慰安婦問題について、いろんな報道: 【頑張れ日本!】靖国神社昇殿参拝&国会を召集される 天皇陛下のお出迎え・お見送り。【謹賀新年】平成二十八年、新年皇居一般参賀 [桜H28/1/5] 。皇居で新年一般参賀。皇居で新年祝賀の儀 陛下「国民の幸せを祈ります」。天皇陛下の82歳誕生日祝い、皇居で一般参賀。秋の園遊会。その他関連。

Translate

2016年1月5日火曜日

【頑張れ日本!】靖国神社昇殿参拝&国会を召集される 天皇陛下のお出迎え・お見送り。【謹賀新年】平成二十八年、新年皇居一般参賀 [桜H28/1/5] 。皇居で新年一般参賀。皇居で新年祝賀の儀 陛下「国民の幸せを祈ります」。天皇陛下の82歳誕生日祝い、皇居で一般参賀。秋の園遊会。その他関連。

新年の一般参賀に訪れた人たちに手を振られる
天皇、皇后両陛下と皇族方=2日午前、皇居
【謹賀新年】平成二十八年、新年皇居一般参賀
【頑張れ日本!】靖国神社昇殿参拝&国会を召集される
天皇陛下のお出迎え・お見送り
[桜H28/1/5] SakuraSoTV


正月二日、皇居で一般参賀が行われ、
天皇陛下が「わが国と世界の人々の平安を祈ります」
とあいさつされました。
2日の東京は朝から晴れて穏やかな天気となり、
午前9時半に皇居の正門が開くと、
待っていた1万人余りが二重橋を通って宮殿の前に向かいました。

天皇皇后両陛下は、皇太子ご夫妻など皇族方と共に、

午前中3回、宮殿のベランダに立ち、訪れた人たちに
笑顔で手を振って応えられました。
天皇陛下は
「皆さんと共に新しい年を祝うことを誠に喜ばしく思います。
本年が国民一人一人にとり、
安らかでよい年となるよう願っています。
年頭に当たり、
わが国と世界の人々の平安を祈ります」とあいさつされました。
1回目の参賀では、先月、100歳になった三笠宮さまも、
妃の百合子さまとそろって姿を見せ、
車いすから立ち上がって手を振られました。
天皇ご一家は午後も2回、宮殿のベランダに立たれ、
一日で、平成に入って2番目に多い
8万2000人余りが皇居を訪れて新年を祝いました。
皇居・新年・一般参賀に集いし市民
天皇陛下の御言葉@新年・一般参賀①~③
新年祝賀の儀であいさつされる天皇陛下と皇后さま
 =1日午前、宮殿・松の間(代表撮影)

皇居で恒例の「新年祝賀の儀」
2016年1月1日 17:43 日テレニュース

皇居で新年祝賀の儀 陛下「国民の幸せを祈ります」
2016.1.1 16:40 産経フォトニュース
天皇、皇后両陛下が皇族や三権の長らから
新年のお祝いを受ける「新年祝賀の儀」が
1日、皇居・宮殿で開かれ、天皇陛下は
「新しい年を共に祝うことを誠に喜ばしく思います。
年頭に当たり国の発展と国民の幸せを祈ります」と応じられた。

 宮殿「松の間」では、皇太子ご夫妻、
秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、
次女佳子さまら皇族が順次あいさつした。
その後、両陛下が、皇族と共に宮殿の各部屋を回り、
安倍晋三首相や閣僚、衆参両院議長、
最高裁長官らから祝賀を受けた。
 午後には、民族衣装などで正装した
各国の駐日大使らが宮殿を訪れ、あいさつした。

天皇陛下 新年の感想「国と人々の平安を祈念」
NHKニュース 2016/01/02 に公開
天皇陛下は、新年にあたって文書で感想を表し、
「改めて国と人々の平安を祈念します」­と述べられました。
天皇陛下は感想の冒頭、「昨年は戦後七十年という年に当たり、
多くの人々が先の戦争に­思いを致した一年でした。
新年を迎え、改めて国と人々の平安を祈念します」と記されま­した。
続いて、東日本大震災からまもなく5年を迎えるとしたうえで、
「未だそれまで住んでい­た地域に戻れずにいる人々や、
仮設住宅で苦労の多い生活を送っている人々があることが­案じられ、
こうした人々が寒さの厳しい冬を健康に十分気を付けて過ごされるよう、
そし­て、被災地域の復興が少しでもはかどるよう、
願っています」と述べられました。
そして、
「今年も日本人一人ひとりが防災の心を培うとともに、
お互いが気を付け合って­、
身を守る努力を続けられることを心より希望しています」
とつづられました。
天皇皇后両陛下は、今月26日から5日間フィリピンを訪れ、
国際親善に尽くすとともに­、太平洋戦争の戦没者を慰霊されます。
東日本大震災から5年になる3月には、
東京で政府主催の追悼式に臨むほか、宮城県も訪­れる予定で、
被災者を励まされる見通しです。
さらに、全国植樹祭など恒例の行事で、長野県と山形県、
それに岩手県を訪ねるほか、
4­月には神武天皇の式年祭で奈良県を、
10月には国際学会出席のため京都府を訪問されま­す。
皇太子さまは、去年に続いてことしも雅子さまと
東北の被災地を訪ねられ、
秋篠宮ご夫妻­は5月にイタリアを公式訪問される見通しです。
皇居では、2日、新年の一般参賀が行われます。
「復興願う」と天皇陛下 震災5年、比へ慰霊訪問も
天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。
天皇陛下は、宮内庁を通じて感想を発表。
3月11日で東日本大震災から5年を迎えることに触れ
「復興が少しでもはかどるよう願っています。
ひとりひとりが防災の心を培うとともに、
身を守る努力を続けられることを希望しています」とつづった。
両陛下は1月26~30日、国交正常化60周年に際して
フィリピンを公式訪問する。
歴代天皇では初で、
両陛下にとっては皇太子ご夫妻時代の1962年以来となる。
一般参賀で集まった人たちに
笑顔で手を振られる天皇、皇后両陛下
(23日午前11時3分、皇居で)=菅野靖撮影
天皇誕生日の一般参賀で、ベランダに立つ
秋篠宮家の次女・佳子さま
=23日午前11時42分、皇居、遠藤啓生撮影
(全録)天皇陛下、82歳の誕生日 
事前の会見でお言葉述べられる FNNsline
「戦争知り、考え深めて」 天皇陛下82歳に

天皇陛下の82歳誕生日祝い、皇居で一般参賀
2015年12月23日 YOMIURI ONLINE
天皇陛下の82歳の誕生日を祝う一般参賀が
23日、皇居で行われ、2万2920人が訪れた。
 陛下は午前中に3回、皇
后さま、皇太子ご夫妻、
秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまとともに
宮殿・長和殿のベランダに立ち、笑顔で手を振られた。

 お言葉では、
「危険や苦労を味わった人々のあることに心を痛めています」
と今年発生した豪雨などの災害に触れたうえで、
「来きたる年が皆さんにとって明るい、
良い年となるよう願ってやみません」と述べられた。
島康彦、伊藤和也 2015年12月23日05時08分
2015年12月23日05時08分
秋の園遊会に臨まれる天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻ら。
長期療養中の皇太子妃雅子さまは12年ぶりに出席された
=12日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑 
雅子さま12年ぶりに出席される News 777

秋の園遊会が開かれる 
2015.11.12 21:51更新 産経ニュース
秋の園遊会 雅子さま12年ぶりご出席
天皇、皇后両陛下が主催される
「秋の園遊会」が12日、
東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、漫画家の水島新司さん、
東日本豪雨で被害を受けた栃木県の福田富一知事ら
各界の招待者約1970人が出席した。
 皇太子妃雅子さまは赤紫色のスーツ姿で、12年ぶりにご出席。
当初は両陛下をはじめ皇族方とともに丘の上に並ぶなどした後に
退席する予定だったが、両陛下の意向などを踏まえて丘を下り、
約5分間にわたって招待者と交流された。
 招待者によると、雅子さまは笑顔で会釈を繰り返されていたという。

雅子さま、12年ぶりに園遊会ご出席へ 招待者とのご交流はなし
皇太子夫妻が国民文化祭に 雅子さま8年ぶり、鹿児島
皇太子ご夫妻、トンガ在留邦人らと懇談
…雅子さまも体調整えご参加 6日に帰国の途
雅子さま2年ぶり外国公式訪問 宮内庁関係者「活動の幅広げ自信に」
皇太子ご夫妻、7月にトンガご訪問 国王の戴冠式にご参列
雅子さまは2年ぶりの外国ご訪問
皇居でフィリピン大統領歓迎行事 雅子さまは出席お取りや

秋の園遊会 雅子さま12年ぶりに出席NHKニュース
11月12日 16時16分 
秋の園遊会が開かれ、
漫画家の水島新司さんなど
2000人近くが天皇皇后両陛下や
皇族方と和やかなひとときを過ごしました。
園遊会には、皇太子妃の雅子さまも12年ぶりに出席されました。

園遊会は、両陛下の主催で、毎年、春と秋の2回、
東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれています。
12日は、皇太子さまやほかの皇族方とともに、
雅子さまも平成15年の秋以来12年ぶりに出席されました。
赤紫色のスーツと帽子姿の雅子さまは、当初検討されていた
冒頭の行事への出席を終えたあとも5分ほど会場の庭園を回り、
招待者にことばをかけたり笑顔で会釈を交わされたりしていました。
両陛下と皇族方は、
このあと1時間近く庭園を歩いて招待された人たちと歓談されました。
このうち、「ドカベン」や「あぶさん」などの作品で知られる
漫画家の水島新司さんは、
両陛下からねぎらいのことばをかけられると、
「ありがとうございます。身に余る光栄です。
もうちょっと頑張ってみます」とこたえました。
続けて天皇陛下が、
「どうぞ元気でね。ずいぶん外国でも漫画は」と話されると、
水島さんは、「日本の最たる文化ですから、
盛り上げて世界に発信していきたいと思います」と抱負を語っていました。
続いて、iPS細胞から作った目の網膜の組織を移植する
世界初の臨床研究を行っている理化学研究所のプロジェクトリーダー、
高橋政代さんが、手術によって患者の視力の悪化が抑えられたと話すと、
天皇陛下は、「目が見えるようになるとずいぶん違うんでしょうね」
とことばをかけられ、皇后さまも「再生不可能と言われていたものを
本当によくなさいましたね」とねぎらわれていました。
来年、三重県で開かれる「伊勢志摩サミット」の
ロゴマークの審査で座長を務める
クリエイティブディレクターの佐藤可士和さんは、
子どもたちからおよそ7000点の作品が寄せられていることを伝えました。
天皇陛下は、「いいものができているでしょうね」と話し、
皇后さまは、「本当に、楽しい、
いいお仕事をしていただいてありがとうございます」と話されました。
園遊会に出席した2000人近くの人たちは、
記念写真を撮るなどして和やかなひとときを楽しんでいました。
春の園遊会、ノーベル賞受賞者らが出席 
TBS News-i (21日16:01)
 東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた恒例の春の園遊会。
青色LEDを開発し、ノーベル物理学賞を受賞した
名城大学の赤崎勇終身教授や、JAXAの元「はやぶさ2」
プロジェクトマネージャーの國中均さんら、
各界の功労者およそ1800人が出席しました。
 「はやぶさ1というんですか、一時消えてしまった」
 「大変、ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。
イオンエンジンと回収のオペレーションを 私が担当しました」(國中均さん)
 「見つかって出てきて、良かったですね」

 「本当に皆さん喜んでいただいてありがとうございます」(國中均さん)

 また、東日本大震災で大きな被害を受けた
三陸鉄道社長の望月正彦さんには・・・
 「大災害のときは大変でしたでしょう」

 「昨年4月6日に全線において 運行を再開することができました。
ありがとうございました」(三陸鉄道・望月正彦社長)
 両陛下と言葉を交わされた感想を赤崎教授は、次のように述べました。

 「非常に打ち解けた感じですばらしい。
じかにお話をしてみて、ますますそのような感じを受けました」
(名城大学・赤崎勇終身教授〔青色LEDでノーベル物理学賞〕)
 園遊会には、赤崎教授と共にノーベル賞を受賞した天野浩教授や
中村修二教授も出席しました。
薄曇りの中、招待客は天皇・皇后両陛下をはじめ、
皇族方との和やかな時間を過ごされました。

NHKニュース天皇陛下 文書で新年の感想
1月1日 5時38分
天皇陛下は、新年にあたって文書で感想を表されました。

天皇陛下は、はじめに、
「昨年は大雪や大雨、
さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ、
家族や住む家をなくした人々の気持ちを察しています」と記されました。
続いて東日本大震災の被災者を案じる気持ちも表したうえで、
「昨今の状況を思う時、それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ、
地域を守っていくことが、
いかに重要かということを感じています」と述べられました。
また、天皇陛下は、ことしが終戦から70年に当たることに触れ、
「各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする
各都市の爆撃などにより、亡くなった人々の数は誠に多いものでした。
この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、
今後の日本のあり方を考えていくことが、
今、極めて大切なことだと思っています」と記されました。
そして、
「この一年が、我が国の人々、
そして世界の人々にとり、幸せな年となることを
心より祈ります」と締めくくられました。
天皇皇后両陛下は、戦後70年を迎えたことし、

4月8日から2日間の日程で
太平洋戦争の舞台となったパラオを訪れるほか
、国内でも東京都慰霊堂などに出かけて、
戦没者の霊を慰められる見通しです。
また、今月17日、
「阪神・淡路大震災20年追悼式典」に、
3月11日に
「東日本大震災四周年追悼式」に臨むほか、
3月14日には
仙台市で開かれる国連防災世界会議の開会式に出席されます。
皇居では2日、新年の一般参賀が行われます


2015年4月09日
天皇皇后両陛下、1万人の日本兵が戦死したペリリュー島でご供花。
天皇陛下「全ての人々を追悼」。
両陛下ご訪問の歓迎準備 パラオ友好橋に日の丸。天皇陛下、
81歳に 平和国家として支え合いを。
両陛下、先の大戦の激戦地パラオの ...
2015年3月30日
韓国は以前から皇室を政治利用しようとしていたと判明。
韓国元大統領「昭和天皇」の反省表明求める…
 “植民地支配”「強い言葉で反省を」 韓国外交文書で発覚.
2014年9月09日
産経新聞では9月14日より、宮内庁が編纂した
《昭和天皇実録》の内容につき随時掲載を始めた。
初回は先帝(昭和天皇)陛下と、陛下の人格形成に影響を与えた 
大日本帝國陸軍の乃木希典大将(1849~1912年)に焦点を当てた。
2015年3月20日
両陛下、来日中のミシェル米大統領夫人とお茶をともにされる。
米大統領夫人、両陛下と会見へ。
両陛下、傘差さずに供花…宮城「千年希望の丘」。
震災4年追悼式 天皇陛下「心一つに寄り添うこと大切」。
皇居で新年一般参賀 陛下「少しでも ...

0 件のコメント:

コメントを投稿