慰安婦問題について、いろんな報道: 砂防ダム内に集落60年 不法占拠状態、京都府が移転要請へ

Translate

2015年1月5日月曜日

砂防ダム内に集落60年 不法占拠状態、京都府が移転要請へ

砂防ダム内に集落60年
 不法占拠状態、京都府が移転要請へ
ニュース - 産経ニュース(2015年1月5日07時59分)
京都市北区の砂防ダムの内側に約60年にわたって不法占拠状態で居住している住民が
いるとして、河川管理者の京都府が平成27年度に、移転要請を含めた
本格的な対策に乗り出すことが4日、分かった。
現場は国有地で約50人が居住しているが、災害の危険があるものの
長年、居住していた実態から反発する 住民もいるという。
府は住民らの説得作業を進め、まずは自主移転を呼びかける方針だ。
 京都府砂防課によると、現場は、紙屋川にある砂防ダムの内側。
昭和28年にダムが建設された直後から川べりに在日韓国人や在日朝鮮人らが住む
集落がつくられていたという。
 府は集落を認知していたものの、居住を続けることを事実上、黙認していた。
しかし、昨年8月に広島市で土砂災害が発生し、防災に注目が集まる中、この地域が
大雨で繰り返し浸水していることなどから方針を転換。移転を求めることを決めた。
 府の事前調査で集落には約30世帯の約50人が居住。民家などが約50棟あり、
空き家も10棟以上が確認された。
府は移転を打診したが、住民側の一部は「50年近く暮らしている」
「なぜ今さらそうなるのか」と反発しているという。
 府は新年度予算に空き家の撤去費用を計上。まずは空き家となっている建物の撤去を行い、
不法占拠状態の解決に向けて着手していくとしている。
担当者は「すぐに解決できる問題ではないかもしれないが、話し合いの中で
解決策を見いだしたい」としている。


2013年05月15日ka)京都市紙屋川砂防ダム内の朝鮮人集落です 004
康太三十五
取材ノートロゴ 
The Kyoto Shimbun
紙屋川の砂防ダム内集落 住民との対話が不可欠
社会報道部 辻智也
紙屋川の谷底に家々がひしめく集落 (1日、京都市北区)
京都市北区の紙屋川の砂防ダム内に、50年以上前から
「不法占拠」の住宅が多く建ち、人が暮らしている。
昨年から、京都府が立ち退きを視野に動き出したが、
住民の間で不安と反発が広がる。
問題の解決には丁寧な対話が欠かせない。
 集落は、ダム堤防のすぐ上流のすり鉢のような谷底にある。
紙屋川沿いの約50軒に約50人が暮らす。
1953年のダム完成直後から、建設に関わった人が
住み着いたというが、明確な成り立ちは不明だ。
住民の大半は在日韓国・朝鮮人で高齢化が著しい。
  新年から始まったシリーズ連載
「深層わがまち」の取材で、45年前から暮らす
在日韓国人の国本百合子さん(83)に話を聞いた。差別でアパートを借りられず集落に移住し、
建設工事で生計を立てながら一人で3人の子を育てた。
「まわりに嫌われ、行き場のない人ばかりが寄った」と話す言葉が悲しく印象に残っ た。
 周囲の住宅地の住民からは「誰が住んでいるか分からず、怖い場所」という声も聞いた。
孤立する集落の住民にとって、ダム内の生活は危険と隣り合わせだ。
大雨のたびに浸水し、過去20年で5回も被災した。
  昨年7月の豪雨で集落はほぼ水没し、過去最悪の被害が出た。
高齢者たちは消防隊員に救助され、一命を取り留めた。
これを機に、府は市、国と連携し、本年度から本格的な対策に乗り出すが、
「不法占拠」の解消という観点だけで取り組むべきではない。
この問題を放置すれば、住民の命の危機に直結する。
 ただ、大半の住民に立ち退きの意思はない。府が長年黙認状態を続けてきたこともあり、
「なぜ今更」という思いが広がっている。
  市内にはかつて南区東九条の鴨川河川敷にも、在日韓国・朝鮮人らが多く住む
大規模な集落があった。
府などが立ち退きを求めたが、住民の自治会が学識経験者らを交えて行政と交渉。
9年前までに新たな団地が近くに建ち、多くの住民が移住した。
団地建設は平安建都1200年に合わせた環境整備という側面もあっ た。
 一方、紙屋川では、団地建設などの潤沢な予算が期待できるだけの盛り上がりは
見せておらず、立ち退き後の住民生活の見通しは立たない。
集落内に自治会組織は存在せず、住民自身も将来像を描けないでいる。
 東九条で地域の支援を続けていた宇野豊さん(53)は「紙屋川の集落は東九条と同様、
差別と貧困が生んだ。
住民同士のつながりがあるなら、最悪でも一緒に住める形にしないと」と指摘する。
 3月、集落を訪ねると、国本さんが集落の仲間とおしゃべりを楽しんでいた。
寄り添った人びとの笑顔があった。
行政だけで強引な解決を図らず、苦難を生きた住民の声に耳を傾け、
ともに納得できる道を探るべきだ。[京都新聞 2013年4月3日掲載]
                          
京都府  2012年8月2日
豪雨被害の京都市北区衣笠開キ町
・砂防ダム内集落はいま

大阪DEEP案内取材班が以前紹介した京都市北区衣笠開キ町にある謎の砂防ダム内集落。
一旦豪雨でもあればアウトだろこれと思っていたら7月中旬の大雨で
実際に紙屋川が氾濫してあの集落を襲ってエライ目に遭ったというのだ。
大雨:京都で1時間90ミリ 床上浸水や土砂崩れ多数

約20戸が床上浸水…ですか…そりゃ砂防ダムの中に家建てたらそうなるわな、
と現場を見て率直にそう思った我々取材班だが、やはり被害状況が気になる、
この目で見なければならない…と言う訳で今再びの京都でございます。
千本北大路交差点の北側、佛教大学の裏手の一画、
見た目には以前と全然変わっていない。

しかしひと度砂防ダムの中に目を移すとそこには明らかに豪雨によって
荒れ狂った川が運びだした泥やら何やらで元の地形が原型を留めていない。
こりゃ想像以上に酷いな。

周囲で高みの見物ばかりしていてもしょうがないので前回と同じく砂防ダムの中にある
集落まで降りていく事にする。集落に続く数少ないアプローチ道路が
民家の間のブロック塀に挟まれた幅1メートル足らずの路地。
二度目だけど分かりづらくてうっかり素通りしそうになった。

相変わらずせせこましい入り口だけど佛教大学裏側からの道はここ以外に
皆無だからなあ…前回訪問時にあった怪しげな葉っぱのマークなども
そのまま残されている。
治外法権的な香りは変わらず漂ってくるがそれ以上に蒸し熱い。
京都盆地の夏は異常過ぎる。

さて、視界は開けて砂防ダム内集落の屋根が見えて参りました。
この部分は全く前回と変わっていない。
最悪でも被害状況は「床上浸水」なので家が流されてしまったりという事はなさそうだ。
なぜかゴルフボールを拾い集めている手前の民家はノーダメージ。

しかし一気に砂防ダムの底まで下っていくとひと目でエライ目に遭っている事が分かる。
あたり一面泥の地層が出来ていて、とりあえず人が通る部分の泥だけを
応急的に取り除いた状態になっていた。

豪雨被害のニュースを聞きつけてから一週間くらいの時期に訪問したのだが、まだまだ
手付かずの部分も多かった。泥の層がかなり分厚い。
砂防ダム内集落は高齢世帯も多いので自力で片付けるのは難しい状況だろう。

ところが豪雨災害のニュースを聞いた地元京都の学生が衣笠開キ町の被災家屋を
なんとかしようとFacebookで呼びかけあって
ドブさらい等のボランティア活動をしているらしい。
まあなんとも健気な学生達である。

ボランティアの活動もあってか、泥の堆積が酷い以外は
あらかた片付けられている印象だった。
次は行政が市営住宅の斡旋をする番でしょうかね。

床上浸水した家屋の状況。ステンレス製浴槽が横倒しになっているのが見える。
部屋の奥を見るとそのまま家財道具がグッチャグチャになっていた。

別の床上浸水家屋。床板や畳が全部ごっそり取り外されていた。
またここに人が住むのだろうか?

長屋が向かい合って連なる一帯。
ボランティア隊のFacebookページに災害翌日の写真が
上がっているのを見た限りではこの辺まで泥水が流れこんできたものと思われる。

さらに砂防ダム内を行き来する歩行者用鉄橋が酷い事になっていた。
豪雨で氾濫した紙屋川が大量の流木やら何やらを集落に流し込んできた勢いで
手すりが折れ曲がって片側がごっそりもぎ取られていたのだ。
東日本大震災の大津波もそうだったが水の力は恐ろしいものだ。

手すりが片側だけになってしまった橋。
「キケン」の三文字が赤いテープで貼り付けられていた。
ここを渡るのは確かに危険である。橋はまた架け直す事になるのだろうな。

集落から紙屋川の上流部分を見る。氾濫した川が暴れ回った跡がくっきり残っている。
近年頻発するゲリラ豪雨がまさかこの土地を襲うとは我々取材班も想像していなかったが、
やっぱり砂防ダムの中に家は建てない方がいいと思いますよ。

最後に最寄りの朝鮮学校前から集落を一望する。
外周部に面した家屋はそれほどダメージを受けていないようだ。
今回の豪雨被害をきっかけに行政が動いて砂防ダム内集落が全面的に
立ち退きをするような流れになる事は…多分無さそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿