が
前身である。
特に歴史教育などに関して積極的に声明活動を行っており、近年では2003年に
民族学校出身者に大学受験資格を認めよ」[1]、2007年には
「沖縄戦の事実を歪める教科書検定の撤回を求める歴史研究者・教育者のアピール」[2]
2011年には「育鵬社版・自由社版教科書の教育現場での採用反対」等を表明している[3]
主たる事業として月刊雑誌『歴史学研究[4] (1933年創刊)の編集が挙げられる。
2013年度現在の委員長は久保亨、事務局住所は東京都千代田区神田神保町
久保亨さん

会綱領として、
  • 第一 われわれは、科学的真理以外のどのような権威をも認めないで、つねに、学問の完全な独立と研究の自由とを主張する。
  • 第二 われわれは、歴史学の自由と発展とが、歴史学と人民との、正しいむすびつきのうちのみにあることを主張する。
  • 第三 われわれは、国家的な、民族的な、そのほかすべての古い偏見をうち破り、民主主義的な、世界史的な立場を主張する。
  • 第四 われわれは、これまでの学問上の成果を正しくうけつぎ、これをいっそう発展させ、科学的な歴史学の伝統をきずきあげようとする。
  • 第五 われわれは、国の内外を問わず、すべての進歩的な学徒や団体と力を合わせ、祖国と人民との文化を高めようとする。
の5項目を定めている。
リンク集  その他  
2014/11/01 韓国民に日本を伝えない「日本の代表的な歴史学団体」(歴史学研究会)
Hazama Hisatake 続・慰安婦騒動を考える 


日弁連や「日本の代表的な歴史学学術団体」が味方してくれているのだから、
いよいよ安倍一派は日本国民からも浮いているのだと
韓国民が勘違いしてもおかしくないだろう。
東亜日報が、「日本の代表的な歴史学学術団体」と持ち上げれば、
持ち上げられた方は
「今回の声明に共感する歴史学者が(日本で)『大多数』であると考えても良い」と語る。
こうした韓国メディアと左派系日本人のコンビプレイで韓国人は日本人の気持ちや考えを
理解出来ず、日韓が分かり合えない方向に誘導されて行くのだろう。
罪な日本人たちである。
それにしても、歴史学研究会・・・。

日本で最も歴史のある政党も「日本の代表的な歴史学学術団体」も
日本では変わり者でしかないという事を、韓国の人々に
イチイチ教えてやるわけにもいかないし・・・。

「安倍内閣が今は何というのか気になる。
日本歴史学界を代表する歴史学研究会が
『日本軍が慰安婦強制連行に深く関与して実行したのは揺るがない事実』と述べたからだ」
と今日の中央日報。やっぱり分かってない様子。 

この組織と関係ないですが、目についたニュースとして
        ↓
英和辞典「ジーニアス」編さん教授 論文盗用で懲戒解雇 
スポニチ  [ 2014年11月1日 05:30 ]
龍谷大と京都府立大、神戸市外国語大は31日、京都市内で合同記者会見を開き、
中高生を中心に人気の英和辞典「ジーニアス」の編集に携わった龍谷大の
菅山 謙正特任教授(61)が執筆した英語学に関する論文20本以上で盗用が発覚したと
発表した。「引用のつもりだったが、盗用と受け取られても仕方がない。猛省している」
と話しているという。


 龍谷大は31日、論文や発表資料で盗用があったとして、
文学部の菅山謙正(すがやまけんせい)特任教授(61)=英語学=を7日付で懲戒解雇したと
発表した。
前任の神戸市外国語大京都府立大の論文と合わせ、盗用が確認されたのは
少なくとも23本に上るという。両大学とも菅山氏の名誉教授号を取り消した。

 龍谷大によると、今年1月、菅山氏が昨年11月に日本言語学会で発表した際の資料に
盗用があると通報があった。
学内調査で発表資料2本に盗用があったと認定。
前任の2大学とも合同で調査を進め、京都府立大で16本、神戸市外大で5本の論文に
盗用が確認された。府立大では論文全体の約8割が盗用だった論文もあったという。
 菅山氏は「他人と自分の文章を混同してしまった。不注意だった。
学生、大学に対して申し訳ない」と話しているという。

【社説】日本の歴史学界が認めた慰安婦動員の強制性  
2014年11月01日09時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
安倍晋三首相は軍隊の慰安婦動員の強制性に対する判断は歴史学界に
任せるべきだという態度を見せてきた。
安倍内閣の菅義偉官房長官が公開的に明らかにした立場でもある。
菅義偉官房長官は先月22日の記者会見で、日本軍慰安所内の性接待の強制性に関し、
「国内外の歴史学者に任せなければいけない」と言明した。
安倍内閣が今は何というのか気になる。日本歴史学界を代表する歴史学研究会が
「日本軍が 慰安婦強制連行に深く関与して実行したのは揺るがない事実」と述べたからだ。

  安倍内閣は、太平洋戦争末期に済州から女性を慰安婦として強制連行したという、

いわゆる「吉田証言」に基づいて作成した16件の記事 を朝日新聞が取り消したのを契機に、
慰安婦強制動員を否定する大々的な「キャンペーン」を行った。
吉田証言が虚偽と明らかになったため全体の慰安婦動員に 強制性がなかったという方式で
世論を導いてきた。
しかし2100人の会員からなる日本最大・最高権威の歴史学研究会
「吉田証言の真偽とは関係なく、日本 軍の関与のもとで強制連行された慰安婦が
存在したのは明らかだ」という公式的な立場を表す声明を最近発表した。

  歴史学研究会は「強制連行は安倍首相の言う『家に乗り込んでいって

強引に連れて行ったケース』に限定されるのではなく、甘言や詐欺、 脅迫、人身売買など、
本人の意思に反した行為も含めると見なすべきだ」と指摘した。
安倍首相がなかったと主張する拉致形態の強制連行もインドネシア・スマ ランや
中国山西省の事例で明らかになり、韓半島(朝鮮半島)でも被害者の証言が多数存在すると
説明した。歴史学界の後ろに隠れて慰安婦問題から手を引くの が難しくなったのだ。

  日本を訪問したオランダ国王が「和解の土台となるのは互いに背負ってきた苦痛を

認識すること」と天皇の面前で過去の歴史を取り上げたことの真意を、安倍内閣は
よく考える必要がある。慰安婦動員の強制性を認め、誠意ある措置を取ることが、
真の韓国・日本和解の第一歩だ。
安倍内閣は手のひ らで太陽を隠すような愚行と別れる時になった。

日本の歴史学者グループ、 
安倍首相の歴史認識を真っ向から批判
OCTOBER 31, 2014 03:04 


0 件のコメント:

コメントを投稿