慰安婦問題について、いろんな報道: 「人身売買や児童買春につながるという認識を」 〜Colabo代表・仁藤夢乃氏がJKビジネスの実態を訴え。草食化・セックスレスで日本の少子化加速!? 海外紙が真剣に心配。

Translate

2015年5月22日金曜日

「人身売買や児童買春につながるという認識を」 〜Colabo代表・仁藤夢乃氏がJKビジネスの実態を訴え。草食化・セックスレスで日本の少子化加速!? 海外紙が真剣に心配。

                   Colabo代表・仁藤夢乃氏 
<JKビジネスの闇>なぜ「普通の女子高生」まで足を踏み入れるのか
 (仁藤夢乃さん記者会見・2015.5.21) 弁護士ドットコムニュース

〜Colabo代表・仁藤夢乃氏がJKビジネスの実態を訴え
 21日、孤立・困窮状態にある少女たちの支援や、
情報発信を行っている一般社団法人Colabo代表の
仁藤夢乃氏が会見を行い、
「JKビジネス」の背景や問題点、児童相談所の実態など、
女子高生を取り巻く深刻な現状について訴えた。
多くの少女が客引き中にお客さんから
買春や性交渉を持ちかけられたと話しています 
仁藤氏:私たちは孤立・困窮状態にある10代の少女を支える活動を行っています。
具体的には、夜の街を巡回し、終電前に家に帰らずにいる少女への声掛けや
相談、十分に食事を取ることができていない少女やネグレクトされて育った
少女への食事の提供、売春・人身取引・性暴力の被害に遭った少女たちの
自助グループの運営、彼女たちを取り巻く実態を伝える活動を行っています。
夜の街のスタディツアーなども開催しています。

東京を中心に活動を行っているんですが、相談は全国から寄せられていて、
北海道から沖縄まで、少女たちと出会って関わっています。

昨年は1年間に84名の少女と出会いましたが、
人身取引・性搾取の被害に遭った少女からの相談も多数ありました。
JKビジネスに関わる少女が58名、個人 売春をしている少女が23名、
斡旋者の下で管理買春をしていた少女が17名、
中には知的障害や発達障害の少女が狙われて搾取されているケースもありました。
そういう少女たちが自傷行為や自殺未遂を行うというケースも後を絶ちません。
今日は、日本で今、深刻な問題になっている
JKビジネスについてお伝えしたいと思います。
JKビジネスとは、女子高生の若さや未熟さや性を売りにした商売のことです。
具体的には、個室マッサージ店として営業し性的なサービスをさせる「JKリフレ」や、
無店舗型で自由にお散歩する「JKお散歩」などが存在しています。 
秋葉原では夜になるとこのような光景が見られます。
2メートル間隔で女の子たちが客引きをしています。
「お散歩に行きませんか」「ご飯食べませんか」と声を掛けています。
こうした仕事をする少女80名以上関わっていますが、
全ての少女が客引き中にお客さんから買春や
性交渉を持ちかけられたと話しています。

警視庁の発表によると、2013年、JKビジネスは200店存在しており、
101人の少女が保護や補導、逮捕されていますが、
私は、東京だけで5,000人以上の少女が従事していると推計しています

これについては、アメリカの国務省が2014年に発表した
「人身取引報告書」でも指摘されています。
日本では家出した少女が買春の被害に遭っていること や、
「JKお散歩」が児童買春の温床になっていることが指摘されていますが、
日本政府はこれに対する取り組みをほとんど行っていないのが現状です。
この事については、「女子高生の裏社会」という本に詳しくまとめています。

JKビジネスには様々な業態があります。女子高生を撮影するものや、
最近では、少女が鶴を折る様子をマジックミラー越しに見学して
下着を観察する「JK折 り鶴作業所」というお店の摘発がニュースになりましたが、
他にも占いやカウンセリング、会話ができる「JKコミュニケーション」や、
ゲームができるプレイ ルームなど、風営法が適用されない
グレーゾーンで営業しており、摘発とのイタチごっことなっています。

これらは組織的に少女を巧みに勧誘しています。
求人情報サイト、TwitterやLINEなどのSNS、街でスカウト行為を行っています。 
「観光案内のアルバイト」という説明を見て面接に行ったら
男性とデートする仕事だと言われ、学生証のコピー取られてしまったので
仕方なく働くことになり、 カラオケや漫画喫茶で客から
性行為を強要されたと泣きながら話す少女や、街でスカウトを名乗る人物に
仕事を紹介するとか、大手芸能プロが運営するカフェや
スタジオだ言われて騙され、ポルノ動画を撮影された少女もいます。

高校生だけでなく小中学生が被害に遭うこともあるんですが、
こうした声掛けの危険についてはの教育はされていません。
一方でスカウトの側も、馴染みあるツールの中に入っていって、
誘いこんでいます。そのため、特別な事情を抱える少女以外も入ってきています。

私は少女たちへの取材や話を聞く中で、働く少女たちは
3つの層に分けられると考えています。
「貧困層」「不安定層」「生活安定層」です。
「生活安定層」 は、両親との仲も問題なく、学校成績も良く、
将来の夢もあって受験も控えているような普通の女子高生で、
そういう少女たちも「JKリフレ」や「JKお散 歩」に入り込んできています。

少女たちはLINEやカカオトーク、Twitterやツイキャス、
「斉藤さん」という知らない人とテレビ電話がつながるようなアプリ、
ブログやゲームのメッセージの機能を通じて仕事に誘われています。

また、業者は可愛いホームページを作っています。
たとえば「もえナビ」というサイトにはJKビジネスの求人が
東京だけで数百店舗掲載されていて、ここを経由して店にアクセスし、
被害に遭った少女とも多数出会いました。

こうしたビジネスが困難を抱えていない少女にまで拡大していくと、
貧困層の少女や、見た目やコミュニケーション、知能に困難のある少女は働けず、
売春宿のようなところ、より痛い、汚い、臭い、性奴隷のように働かされ、
人間以下の扱いを受けた少女とも出会っています。

この問題について語るときに、
「需要と供給があるから無くならない」という人が多いです。
私もそう思っていますが、その需要と供給はどこにあるのかを、
みなさんに考えていただきたいです。  
この写真を見ると、一見少女が自ら男性を誘っているように見えますが、
実際には少女たちの裏には、管理をする大人がいます。
需要と供給というのは、売りたい大人と買いたい大人の間で成り立つものであり、
そこで未熟な女子高生たち、
とくに孤立・困窮した少女たちが商品化されているのが現状です。

日本では、少女の売春について、自己責任論や
貞操観の問題として語られる事が多いです。
しかし、実際には切迫した問題を背景にかかえている子も多く、
三分の二の少女には家族からの性的虐待やネグレクト、貧困や
精神的な不安が存在しています。 
経済的に困窮し、給食費、修学旅行費を支払うために
売春に足を踏み入れた中学生とも出会っています。

しかし、そうした少女たちが警察や児童相談所に
"保護未満"として処理されてしまっている現状があります。
児童相談所では、中高生が虐待の被害に遭っていても売春や家出などの
問題行動がある場合はまず警察へ行って下さいとか、
精神的に不安を抱えている場合は病院へと、たらい回しにされて
十分な調査もなく家 に帰されています。
校長先生が虐待の通告をしても動かないことがあるということも聞いています。

また、子どもを保護するはずの児童相談所が一時保護所内で管理・強制し、
虐待している実態もあり、少女たちにとって、
保護が恐れるものとなっているもの場合があります。
夜の街で声を掛けた時に、
「保護じゃないよね?」と怯えた表情で言われることもあります。

児童相談所の職員は専門家ではないので
青少年や虐待の知識がないスタッフがいないことも問題です。
開所時間も8時半から17時までで、少女たちの実態と合っておらず、
虐待などの危険を感じる夜間に彼女たちが駆け込める相談窓口が不足しています。

少女が児童相談所や警察に被害を訴える時、
整然と理解できるように説明できなければ、話すら聴いてもらえないこともあります。
私たちも同行支援を行ってい ますが、背景にある生活状況を改善する、
という観点で関わってもらえるかどうかは、
それぞれの機関で出会った職員の質によるという現状があります。

一方で、JKビジネスの経営者たちは、
そうした支援よりも先に彼女たちに繋がって、
衣食住の関係性を与えるような形で近づいています。
帰るところがないな ら寮を紹介する、お腹が空いているなら食事を提供する。
悩みの相談に乗ったり、地方に片道のチケットを送って呼び寄せることもあります。
さらに彼女たちに 役割ややりがいを与えて利用する。
受験に向けた学習支援、買い物帰りに休憩できる居場所の提供をしている店もあります。
そのように、困っている少女に対し 必要なものを具体的に与え、
そこから取り込んでいくというやり方があります。

JKビジネスに関して、警察や行政はチラシ配り禁止する条例や、
高校生がJKリフレなどで働くことを禁止する条例を作り、
違反した児童を補導して取り締ま るというやり方をしています。
児童買春に関しても、警察はネットを通して買春する客を装い、
おとり捜査で補導する"サイバー補導"を行っています。
これら には一定の効果もありますが、ケアにつながる、
背景への介入は行われていません。
私は、支援に繋がれず危険に行き着いた少女を発見し、
補導した後のケアに繋ぐ"ケア付きの補導"を訴えたいです。

また、少女の補導だけでは需要と供給を絶つことにはつながりません。
お店や少女を買春を持ちかける男性こそ摘発し、
家族や職場に連絡するなどの対策を立て るべきと考えていますが、
JKビジネスでは少女を買う側への対処は行われていません。
愛知県ではJKビジネス全面禁止の条例を作りましたが、
雇い主への罰則しか設けていません。

もちろん取り締まりでは少女たちが置かれた状況は変わりません。
JKビジネスの店舗数を超えるほどの支援や、
JKビジネスのスカウトを超えるほどの伴走支援者が求められています。
"保護未満"とされる少女たちの受け皿がなければなりません。

日本では子どもの性の商品化に寛容な社会が出来てしまっています。
児童ポルノも容認され、野放しになっています。
こうした現状や認識を変えていかなければ、変わらないと思っています。

私も10年前、街をさまよう生活を行っていました。
家庭が荒れ、高校を中退し、お金が無いときにはビルの屋上で寝たこともあります。
JKビジネスに近い業者に勧誘され働いたこともあります。
その業者は児童買春の斡旋をしていて、多くの友人たちが傷つくのを見てきました。

今この問題はさらに深刻化して、一般化・表面化しています。
しかし日本にはこうした現状をエンタテインメントとして取り上げるメディアや
バラエティ番組も多数存在しています。
今日ご参加の皆さんが真摯に受け止め、報道してくださることを願っています。

私たちは、全ての少女が衣食住と関係性を持ち、
困難を抱える少女が暴力を受けたり、
搾取に行き着かなくて良い社会を目指しています。
現在、こうした少女たちが夜間に駆け込める一時シェルターを計画して、
寄付を集めています。この活動も応援していただけたら幸いです。 
コメントより 1 抜粋 
このエントリ主は、色々と勘違いしている部分も多いと感じます。
 >日本では昔からそういうことをする子どもが悪い、
 >女性が悪いという認識のもとで法整備が行われてきています。 

何を根拠に言っているのでしょう? 
例えば淫行条例では、成人(男性)と既婚者を除く18歳未満(の少女)が
淫行した場合、「大人の側が悪い」として、
原則、「成人側だけ」が罰せられます。 
児童福祉法34条1項6号なども、「悪いのは児童に淫行をさせた大人」
という形の法律です。 
また、「児童ポルノが野放しになっている」という点についても、
安倍政権(自民党)は、
むしろ「欧米に近い水準で児童ポルノ禁止法を整備しよう」と
努力している勢力の筆頭格でしょう。
それに反対しているのは主にアンチ安倍側の勢力です。 5月22日 12:47
 
坂元智広
私もすぐに去年改正され同年施行された、
「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに
児童の保護等に関する法律」 を知らないのかねえ?と思った。


まあ警察が手をこまねいていたりするのは問題だが
それ以外、少女たちの家庭環境等とかはまた違う問題。
これの対処を安倍首相に求めているのなら話は分かるが
児童買春とか全部をひっくるめての事だと「オイオイ」ってなる。
売春防止法も第3条に
「何人も、売春をし、又はその相手方となってはならない。」
とあって「買春」という言葉がないだけなんだけど。
売春防止法の主目的は売春の周旋(斡旋)、周旋の目的で
人を売春の相手方となるよう勧誘する、
婦女に売春を行う場所を提供したり、売春することを
約束させて雇用する等の行為を取り締まる事であったりするから
ちょっとニュアンスや理解がずれてくる。
仁藤夢乃さんがおやりになっている事は
大変良い事で反対する物ではないが。 05月22日 15:30


相談や講演会にと、忙しく飛び回る24歳の仁藤夢乃さん。
3年前に一般社団法人「女子高生サポートセンターColabo」を立ち上げ、
孤立する10代の少女たちのサポート活動をしながら、
彼女たちがおかれている状況についての情報発信も行っています。
著書『難民高校生』には、家にも学校にも居場所を見つけられず
渋谷の街をさまよっていた高校時代について綴られています。
大学在学中には、フェアトレード、難民支援や東日本大震災の被災地支援など、
さまざまな社会問題にも関わり「女子高生のことも、
政治やホームレス問題もすべて地続きのように感じている」
という仁藤さんに話をうかがいました。 

仁藤夢乃(にとう・ゆめの) 1989年生まれ。
「渋谷ギャル」生活を送り、高校を中退。
ある出会いをきっかけに、農業やボランティア 活動などを始める。
大学在学中の東日本大震災をきっかけに、「Colabo」を設立し、
高校生と復興支援商品を開発。現在は少女たちの自立支援を行ってい る。
著書に『難民高校生』(英治出版)『女子高校の裏社会』(光文社新書)
難民高校生 ― 絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル
英治出版 (2014-12-12)
売り上げランキング: 25,697
女子高生の裏社会 「関係性の貧困」に生きる少女たち (光文社新書)






長崎に行ったら絶対行ってほしい「岡まさはる記念長崎平和資料館」
2015/03/07 18:20 仁藤夢乃 公式ブログ
{7D369D25-56A8-4B19-952E-01D7020C3AFD:01}
今日は長崎で講演。
子どもに関わる方々が参加。みなさん講演中にたくさん笑ってくださり、
その雰囲気で子どもたちを包み込んでもらえたら、と思いました。
多くの人が佐世保や川崎での少年事件に胸を痛めています。
手を差し伸べる大人でありたいです。
今回が初めての長崎市訪問。平和公園、原爆資料館の後に、
原爆の落とされた長崎で、日本の戦争加害を伝える大変貴重な資料館です。
アジアの人々を強制連行し戦争のために奴隷にし、
殺害した歴史を伝えてくれています。
{D2D99C89-A1C5-4791-BB5E-85FD07135BBD:01}
元従軍慰安婦の方の証言に涙がでます。
{340809C7-D188-4763-9DCB-32EC0C8562A9:01}
この事実を今も、なかったことにしようとしている日本人の言動に。
戦時中と状況は違うが、今でも同じような手口で利用されている少女に
日本で・世界で出会っていることに。
立ち上がった女性たちの終われない闘いに 。

高校中退後に出会った恩師・阿蘇敏文さんがよく、
フィリピンや朝鮮での日本の戦争加害、君が代や日の丸の
裏側にあることを話してくれたことを思い出しながら、
その意味が改めて繋がっていく時間でした。

閉館一時間前に行ったので、
時間が足りず閉館時間までに全部見きれずにいたら、
理事長の高實康稔さんが、ゆっくり観てくださいと、私たちを待ってくださり、
日本の今の動きについても危機感をもっていると語ってくれました。

読み込みたい資料がたくさんありました。
時間をつくってじっくり学びに行きたいです。

そしてなんと、今日資料館の職員の方が講演にいらしていました。
しかも、恩師阿蘇さんのご友人で、
資料館の従軍慰安婦問題コーナーを担当されているとのこと。
嬉しいご縁に感謝します。

岡まさはる記念平和資料館HPは
http://www.d3.dion.ne.jp/~okakinen/
「文化的に奇妙」と指摘 






草食化・セックスレスで日本の少子化加速!? 海外紙が真剣に心配

◆クリスマス・イブに「カップルお断り」の店も
 米ニュース専門局CNBCの公式サイトは、

今年の日本のクリスマス・イブの動向と絡めて、少子高齢化問題に
切り込む記事を掲載している。
同誌は、「日本のカップルにとって、バレンタインデーよりも
クリスマス・イ ブの方が、ディナー・イベントとして重視されている」と記す。
しかし、その一方で、20代、30代の日本人男性の収入が下がっている点に触れ、
経済的な要因から恋愛に消極的な若者が増えているとしている。
 記事は、高級ホテルの17万4000円、

10万円といったフルコースのクリスマス・ ディナーが
早くから予約でいっぱいになった一方、低価格帯のディナーの多くが
最低ラインの5000円台に値下げを余儀なくされたと紹介。
さらに、あるレス トランがクリスマス・イブにあえてカップルを締め出し、
“お一人様”の男性向けの「2.5キロのスパゲティ・ボロネーゼ=1800円」の
スペシャル・メ ニューを用意したケースを取り上げている。
 CNBCは、分析の根拠に、クリスマス・イブに向けて行われた

明治安田生活福祉研究所の調査 データを取り上げている。

それによれば、日本人女性の大半は将来のパートナーに
最低でも年収400万円を求めているが、実際には30代男性の26.7%しか
その水準に達しておらず、20代ではさらに半数以下になるという。
そもそも、収入以前に、パートナーがいると答えた男性は
20代で22%、30代で 15%しかいなかった。

「性的に積極的な女子大生」も50%を切る
 各メディアは、日本の将来が深刻な危機に陥っていることを示す、

国内外の機関による調査データを数多く挙げている。
・16歳から24歳までの女性の45%、男性の25%が

「性的な接触に関心がないか、嫌悪している」
(WP、国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査」より)
・日本人の半数以上が独身だ。

18歳から34歳までの独身女性の49%と独身男性の61%は、
いかなる種類のロマンチックな関係も持っていない(同上)
・子作り適齢期の日本人の3分の1以上は、セックスをしたことすらない。

18歳から34歳までの女性の39%が処女で、男性の36%が童貞だ(同上)
・「性的に積極的な女子大生」は、2005年には60%いたが、2012年には47%に下がった

(フォーブス、日本性教育協会調べ)
・日本の総人口は昨年、21万2000人減り、過去最大の減少を記録した。

出生数も前年の121万人から大幅に減り、過去最低の103万人となった(WP)
・日本の労働人口(15-64歳)は現在、約7900万人。

2050年には5200万人以下に落ちる(フォーブス、スタンフォード長寿研究センター調べ)
・2040年までに80歳以上の人口が15歳以下を上回る。
・総人口は現在の1億2700万人から、2060年には8700万人に減る。

しかも、その40%近くが65歳以上となる(フォーブス)

◆「日本の高齢者は自殺をするために列を作りはしない」
  WPは、上記の処女・童貞率を

「異常に高いうえに、なんとこの10年間ほとんど変化がない」
と大きな驚きを込めて記す。
他の数字についても、日本の「文化的な奇妙さ」を示すものとして、
異常性を強調している。
そして、それは日本だけの問題ではなく、世界経済に悪影響を与える
国際的な大問題だと警告する。
予想通りに少子高齢化が進めば、世界第3位の経済大国が破滅する見込みは
非常に高く、アメリカや中国なども大きな影響を受けるだろう、というのが同紙の主張だ。

 フォーブス誌も、労働人口が増え続けているアメリカなどと比べ、

日本の人口動態の縮小傾向は異常だと警告する。
同誌はそれを「警戒警 報が鳴り響いている」
「破滅をもたらす時限爆弾を抱えているようなものだ」などと表現している。
特に、高齢者を支えるための財政負担は深刻だとし、
「(日本人)全員が『急いで死ね』という号令に従えば、
国の後退は制御可能になるかも知れない」
「しかし、日本人の高齢者は自殺するために列を作りはしないだろう」などと、
強い喩えで事態の深刻さを表わしている。
 同誌はさらに、日本の「低い犯罪率」

「素晴らしい芸術的な伝統」「優れたインフラ」 などは、
このまま少子高齢化が進めば維持できなくなるとも記している。
ただし、長期的な人口の動きを予測するのは難しく、
各機関の予想値が外れる可能性も決して低くはない、ともしている。
一方、WPは、「不謹慎な提案かもしれないが」と断りつつ、
野田聖子議員発案の「堕胎の禁止」を、やや皮肉を込めて
効果が見込めそうな政策の一つに挙げている。

一般財団法人日本児童教育振興財団内 日本性教育協会 ようこそ 日本性教育協会ホームページへ
2014年6月21日土曜日
「番外編 JKお散歩」は新たな人身売買、米国務省が報告
「JKお散歩」は新たな人身売買、米国務省が報告

(21日06:39)TBS
外国人技能実習「強制労働の温床」 米報告書 JK散歩は人身売買
2014年6月21日 朝刊東京新聞 TOKYO WEB

米の人身売買報告書に日本の「JKお散歩」
< 2014年6月21日 7:58 >
米報告書 外国人技能実習制度拡充を批判
6月21日 4時50分 
NHKニュース

0 件のコメント:

コメントを投稿