慰安婦問題について、いろんな報道: 投下原爆の米研究施設、国立歴史公園に指定へ 読売。

Translate

2014年12月13日土曜日

投下原爆の米研究施設、国立歴史公園に指定へ 読売。

投下原爆の米研究施設、国立歴史公園に指定へ
2014年12月13日 19時11分 YOMIURI ONLINEホームへ
 【ワシントン=今井隆】米上院が12日の本会議で可決した国防予算の支出に必要な
2015会計年度(14年10月~15年9月)国防権限法案で、米国が第2次世界大戦中に
原爆を開発した「マンハッタン計画」の研究施設を国立歴史公園に
指定する内容が盛り込まれた。


 施設はニューメキシコ州やワシントン州、テネシー州にあり、
法案はオバマ大統領の署名を経て成立し、その後1年以内に国立歴史公園に指定される。
マンハッタン計画で、米国は1945年7月に世界初の原爆実験に成功。
8月に広島、長崎に原爆を投下した。

 法案は「現在と将来の世代のため、国にとって意義のあるマンハッタン計画に関する
歴史的資料を保存・保護する」と目的を記した。
国立歴史公園指定の動きを巡っては、広島市と長崎市が
「核兵器廃絶を求める世界の人々の願いに背く」などと、憂慮の念を米側に伝えていた。

マンハッタン計画(マンハッタンけいかく、英: Manhattan Project)は、第二次世界大戦中、
枢軸国の原子爆弾開発に焦ったアメリカ、イギリス、カナダが原子爆弾開発・製造のために、
科学者、技術者を総動員した計画である。
計画は成功し、原子爆弾が製造され、1945年7月16日世界で初めて原爆実験を実施した。
さらに、広島に同年8月6日・長崎に8月9日に投下、合計数十万人が犠牲になり、
また戦争後の冷戦構造を生み出すきっかけともなった。
科学部門のリーダーはロバート・オッペンハイマーがあたった。
大規模な計画を効率的に運営するために管理工学が使用された。
なお、計画の名は、当初の本部がニューヨーク・マンハッタンに置かれていたため、
一般に軍が工区名をつける際のやり方に倣って「マンハッタン・プロ ジェクト」とした。
最初は「代用物質開発研究所
 (Laboratory for the Development of Substitute Materials)」と命名されたが、
これを知った(後にプロジェクトを牽引することになる)レズリー・グローヴスが、
その名称は好奇心を掻き立てるだけであるとして新たに提案したのが採用されたものである[1]

0 件のコメント:

コメントを投稿