慰安婦問題について、いろんな報道: リー・マービンと三船敏郎の「太平洋の地獄」と、アンブロークン。 朝鮮日報の記事で、奈良橋陽子氏がアンジェリーナ・ジョリーの反日プロパガンダ映画「アンブロークン」に関与されていたと知りました。

Translate

2014年12月29日月曜日

リー・マービンと三船敏郎の「太平洋の地獄」と、アンブロークン。 朝鮮日報の記事で、奈良橋陽子氏がアンジェリーナ・ジョリーの反日プロパガンダ映画「アンブロークン」に関与されていたと知りました。

映画 終戦のエンペラー Emperor 予告編 ikasama117vol2
終戦のエンペラー』予告編 松竹チャンネル

↑2カ月の訓練を終え、
捕虜監視員になりたての朝鮮人軍属たち つかの間の外出許可がおりた際に
撮られた写真であること が、腕章からわかる。
前列右下が、戦後補償裁判の原告のひとり、故・文済行さん。
戦犯として逮捕されたとき、所持品はすべて押収されたが故国の家族に送っていた
数枚の写真だけが現在も手許に残っている。

2014年12月27日土曜日
どうやら、駄作・・・。戦没者の60%強140万人は餓死なんですが?
 アンジェリーナ・ジョリー監督の戦争映画を米メディアが辛口評価。
 アンジェリーナ・ジョリー監督の反日低モラル、
「残虐日本兵」映画『アンブロークン』、米などで公開 

2014年12月26日金曜日
アンジー監督作品に日本の右翼が難癖? 
いわゆる在日の方が反日プロパガンダ映画
「アンブロークン」に出演したことは、
その部分はむしろ史実に基づいたことなので違和感は感じませんが?・・・

2014/12/29 10:21 朝鮮日報  ChosunOnline
悪役日本人演じたMIYAVIを日本の右翼が脅迫


父は在日韓国人2世 2 
「サムライ・ギタリスト」として有名、日本で人気のロックスター
「日本が隠したがる歴史の恥部演じることに負担あったが監督の説得で決心」
北米興行1位で注目

第二次世界大戦時に日本軍の捕虜となった後、劇的に生還した
米国陸上界の元スター選手ルイス・ザンペリーニ氏(1917-2014年)の実話
 を映画化した 『アンブロークン(Unbroken)』がクリスマスの25日に公開され、
北米で1559万2000ドル(約18億7700万円)を稼ぎ興行成績1 位になった。
これは業界の予想(900万ドル=約11億円)をはるかに上回る数字だ。
同日封切られたディズニーのミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッ ズ』や
今月初めに公開された『ホビット 決戦のゆくえ』といったハリウッド大作を上回ったもの。
米経済専門誌「フォーブス」は「『アンブロークン』は『シャーロック・ホームズ』(09年)、 
『レ・ミゼラブル』(12年)に続き、歴代のクリスマス公開映画で興行順位3位に浮上した」
と報じている。
 『アン ブロークン』が好調なスタートを切ったことで、日本軍の捕虜監視員
渡辺睦裕」を演じたMIYAVI(33)=本名:石原貴雅=も注目を浴びている。
Mutsuhiro "The Bird" Watanabe Interview 渡辺 睦裕(ワタナベ・ムツヒロ)Rinzo Taro
2014/12/11 に公開  
Mutsuhiro "The Bird" Watanabe. 渡辺睦裕(ワタナベ・ムツヒロ)陸軍軍曹の
インタビュー動画
渡辺睦裕 著「アメリカに裁かれるのは厭だ!」1954年発行
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004...
階級は陸軍軍曹だったそうです  
https://twitter.com/hkazano/status/47...

東京俘虜収容所  
直江津捕虜収容所事件とは、
太平洋戦争中に新潟県直江津市(現・上越市)に
所在した東京俘虜収容所第四分所において
オーストラリア人捕虜が虐待を受けた事件。
渡辺睦裕(わたなべむつひろ)がヤヴァイ!

【緊急拡散】反日映画アンブロークンの と ん で も な い 捏造が発覚 

渡邊 睦裕(わたなべ むつひろ、1918年1月18日 - 2003年4月1日)は
大日本帝国陸軍の軍人。
最終階級は軍曹、ポツダム曹長。
大船、直江津、満島収容所に勤務。
日本軍によって捕らえられた戦争捕虜を虐待していたことで知られる。
捕虜たちから「ザ・バード(the bird)」とあだ名されていた。
敗戦後、戦犯として指名手配されるが、
連合国軍による占領終結まで逃げ延び、
起訴されることはなかった[1]

生い立ち
渡邊は6人兄弟の4番目として、
ホテルや鉱山を経営する豊かな家に生まれる。
早稲田大学に進学し、フランス文学を専攻。
卒業後、徴兵されるまでの1ヶ月間、
通信社に勤務していた。
看守渡邊は捕虜を毎日殴り、鼓膜、歯、のどに重傷を負わせ、
泣き叫ぶ捕虜の耳を半分引き裂いた。
寒い冬の時期、渡邊は捕虜であるアメリカ軍将校にふんどし一枚で
4日間過ごさせた。
65歳の捕虜を16日間、木に縛り付けて毎晩部下にその捕虜を
殴るように命令した。虫垂切除患者で柔道の練習をした。
渡邊は捕虜虐待によって性的快感を得ていた。
渡邊は、情緒不安定であり、捕虜を1分間殴り続けた後に、
キャンディやタバコを捕虜に差し出した。
渡邊は大船収容所の 捕虜の中でも特にルイス・ザンペリーニに対し
関心を持ち、その理由はザンペリーニが渡邊に対して反抗的だったからである。
渡邊はザンペリーニに対して重い木製の丸太を37分以上担がせ、
それが終わると彼の腹を殴って虐待した。
渡邊は捕虜を一列に並ばせ、敬礼をさせ、ミスをした捕虜を殴りつけた。[2]

戦犯
1945年、連合国軍総司令官ダグラス・マッカーサーは、 日本で40人の
重要指名手配戦犯の23番目に、渡邊を指名した。
しかし、渡邊は連合国軍の占領が解かれるまで7年間逃亡し、
ついに起訴されることはなかった。
隠れている間は農場や小さな食料店で働いていた。
渡邊の母親は彼が生きていることを知っており、
渡邊は母が勤めるレストランに数年おきに出没していた。
1956年、渡邊は文芸春秋のインタビューに答えている。
タイトルは、「アメリカに裁かれるのは厭だ」。[2]

その後
連合国軍による占領終結後、渡邊は保険会社のセールスマンとして働き、
東京に150万ドルのマンションを所有し、
休暇はオーストラリアのゴールドコーストで過ごすなど、
裕福な生活を送っていた[2]
長野オリンピックの際には、
かつて渡邊が虐待したザンペリーニが聖火ランナーとして
日本を訪れた。その際にはCBSが 60分のドキュメンタリー放送として、
東京のホテルオークラにて渡邊に対してインタビューを行った。
渡邊は捕虜の虐待については認めたものの、謝罪をすることはなかった。
そのインタビューにおいて
「(虐待は)ミリタリーオーダー(軍令)でやったというのじゃなく」
「ザンパリーニさんは有名な人だし、渡辺に 殴られたというならば、
キャンプ(収容所)内でそういう事実があったことは考えられます」と答えている。
捕虜については、日本の敵として厳しく接した。」 と答えている[3]
ザンペリーニは渡邊を許し、彼と会うことを望んでいたが、渡邊はそれを拒否した[4]
渡邊は2003年に死去した。

小説、映画化
2010年、アメリカ人小説家、ローラ・ヒレンブランド
「Unbroken: A World War II Story of Survival,
Resilience, and Redemption」において
渡邊の虐待を描いた[5]
2014年にはアンジェリーナ・ジョリーが監督を務め、
この小説を映画化した。
渡邊役はMIYAVIが務めた[6]

(りきどうざん、韓国語:역도산(ヨットサン、Yeokdosan / Yŏktosan)、
朝鮮文化語:력도산(リョットサン、Ryeokdosan / Ryŏktosan)、男性、
1924年11月14日 - 1963年12月15日)は、日本のプロレスラー。
本名・戸籍名・日本名:百田 光浩(ももた みつひろ)、
旧名・出生名・朝鮮名:金 信洛(きん・しんらく、
キム・シラク、김신락(Gim Sinrak / Kim Sinrak))。
日本併合下の朝鮮半島咸鏡南道洪原郡新豊里 (現在の北朝鮮統治範囲)で
現地人の両親のもとに生まれた。
後に長崎県大村市の農家・百田家の養子となった。
プロレス界への貢献  
生前は朝鮮人であることがほとんど知られておらず、
彼の相手レスラーを空手チョップで殴打する時の口癖が
この、朝鮮人野郎」だったこともあり、白人レスラーを次々と倒す姿は、
敗戦後の日本人の一種愛国的な感情をも揺さぶった。

アントニオ猪木が力道山から受けた想像を絶する体罰の数々
力道山の付き人時代に
アントニオ猪木が受けた体罰・虐待の数々についてまとめました。
更新日: 2014年06月12日 ・・・■とにかく殴られた・・
CPV Hell in the Pacific - Two soldiers  JIMMYDOUGA さんのチャンネル
Hell in The Pacific (1968) War Drama.full movie  mnotfox
他にこちらの映画は観てませんが、 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-
ドン・ジョーンズの長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を
原作とした 2011年2月11日公開の日本映画
厚生労働省社会保障審議会が推薦する児童福祉文化財の1つに選ばれている[2]
                 大場栄(投降後の1945年12月撮影)
太平洋戦争において激戦が繰り広げられたサイパン島で、わずか47人の兵で
45,000人もの米軍を巧みな戦略で翻弄し、米兵らから畏敬の念を込めて
「フォックス」と呼ばれた実在の大場栄・陸軍大尉。
タッポーチョ山を拠点とした大場とその部隊が、1945年8月のポツダム宣言受諾以降も、
その事実を知らずに戦い続けた実話を日米双方から描く(詳細はサイパンの戦いを参照)。
太平洋の奇跡 歩兵の本領 zaike sahou 

ギタ リスト・歌手の「MIYAVIは日本で人気があり、海外にもファンがいるが、 
ハリウッドでは無名だった。
しかし、『アンブロークン』を監督したハリウッド 女優アンジェリーナ・ジョリーが
異例のキャスティングをしたこと、韓国系日本人であること、そして日本の右翼から
映画出演を非難されていることなどで、 いっそう注目を浴びることになった。
 1981年に大阪で、在日韓国人二世で日本国籍を取得した父
日本人の母の間に生まれ たMIYAVIは中学生のころまでサッカーの有望選手だったが、
15歳の時にけがをしてサッカーを断念した。
その後、ギターを始めて18歳の時にビジュア ル系ロックバンドでデビュー。
2002年にソロに転向し、そのルックスや華やかなファッション、タップダンスなど
別分野のパフォーマーとの共演などユニー クなステージで人気を得て
「サムライ・ギタリスト」と呼ばれるようになった。2000年代には韓国でもライブを行った。
08年に韓国メディアとのインタビューでは
「参鶏湯(サムゲタン=丸鶏・もち米・高麗ニンジンのスープ)が好きで、
これを食べるために韓国に来るといっても過言ではない」と語っている。
  そのMIYAVIが『アンブロークン』にキャスティングされたのは、
「悪役の渡辺役に型にはまった俳優は使わない」という
ジョリー監督のこだわりがあったからだ。
ジョリー監督は渡辺役を典型的な悪役ではなく
立体的なキャラクターとして描こうとしていた。
このため、新しい俳優を探したのだ。
終戦のエンペラーを批判してみた randomyoko2

この時、ジョリー監督と共に適任の俳優を探していたプロデューサー、
奈良橋陽子の目に留まったのが、特別な成長背景や
独特のステージパフォーマンスで知 られていたMIYAVIだった。
奈良橋氏は素性を知らせずにMIYAVIに会って
「どんな俳優・女優が好きか」と聞いたところ、
すぐさま飛び出した答えが 「アンジェリーナ・ジョリー」だったという。
米紙ロサンゼルス・タイムズによると、
MIYAVIのオーディションを見たジョリー監督は歓喜し、
無名の新人 を出演させるため、
MIYAVIのライブを見せて制作会社ユニバーサルの役員を
熱心に説得したとのことだ。
 ハリ ウッド進出のチャンスをつかんだ
MIYAVIだが、心の負担になったのは、
自身が演じる人物や映画が
「日本がこれまで隠してきた不都合な真実」だったことだ。
朝鮮人日本兵(ちょうせんじんにほんへい)とは、
大日本帝国陸海軍(旧日本軍)に所属し軍務に服した、朝鮮人の軍人。
俘虜監視員など軍人に近い任務を行った軍属
含むことがある。〉

内容に疑問点があるものの、
こういう背景もあるという例として
  ↓
韓国・朝鮮人元BC級戦犯者に補償を
1.捕虜監視員としての動員
 1942年5 月、陸軍省は、捕虜の警戒・取締りのため
朝鮮人・台湾人による特殊部隊編制を計画。
捕虜収容所監視員の募集を新聞などでも喧伝して実施した。
対象は 20~35歳、2年契約の「軍属傭人」という身分だった。
建前は志願だが、
役人や巡査を動員して強制的に行われたケースも多く、
1ヶ月間で朝鮮半島だけで 各地から3千人以上が集められた。
 釜山の「臨時軍属教育隊(野口部隊)」で
3223人が2ヶ月間厳しい軍事訓練を受け、
後に3016人が南方に派遣された。
陸軍省が発表した「俘虜処理要領」は、
白人捕虜を軍事上の労役に利用することを旨とし、
[PDF]日本の捕虜取扱いの背景と方針 - 防衛省防衛研究所 
東条英機陸相は「一日といえども無為徒食せしめることなく」
労力を活用するよう訓示して いた。
捕虜監視員に、
捕虜取り扱いに関するジュネーブ条約はまったく教えられず、
条約の存在すら知らされていなかった。

 日常的に捕虜を処遇し、逃亡防止の為に監視するものと解されていた
捕虜監視員の業務の実際は、食糧も薬品も欠乏した状況の下で、
栄養失調や病気でやせ細った捕虜を
上官の命令により鉄道・道路・飛行場の現場に
連れて行き監視するという過酷なものであった。
国際条約に違反す る捕虜政策の最前線に配置された
韓国・朝鮮人捕虜監視員は、
上官の命令に抗うことを許さない皇軍の最末端にあり、
また一方では、捕虜の実情を一番身近に知る立場でもあった。
しかし、彼らには食糧・医薬品などについての権限は
何ら与えられていなかったのである。
契約の2年が過ぎても、祖国に帰されることもな く、
ついに日本敗戦の日を迎える。

第二次世界大戦の戦勝国である連合国によって布告された
国際軍事裁判所条例及び極東国際軍事裁判条例における
戦争犯罪類型B項「通例の戦争犯罪」、
C項「人道に対する罪」に該当する戦争犯罪
または戦争犯罪人とされる罪状に問われた個人[1]で、
併せてBC級戦犯と総称される。

3.1 朝鮮人・台湾人の戦争犯罪人
BC級戦犯の中には、当時併合していた朝鮮の朝鮮人
旧植民地出身の・台湾人がいた。
その数は、朝鮮人が148人、台湾人が173名だった。
連合国が、日本の戦争犯罪の中でも捕虜虐待を特に重視していたこと
ポツダム宣言の 第10項)、日本軍が、東南アジアの各地に設置した
捕虜収容所の監視員に朝鮮人・台湾人の軍属を充てたこと、連合国各国が
朝鮮人・台湾人を、「敵国に使用された臣民」と見なし、日本人として裁いたこと、
上官の命令に基づく行為でも責任を免除されないとしたことが、
多くの朝鮮人・台湾人の戦犯を生み出した要因となった。
泰緬鉄道建設の例に見られるように、日本政府が「ジュネーヴ条約」の準用
連合国各国に約束しながら、それに基づいた処遇を適正に行わなかった為、
条約に反した命令・処遇の実行責任が、末端の軍属にも問われた
厳密には「準用」は「遵守」に比べて実行側の裁量の余地が大きいが、
そうした主張が通る状況ではなかった)
朝鮮人戦犯148人のうち、軍人は3人だった。
1人は洪思翊中将であり、2人は志願兵だった。
この他、通訳だった朝鮮人16人が中華民国国民政府によって裁かれ、
うち8人が死刑となった。
残る129人全員が、捕虜収容所の監視員として徴用され、タイジャワマレー
捕虜収容所に配属された軍属である。
尚、敵国の婦女子をはじめとする民間人を抑留したジャワ軍抑留所の監視にも
朝鮮人軍属があたったため、オランダ法廷で戦犯となっている[6]
朝鮮人については
一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった[7]
体罰では、日本兵よりも彼ら(韓国人)を遥かに恐れた[8]
「日本人戦犯の責任を軽減するつもりは毛頭ないが、
占領地域で最も嫌われたのは、
このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だった」[9]などをはじめ、
その凶暴性についての証言が数多く出ている。
台湾人軍属は、ボルネオ捕虜収容所に配属された。
オーストラリア法廷で多くの台湾人が戦犯として裁かれ、うち7人が死刑、
84人が有期禁錮となった。
ちなみに、朝鮮人・台湾人の戦犯は、日本人が「内地送還」になる際、
一緒に日本へ送還され、巣鴨プリズンに収容された。
英紙ガーディアンなど主な海外メディアは一斉に日本の右翼が同映画に
反発していることを報じ、
「安倍政権発足後、歴史問題を否定し急速に右傾化する日本では、
この映画は非常に不快に思われるだろう」と見通した。
この映画の日本公開日はまだ決まっていない。
 MIYAVIは 米時事週刊誌タイムのインタビューで、
映画の元になっている実話について
「知らなかったこと。原作本は日本で出版されていないが、
こういう話は日本で人気が出ないだろう」と語った。
そして、「私は生まれ育った国の否定的な面を見せたくはなかったが、
ジョリー監督の説得で出演を決心し、
知らなかったことを知ることができたので監督に感謝している。
許しと和解を訴えるこの映画のメッセージは日本でも共感を呼ぶだろう」と述べた。
 しかし、MIYAVIは日本で当分、逆風に遭うことになりそうだ。
映画を「捏造(ねつぞう)だ」と主張する日本の右翼勢力のうち、
一部はジョリー監督の日本入国禁止を訴え、MIYAVIに対しても
「韓国系」であることを取りざたし、国外追放を主張しているからだ。
  第二次世界大戦時にザンペリーニ氏同様、収容所に監禁された
退役軍人フィスク・ヘンリー氏は、テキサス州サンアントニオの地元メディアに
「特に収容所を描いたシーンが現実的に描写されていた。
この映画を通じ、多くの人々が当時起こった出来事を正しく知ることを願う」と語った。
米紙USAトゥデイは「事実に忠実なバランス感覚のある映画」と評価している。

鄭智燮(チョン・ジソプ)記者 , イ・スンフン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

0 件のコメント:

コメントを投稿