慰安婦問題について、いろんな報道: 金正恩第一書記「来月にロシア訪問の意向」。ソニー映画「ザ・インタビュー」 オンライン収入1500万ドル超 。キレた金正恩 バレた北朝鮮のサイバー攻撃能力!。ハッカー数千人、最精鋭は「121局」  ソニー側秘密情報盗む。北朝鮮・金正恩第1書記暗殺題材のコメディー映画、全米公開中止。

Translate

2015年4月23日木曜日

金正恩第一書記「来月にロシア訪問の意向」。ソニー映画「ザ・インタビュー」 オンライン収入1500万ドル超 。キレた金正恩 バレた北朝鮮のサイバー攻撃能力!。ハッカー数千人、最精鋭は「121局」  ソニー側秘密情報盗む。北朝鮮・金正恩第1書記暗殺題材のコメディー映画、全米公開中止。

金正恩第一書記「来月にロシア訪問の意向」
(22日23:59)TBS News-i 
ロシアの大統領補佐官は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第一書記が来月、
ロシアを訪問する意向を、複数の北朝鮮関係者が確認したと明らかにしました。
 これはロシア国営通信がウシャコフ大統領補佐官の発言として
伝えたもので、来月9日にモスクワで開かれる
戦勝70周年記念式典に金第一書記が出席する意向であることを
複数の北朝鮮関係者が確認したということです。
 関係者によりますと、夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏とともに、

空路でモスクワを訪問する選択もあるということです。
 また、ウシャコフ補佐官は、プーチン大統領と

金第一書記の首脳会談について準備していると述べました。

SankeiBizソニー映画「ザ・インタビュー」
オンライン収入1500万ドル超
2014.12.30 05:00 
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)のコメディー映画で
北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にした
 「ザ・インタビュー」はオンラインでの収入が最初の4日間で
1500万ドル(約18億円)を突破した。
同社の発表資料によると、ザ・インタビューは今月24日から27日のネットでのレンタルと
購入が200万件を超えた。
米アップルもオンライン音楽・映像配信サービス「iTunes(アイチューンズ)ストア」で
28日に配信を開始した。
 SPEは24日から米グーグルのオンラインストア「グーグル・プレイ」や
動画共有サイト「ユーチューブ」、マイクロソフトの「Xboxビデオ」、
自社サイト(www.seetheinterview.com)で「ザ・インタビュー」の購入と
レンタルの受け付けを開始。
北朝鮮の関与が指摘されるハッカー集団からの脅迫を受けて、主要興行チェーンは
公開中止を決めたが、映画は一部の劇場で限定公開された。
  調査会社レントラックが28日発表した資料によれば、
「ザ・インタビュー」は331の映画館で上映され、これまでの興行収入は約280万ドル。
SPEは発表資料で、「ザ・インタビュー」がすでに同社のオンライン映画販売の記録を
更新したと説明。ニューヨーク時間28日午後1時(日本時間29日午前3時)ごろから
アイチューンズでも配信が開始され、販売はさらに伸びる見通し。
アイチューンズの米国とカナダでのレンタル料金は5.99ドル、
購入価格は 14.99ドル。(ブルームバーグ Tim Higgins)

http://www.cnn.co.jp/映画「ザ・インタビュー」、
一部劇場で予定通り公開へ
2014.12.24 Wed posted at 09:59 JST
ニューヨーク(CNNMoney) 
米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は23日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)
第1書記の暗殺を題材とするコメディー映画「ザ・インタビュー」を米各地の一部の映画館で
予定通り25日から公開すると発表した。
SPEのマイケル・リントン会長兼最高経営責任者(CEO)は、公開計画を現在作成中だと述べ、
映画館の具体的な数を示さなかった。
すでに米国内の 200以上の独立系映画館から上映の申し出があり、23日午後8時の
締め切りまでにさらに増える見通しとされる。
AMC、リーガルといった大手映画館 チェーンは参加を表明していない。
ザ・インタビューは北米で25日に公開される予定だったが、映画館攻撃の予告を受けて
大手チェーンが次々と上映を中止し、SPEが先週公開見送りを決めた。
これに対してオバマ米大統領が「ソニーの判断は間違い」と語るなど、批判的な声が
上がっていた。
米ホワイトハウスの報道官は23日、「大統領はソニーの決断を称賛している」
「大統領が指摘した通り、ここは言論の自由と芸術表現の権利を信条とする国だ」と述べた。
映画館での安全確保について、米連邦捜査局(FBI)当局者は
「ソニー側と全面的な協力態勢にある」と述べた。
サウスカロライナ州のある映画館のオーナーは、「観客に危険が及ぶという不安はない。
不安を感じていたら上映はしない」と語り、同作品が注目を集めているだけに
収益のメリットは大きいとの認識を示した。
SPEはインターネットのビデオ・オン・デマンド・システムで同作品を配信する道も探っているが、
今のところサービス提供を表明している企業はない。
リントンCEOは「より多くの形式、より多くの映画館を通し、できるだけ多くの観客に
届けるよう努力を続ける」と述べた。
監督と主演を務めるセス・ローゲン氏は
「人々が声を上げた!自由が勝った!ソニーはあきらめなかった!」とツイート。
共演者のジェームズ・フランコ氏も、画像共有サイトのインスタグラムで「勝利」を宣言した。
CNNと世論調査機関ORCが23日に発表した18~21日実施の調査によると、
SPEが公開を見送ったことについて「正しい判断」と評価する米国人は36%にとどまり、
62%が「過剰反応だ」と批判的な見方を示していた。
キレた金正恩 バレた北朝鮮のサイバー攻撃能力!中国も同罪?voice repo
中国経由の北のサイバー戦!久々のオバマ大統領の正論 
中国に捜査協力要請!【上念司】 
「上念司」氏は、オバマ米大統領がソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃をめぐり、
­朝鮮をテロ支援国家に再指定するかどうかを検討していることに、近年の戦争は
犯罪とも­テロともつかない攻撃がほとんどだと言い、サイバー攻撃能力をばらしてしまった
北朝鮮­の愚かさと、アメリカが中国に捜査協力を求めたことで、中国経由の北朝鮮の
サイバー攻­撃に中国の今後の対応が注目だと語った。

引用:おはよう寺ちゃん活動中!(2014.12.22)
   オバマ大統領 北をテロ支援国家再指定検討
   寺島尚正(文化放送アナウンサー)     上念司(経済評論家)

米、サイバー攻撃で日本と協議 中韓英豪とも
 2014/12/21 13:00   【共同通信】
【ワシントン共同】ソニーの米映画子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)への
サイバー攻撃を北朝鮮の犯行と結論付けたオバマ米政権は20日までに、日本を含む各国と
対応に向けた協議を始めた。ロイター通信が米政府高官の話として報じた。
 日本のほか韓国、中国、ロシア、英国、オーストラリア、ニュージーランドとも
協議を開始したという。国際的な連携を強化、北朝鮮への圧力を強める狙いとみられる。
 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は20日、米国が追加攻撃の阻止などを目的に
中国に協力を要請したと伝えた。
米政権は今回の攻撃が中国のサイバー空間を経由したとみている。

2014.12.20 10:37更新  【北サイバー攻撃】産経ニュース
ハッカー数千人、最精鋭は「121局」 
ソニー側秘密情報盗む 2/2ページ
【ロサンゼルス=中村将】ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)への
サイバー攻撃について、米連邦捜査局(FBI)が北朝鮮による犯行と断定したことで、
北朝鮮のハッカー部隊への警戒が強まっている。
 「非常に賢明だ」。
ハッカー側は、SPE幹部に対し、北朝鮮を風刺した、同社製作の映画「ザ・インタビュー」の
公開中止を歓迎する内容のメールを送っていた。
米メディアが19日、報じた。
ハッカー側が完全に優位に立っていることを物語る言葉だ。
 北朝鮮では金正日総書記の時代からハッカー部隊の養成、配備を進めてきたが、
金正恩第1書記の時代になってその傾向は強まっている。
朝鮮人民軍偵察局朝鮮労働党作戦部などの工作機関を統合し創設した
偵察総局」の中に数千人規模のハッカー部隊が所属しているとされる。
 ロイター通信は脱北者の話として、
最精鋭のハッカー部隊は偵察総局の「121局」と伝えた。
専門の大学で養成のための特別講義が行われ、
優秀な人材を選び、訓練を受けさせる。
121局は対外諜報(スパイ)活動も主な任務のひとつで、海外に滞在するハッカーは
「表向きは貿易会社の従業員として働いている」(脱北者)とい う。
金第1書記はサイバー攻撃を核、ミサイルと並ぶ「三大攻撃手段」と位置づけ、
部隊の視察にも度々訪れ、重要性を指導している。
 関係者によると、北のハッカー部隊は、中国やロシア、東南アジアの国々に拠点を置き、
現地のハッカーらとも連携。海外の支援組織が、北朝鮮の部隊の代わりに動くこともある。
SPEへの攻撃が、北朝鮮内部の部隊によるものか、海外支援組織によるものかは
依然として不明だ。
  米CNNテレビは政府当局者の話として、「ハッカーはシステム管理者のパスワードなどの
ログイン認証情報を盗んで、広範囲にアクセスした」と伝えた。
セキュリティーを破り、幹部から一般社員に至るまでの情報を大量入手し、
小出しに流出させることで、脅威を増大させていったのだ。
北朝鮮のハッカー集団121局!CIAの能力に匹敵する世界最高レベル?voice repo

「サイバー攻撃は北朝鮮の犯行」、Reuters JP
オバマ氏が対抗措置表明
2014年 12月 20日 08:17 JST
[ワシントン 19日 ロイター] 
- オバマ米大統領は19日、ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の米映画子会社、
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)に対するサイバー攻撃について、
北朝鮮の犯行との見方を示し、対抗措置を講じる考えを表明した。
またサイバー攻撃の引き金となったとみられる金正恩北朝鮮第1書記の暗殺を題材にした
コメディー映画「ザ・インタビュー」の公開中止をSPEが決定したことについて、
間違った判断との認識を示した。
サイバー攻撃によりソニーは多大な被害を受けたとしながらも、公開中止は
悪い前例となり得るとの考えを示し、決定前に自身に相談して欲しかったと語った。
大統領は年末の会見で
「米国は、どこかの独裁者に検閲を科されるような社会であってはならない」とし、
「相応の対応を行う。場所、時間、方法などはわれわれが決定する」と言明した。
SPEのマイケル・リントン最高経営責任者(CEO)兼会長は、CNNのインタビューで、
映画の公開中止の決定は間違いではないと述べた。
映画館側が上映しないとの意思を伝えてきたので他に選択肢がなかったと経緯を説明。
「われわれは屈したわけではない。
米国民にこの映画を見て欲しいと常に願ってきた」と述べた。
ソニーは大統領のコメントを受けて「この映画を見たいと思う人すべてがその機会を
得ることを引き続き希望している」との声明を発表。
早急に劇場公開以外の代替策を検討する考えを示した。
大統領の会見に先立ち、連邦捜査局(FBI)はSPEへのハッカー攻撃について、
北朝鮮政府が関与していたと断定。政府支援による許容できない「脅迫」行為だと非難した。
オバマ大統領は会見で、北朝鮮単独の犯行のようだと述べている。
米政府は北朝鮮によるサイバー攻撃抑制への支援を得るため、
日本、中国、韓国、ロシアとの協議に着手した。
FBIは攻撃に使用された悪意のあるソフト(マルウエア)を分析した結果、北朝鮮による
過去のサイバー攻撃で使用されたものと極めて類似しているとの見方を示した。
ただ破壊的な攻撃の特質に加え、脅迫して映画の公開中止に追い込む手段は、
過去の攻撃とは異なるとも指摘した。
ただ北朝鮮の犯行だと断定した詳しい経緯については明らかにしなかった。
これに対し、北朝鮮外交官はロイターに対し、北朝鮮政府はSPEに対する
サイバー攻撃に関与していないと反論した。
オバマ米大統領が取り得る対抗手段について、専門家はサイバー攻撃による報復や
経済制裁、犯行に関与した人物への刑事告発、韓国への軍事援助拡大などを指摘する
テロ支援国家に北朝鮮を再指定するとの見方もある
だが北朝鮮はすでに核問題をめぐり大規模な制裁を受け国際社会から孤立しており、
効果は限られるのが実情だ。
過度に厳しい措置を講じれば、北朝鮮をかえって刺激し、サイバー戦争へとエ
スカレートする危うさをはらむ。


北朝鮮・金正恩第1書記暗殺題材のコメディー映画、全米公開中止
(14/12/18) FNNnewsCH

キム第1書記暗殺題材の映画 公開中止へNHKニュース
12月18日 13時59分
アメリカで製作された北朝鮮のキム・ジョンウン
(金正恩)第1書記の暗殺を題材にした
コメディー映画について、製作したソニーの子会社は映画館への
テロ攻撃を予告する脅迫文がネット上に掲載されたのを受けて、
今月25日 から予定していた映画の公開を取りやめることを明らかにしました。

このコメディー映画はソニーの子会社「ソニー・ピクチャーズエンタテインメント」が
製作したもので、北朝鮮のキム・ジョンウン第1書記の暗殺を題材にしており、
北朝鮮が強く反発しています。
この映画を巡っては、ソニー・ピクチャーズにサイバー攻撃を行ったと主張するグループが
映画館にテロ攻撃を予告する脅迫文をインターネット上に掲載し、アメリカの大手映画館
チェーンが相次いで、上映の延期を決めるなど波紋が広がっていました。
これを受けてソニー・ピクチャーズは17日、従業員や客の安全を第一に考える
映画館側の対応は理解できるとしたうえで、今月25日から全米で予定していた映画の
公開を取りやめることを明らかにしました。
ソニー・ピクチャーズは「映画の配給に圧力をかける恥知らずなやり方に
深い悲しみをおぼえる」とコメントしています。
一方、アメリカの主要メディアは、17日、アメリカの捜査当局が、ソニー・ピクチャーズに
対するサイバー攻撃には北朝鮮の当局が関与していると結論づけたと、一斉に伝えました。
ソニー・ピクチャーズのコンピューターシステムは先月下旬、サイバー攻撃を受け、
社員の給料などの個人情報や幹部のメールがインターネット上に流出するなどの被害が
出ています。
北朝鮮は関与を否定しており、アメリカ政府が北朝鮮の当局の関与を正式に発表すれば
反発をさらに強めるものとみられます。

中止になった映画「ザ・インタビュー」とは

映画「ザ・インタビュー」は、キム・ジョンウン第1書記をインタビューするため北朝鮮に
入国した2人のテレビ局のジャーナリストがCIA=中央情報局の依頼を受けて、
暗殺を企てるという内容のコメディー映画です。
全米での公開に先立つ今月11日、ロサンゼルスで厳しい警備のなか試写会が行われ

18日にはニューヨークで先行上映が予定されていました。

ソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃
ソニー・ピクチャーズに対する一連のサイバー攻撃が始まったのは先月24日でした。
アメリカのメディアによると「ガーディアンズ・オブ・ピース」、みずからを「平和の守護神」と
名乗るハッカー集団がソニー・ピクチャーズのコンピューターシステムに侵入し
社内でメールが使えなくなるなどの被害が出ました。
27日には、劇場未公開の新作を含む5本の映画がインターネット上に流出しました。
そ して今月に入ってからは、ソニー・ピクチャーズの社員の給料や住所など

大量の個人情報のほか、幹部の個人的なメールが流出し、黒人に差別的ともとれる内容が
含まれていたことからアメリカのメディアは大きく取り上げました。
このため、ソニー側は被害の拡大を防ぐため、14日弁護士を通じて、アメリカのメディ アに
流出した情報を基に報道しないよう求める異例の書簡を主なメディアに送りました。
しかしハッカーによる攻撃はエスカレートし、16日には映画の先行上映を阻止するため、

インターネット上に「世界は恐怖に包まれるだろう。2001年9月11日を思い出せ」と
映画館へのテロ攻撃を予告する脅迫文をインターネット上に掲載しました。
これを受けて、全米で展開する複数の大手映画館チェーンが17日、

「客の安全が最優先だ」などとして、今月25日に予定していた映画の公開を
延期することを相次いで決めていました。

米国務省 映画の製作会社と事前に協議 
アメリカ国務省のサキ報道官は17日の記者会見で、北朝鮮問題を含む東アジア政策を
担当するラッセル国務次官補が、ソニー・ピクチャーズの幹部と事前に面会し、
対応を協議していたことを明らかにしました。
ただ、サキ報道官は「映画の上映を許可するかどうかは、われわれの業務とは関係ない」

と述べ、アメリカ政府として映画を公開すべきかどうかの判断には
関わっていないと強調しました。

北朝鮮側は関与否定 「攻撃は支持者の行動」  
北朝鮮の国営メディアは、今月7日、国防委員会政策局のスポークスマンの話として、
「われわれはアメリカとその追従勢力を葬るため、世 界に呼びかけた。
ハッキング攻撃は、われわれの支持者によるものであることは明白だ」と、
あくまでも北朝鮮を支持する人々の行動だとして、みずからの関与 を否定しました。
北朝鮮は、去年3月にも、韓国でテレビ局や金融機関のパソコンなど、5万台近くが
一斉に使えなくなったサイバー攻撃の際に、韓国政府が北朝鮮の犯行と
結論づけたのに対して、関与を否定していました。
また、北朝鮮のサイバー攻撃の能力について、韓国のキム・グァンジン

(金寛鎮)前国 防相が去年、北朝鮮には、対外工作機関、偵察総局の傘下に
およそ3000人のサイバー部隊が存在するとして、
「新たな戦場とされるサイバースペースのテロ 対応は緊急の課題だ」と指摘していました。

Reuters JPソニー映画公開中止、
サイバー攻撃は「北朝鮮関与」と米当局断定
2014年 12月 18日 13:59 JST 
[ロサンゼルス 17日 ロイター]
- ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)の米映画子会社
 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)に対する大規模なサイバー攻撃で、
米当局が北朝鮮の関与を断定したことが分かった。
米政府関係筋が明らかにした。
同筋によると、米政府が近くこうした見解を発表する可能性があるという。
これに先立ち、SPEは北朝鮮金正恩第1書記の暗殺を題材にしたコメディー映画
「ザ・インタビュー」について、25日に予定されていた公開を中止すると発表した。
同映画をめぐっては、SPEにサイバー攻撃を仕掛けたとするハッカー集団が、
上映予定だった劇場を脅迫。大手劇場チェーンが上映中止を決めていた。
ソニーは声明で「劇場の大半が『ザ・インタビュー』の上映中止を決めたことを踏まえ、
予定していた12月25日に映画を公開しないこと を決定した」と説明。
「映画の配給に圧力を加えるという恥知らずな今回のやり方に深い悲しみを感じており、
この過程で当社は損害を被った」とした。
SPEは、同映画について、家庭で見たい時にすぐ鑑賞できる
ビデオ・オン・デマンド(VOD)で配信する予定もないと表明。
同社の広報担当者は、同映画が後日劇場で公開される可能性、もしくはVODで
配信される可能性に関する質問に対し、

「ソニー・ピクチャーズは、さらなるリリース計画は持たない」と説明した。
こうしたソニーの決定に関して、ニュート・ギングリッチ元下院議長は、
ツイッターへの投稿で「ソニーが屈したことで、米国は最初のサイバー戦争に負けた。
これは非常に危険な先例になる」と指摘した。
一方、米ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)は、SPEへのサイバー攻撃について、
米連邦捜査局(FBI)が捜査を主導していることを明らかにし、適切な時期に
最新の情報を発表する方針を示した。
ロイターが入手した文書によるとFBIは16日、「ザ・インタビュー」と関連する事業者や
劇場に対し、サイバー攻撃の標的になる可能性があると警告した。

ソニー平井氏のメールから幹部報酬まで-情報漏れ拡大の恐れも
更新日時: 2014/12/11 11:13 JST 12月11日(ブルームバーグ
ソニー ・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)へのハッカー攻撃で、
リントンSPE会長の報酬額やソニー本体の平井一夫社長のメールが流出。
連日の情報漏れで今後さらに重大情報が露呈するのではないかと懸念する声も出ている。
「平和の守護者」を意味する「GOP」と名乗るグループがSPEからハッキングで
盗んだ社内データは、ファイル共有サイトのパイレート・ベイで公開され た。
ブルームバーグ・ニュースが同サイトから入手したデータは総量約100ギガバイト、
文書数で約8万4000点に上る。
12月初めに共有されたとみられる「GOPの贈り物」と題されたデータには、SPEの役員から
インターンまで約6700人の給与や報酬などの情報のほか、 取引先情報や
未公開映画の映像も含まれている。
その後少なくとも3回にわたり「GOPの贈り物2日目」や「GOPの贈り物3日目」と題された
データがイン ターネットに公開された。
いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は、情報の流出について
「まだ出てくる可能性がある」、「もっと重大な顧客情報の流出があるかもしれない」と
懸念を示した。

倍の年俸 報酬に関する文書によるとリントン氏の年俸は300万ドル(約3億6000万円)で、
平井社長の1億8400万円(2013年度有価証券報告書、ストック オプションを含まず)の
約2倍となっている。
リントン氏の他に8人のSPE役員の年俸も平井社長と同額あるいはそれ以上だった。
エース経済研究所の安田秀樹アナリストはリントン氏の報酬について、映画事業は
利益が出ているので、「儲かっているところで高い報酬を得るのは説明がつ く」と話した。
その上で「思ったより流出した情報量が多いので、株価に影響が出た。
ソニーの信用にかかわる問題だ」と電話取材で述べた。
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント日本法人の広報担当者は役員報酬情報が
開示されていないことを理由にコメントを避けた。
ソニー株は11日午前10時28分現在、前日比3.2%安の2424円で取引されている。
GOPは、ネット上で「地域の平和を破り、戦争を引き起こす恐れがあるテロ映画の上映を
直ちに中止せよ」と要求、同社が25日に公開予定のコメディー映画 「ザ・インタビュー」の
上映中止を求めたものとみられている。
この映画は北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしている。
GOPは最新メッセージで、 パスカルSPE共同会長らが
新たな標的となる可能性を示唆している。

平井氏の関与 
  この映画に関し、金正恩第1書記殺害シーンを平井社長が自ら承認していたことも、
不正アクセスで流出した電子メールで明らかになった。平井社長はパスカル共同会長に
宛てたメールで、同第1書記が死亡する場面を描いた編集済みのシーンについて
修正意見を述べ、最終的にゴーサインを出したとされる。
事情に詳しい関係者2人によれば、コンサルティング会社ファイアアイなどに委託して
実施されているソニーの内部調査では、北朝鮮と関係があるとされるハッ カー集団
「ダークソウル」が攻撃に関与しているとの判断に至ったが、
9日、米連邦捜査局(FBI)当局者は北朝鮮が背後にいると断言する段階にはないと
明らかにした。
北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は7日、SPEに対するハッカー攻撃について
関与を否定した。その上で、SPEが最高指導者である金第1書記の
「威 厳を傷つけ、テロ行為を扇動する」映画の製作者で、映画の封切りを控え
「正義の」怒りから北朝鮮の支持者が攻撃を仕掛けた可能性があると、
匿名の国防当局 報道官を引用して伝えた。
安田アナリストは
「現在、影響の範囲がどれくらいかを正確に把握できている人は恐らくいない」と述べた。

Reuters JPソニー映画会社への攻撃、
被害額は120億円にも=米シンクタンク
2014年 12月 10日 09:40 JST

産経ニュース2014.12.9 17:38更新
北非難の映画 公開なら「戦争も」 
ハッカー名乗り声明
北朝鮮が非難している映画を近く公開予定の米映画配給会社、
ソニー・ピクチャーズエンタテインメントがサイバー攻撃を受けた問題で、
映画が公開されれば「地域の平和を壊し、戦争を引き起こす可能性がある」
と警告し、公開中止を要求する書簡が
8日、インターネット上に掲載された。ロイター通信などが報 じた。
 攻撃に関与したとみられるハッカー「平和の守護神」を名乗っているが、実態は不明。
同社の社内情報とみられる大量のデータをダウンロードできる
サイトへのリンクも記されている。
 一方、同社の一部従業員に届いた脅迫状への関与は否定しているという。
 同社は北朝鮮をやゆしたコメディー映画「ザ・インタビュー」を今月公開する予定で、
北朝鮮側は強く反発している。(共同)

「資産破壊狙う比類なき攻撃」と専門家、正恩氏コメディー映画配給元へのサイバーテロ
米国に「不純映画燃やせ」と北朝鮮 正恩氏コメディー映画に絡むサイバー攻撃を否定
ソニー攻撃 金氏暗殺映画関係者に集中 北の犯行 ギャラ暴露が「実証」
映画会社社員に脅迫状 サイバー攻撃と同一犯か
金正恩氏暗殺映画に“無慈悲な報復” 「アンジョリ秘密情報入手、順次漏らす」 SPEにサイバー攻撃
【北朝鮮情勢】金正恩氏“暗殺”映画に怒り心頭 「首をつっこんだクズには断固たる懲罰を…」

ソニー傘下会社、サイバー被害…米「北の攻撃」 
2014年12月09日 07時28分 YOMIURI ONLINEホームへ
 【ワシントン=白川義和、ソウル=宮崎健雄】
ソニー傘下の映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントへのサイバー攻撃について、
米当局は北朝鮮が関与した可能性が高いとみて、本格的な捜査に乗り出した。
 北朝鮮は、金正恩キムジョンウン第1書記の指示で約5900人規模のサイバー部隊を
増強し、国際的にも高い技術力を得ているとされ、今後も攻撃が続く可能性が指摘されている。
◆「北の仕業だ」
 米韓関係筋は7日、読売新聞の取材に対し、今回の攻撃につい て、
「北朝鮮の仕業だと思う」と明言した
その理由として、北朝鮮が昨年3月、韓国の金融機関などに行ったとされるサイバー攻撃と
同じ手法が使われている点などを指摘した。
ソニー・ピクチャーズのコンピューターシステムは11月下旬、サイバー攻撃によりほぼ停止し、
同社の未公開映画の映像や幹部らの個人情報が流出した。
 情報セキュリティー会社カスペルスキーなどの分析によると、サ イバー攻撃のウイルスは
通常、英語かロシア語で構成されるが、
今回のウイルスには韓国・朝鮮語が使われていた
さらに、ソニー・ピクチャーズのコンピュー ターに表示された侵入者による警告画面は、
英語のスペルの誤りなど韓国への攻撃時の画面と酷似していた。
 米連邦捜査局(FBI)が関連を調べているが、関与が明白になれば、
コメディー映画「ザ・インタビュー」を製作した同社への「報復攻撃」だった可能性が強まる。
予告編が流れ始めた6月以降、北朝鮮は映画が上映されれば
「断固かつ無慈悲な対応措置」をとると発表していた。
The Interview Final Trailer - Meet Kim Jong-Un Sony Pictures Entertainment
 
「The Interview」のポスター 提供:Sony Pictures
北朝鮮、ソニー・ピクチャーズに対するサイバー攻撃への関与を否定
Lance Whitney (Special to CNET News) 

翻訳校正: 編集部 2014/12/08 08:10
北朝鮮政府は現地時間12月7日、Sony Pictures Entertainmentが
近日公開予定の映画「The Interview」に対する報復として
同社をハッキングしたという報道を否定した。
「The Interview」は、同国最高指導者の暗殺計画を題材とするコメディ映画だ。
 「Sony Picturesの米国拠点を知らないし、同社のどのような不正行為が
攻撃の対象になったのかも知らない」と、同国国防委員会の広報担当者は、
同国の国営通信社である朝鮮中央通信に対して述べたとされている
広報担当者は続けて、Sony Picturesは「(北朝鮮の)最高指導者の威厳を貶めて
テロ活動を扇動する映画」の製作を計画したと述べた。
今回のハッキングは、「米国帝国主義」の 終焉を求める同国の要求を
「支持し、それに賛同する人々の正義に基づく行為だったのかもしれない」と
広報担当者は述べた。
 11月のサイバー攻撃でハッカーらは、映画やテレビを制作するSony Picturesの
コンピュータシステムに侵入し、同社の数千もの社内文書を
ファイル共有ネットワーク上に公開した。
その後まもなく、未公開の4作品を含む、
5作品の同社映画全編の違法コピーがオンライン上に流出した。
 秘密主義と孤立主義を貫く北朝鮮政府が、この攻撃の第一容疑者となっている。
同国が、Sony Picturesが近日公開予定の映画The Interviewに対する報復として
攻撃したとみられているからだ。
Seth RogenとJames Franco主演のこの映画は12月公開予定で、北朝鮮の
金正恩第一書記に対する暗殺計画を題材としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが
日本向けに編集したものです。


ソニー狙ったサイバー攻撃は「正しい行為」
 朝鮮中央通信
2014.12.08 Mon posted at 11:07 JST
ニューヨーク(CNNMoney) 
映画会社のソニー・ピクチャーズエンタテインメントに対して仕掛けられた大規模な
サイバー攻撃について、北朝鮮の朝鮮中央通信が「正しい行為」だったと伝えた。
この攻撃では何者かがソニー・ピクチャーズから膨大な量の情報を盗み出し、
同社の映画や従業員の個人情報、社内メモなどを流出させた。
シルベス ター・スタローンさんなど著名人の社会保障番号も公開され、また出演者間の
報酬の差が明らかになるなど混乱が広がっている。
関係者の間では、北朝鮮を題材 にした同社のコメディー映画に対する報復ではないか
との見方が強まっていた。
朝鮮中央通信はこの攻撃について「北朝鮮の支持者やシンパによる正しい行為」と評価、
「同社の全システムを麻痺状態に陥れ、全業務を中断させて
膨大な損失を生じさせた」と伝えた。
ただし北朝鮮の関与については「根拠のないデマ」にすぎないと強調
「我々は米国のどこにソニー・ピクチャーズがあるのか知らない。
どのような過ちのために攻撃を受けたのかも知らず、知る必要もない」とした。
専門家は北朝鮮の関与を疑う根拠として、韓国に対するサイバー攻撃に使われたのと似た
ウイルスが使われていることや、このウイルスが朝鮮語で書かれていることを挙げていた。
ソニー・ピクチャーズから公開予定の映画は、ジェームズ・フランコとセス・ローゲン演じる
2人が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記の暗殺を図るという内容。
北朝鮮は7日、「北朝鮮の最高指導者の尊厳を傷つけるテロ行為」と改めて非難した。

ソニー・ピクチャーズへの攻撃、タイの5つ星ホテルが起点
更新日時: 2014/12/08 09:18 JST 
12月8日(ブルームバーグ):ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの
コンピューターシステムへの侵入が始まったのは、タイの首都バンコクの5つ星ホテル、 
セントレジス・バンコクだった。このホテルのネットワークに入り込んだハッカーが
同社の極秘情報を流出させた。
バンコク時間2日午前0時25分(日本時間同日午前2時25分)、
米西部時間1日午前のことだった。
ハッカーはセントレジスの高速ネットワークを通じソニーの社内データをインターネットに
流し始めた。それがホテルの客室、ロビーといった公共の場あるいは別の場所から
行われたかどうかは分からない。
捜査に 詳しい関係者1人が捜査情報は公表されていないとして匿名を条件に語った。
情報流出が一段落するまでにソニー・ピクチャーズの社員、元社員、フリーランサー、
一部のハリウッドスターの計4万7000人の個人情報が世界で白日の下にさらされた。
同社は情報流出に伴う打撃の食い止めになお苦しんでいる。
今回のサイバー攻撃を誰が何の目的で仕掛けたかはなお不明だ。
攻撃は犯人が私腹をこやすためではなく、ソニーを当惑させる狙いがあったとみられる。
犯行の手掛かりを調べているサイバーセキュリティーの専門家の間では、
北朝鮮との関係が疑われるハッカー集団「ダークソウル」の特徴あるとの見方が多い。 
この集団は2013年に韓国の銀行やメディア企業を攻撃した。
ソニー・ピクチャーズ攻撃への関与を否定している北朝鮮は7日、同国の支持者や
同調者による 「正義の行為」かもしれないとする声明を出した
原題:Sony’s ‘DarkSeoul’ Breach Stretched From Thai Hotel to Hollywood(抜粋)

2014年12月08日 10時33分16秒
GIGAZINE(ギガジン)ずさんなパスワード管理体制だった
ソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃は
従業員の家族が脅迫を受ける事態にまで発展
ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントに対する大規模なサイバー攻撃による被害は、収まることなく進行中で、ついに社員とその家族を
脅迫するメールが送りつけられる事態に発展しています。  
Sony Hacker: New Email Threatens Employees As Law Enforcement Is Brought In | Deadline  
http://deadline.com/2014/12/sony-hacker-email-threatens-employees-1201311283/
Sony saved thousands of passwords in a folder named 'Password' - Telegraph http://www.telegraph.co.uk/technology/sony/11274727/Sony-saved-thousands-of-passwords-in-a-folder-named-Password.html
It Gets Worse: The Newest Sony Data Breach Exposes Thousands Of Passwords - BuzzFeed News  
http://www.buzzfeed.com/charliewarzel/it-gets-worse-the-newest-sony-data-breach-exposes-thousands
ソニー・ピクチャーズは大規模なハッキング攻撃を受けて、

全システムを停止せざるを得ない状況に陥っていましたが、その後、サイバー攻撃を
仕掛けたとするハッカー集団「Guardians of Peace(GOP)」から
映画女優のパスポートの写し未公開の映画作品などが次々と流出される事態を招き、
歴史的規模で発生するハッキング被害が今後、収束していくのか世界中が注目してました。
その後、ソニー・ピクチャーズは、社内の重要機密ファイルのパスワードを

「Password(パスワード)」という名前のフォルダで管理していたことが判明。
稚拙な管理体制に世界中が驚嘆しました。
なお、Telegraphが取材した元ソニー・ピクチャーズ社員によると、
杜撰なパスワード管理体制を指摘する声が上げられていたものの、その体制が
改められることはなかったとのこと。
これはBuzzFeedが公開したパスワードリストの一部。

各機密情報を取り扱うファイルの名前にも「Password」の文字が並んでおり、
なんとも分かりやすいことになっています。
流出したデータには社員の社会保障番号データや給与に関するメモや休職にあたって
提出された医療診断書など、個人情報が含まれていたことが分かっており、 
情報流出に対して社員は戦々恐々。
そんな中、ソニー・ピクチャーズの社員に対して、社員自身やその家族への被害の発生を
示唆するメールが送りつけられてい ることが明らかになっています。
私はハッカー集団GOPのリーダーだ。ソニー・ピクチャーズをこの世から消し去ることは我々にとってはたやすいことだ。 そして、これまで我々がしてきたことは、深遠な計画全体からすればほんの一部にすぎない。もしも危機は過ぎ去ったと考えているなら、それは間違いだ。すべ ての希望は打ち砕かれた。ソニー・ピクチャーズは崩壊するだろう。この状況を招いたのはソニー・ピクチャーズだ。ソニー・ピクチャーズは自身で責任をとら ねばならない。ソニー・ピクチャーズは最初から誰も望んでいないことに固執している。ソニー・ピクチャーズが我々を止められると考えるなら、愚かなこと だ。ソニー・ピクチャーズは無駄な努力をしているにすぎない。君たちに残されているのは我々の側につくことだ。(中略)君が被害を被りたくないと考えるな らば、下にあるメールアドレス宛にソニー・ピクチャーズの過ちに反対するという署名をするがいい。もし署名しないなら、君だけでなく君の家族も危険にさら されるだろう。
なおGOPは未公開映画などこれまでに流出したデータはハッキングによって盗み出した
データのほんの一部に過ぎず、盗み出したデータは全部で約100TBあると表明しています。

検索キーワード「北朝鮮」に一致する投稿を関連性の高い順に表示
2014年7月23日水曜日
番外編 パロディー映像に不快感を示すもアジア大会には参加したいらしい・・・ 北朝鮮。

0 件のコメント:

コメントを投稿