慰安婦問題について、いろんな報道: 副教材の適正使用通知へ 朝日作成教材などの偏向懸念 文科省検討

Translate

2014年11月2日日曜日

副教材の適正使用通知へ 朝日作成教材などの偏向懸念 文科省検討

産経ニュース副教材の適正使用通知へ 
朝日新聞が作成し学校に無料配布している教育特集「知る沖縄戦」など、
一方的な歴史観に基づく副教材をめぐる問題で、文部科学省が都道府県教委に対し、
副教材の適切な取り扱いを求める通知を出す方向で検討を始めたことが1日、
文科省関係者への取材で分かった。
学習指導要領の趣旨に沿った内容のものを 選んで使用するよう、学校現場への
指導徹底を図る。特に歴史教材については、児童生徒だけでなく保護者らへの
誤解を招かないよう十分な配慮を求める方針だ。 
文科省は昭和49年、学校で使う副教材の選択に当たり、特に政治や宗教について
特定の思想や題材に偏らないよう、都道府県教委に通知 していた。
しかし最近、日本や日本軍の残虐性を強調する一方的な歴史教材が作成され、
今国会でも問題点が指摘されたことから、新たな通知を出して指導徹底を
図る必要があると判断した。
 文科省関係者によると、新たな通知では、教育基本法や学習指導要領の趣旨に従い、
児童生徒の発達段階に即した副教材の選択、活用を改めて求める。
特に歴史教材については、史実を多面的、多角的に考察するような資料活用を促す方向で、
今後検討が進められる見込みだ。



歴史教材をめぐっては、広島県教職員組合と韓国の教職員組合が昨春に共同で作成した
「日韓共通歴史教材・学び、つながる 日本と韓国の近現代史」 が、慰安婦問題について
「日本軍は朝鮮の女性たちを日本軍『慰安婦』として戦場に連れていき、
性奴隷としての生活を強要しました」と記述
朝日新聞が今夏に作成した「知る沖縄戦」にも、「日本軍は(沖縄の)住民を守らなかったと
語りつがれている」などと書かれ、教育関係者から「あまりに偏向的な内容」との
 懸念が上がっていた。 この2つの教材について、
10月17日の衆院文部科学委員会で義家弘介議員(自民)が
「一面的な思想に基づく内容で (教育現場で使うには)非常に問題がある」と指摘。

副教材の適正使用通知へ 朝日作成教材などの偏向懸念 文科省検討
夕刊フジ (1/2ページ)  (2/2ページ)  2014.11.02
朝日新聞が作成し学校に無料配布している教育特集「知る沖縄戦」など、
一方的な歴史観に基づく副教材をめぐる問題で、
文部科学省が都道府県教委に対し、副 教材の適切な取り扱いを求める通知を出す方向で
検討を始めたことが1日、文科省関係者への取材で分かった。
学習指導要領の趣旨に沿った内容のものを選んで 使用するよう、学校現場への
指導徹底を図る。特に歴史教材については、児童生徒だけでなく保護者らへの誤解を
招かないよう十分な配慮を求める方針だ。

  文科省は昭和49年、学校で使う副教材の選択に当たり、特に政治や宗教について
特定の思想や題材に偏らないよう、都道府県教委に通知していた。
しかし最近、日本や日本軍の残虐性を強調する一方的な歴史教材が作成され、今国会でも
問題点が指摘されたことから、新たな通知を出して指導徹底を図る必要があると 判断した。

 文科省関係者によると、新たな通知では、教育基本法や学習指導要領の趣旨に従い、
児童生徒の発達段階に即した副教材の選択、活用を改めて求める。
特に歴史教材については、史実を多面的、多角的に考察するような資料活用を促す方向で、
今後検討が進められる見込みだ。

歴史教材をめぐっては、広島県教職員組合と韓国の教職員組合が昨春に共同で作成した
http://www.hirokyouso.jp/
国旗・国歌に関する事件
1999年(平成11年)2月28日、君が代斉唱や日章旗掲揚に反対する日本教職員組合傘下の
広島県高等学校教職員組合(広島高教組)の組合員教職員
部落解放同盟広島県連合会との連日の交渉に追われ、一方でそれを義務付ける
通達を出した文部科学省との間で板挟みとなった当時の校長が卒業式前日に
「何が正しいのか分からない。自分の選ぶ道がどこにもない」とする遺書を残し
自宅で自殺する事件が起こり、『国旗及び国歌に関する法律』成立のきっかけとなった。
地方公務員災害補償基金広島県支部は、校長の自殺を教職員の執拗な抵抗
追い込められたことが要因であるとし、2006年に公務災害に認定した[9]
韓国への修学旅行報道
1999年(平成11年)3月5日、韓国日報
 「“キミガヨ”で悩みの校長の教え子たち」「5年前からタップコル公園で“謝罪の参拝”」
という見出しをうち、世羅高校の生徒達が
タップコル公園の 3.1(独立)運動記念塔前でひざを折り、頭を垂れている
という写真を添えて、「日帝侵略と植民地蛮行を謝罪する文章を朗読した」と
1998年10月16日の様子を社会面トップで報じた。
記事の中では、事実とは異なる内容であるが、世羅高校の国旗問題も取り上げており
「これまで五年間、“謝罪修学旅行”を許可してきた校長先生が、
日帝軍国主義の象徴である日章旗掲揚や君が代斉唱に反対する教師たちと
教育委員会の間で悩んだ末に自殺を選んだのだろう」という世羅高校の「謝罪旅行」を
案内してきたという韓国人の声も報じた。
しかし、自殺した校長の就任は報じられた韓国旅行の1年前である。)

この韓国日報の内容を1999年(平成11年)3月6日、産経新聞が報じ、
「一方的に謝罪する行為は、かえって信頼や友好を妨げる。本当の友好とは、
言うべきことを言い合って築かれるものだ。
日本の一部の教師が持つ思い込みや非常識さが、この修学旅行のような広島県の
異常な教育の背景にある」と高橋史朗明星大教授の批判の声を載せた。

後日、産経新聞による教師への取材によると「韓国でどう報道されているかは分からないが、
宣言文を読み上げる前に生徒たちが座った形で集会を開催。
座ったままで黙とうした。
眠たさの為、頭を下げていた生徒もいたと思う」と話していたという。
また、読み上げた宣言文の内容[10]については、生徒たちが考えたものだという。
同日の読売新聞の 取材に答えた教諭の話によれば
「平和学習の一環であり、謝罪旅行ではない。
三・一独立運動記念碑前では、座っただけで、ひざまずいてはいない。
韓国の新聞 で謝罪文としているのは宣言文で、生徒が考えた。
垂れ幕には『平和をつくろう、私たちの手で』と書いてあり、謝罪の言葉はない」と主張している。

鎌田慧は、著書「家族が自殺に追い込まれるとき」において産経新聞の記事と、
同様の内容を掲載した週刊文春3月18日号を、「死者に鞭うつ記事」であると主張したが、
「謝罪旅行」として報道のもととなった韓国日報への言及はなかった。

「日本軍は朝鮮の女性たちを日本軍『慰安婦』として戦場に連れていき、
性奴隷としての生活を強要しました」と記述。朝日新聞が今夏に作成した「知る沖縄戦」にも、
「日本軍は(沖縄の)住民を守らなかったと語りつがれている」などと書かれ、
jr1lxnd57htozd2wfyhi
昨年の3月29日、ソウル永登浦洞全国教職員労働組合で、
韓日共通歴史教材「韓国と日本、その間の歴史」
発刊記念韓日両国の共同記者会見が開かれている。 
この2つの教材について、10月17日の衆院文部科学委員会で義家弘介議員(自民)が
「一面的な思想に基づく内容で(教育 現場で使うには)非常に問題がある」と指摘。
10月29日の同委では田沼隆志議員(次世代)が「学習指導要領の趣旨から
逸脱しているのは明らか」とし、適切な副教材の選択、使用を指導するよう文科省に求めていた。

 これに対し下村博文文科相は「言論の自由は尊重すべきだが、一面的な内容であるならば、
そのまま教育現場で使うべきではない」と答弁していた。
【国会】義家弘介(自民党)【衆議院 文部科学委員会】
衆議院議員「義家弘介」OFFICIAL WEB SITE平成26年10月17日NIPPON CHANNEL03
10月29日の同委では田沼隆志議員(次世代)が
「学習指導要領の趣旨から逸脱しているのは明らか」とし、
適切な副教材の選択、使用を指導するよう文科省に求めていた。

関連記事:朝日新聞が今夏、沖縄戦について
「日本軍は住民を守らなかったと語りつがれ­ている」などとする中学・高校生向けの教材を
作成し、希望する学校に無料配布している­問題で、下村博文文部科学相は29日、
衆院文部科学委員会で「一面的な記述ならば副教­材として不適切」との見解を示した。
田沼隆志議員(次世代)の質問に答えた。http://www.sankei.com/life/news/14102...
 
田沼隆志(次世代の党) 衆議院文部科学委員会 2014年10月29日
NIPPON CHANNEL03 2014年10月29日よりhttp://youtu.be/hTTgHDqdEH8


 これに対し下村博文文科相は「言論の自由は尊重すべきだが、
一面的な内容であるならば、そのまま教育現場で使うべきではない」と答弁していた。
                    
 
朝日新聞デジタル 
教育特集「知る原爆」「知る沖縄戦」をご希望の学校に無料でお届けします。  
「知る原爆」は漫画「夕凪(ゆうなぎ)の街 桜の国」の作者のこうの史代さんや
はだしのゲン」の作者の故中沢啓治さんのメッセージなどを通じ、原爆や戦争について
考える特集です。「知る沖縄戦」は主に中学生以上が対象。
ひめゆり学徒隊や地上戦の悲劇を伝える証言や記録、女優の二階堂ふみさんや
腹話術師のいっこく堂さんのメッセージなどで構成します。
 希望する特集名、校名、所在地、電話番号、担当者名、必要部数を明記し、
ファクス(06・****・****)かメール (****@***-*.co.jp)でお申し込みください。
学校単位が原則ですが個人でもお受けします。
申し込み多数の時、ご希望に沿えない場合もあり ます。
 締め切りは8月末。お届けは7月初旬から。
問い合わせは朝日新聞コミュニケーションセンター(**・****・****)。

「知る原爆」「知る沖縄戦」の紙面がご覧になれます
■「知る原爆」の内容
◇1ページ
 原爆は二度と繰り返してはいけないと言えば、ほめてもらえた。
だけど心の中はずっとモヤモヤしていた――。
原爆投下後の日常を描いた「夕凪(ゆうなぎ)の街 
桜の国」の著者こうの史代さんの漫画とメッセージです。
◇2~3ページ=げんばくって いちから学ぶ
 原爆ってどういうもの? どうして落とされたの? Q&A方式で原爆について、
できるかぎりやさしく説明しています。
◇4ページ=伝えたいこと
 「本当は思い出したくないんよ」。小学5年生の朝日小学生新聞リポーターが、
当時小学5年生で被爆した78歳の元教師から話を聞きました。
◇5ページ目=モノはかたる
 熱で溶けてくっついた小銭、父の懐中時計、兄の形見代わりの本……。
当時を物語る品を、ずっと大切に持ち続けてきた人たちの思いとは。
◇6~7ページ目=かこ みつめて 
 原爆や平和のことを考えるきっかけになる本と絵本を、学年別に 
広島市こども図書館や長崎市立図書館の人に紹介してもらいました。
◇8~9ページ=みらいひらく 
 原爆投下後の広島でたくましく生きる男の子を主人公にした「はだしのゲン」。
作者の中沢啓治さんが作品に込めた思いとは。
◇10~11ページ=みる まなぶ
 平和学習に活用できる映画などを、映画の企画制作をしている
シネマキャラバンV.A.Gの友川千寿美さんに紹介してもらいました。
◇12~15ページ=再現 広島・長崎 
 あの日、広島と長崎で何が起きたのか。
朝日新聞社の被爆60年アンケートに寄せられた1万3204人の証言を元に再現しました。
◇センターA~Dページ=たずねる広島、たずねる長崎
 広島と長崎には、傷ついた建物や亡くなった人の持ち物などが、今も大切に残されています。
その一部を写真で紹介します。
切って折って簡単な工作を すると、持ち運びに便利な小冊子になります。
感想を書き込めるコーナーもあり、修学旅行などで広島・長崎を訪ねた時の
ミニガイドになります。

■「知る沖縄戦」の内容
◇伝えたいこと
 沖縄出身の女優二階堂ふみさんと腹話術師いっこく堂さんが、沖縄戦についての思いや
若者たちへのメッセージを語ります。
◇沖縄戦Q&A
 沖縄戦の基礎知識をQ&A形式でまとめました。
沖縄戦について学べる本のガイドコーナーもあります。
◇ひめゆりたちの戦場
 「こんなところで戦争があったの? いまの沖縄をみているとそう感じるかもしれませんね」。 
沖縄戦では、いまの中学、高校生にあたる若者たちが戦場にかりだされ、犠牲となりました。
生き残った方々の証言とメッセージです。
◇地上戦を生きのびたある母親の記録
 沖縄戦をはさんで1年余りの間に、母、夫、長男、長女……と次々と家族を失った
ある母親の行動記録と証言から、住民を直接巻き込んだ地上戦の様子を再現します。
◇対馬丸沈没
 沖縄から疎開するこどもら約1800人を乗せた対馬丸が、米潜水艦の攻撃を受けて沈没、1400人以上が犠牲になりました。
当時9歳で、約1週間海をただよって生還した女性の証言です。
◇集団自決
 「米兵につかまるぐらいなら、死を選べ」。そう教えられていた人たちは、
激しい戦闘のなかで追い込まれていきました。 
手投げ弾を爆発させたり、幼い弟や妹を手にかけたり……。
2人の証言を紹介します。
◇沖縄のいま
 沖縄戦からまもなく70年。米軍基地が集中する沖縄のいまをまとめました。

「客間にお越し」~
今回は「朝日新聞社・地域報道部兼社会部デスク」の 

斎藤利江子さんに来て頂きました。

今回お話しいただくのが、
朝日新聞教育特集「知る原爆」「知る沖縄戦」。

「知る原爆」は発行3年目。
これまでに小学校を中心におよそ65万部をお届け。
漫画「夕凪の街 桜の国」の作者
こうの史代さんのメッセージや、
「はだしのゲン」の故中沢啓治さんインタビューなどのほか、
原爆をテーマにした映画ガイドもあります。

通常の朝日新聞の半分の面積のコンパクトサイズで、 カラー20ページ。
中には広島や長崎の修学旅行に持っていけるよう、 小冊子になるようになっています。

「知る沖縄戦」は主に中学生以上を対象に、今年初めて発行。
コンパクトサイズでカラー12ページ。
ひめゆり学徒隊や集団自決、対馬丸撃沈。
多くの住民が巻き込まれた地上戦の悲劇を伝える証言を中心に、 Q&A方式の解説、
沖縄出身の女優二階堂ふみさんや腹話術師いっこく堂さんのメッセージなどが載っています。
どちらも朝日新聞社の方々が、 普段の新聞つくりをしながら、
自主的に子供たちのために書き上げた教育特集。
斎藤さんの言葉にも情熱がありました。

冊子を希望の学校や個人のかたは 希望する特集名を明記し、学校名と所在地、電話番号、
担当者名、 必要部数を記入し、ファクス **-****-****か メールでお申し込みください。
学校単位が原則ですが個人でもお受けします。
お申し込みは8月末までです。
お問い合わせは朝日新聞コミュニケーションセンター 朝10時から夜8時まで。
土日祝日も受け付けています。

ということで、「客間にお越し」、 「朝日新聞社・地域報道部兼社会部デスク」の
斎藤利江子さんに来て頂きました。次回もお楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿