慰安婦問題について、いろんな報道: これが日本初のセーラー服!  大正時代、京都の女子生徒たちが身を包んだ制服は…

Translate

2015年1月21日水曜日

これが日本初のセーラー服!  大正時代、京都の女子生徒たちが身を包んだ制服は…


産経WEST
平安高等女学校が日本で初めてセーラー服を導入した。
写真は大正12年当時のセーラー服(平安女学院提供)
2015.1.21 10:21更新 これが日本初のセーラー服! 
大正時代、京都の女子生徒たちが身を包んだ制服は…
明治・大正・昭和戦前期に存在した高等女学校とはどんな学校で、通っていた女学生たちは
何を学んでいたのか。
京都の「女学生文化」に関する資料を展示する企画展「京都の高等女学校と女学生」が
京都市学校歴史博物館京都市下京区)で開かれている。3月29日まで。
企画展「京都の高等女学校と女学生」
  高等女学校は、昭和23(1948)年まであった女子中等教育の学校で、京都市内には、
16年4月の時点で公立6校、私立10校があった。
学年は現在の中学1年から高校1年~2年にあたり、厳しい入試を突破しなければ
入学できなかったという。
 しかし、高等女学校がどんな学校で、どんな服装で過ごし、何を学んでいたのかなど、
今日ではあまり知られていない。
 企画展では、大正時代に高等女学校で使われていた英語の辞書のほか、
大正時代に日本で初めてセーラー服を導入した平安高等女学校(現平安女学院)
制服のレプリカや写真など資料104点を展示している。
1920年 - 通学服を和装からセーラー服に切り替える(日本初の導入)
トンボ学生服  セーラー服の歴史|ユニフォームミュージアム|株式会社トンボ
平安女学院・制服の歴史について
※:学校法人福岡女学院 福岡女学院中学校・高等学校 
セーラー服の元祖は平安女学院?

0 件のコメント:

コメントを投稿