慰安婦問題について、いろんな報道: 朴大統領に「その通り」何もかもでない…二階氏。朴槿恵大統領が二階総務会長と会談「歴史問題には慎重に対処」、前支局長の問題を日本側から提起、産経。親韓の二階氏、nhk・共同通信は日韓関係改善 従軍慰安婦問題の解決必要で一致。朴大統領と13日会談=自民・二階氏が調整。朝鮮日報が気色の悪いくらい二階氏を褒めちぎる。今度は二階さんが中韓詣で、自民・二階氏、来月訪韓=4月訪中も検討[時事]。まずは自民党で“ホエ~る”、霞が関で次々「鯨料理」がメニュー化される理由。

Translate

2015年2月13日金曜日

朴大統領に「その通り」何もかもでない…二階氏。朴槿恵大統領が二階総務会長と会談「歴史問題には慎重に対処」、前支局長の問題を日本側から提起、産経。親韓の二階氏、nhk・共同通信は日韓関係改善 従軍慰安婦問題の解決必要で一致。朴大統領と13日会談=自民・二階氏が調整。朝鮮日報が気色の悪いくらい二階氏を褒めちぎる。今度は二階さんが中韓詣で、自民・二階氏、来月訪韓=4月訪中も検討[時事]。まずは自民党で“ホエ~る”、霞が関で次々「鯨料理」がメニュー化される理由。


朴大統領に「その通り」何もかもでない…二階氏
2015年02月16日 00時26分 YOMIURI ONLINEホームへ
 【ソウル=久保庭総一郎】韓国訪問中の自民党の二階総務会長は15日、
ソウル市内で記者会見し、いわゆる従軍慰安婦問題について、
「日本と韓国だけの問題だけでなく、いまや米国など世界中に話が散らばっている。
早く解決することが日本のためになる」との考えを示した。
 韓国の朴槿恵パククネ大統領は13日の二階氏との会談で、
「(高齢化した)元慰安婦が生存している間に解決したい」と述べた。
二階氏は15日の記者会見で「これは当然のことだと思って、(会談で)『その通り』と言った。
大統領の言われることは何もかもそうですということではない」と語った。
 日本政府は、個人も含めた日韓両国間の請求権問題が「完全かつ最終的に解決された」
と明記した1965年の日韓請求権・経済協力協定により、慰安婦問題を含む
戦後賠償問題は解決済みとの立場だ。

2015.2.13 23:25更新 産経ニュース
「まったくその通りだ」と訪韓の二階氏、
朴槿恵氏に慰安婦問題で
【ソウル=名村隆寛】韓国を訪問中の自民党の二階俊博総務会長は13日、
ソウルで朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談した。
二階氏は安倍首相の親書を朴氏に手渡した。
朴氏は「今年は(日本の戦後)70年の年で歴史問題が話題になろうが韓日双方が
慎重に対処していくことが大事」と述べた。
 慰安婦問題では「(元慰安婦の女性たちが)生きているうちに問題を解決したい」と、
日本側に速やかな対応を求めた。
二階氏は会談後、朴氏の発言について記者団に「まったくその通りだ」と述べ、
認識が一致したことを明らかにした。
 加藤達也前支局長の出国禁止状態が続いている問題では二階氏が、
安倍首相の「日本国民は皆心配している。自由に日本に渡航し家族と会えるようになることを
望む」との意向を伝えた。
朴氏は「問題は司法の場に移っており、司法の判断に委ねるしかない」と答えたという。


日韓関係改善 従軍慰安婦問題の解決必要で一致 
NHKニュースGeneva Lou 2月13日 18時16分
韓国を訪問している自民党の二階総務会長は
パク・クネ(朴槿恵)大統領と会談し、
戦後70年となることし、
両国の関係改善を進めるためにも、いわゆる従軍慰安婦を巡る問題を
解決する必要があるという認識で一致しました。

会談はソウルにある韓国大統領府で行われ、自民党の二階総務会長は
日韓関係の改善に努力したいとする安倍総理大臣からの親書を
パク・クネ大統領に手渡しました。
会談の中で、パク大統領は「ことしは戦後70年であり、当然、歴史認識を巡る問題が
話題にされる。慎重に対応していきたい」と述べました。
さらに、パク大統領はいわゆる従軍慰安婦を巡る問題について、
「今残されている関係者が生きている間に問題を解決したい」と述べました。
これに対し、二階氏は「関係者が存在しているうちに解決したいという希望はパク大統領と
全く同じだ」と述べ、両国の関係改善を進めるためにも、問題を解決する必要があるという
認識で一致しました。
二階氏は会談のあと記者団に対し、

「慰安婦の問題を巡っては日本にも言い分はあるし過去の経緯もあるが、
理屈を並べるだけでは問題は解決せず、
日本は真摯(しんし)に向き合わなければならない」と述べました。

2015.2.13 17:37更新 産経ニュース
朴槿恵大統領が二階総務会長と会談
「歴史問題には慎重に対処」
前支局長の問題を日本側から提起
【ソウル=名村隆寛】韓国を訪問中の自民党の二階俊博総務会長は13日、
ソウルの韓国大統領府を表敬訪問し、朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談した。
  二階氏によると、同氏は安倍晋三首相の親書を朴大統領に手渡した。
朴大統領は「今年は(日本の戦後)70年の年でもあり注目されるだろう。
歴史問題には慎重に対応していきたい」と述べたという。また慰安婦問題について、
「(元慰安婦の女性たちが)生きているうちに問題を解決したいとの責任と思いがある」
などと語ったという。
 一方、関係者によると、二階氏は、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が
朴大統領の名誉を毀損(きそん)したとして起訴され、出国禁止状態が続いている問題に
ついても提起したという。
 二階氏は同日、ソウル市の朴元淳(ウォンスン)市長とも会談。
日韓の観光交流を進めていくことなどで意見交換した。

意見をつなぐ、日本が変わる。BLOGOS週刊文春 2015年02月12日 13:08
安倍一強に歯向かう暴走老人 
二階俊博は“最後の派閥ボス” 
「安倍一強」が続く自民党で、
存在感を高めている男がいる。
二階俊博総務会長だ。
 2月3日、二階氏は記者会見で、安倍晋三首相が戦後70年の節目に出す談話について、
「政府が発表する際に各党と調整を図ることは当然ではないか」と注文を付け、共産党や
社民党とも「私なら話し合う」と断言。翌4日は、西川公也農水相を党本部に呼びつけ、
「農協と自民党とは長い間、仲良くしてきた」と語り、“農協改革”に前のめりになる首相を
けん制した。
「佐賀県知事選では、官邸主導で自民党推薦となった農協と距離を置く候補の応援に
入らなかった」(政治部記者)
 13~15日には、同派議員や観光業者ら1400人を引き連れ、韓国を訪問。
5月に訪中も予定している。
 官邸が手を焼く懸案に逆張りで応じる二階氏は、1993年に小沢一郎氏と共に自民党を
離党したが、03年に復党し、現在は二階派を率いる。
「資金面を含め、若手の面倒見は抜群で、番記者も大切にする。
業界団体を押さえ、カネも自分で集める“最後の派閥ボス”でしょう。
口も出すが、頼み事はきっちり仕上げる“仕事師”のため、時の権力者から頼りにされる。
党内では第5派閥(33人)ですが、自民党候補に競り勝った無所属議員も特別会員と して
引き入れ、勢力拡大を図っています」(自民党関係者)
 2日に決まった次期衆院選の候補者選定の新基準も二階氏の追い風になりそうだ。
過去2度の小選挙区で連続して負け、比例区で復活当選をした現職を、差し替えの
検討対象とすることになったのだ。
「対象の25選挙区中、3選挙区が二階派所属の無所属議員に敗れた選挙区。
また、沖縄2区など、二階氏に近い人物が、次回以降の立候補を狙う選挙区もある」
(検討対象となった自民党議員)
 実際、昨年末の衆院選でも候補者差し替えが生じた宮城5区にはすかさず
比例単独選出だった二階派の若手を送り込み、応援に入って、比例復活ながら当選させた。
1月には、同派の特別会員だった元民主党の山口壮氏を、
党内の反対を押し切って入党させた。
 こうした“豪腕”に、二階詣でを始めた議員も。
「他派閥の比例選出議員が、地元の有力経済人を二階氏に紹介して擦り寄ろうとする動きを
見せている」(同前)
 今年76歳になる二階氏は、自民党の“暴走老人”となるか。 
12日から訪韓する自民党の二階俊博総務会長は、
13日にソウルで朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談する方向で最終調整に入った。
党関係者が11日、明らかにした。大統領との会談で二階氏は、日韓関係の改善を呼び掛ける
安倍晋三首相のメッセージを伝達する見通し。
 二階氏の訪韓には、観光業界や地方自治体の関係者ら約1400人が同行。
二階氏は滞在中、朴元淳ソウル市長や韓日議員連盟の徐清源会長らと会談する予定。

2015/02/11 ザ・ボイス 長谷川幸洋 ニュース解説
自民党 二階俊博会長 韓国訪問へ

自民・二階氏、1千人超連れて訪韓へ
朝日新聞デジタル朴大統領と会談も
2015年2月11日11時09分
自民党の二階俊博総務会長が12日から、大訪問団を連れてソウルを訪れる。
日韓関係が冷え込むなか観光への悪影響も出ており、観光業界や地方自治体の関係者ら
約1400人が同行。観光交流イベントを開いて民間交流を進めることで、関係改善を目指す。
 全国旅行業協会の会長も務める二階氏は、韓国の要人と独自の人脈がある。
韓国政府関係者によると、13日午後には朴槿恵(パククネ)大統領と会談する予定。
 二階氏は5月中旬に、中国訪問も計画している。

朝鮮日報日本語版(朝鮮日報日本語版) 二階俊博氏
「日韓関係の改善は政治家の責務」
朝鮮日報日本語版 1月27日(火)11時40分配信
自民党の二階俊博総務会長が来月13日から16日にかけ、韓日国交正常化50年を記念し、
県知事や官庁トップ、企業家、一般人ら約1000人からなる
「日韓友好・交流観光団」を率いて韓国を訪れる。
関係の冷え込みで国交正常化の記念文化行事が中止される中、今年初めて行われる
大規模な民間交流イベントとなる。
 二階氏は衆議院議員に11回当選し、経済産業相、運輸相などを歴任。

アジア外交を重視する政治家として知られる。
総務会長は韓国の政党の事務総長に当たる自民党の重要ポストだ。
二階氏は23日、東京都内の自民党本部でインタビューに応じ
「日韓関係の改善に努めることは政治家の責務だ」と強調した。
 自民党を代表する「親韓派」議員に挙げられる二階氏が韓国と初めて縁を結んだのは、
1982年のことだった。和歌山県議会議員として地元高校のフィール ドホッケーチームを率い、
親善試合のため韓国南部の大邱とソウルを訪れた。
「生徒たちは、言葉は通じなくても身振り手振りでコミュニケーションし、すぐに親しくなった。
当時の生徒たちは、そのときの経験から数十年経った今でも『韓国が好きだ』と言う」
 民間交流の大切さを実感した二階氏は、約5500社の旅行業者が加盟する

全国旅行業協会(ANTA)の会長を20年間務め、隣国との民間交流をリードしてきた。
昨年のANTAの会合では韓日国交正常化50年を記念して意味のあるイベントを
実施しようと呼び掛け、加盟社から全幅の支持を取り付けた。
 二階氏は自身のホームページで、「兄弟のような韓国の友人」とする

朴三求(パク・サムグ)錦湖アシアナグループ会長をはじめ、
朴智元(パク・チウォン) 国会議員、
姜東錫(カン・ドンソク)元建設交通部(省に相当、現在の国土交通部)長官、
許南植(ホ・ナムシク)元釜山市長ら、韓国の友人たちとの縁を紹介している。
「日本には『一度友人になれば生涯付き合う』という言葉がある。
今回のソウル訪問を機に、友人たちと友情を確かめ合いたい」
 二階氏の尽力により、観光団には浜田恵造・香川県知事、久保成人・観光庁長官、

北川慎介・中小企業庁長官、
浜田健一郎・NHK経営委員長(ANA総合研 究所会長)らも参加することになった。
一般参加者の募集はANTAが担当した。
「趣旨を説明すると、誰もが『本当に必要なイベントだ』と言って支援を約束 した。
今の日韓関係は正常ではなく、何か努力すべきだと考える人がそれだけ多いということだろう」
 今の韓日関係は史上最悪だとする評価に対しては

「今よりもっと関係が良くなかった時期もあったが、民間と政府が共に努力して
関係を正常化した。
韓国も日本も、
隣国が嫌いだからといって国をよそに移すことはできないではないか」と述べた。
また「両国関係の改善は良識ある国民の常識だ」との考えも示した。
 二階氏は韓日友好のシンボルとして、金忠善(キム・チュンソン)将軍を挙げた。

金忠善将軍の日本名は沙也可(さやか)で、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で
朝鮮に渡ったものの「戦いに大義がない」として朝鮮に投降し、帰化したとされている。
二階氏は2010年、日本の民間団体による和歌山県での金忠善将軍の記念碑建立に助力し、
記念碑に韓日友好を願う文章も残した。
同氏は「韓国の政治家に会うとよく金忠善将軍に言及する。
日韓が共感できる分野を探し、理解を広げていくことが重要だ」との考えを示した。

「重要拡散」国会議員が空想の朝鮮人テロリスト記念碑建立に協力
 一方、旧日本軍の慰安婦問題を謝罪した「河野談話」と、植民地支配と侵略を謝罪した
「村山談話」の見直しを求める声が自民党内で上がり、韓日関係の新たな火種となっている
ことについて、二階氏は「大多数の議員はそう考えていない。談話を見直すことはないだろう。
政治家が争いの火種を探し、火をつけるよう なことをしてはいけない」と、言葉に力を込めた。
 隣国との関係を重視する二階氏を「親韓・親中派」と非難する人もいるが、

同氏は「隣国との関係を悪化させる政治家が国民の信頼を得られるだろうか。
30年以上政治に携わってきたが、他人のまねをしたり、誰かの指示を受けて
政治をしたりしたことはない」と、自らの歩みに自信を示した。
また、韓国の中国重視政策により日本で反韓感情が強まっているとの主張に対しては
「韓国の外交政策に日本が干渉する必要も理由もない。
日本、韓国、中国の協力と友好は言うまで もなく皆にとって利益になる」と強調した。

       自民・二階氏、来月訪韓=4月訪中も検討[時事]
2015.01.08 17:35  時事通信社
自民党の二階俊博総務会長が、冷え込んでいる
中韓両国との関係改善に乗り出す。
2月中旬に韓国を訪問するほか、4月にも中国を訪れる方向で調整している。
今年は戦後70年で歴史問題が改めてクローズアップされ、中韓との新たな摩擦も
懸念されることから、安倍外交を側面支援する狙いがあるとみられる。
 二階氏は2月13〜15日の日程でソウルを訪問。
公明党の漆原良夫中央幹事会長も同行する見通しだ。
日韓が今年、国交正常化50周年も迎えることを踏まえ、観光業界関係者ら
1000人規模の訪韓団を率い、韓国の同業者らとの会合を主に予定。
双方の親睦を通じて人的交流の活発化を図る。 [時事通信社
 
自民党本部の食堂に登場した鯨肉を使ったメニュー=19日、東京・永田町
自民党本部の食堂に登場した鯨肉を使ったメニュー=19日、東京・永田町
2014.9.19 18:31更新 自民党食堂に鯨カレー登場 金曜は「鯨の日」

東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)
自民党総務会長就任祝賀会 二階俊博氏「必ず期待に応えたい」
二階俊博氏 自民総務会長就任祝賀会(和歌山市・ホテルアバローム紀の国で)
自由民主党和歌山県支部連合会  平成26年4月13日(日)、
「第三十回自由民主党和歌山県連大会」を開催しました。 
この県連大会において、県連の会長に二階俊博、幹事長に吉井和視が再任されました。

産経ニュース経済インサイド 2014.12.20 11:00
霞が関で次々「鯨料理」がメニュー化される理由
1/4ページ)2/4ページ3/4ページ4/4ページ

0 件のコメント:

コメントを投稿