慰安婦問題について、いろんな報道: 提案した議員、反省も謝罪もなし。酒田市長、ガン闘病の後、復帰されたのに、人工声帯なので聞き取りにくいと職勧告案を出したのは民主党系市議らのグループ。

Translate

2014年12月19日金曜日

提案した議員、反省も謝罪もなし。酒田市長、ガン闘病の後、復帰されたのに、人工声帯なので聞き取りにくいと職勧告案を出したのは民主党系市議らのグループ。


酒田市の本間正巳市長
毎日新聞人工声帯市長:市議会で辞職要求の動き
…ネットで批判の渦 
毎日新聞 2014年12月19日 20時12分
(最終更新 12月19日 22時00分
咽頭(いんとう)がんの手術を受け、声帯を切除したため電気式人工咽頭(人工声帯)を
使っている山形県酒田市の本間正巳市長(67)に対し、市議会の一部会派が
辞職を求めようとしたところ、インターネット上などで批判される騒ぎとなっている。
 本間市長は11月25日に公務に復帰。
12月5日に市議会で人工声帯を使って議案説明した。
その際、「声が聞き取りづらく、職務を全うできるの か」との声が上がった。
16日の市議会運営委員会で、第3会派「市民の会」の議員が、市長辞職勧告決議案の提出を
各会派で協議するよう提案。
だが、他会派 から「そこまでする必要はない」など反対論が相次ぎ、提案は退けられた。
 この件を報じた17日付の地元紙・山形新聞のニュースサイトの記事が広がり、
19日現在、ヤフーニュースの引用ツイート数は3200を超え、フェ イスブックの共有は
6700に。ツイートは「障害者差別では」「声が出せなくても、どうすればできるのかという
視点が欠けている」と批判する声が多い。
 提案した議員は毎日新聞の取材に
「市長が職責を全うできるのかを協議すべきだという考えだった」と説明。
「差別する気持ちは一切ない」と困惑した様子で話した。
 咽頭がん患者らを支援する「口腔・咽頭がん患者会」(大阪府高槻市)の
三木祥男代表は
社会復帰している人もおり、辞職を求めるのはおかしい
声帯を失うことに不安を感じている患者は多く、市長が公務に復帰したのは患者たちの
励みになっていると思うと話した。【光田宗義、中村美奈子】

山形新聞酒田市長辞職勧告案、検討求める
市議会第3会派、他会派は同意せず

2014年12月17日 10:41
咽頭腫瘍の手術で声帯を失い、機械を喉元に当てて
電子音声で会話し ている酒田市の本間正巳市長に関し、市議会第3会派「市民の会」は
16日の議会運営委員会で、市政への影響が懸念されるなどとし、
本間市長の辞職勧告決議案を検討するよう求めた。
「声が聞き取りづらい」との論旨で根拠が不明瞭なことから、他会派は同意せず、
市議会として提案しないことを確認した。
 「市民の会」所属の武田恵子委員が「全国市長会や県との折衝で意思が十分に伝わるのか。

市長答弁の趣旨確認や補足説明が必要になる」などと述べ、決議案提出の検討を要望した。
これに対し各会派は「今、この問題を取り上げる必要はない」「同意はできない」と回答。
後藤仁委員長は「復帰したばかりの市長には 粛々と業務をしてほしいとの思い」と総括し、
提案を退けた。
用語解説:

関連記事 by weblio
酒田市長の病状、8月中はっきり 副市長が説明[2014/07/19]

本間 正巳(ほんま まさみ、1947年 - )は、山形県出身の政治家、酒田市長(2012年 - )。
人物
山形県酒田市生まれ。 1970年、東北学院大学卒。山形県庁に入庁し、総務部長などを歴任。2007年、山形県企業振興公社理事長に就任。
2009年、酒田市の副市長に就任。
2012年、前市長が衆議院議員総選挙に立候補したのに伴い行われた市長選挙に立候補し、
初当選を果たす[1]
しかし、咽頭癌にかかったため、2014年5月に宮城県の病院でがんを除去する手術を受け、
その後山形市にある病院で投薬と放射能手術を受けた[2]
この手術の際、声帯を切除したため、自力でしゃべることができなくなったが、
その後電気式人工咽頭(いわゆる人工声帯)を使って発声練習を繰り返し、
2014年11月25日から公務に復帰した[3]
公務復帰にあたり、本間は市議会に対して「(市議会の)皆さんにとって
『こんな市長でいいのか』との自問自答があると思うが、もしやれるのであれば、
一緒にやっていきたい」と述べ、市議会側は拍手でその思いに応えた[4]

しかし、復帰から僅か3週間後の12月16日、市議会の第三会派「市民の会」
民主党系)は「声が聞き取りにくい」との理由で、市議会に市長辞職勧告案の検討を提案した
しかし、この提案は市議会の他会派によって否定された[5]

なでしこりん
またか!山形県酒田市の民主党系「市民の会」が咽頭腫瘍から復帰した酒田市長の
辞任を求める!   2014-12-18 00:08:51NEW !
省略・・・。 早速、「市民の会」について調べてみました。
「市民の会」 会長  関井美喜男 構成員  江口暢子  武田恵子 後藤 泉  堀 孝治
  http://www.city.sakata.lg.jp/ou/gikai/gikaijimukyoku/giji/pd0702153952.html
の5人で構成されているようです。

会長の関井美喜男のブログには次のような記述があります。
   本会議終了後の議会運営委員会において、我が会派「市民の会」として、
「市長の辞職勧告決議について、議会として検討すべきではないのか」との意見を
提出したところであが、休憩して各会派に戻っての協議をする事も無く、
他の会派は検討の必要なしとの意見でその場で集約されてしまった。
 選挙結果は、ご承知の通りで、県内各選挙区では全て自民党の候補が勝利し、
近藤洋介氏が比例での復活当選となった。特に対応した3区においては、
我が民主党公認候補は惨敗であった。ttp://www.sekii.net/


http://www.dpj.or.jp/http://www.dpj.or.jp/member/2685/%E9%96%A2%E4%BA%95%E7%BE%8E%E5%96%9C%E7%94%B7

   13番 関井 美喜男(せきい みきお)
   1:昭和37年4月27日
   2:************
   3:************
   4:総務常任委員会
   5:市民の会

   http://www.city.sakata.lg.jp/ou/gikai/gikaijimukyoku/giji/2419.html
プロフィール
- 略  歴 -
 昭和56年  東北電力株式会社 入社
 平成 3年  東北電労酒田支部副執行委員長
 平成 3年  酒田地区友愛会議事務局長
 平成15年 4月  酒田市議会議員選挙 初当選
平成17年11月  酒田市議会議員選挙 二期目当選
平成21年11月  酒田市議会議員選挙 三期目当選
- 現  在 - 酒田市議会議員 (三期目)
東北電力株式会社 酒田営業所 お客さまセンター勤務 

 これで 「市民の会=民主党」ということの確認ができました。 
関井は「民主党山形県第3区総支部 幹事長代理」だそうです。
しかし、「声が聞き取りづらい」と言うことで市長の辞職を求めているわけですが、
これって、関井たちからすれば「市長の政治姿勢が気に入らな い」か、
単に、市長の電子音声を「不快に感じる」ということなんだと思います。 
しかしここまで、病気から再起した人を露骨に排除するなんて、
日本人ではありえないですよね。 
今年の6月にがんで亡くなられた小松一郎内閣法制局長官への「いじめ」もひどかったです。
当時の記事を再掲しておきます。
「弱者や 病者への憎悪」って、民主党や共産党の特徴なんですか?

小松長官に対して野党議員は「そのまま*んじまえ」とやじった!
     民主党も共産党も「通院治療しながら働く権利」を一切認めない!

 なでしこりんです。小松一郎前内閣法制局長官が亡くなられたようですね。

謹んで哀悼の意を表しご冥福をお祈りいたします。 記事は「産経新聞」からです。

                  在りし日の松一郎内閣法制局長官
 小松一郎前内閣法制局長官(63)が死去したことが23日、分かった。
政府関係者が明らかにした。小松氏は集団的自衛権の行使容認に向け
憲法解釈の見直しの必要性を指摘。
安倍晋三首相が平成25年8月に、法制局経験はないものの国際法に詳しい小松氏を、
駐仏大使から内閣法制局長に 就任させた。
だが、体調不良を理由に今年5月に退任していた。 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140623/plc14062313360012-n1.htm

 小松前長官についてはこのブログでも何回か取り上げさせていただきました。
小松前長官は、「がん治療を行いながら公務をこなす」という、
「がん患者のあるべき姿」を実践されていましたが、5月に退職、6月に亡くなられたようです。
 63歳ですから、今の時代では早すぎるご逝去でした。惜しい方を亡くしました。

 小松前長官に対してはずいぶんひどい侮辱と仕打ちがおこなわれました。
私は共産党、民主党の議員が「小松前長官の死期を早めた」と思っています。
私はブログで彼らがやったことをずっと記録してきました。・・・以下省略。

0 件のコメント:

コメントを投稿