慰安婦問題について、いろんな報道: ジョン・レノンの勲章返上と、桑田氏・・・。【動画】「桑田佳祐は国民に対して謝罪しろ!」 と、 サザン所属事務所・アミューズ前で抗議行動

Translate

2015年1月11日日曜日

ジョン・レノンの勲章返上と、桑田氏・・・。【動画】「桑田佳祐は国民に対して謝罪しろ!」 と、 サザン所属事務所・アミューズ前で抗議行動

MBE.jpg
 桑田佳祐が酷い理由12連発 randomyoko2
【紅白歌合戦】反日NHKと桑田佳祐の紫綬褒章[桜H27/1/8] SakuraSoTV

2015年1月15日木曜日
紫綬褒章の扱いで謝罪  ライブで「配慮足りず」サザン桑田さんと事務所。
サザン桑田さんらの謝罪文全文

褒章(ほうしょう)とは、社会や公共の福祉、文化などに貢献した者を顕彰する
日本の栄典の一つ。
対象となる事績により、紅綬褒章、緑綬褒章、黄綬褒章紫綬褒章藍綬褒章、
紺綬褒章の6種類がある。
栄典を所管するのは内閣府であり、事務執行機関として賞勲局が置かれている。

紫綬褒章(しじゅほうしょう)は、日本の褒章の一つ。
日本国天皇」の名で授与される。

勲章褫奪令に基づき紫綬褒章を褫奪(ちだつ、剥奪の意)された者。
褫奪されると、官報に掲載され、紫綬褒章を返還しなければならず、
紫綬褒章受章者であると名乗ることも認められなくなる。
内柴正人[6]:(2004年褒章、2008年飾版) アテネ五輪、北京五輪男子柔道金メダル

勲章 (日本)日本国憲法第14条3項後段では
「栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、
その効力を有する。」とされており、勲章を世襲することはなく、勲章を佩用
(はいよう。着用)することができるのは授与された本人のみである。
なお、本人またはその親族が受けた勲章は財産としての差押が禁じられている
民事執行法131条10号、国税徴収法75条1項9号)。
また、授与された有体物としての勲章は財産権の対象として相続の対象となる。
勲章と同一又は類似の商標は商標登録することができない(商標法4条1項1号)、
資格がないにもかかわらず勲章若しくは勲章に似せて作った物を用いた者は
拘留又は科料に処される(軽犯罪法1条15号)など、勲章に関わる法的規制もいくつかある。

不敬罪(ふけいざい)とは、国王や皇帝など君主や、王族や皇族など君主の一族に対し、
その名誉や尊厳を害するなど、不敬とされた行為の実行により成立する犯罪。
現行法律下では告訴権者が「天皇、皇后、太皇太后、皇太后又は皇嗣」であるときに
内閣総理大臣が代わって名誉毀損罪や侮辱罪の告訴を行うことができるのみで、
適用される法律自体は一般国民に対するそれと変わらない。

2009/01/12 15:15 ビートルズ・・・いつも心にビートルズ 
PlasticOnoBand.jpgジョンが1969年に返還したMBE.勲章発見
ジョンが1969年に返還したMBE勲章が

発見されたと、Times OnlineとUKサンが報じている。
ジョンは当時

イギリスのナイジェリア/ビアフラでの内戦への関与、
ベトナム戦争におけるアメリカへの支援、
「コールド・ターキー」がチャートを
下降していることに反対し
と言ってMBE.勲章を返還した。
そのMBE勲章は返還されたときに、ジョンが添えた手紙とともに、セント・ジェームス宮殿

Central Chancery of the Orders of Knighthood(勲爵士団の中央公文書保管所)に置かれた。
勲章は返還されたが、ジョンの気持ちとは裏腹にMBEという称号はそのまま残されている。
バッキンガム宮殿は声明を出し、その一部で「それはレノン氏が返還した日から

保管されておりますが、博物館で展示されるかどうか決めるには、
まず所有者を定める必要があるでしょう。
それはジョン・レノンの遺産を管理するヨーコ・オノ次第と言えましょう」

念のため解説しておきますと、ビートルズの4人は1965年10月に

大英帝国彰勲章 (Members of the Order of British Empire: MBE)を英国王室から
BeatlesMBE.jpg送られています。
受勲の理由は国家に対する、外貨獲得などによる

多大な経済的貢献です。
ビートルズの受勲が発表されたところ、

戦争の武勲で勲章をもらった元軍人達の中で
勲章を返上するという騒動が起こったりしましたが、
その時にジョンは、

「僕らの叙勲に不満がある人は、戦争で人を殺して勲章を

もらったんだろう。でも僕達は人を楽しませてもらうんだから、
僕達のほうがもらう資格はあると思うよ。」

と、なかなかユーモアのある発言をしています。
さて、そのMBE勲章をジョンが王室に返還したのが1969年11月26日で、

その勲章が先日 宮殿で見つかった、というニュースなのです。

返還された勲章が捨てられずに発見されたことついては特に感想はないんですが、

今回のニュースであらためて思ったのは、

なぜジョン・レノンはMBE勲章を返還したのか?
ということです。

>「コールド・ターキー」がチャートを下降していること
 

はジョークとして、一般にはイギリス政府の政策に抗議してと言われていまして、
その具体的な政策が「イギリスのナイジェリア/ビアフラでの内戦への関与」と
「ベトナム戦争におけるアメリカへの支援」です。
しかし私は、これはジョンの気持ちの核心ではないのではないかと考えています。
2年後の1971年に「Happy Xmas (War Is Over)」をリリースしていますから、

1969年当時のジョンが強固な反戦思想を持っていても不思議ではないんですが、
これが勲章返還の真の理由ではないと思うんですよね。

まず、戦争についての政策を決定・実行しているのは英国王室ではなく

英国政府ですから、政府への抗議として王室へ勲章を返還するのは
少し筋違いだと感じます。

それに「ベトナム戦争におけるアメリカへの支援」に反対してといいながら、

ジョンは1971年にアメリカに移住してるんです。
1971年のアメリカは、まだベトナム戦争を継続中です。

これらのことから考えて、ジョンの勲章返還の本当の理由は

「戦争政策批判」ではないと思います。
それではジョンの勲章返還の真の理由は何だったのでしょうか?
謎を解く鍵は、1969年11月という時期にあると思います。
この頃のジョンですが、まず1969年7月に

平和を我等にGive Peace A Chance)」、
10月に「コールド・ターキーCold Turkey)」の各々をビートルズではなく、
Plastic Ono Band(プラスティック・オノ・バンド)というジョンとヨーコを中心とした
新しいバンド名義でリリースしています。
そして勲章を返還し たとされている11月26日ですが、この日のジョンは

何をしていたかといいますと、プラスティック・オノ・バンド名義でEMI第2スタジオを使い、
 「What’s The New Mary Jane」と「You Know My Name (Look Up The Number)」の
編集やオーバー・ダビングをしています。
この日にスタジオに集まったのはプラスティック・オノ・バンドの名の示す通り

ジョンとヨーコだけであり、ポール、ジョージ、リンゴは参加していません。

そして翌年の1970年1月3日と4日に、前回の記事で書いたように

ビートルズとしての最後のセッションが行われたのですが、
これにはジョンのみ参加していません。

さらに、このセッションの中でジョージがこんな“公式表明”をした記録が、

テープに残っているそうです。
「すでにお聞き及びのことと思いますが、デイブ・ディーはグループを脱退しました。

しかしミッキーとティッチ、それに私は、大切でありながらこれまで
二の次とみなされていた仕事を、今後も続ける所存であります。」
デイブ・ディーとは、60年代のイギリスのポップ・グループ「デイブ・ディー、

ドジー、ビーキー、ミック&ティッチ(日本での名前はデイブ・ディー・グループ)」
のリーダーで、1969年にグループを抜けてソロになった歌手の名前です。
ジョージはデイブ・ディーとジョンをひっかけて、ジョンがビートルズを

すでに脱退していること、自分達は残されたテープの編集作業をしていることを、
皮肉交じりに表明しているのです。

この流れを踏まえてジョンの勲章返還を、私はこう考えます。
 

ビートルズとしての名誉であるMBE勲章を返還することで、
ジョンはビートルズとしての名声を返上したかったのではないでしょうか。
ジョンのMBE勲章返還は、ビートルズとの決別の表明だったのではないでしょうか。


受勲の時は“たかが勲章”という態度を取っていたジョンでしたが、
MBE勲章にそれだけの意味を込めていたのかと思うと、
やぱりジョンは英国人であり、
“されど勲章”の気持ちも強かったのではないかと思います。

BLOGOS編集部 2015年01月11日 14:16 BLOGOS(ブロゴス) 
【動画】「桑田佳祐は国民に対して謝罪しろ!」 
サザン所属事務所・アミューズ前で抗議行動
大晦日に放送されたNHK紅白歌合戦でサザンオールスターズが演奏した
「ピースとハイライト」(発売は2013年8月7日)。
この曲の歌詞を巡り、ネット上では「政権批判」等の解釈がなされ、話題を呼んでいる。

また、桑田佳祐さんがライブ中に自らが受章した紫綬褒章を持ってパフォーマンスを行ったと

されることも相まって、「反日」「在日」といった書き込みまで飛び出す騒動になっている。

そんな中、11日、東京・渋谷にあるサザンの所属事務所「アミューズ」が入居するビルの前で

抗議行動が行われ、「ライブで不敬な言動」「猛省せよ」と書かれた横断幕や国旗を持って
集まった人々が「桑田佳祐の不敬発言を糾すぞ!アミューズは出てきて釈明しろ!」等、
謝罪を求めるシュプレヒコールを上げた。 

サザンオールスターズに反省を促す抗議活動【渡邊昇①】 sencaku38

サザンに反省を促す抗議活動 実施する理屈に苦言出る
2015年01月10日 17時12分提供:アメーバニュース/政治・社会 
1月11日、「サザンオールスターズに反省を促す抗議活動」が行われる。
場所は、サザンが所属する芸能事務所前。
 発端は、昨年末に横浜アリーナで行われたライブにて、紫綬褒章を桑田佳祐が

尻のポケットから出したりしたことなどにある。
デモの主催者は、サザンの楽曲 『ピースとハイライト』のライブ時の映像に、日の丸に
×印がついた画面と、「中国領土 釣魚島」と書かれた映像が出てきたことを問題視。
<憲法には「表現の自由」が保障されています。

桑田氏が政治的批判をするならば本人の自由です。
しかし紫綬褒章を受勲した品格さえ蔑ろにする礼節無き言動、
天皇陛下のモノマネをする不敬国旗日の丸に対する侮辱的行為
尖閣諸島をあたかも中共の領土と思わせる行為、これらは「表現の自由」の則を
著し く逸脱した行為であり、国体破壊であると我々は指摘せざるを得ません>
 これがサザンに「反省を促す」デモの理由なのだという。

 だが、コメント欄ではこの理屈に苦言も呈されている。

「ちなみに、ああいった映像は日本のマスコミも流しますし、

自称保守派で有名なチャンネル桜でも中国の反日デモの様子として度々出ます。
あなたの理論でいけば、中国人が日本の国旗を燃やす映像を流した
メディアはもちろんのこと、チャンネル桜も反日となりますよ」
桑田さんと紫綬褒章 Cool SSA 2015/01/06 に公開
(冒頭に陛下の真似をして茶化すシーンあり)

(前略)

今日みんなに見てもうおうと思って持ってきたんですけど
(ジーパンの尻ポケットから紫綬褒章を取り出す)
えー、こういうものをね、
(観客、声援)
皆さんこれ、皆さんのおかげでね、えーちょっと。

えー、まず、5000円から行きましょう。
欲しいひとー?
(観客も手を挙げる)
8800円で・・
やめなさい、そういうの。

感謝の気持ちを込めて歌にしたので聞いてください。

「ラブユー褒章」
♪紫のリボン 貰ってしまったの
♪シャボン玉の様な私の涙
♪皆さんがいてメンバーがいてスタッフがいて
♪紫綬 紫綬 みんなの褒章

8000円から。

紫綬褒章を受章しても過激なパフォーマンスは続ける!?
 2014年秋の褒章が政府から3日、発令され、国民的人気バンド
「サザンオールスターズ」の桑田佳祐(58)が紫綬褒章を受章した。
お下劣な楽曲の多い桑田だけに、一部では
「受章により模範的な人間になったら魅力が半減する」と心配する声もあるが、
悪ノリが好きな桑田に、そんな気はサラサラなさそう。
それどころか「前代未聞の『紫綬褒章ソング』の制作を考えている」
との仰天プランが浮上している。

「思わず耳を疑いましたよ」。こう驚くのは音楽関係者。秋の褒章受章者の中に、

サザンの桑田の名前があったからだ。

  受章者は734人(うち女性165人)と21団体。文化・芸術分野で功績を残した人に

贈られる紫綬褒章には、桑田のほか、女優の高畑淳子(60)
、歌舞伎 俳優・中村又五郎(58)、谷川浩司日本将棋連盟会長(52)らが選ばれた。
その道一筋に励んだ人をたたえる黄綬褒章には、
安倍晋三首相とオバマ米大統領の会食で利用された東京・銀座
「すきやばし次郎」のすし職人・小野二郎さん(89)らが選出された。

 3日付で秋の叙勲受章者も発表され、歌手の加山雄三(77)、女優の樹木希林(71)、

人気野球漫画「ドカベン」の作者で知られる水島新司さん(75)に旭日小綬章が贈られた。

 桑田は受章の知らせに「このような由緒正しい章をいただきまして、

身に余る光栄であるのはもちろんのこと、私のような者が
本当にいただいてしまってよいものかと、非常に驚いています」とコメント。

  続けて「デビュー以来ずっと目立ちたい一心で、下劣極まりない音楽をやり続けてきた」

と“桑田節”を交え「このような高貴な章をいただけるとするならば、 
そんな音楽を喜んでくださったたくさんのファンの方々と、大衆芸能を導いて来られた
幾多の偉大なる先達たちのおかげ」と述べた。

 本人が言ったように、桑田は女性器を連想させるエロ曲

「マンピーのG★SPOT」やNHKでの「放送禁止」発言、コンサートで美女ダンサーに
公然セクハラを繰り返すなど、過激なパフォーマンスを行ってきた。

  それだけにネット上では、祝福の声に交ざって「紫綬褒章にふさわしくない」

「政府の話題作りだ」「原坊(妻の原由子)にもあげろ」など異論も噴出している。
桑田をよく知る関係者は「縁のないモノだと思っていたから、本人も本当に驚いている。
ユーモアを交えたコメントは照れ隠し。
音楽仲間も祝福より爆笑 で、これをネタにどうやってイジるか考えてる最中ですよ。
桑田さんも『参っちゃったな~』というのが本音でしょう」と語る。

 紫綬褒章をもらったことで今後を心配する声もある。

「模範的な振る舞いに徹するようになったら、桑田さんの魅力は半減してしまう」

というのだが、同関係者は「桑田さんに限って、そんなことはない」と断言。
模範的になるどころか、紫綬褒章を逆手に取った“型破り企画”が進行しているという。

「紫綬褒章ソングを作って、自身のコンサートで歌うことを考えているようだ。

褒章をステージ上で披露することも考えているようです」(同)

 2010年7月に初期の食道がんを患っていることを公表した際、

桑田はファンが過剰な心配を寄せることを嫌い、ナースへのセクハラや
病室逃亡を宣言していたこともあった。
今回も“桑田流”でド肝を抜いてくれるはずだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿