慰安婦問題について、いろんな報道: 【江東区】恐喝の疑いで“チャイニーズドラゴン”リーダーら逮捕

Translate

2014年11月11日火曜日

【江東区】恐喝の疑いで“チャイニーズドラゴン”リーダーら逮捕


Ralf Wilson

【江東区】恐喝の疑いで“チャイニーズドラゴン”リーダーら逮捕
2014年11月11日13:15 | カテゴリ:在日中国人
東京・江東区の繁華街にあるクラブから、
NHKニュース用心棒代として合わせて70万円を脅し取ったとして、
中国残留孤児の2世などで作るグループ
「チャイニーズドラゴン」のリーダーの男ら4人が
警視庁に逮捕されました。
4人は黙秘したり、容疑を否認したりしているということです。
逮捕されたのは、中国人で東京・江戸川区の張栄興容疑者(44)ら男4人です。
警視庁の調べによりますと、4人は江東区門前仲町にあるクラブの経営者の中国人女性を
脅して、1年余りにわたりひとつき5万円、合わせて70万円の用心棒代を納めさせたとして、
恐喝の疑いが持たれています。
警視庁によりますと、張容疑者は、中国残留孤児の2世や3世などで作る不良グループ
「チャイニーズドラゴン」のリーダーで、店を訪れて、
「商談がしたい。これから俺たちが門前仲町を仕切る。分かっているな」
などと脅していたということです。
調べに対し、4人は黙秘したり、容疑を否認したりしているということです。
警視庁は、張容疑者らがほかの店からも用心棒代を取っていた疑いがあるとみて
調べるとともに、「チャイニーズドラゴン」の実態解明を進めることにしています。

怒羅権(“ドラゴン”[1])は、日本の首都圏を拠点に活動する、中国残留孤児の2世
ならびに3世が人員の中核を占める暴走族[2]
成人した構成員らは東北系チャイニーズマフィア(東北幇)と連携し裏社会にも進出している。
「怒羅権」とは“日本人に対する怒り、団結、権利”を意味する[3]
中国残留孤児帰国者の一時入所施設「常盤寮」があった東京都江戸川区葛西で
1988年に結成された[3]
設立当初の構成員らの言によれば、中国残留孤児帰国者らは日本語が不自由なため
授業に付いてゆくことが困難であり、また、学校で差別やイジメを受けていた。
そして自身らが日本人なのか中国人なのか分からなくなり、同じ境遇にあった
中国残留孤児の2、3世で自然と集合化していった[4]
関東連合と並んで、暴力団対策法の適用外にあたる不良集団、いわゆる“半グレ”の顕著な例と言われる[5]。警察庁の把握によれば首都圏の各地に複数のグループが存在しており、
その総勢は数百名とも言われている[6]
2013年3月には、準暴力団として警察から認定されている[7]

0 件のコメント:

コメントを投稿