慰安婦問題について、いろんな報道: 慰安婦関連資料1065点 国指定記録物に指定 =韓国。従軍慰安婦の資料公開で中国人驚き「強制連行ではない」の声も、レコードチャイナ。

Translate

2014年12月25日木曜日

慰安婦関連資料1065点 国指定記録物に指定 =韓国。従軍慰安婦の資料公開で中国人驚き「強制連行ではない」の声も、レコードチャイナ。

2014/12/25   続・慰安婦騒動を考える
韓国、慰安婦のカルテを国指定記録物 「肉体的被害を示す資料」 
なんといっても、慰安婦は21世紀の抗日義士だから。
そのうち、ビートルズのように虫歯や煉瓦までコレクションにされるのではなかろうか?
老人のカルテは「肉体的被害を示す重要な資料」なのだそうだ。
元慰安婦のカルテ(国家記録院提供)=25日、ソウル(聯合ニュース)
元慰安婦のカルテ(国家記録院提供)=25日、ソウル(聯合ニュース)
聯合ニュース 国指定記録物に指定
=韓国  2014/12/25 13:40
【ソウル聯合ニュース】
韓国の行政自治部国家記録院は25日、
「挺身隊ハルモニ(おばあさんの意味)に寄り添う市民の会」と、
チャ医科大のキム・ソンヒョン教授が所蔵する旧日本軍の慰安婦関連資料1065点を
国指定記録物に指定したと明らかにした。
  同団体が所蔵する記録物は
▼証言記録集、看病日誌、活動報告書など文書類70点
▼元慰安婦の被害証言と行事・記者会見の録音・映像記録208点
▼元慰安婦 の遺品と園芸療法で制作した押し花など662点。
南東部の大邱地域に住む元慰安婦に無料で医療支援を行っている郭病院のカルテは、
元慰安婦の肉体的被害を示す重要な資料だ。
 同団体は1997年に慶尚北道地域の元慰安婦を支援する目的で設立され、日本政府に
真相究明や公式謝罪、法的賠償などを求める活動を行うとともに、元慰安婦に
心理療法などの福祉支援を提供している。
 キム教授は2005年から元慰安婦が共同生活を送るソウル近郊の施設「ナヌムの家」
(京畿道広州市)でボランティアとしてアートセラピーを行いながら、元慰安婦が制作した
アート作品100点や関連記録物25点を集めた。
 国家記録院は保存価値がある民間記録物を国指定記録物に指定し、保存・管理を
支援している。昨年12月には、ナヌムの家が所蔵する慰安婦関連記録物3060点を
記録物に指定した。
 来年には韓国挺身隊問題対策協議会などと協議し、慰安婦関連記録物を総合的に
保存・管理できるよう支援していく計画だ。
2014年12月13日 13時33分 Record China
Record China2014年12月12日、人民日報(電子版)によると、
旧日本軍が1938年に中国で作成した
「警備情報」が中国河北省石家庄市で
公開された。
そのなかには当時の慰安婦の
料金表も含まれており、
ネットユーザーの注目を集めている。
【その他の写真】

旧日本軍の「警備情報」の所有者は古書店の経営者・張氏。
旧日本軍の罪状を明らかにするため、今年4月から古い文献や
関連資料の収集を開始したという。 
100ページ以上ある「警備情報」は、友人を通して日本から買い求めたもの。
そのなかには慰安婦の料金を
「将校は1時間2円、下士官兵は1時間1円50 銭」と定めた「遊興料金表」や、
慰安婦の健康状態を調べた「検査成績表」なども含まれている。
そこには喜楽館、日進館、新京館の慰安所3カ所と、慰安婦 16人のうち4人が通院、
「愛子」と「花子」が不合格との記載があった。

この報道に対する中国のネットユーザーの反応は、日本への怒りに満ちたものが多かったが、
「そう思う」を集めたコメントは意外にも冷静な見方を示したものだった。
以下は多数の支持を集めた代表的なコメント。

「慰安婦問題を議論することに、何の意義があるのか?
南京事件だって、日本軍の残酷さを表すのと同時に、中国人の弱さを示してるんじゃないか。
いつまでも他人を責めるんじゃなくて、自分を強くする努力をすべきだ」

「『愛子』『花子』って日本人の名前だよね。
慰安婦って日本人もいたのか?
それに健康診断って、慰安婦は強制連行されて、ひどい扱いを受けていたんじゃないの?
料金があるってことは、慰安婦にも支払われていたってこと?
何か、聞いていたことと全然違うんで戸惑ってしまう」

「『花子』なんて源氏名だよ。便利だからそんな名前を付けたんだ。
もし、日本人がいたとしても、だまされて連れて来られたに決まってる。
そんな日本女性も軍国主義の犠牲者なんだ」(翻訳・編集/本郷)  

0 件のコメント:

コメントを投稿