慰安婦問題について、いろんな報道: ペンシルロケット 発射実験から60年。政府の情報収集衛星、29日午前打ち上げ

Translate

2015年4月11日土曜日

ペンシルロケット 発射実験から60年。政府の情報収集衛星、29日午前打ち上げ

ペンシルロケット 発射実験から60年
4月11日 19時14分 NHKニュース
日本の宇宙開発の先駆けとなった、
僅か20センチ余りの長さのペンシルロケット
その初めての発射からちょうど60年を迎え、当時実験が行われた
東京・国分寺市で11日から記念の催しが始まりました。

ペンシルロケットは長さが僅か23センチのまさに鉛筆サイズのロケットで、
「日本の宇宙開発の父」とも言われる故・糸川英夫氏らのチームが、
昭和30年4 月12日初めて発射実験に成功しました。
それから12日でちょうど60年になるのを記念して、
当時実験が行われた国分寺市では11日から記念の催しが始まりました。
市とJAXA=宇宙航空研究開発機構が共同で開いた
本物のペンシルロケットの展示会には、糸川氏らが製作した
17機が並べられていま す。
このうち60年前に実際に発射されたロケットは、
火薬による熱の影響が見られ、尾翼の部分には
実験に使われた通し番号の「23」という数字が刻まれています。
このほか、会場には日本の宇宙開発の歴史を
説明するパネルや模型も並べられ、
訪れた人たちが真剣なまなざしで見つめていました。
ロケットの収集に当たった国立天文台の阪本成一教授は、
「日本のロケット開発は、軍事と無関係に進められた
世界でもまれな経緯がある。
日本だからこそできた平和目的の宇宙開発の原点を
見てもらいたい」と話していました。 
日本の宇宙開発の大きな礎に
「ペンシルロケット」は長さ23センチ、
直径1.8センチ、重さは200グラムと、
その名のとおり鉛筆程度の大きさでした。
制作したのは東京大 学の糸川英夫教授らのチームで、
将来のロケット開発に必要な基礎的なデータを集めるため、
この小さなロケットに火薬を詰めて発射実験を行いました。
実 験は東京・国分寺市の工場跡地で行われ、
長さ1メートル50センチの発射装置を使って、
「空に向けて」ではなく、水平方向に発射されました。
この時代、飛 行速度などの変化を測る十分な機器がなかったことから、
電流を流した銅線を張り巡らせた薄い紙を1メートルごとに9枚設置して、
ロケットに突き破らせるこ とで計測が行われました。
実験が行われたのは昭和30年4月12日午後3時5分。
最高で1秒間に140メートルの速度が出たということで、
1か月のうちに 29機すべてのペンシルロケットの発射に成功しました。
あれから60年がたち、日本の基幹ロケット「H2A」は
先月の打ち上げで22機連続で成功 をおさめるなど
国際的な信頼を勝ち取り、海外の人工衛星の打ち上げを
受注するまで実力をつけました。
全長53メートルのH2Aロケットに比べれば、
僅か 200分の1の大きさしかないペンシルロケットですが、
60年前の水平発射実験の成功は
日本の宇宙開発の大きな礎となりました。
 
 
ロケット開発のあゆみ~ペンシルからM-Vまで~ 
JAXA | 宇宙航空研究開発機構


H2Aロケット27号機の準備状況について説明する、三菱重工の
打ち上げ担当責任者の平嶋秀俊氏(左)ら
=27日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター

48 件のコメント:

  1. 警察庁が全国警察本部警備部、電波部に使用させ国民を監視、拷問し人体実験と称し莫大な裏金を得ている。危険人物と勝手に認定した人物1人あたり1月1億、年間12億とも言われる金が本部と警察庁に入る。故に1万人に1人位の割合で特定された不幸な被害者は一生犠牲となる運命である。こんな身勝手な国家犯罪がまかり通る恐ろしい国、日本の実態である。

    返信削除
    返信
    1. 全国警察本部と警察庁に国から支給される裏金の金額が1ヶ月1億、年間12億についての裏づけは、新聞社のネット情報によるものだが、今は抹消され見る事ができない。

      削除
  2. 警察庁警備局の国民に対する情報収集衛星「レーダ衛星2基、光学衛星2基、レーダ予備機1基」合計5基体制使用による監視システムの国民監視、拷問、虐待、実験による裏金造り。全国47都道府県警察本部、通称電波部、公安調査庁などで、防衛省情報本部電波部は今回無関係とする。

    返信削除
    返信
    1. 警察庁、公安調査庁、全国47都道府県警察本部、内閣官房、などで情報収集衛星を使用し、他には防衛省、消防庁、経済産業省、海上保安庁、国土地理院なども、この衛星を使用している事を付け加える。防衛省を今回無関係としたのは、まだ確証がつかめないのに多くの者に加害者扱いされ、警察庁を見逃す傾向にあるからである。

      削除
    2. 光学衛星には巨大電波望遠鏡、使用機能搭載し、地上には80台の巨大電波望遠鏡が設置してある。2015年2月1日三菱電機特機システム製造(社員証言)のレーダ予備機を、三菱重工業とJAXAが種ヶ島より打ち上げ、これまでの衛星の中で最も性能が良く、使用者の一人に警察庁警備局、全国47警察本部警備部公安、電波部で使用し(社員証言、警察証言)合計5基体制の情報収集衛星監視システムによる国民監視、電磁波での人体実験、拷問をする事により、多額の裏金を得ている。レーダ予備機の性能向上に伴い電磁波による殺人が可能であるなら、完全犯罪が成立しそうだが、不信死は警察が犯人であり、この様な警察の不始末は製造者、及び注文者の内閣官房にも責任がある。

      削除
    3. 情報収集衛星を使用する9省庁で、国民に対する加害組織と推測されるのは、警察庁の他、法務省管轄の公安調査庁配下、全国合同庁舎内公安調査室、消防庁管轄の全国消防本部消防指令センター、及び全国防災センター、防衛省管轄の全国自衛隊通信指令課などが警察庁警備局に応援協力する事により、裏金を得ていると推測されるが、これらを操る電磁波犯罪、集スト犯罪の黒幕組織の思惑は、創価学会に全ての罪をなすり付けたい隠蔽工作であろうか。

      削除
  3. 情報収集衛星の製造は三菱電機特機システム、打ち上げは三菱重工業とJAXAで使用者は警察庁との事で証人は三菱電機特機システム社員である。衛星性能は特定秘密保護法案の9割を占め極秘にされている事は阿部内閣が発言しており、開いた口がふさがらないが被害者の国民が衛星の性能、監視、拷問、性犯罪、その他、眼球切断など酷い内容を証言している。

    返信削除
    返信
    1. 国、警察庁、三菱電機、大手マスコミの癒着と特定秘密保護法案による隠蔽と裏金問題。

      削除
  4. 情報収集衛星を使用する警察庁警備局が命令する全国47都道府県警察本部、通信指令課警備部、通称電波部による電磁波拷問、思考盗聴による性犯罪、集団強姦の慰安婦作り、一生売春婦はあってはならない性犯罪であるが、この監視衛星を使用する組織だけが可能である犯罪といえる。

    返信削除
    返信
    1. 警察の監視衛星による慰安婦,一生売春婦作りは血も涙も無く暴力、リンチ、恐怖の思考盗聴で成り立っている。衛星使用による電磁波の身体拷問、性器拷問、音声送信を24時間、毎日やり続けターゲットの女性を完全にブルわせ、思考盗聴により女性がブルった時、一斉に集団で襲い掛かり拘束し、殴る、蹴るのリンチ強姦と性器拷問、恐怖のビデオ写真撮影などを思考盗聴しながら、女性が完全にブルうまで気が狂う一歩手前までやる。たとえ女性が自殺しても犯人である自分達は安全であり全く問題は無く、強姦された女性は衛星により監視、拷問が続き、女性としてありえない言動、行動を強制され逆らうと又リンチをうけ、仕方なく音声送信の命令に従い人格が破壊され抵抗力を失っていき一生売春婦にされる。料金1円から10円の小銭強制されても、これは売春でなく強姦である。

      削除
  5. このような犯罪を防ぎ、やめさせるには、全国警察本部が、情報収集衛星を使用している事実を、各マスコミがどんどん報道し、世論を高め多くの国民に知らせ政治に訴え、間違った警察権力を正すべきであり、現状が進めばマスコミも国民も国と警察に牛耳られ、恐ろしい国に変貌してゆく。

    返信削除
    返信
    1. 全国警察本部、警備部が情報収集衛星を使用し、国民を電磁波による監視、拷問、性犯罪などで虐待することにより、裏金を得ているが、特定秘密保護法で隠蔽し、国民に対し、この衛星の極秘使用を続ける以上、衛星の製造、政府との癒着が推測される、三菱電機特機システムは、情報収集衛星の性能を向上させ、電磁波による殺人可能兵器を搭載した軍事スパイ衛星を、内閣官房に提供するのでは、日本の国民は政府と警察に支配され、この衛星からの電磁波による監視、完全犯罪の殺人が成立し、恐怖による恐ろしい監視社会国家となる懸念を十二分に、三菱電機は考慮していただきたい。

      削除
  6. 防衛省情報本部電波部、全国6カ所の通信所があり、情報収集衛星(スパイ衛星)を使用しており情報本部上層部は警察庁関係者が多くを占め、取り締まる機関は無く疑う者も多いが警察より人数も少なく、北朝鮮、中国、ロシアなど諸外国の監視任務があり警察ほど暇ではなく今は信用したい。ここの出身者が県警本部長になって行く者が多く、電磁波犯罪で裏金を稼ぐ。

    返信削除
    返信
    1. ここ10年以内で監視衛星による電磁波の被害者が急に増加傾向にあるが、この極秘衛星使用で裏金を稼ぐのは簡単で、警察上層部にとって都合がよい。2020年、オリンピックの終了後、日本の国はいつ破綻しても不思議でない状況となり、今のうちに貯蓄をして円以外の資産に変えておかなければ、生き残れないとの思惑が見える。国も同じて゛破綻は防げない為、1千兆円以上の国の借金は全く返さず増える一方で、破綻する前に金の奪い合いとなっていくであろう。これが監視衛星からの電磁波による被害者が急激に増加している原因の一つで、裏金額1人の特定する被害者1人、1ヶ月1億、1年12億は大きい。

      削除
  7. 防衛省情報本部、電波部は今回、無関係としてこの機関の上層部が全国の県警本部長に就任し、通信指令課警備部、通称電波部が情報収集衛星を使用し、国民に電磁波による拷問、実験、性犯罪など行い県警本部長と警察庁は莫大な裏金を得ているのは確定だが、公安調査庁もこの衛星を使用しており同じ事が考えられるが、まだ確実な証言が無く公安警察については酷い内容の悪評が多い。

    返信削除
    返信
    1. 公安調査庁、約1500名も監視衛星を使用しているが警察とは何の関係も無い、法務省の外局情報機関であり、防衛省情報本部、電波部(2400名)と同様、今回は無関係とする。国民監視の国家犯罪は警察庁警備局と配下47都道府県警察本部の警備部、公安警察の秘密組織、電波部が国民に対し電磁波による拷問、人体実験、性犯罪、危険人物の認定による裏金造りの為の加害者で、結果、全国に電磁波による被害者が数多く実在する。

      削除
    2. 警察庁警備局、情報通信局1000名、警視庁公安部、電波部2000名、全国道府県46警備部、電波部8000名、警察電波部関係者、計11000名。防衛省情報本部電波部より、人員が多く、災害は国土、消防、気象など他の省庁も衛星から情報収集しており、警察をここまで必要としない。防衛省上層部は警察庁関係者に占められており、後に県警本部長に就任し裏金を得る為、今は警察庁に協力する関係か。

      削除
  8. 2015年2月1日レーダ予備機の打ち上げ成功について。この人工衛星についてネットには、簡単な情報しか載ってらず、電磁波の被害者である私は東京の三菱電機本社に電話をかけました。どこで製造、打ち上げ、使用してる衛星かを質問したところ、重工業の名前がでてきたので三菱重工業に電話をしたところ、打ち上げしかしていない、製造は特機システム、警察も間違いなくしようしている。注文は内閣府官房との事、性能は造った所に聞いて下さいとの事。三菱特機システムに電話をかけ相手の名前は聞かず監視衛星からの電磁波被害者の誰々だと名乗り、全ての確認と使用者である警察の使用方法、いかに酷く卑劣な使用かを説明をして、この衛星の使用者に警察も含まれている事を再確認した。

    返信削除
    返信
    1. 特定秘密保護法で情報収集衛星の性能、使用者状況、被害者状況、犯罪内容を詳しく知る者ほど関係者でも、この国家犯罪が許せ無い者が多く、警察内部でさえ正義感の強い者は嫌悪感を覚え上司ともめ内部告発までする。秘密保護法だろうが何だろうが、悪いものは悪くまともな人間であれば、決して黙認できる内容の犯罪ではない。元群馬県警、警部補大河原宗平氏もその1人で、裏金、監視衛星の暴露、警察犯罪の公表などの告発、真実の裏づけに24時間体制で公安警察に集団ストーカー行為をされ盗聴、盗撮と狙われている。

      削除
    2. 追伸  特定秘密保護法の9割は情報収集衛星に関する事で、全てを隠蔽している。

      削除
  9. 多くの被害者の方の意見を読んでいると、衛星による電磁波攻撃、拷問、実験、犯罪などが、防衛省情報本部電波部、創価学会だと決めつけている方がけっこう多いのて゛すね。防衛省ですから国外を監視するため職務上、情報収集衛星の使用は当然であり、宗教団体がこの軍事衛星(スパイ衛星)レーダ衛星2基、光学衛星2基、レーダ予備機1基、合計5基の監視衛星システムの所持、使用は不可能です。防衛省が国民に対する電磁波によるテロ行為をしても、警察のように裏金が入るとは聞いた事が無く、女性に対する集団強姦、慰安婦も防衛省が犯人とは、ほとんど聞いた事が無く、これも警察、公安警察は耳にタコができるほど聞こえてきます。女性から泣きながらの相談も経験しています。以上のことからも判断して考えを否定はしませんが、まず警察を疑うべきです。警察庁、全国47都道府県警察本部が情報収集衛星を使用する確たる理由は前に説明しました。

    返信削除
    返信
    1. 情報収集衛星による国民監視、電磁波拷問、慰安婦作りなどの電磁波悪用は被害内容が悪魔の仕業、変体でなければ出来ない程、酷い醜く自衛官か警察か二者択一であれば、迷う事無くこの衛星を使用する、悪評高い警備部公安警察の秘密組織電波部であり、防衛省情報本部電波部6通信所は、絶対的人数が少なく地獄耳の私でも一度も悪い噂を聞いた事がない。警察庁警備局、情報通信局、全国47都道府県の警察本部で災害監視を目的に監視衛星を使用する警察は、絶対的に数が多すぎで馬鹿でもどちらが犯人か一目瞭然である。又、自衛官に慰安婦、強姦も合わないが警察は申し訳ないがこれ程、似合う組織は無い。証拠として、警察の悪口を書いている今、電磁波の拷問が普段より酷く、担当警察官の頭が悪いため、被害者の私には犯人の心理状態が手に取るように分かり、『今日の担当、馬鹿丸出しか』と頭の中で怒鳴りつけている。

      削除
    2. 防衛省情報本部電波部の上層部は、警察庁の関係者が多く、集団ストーカーの被害者がヘリコプターが不自然によく飛んでくる、との訴えが多いが警察庁に、後のことを考え協力しているのが原因とも推測され、悪い噂はこの程度であるが私も自信は無い。

      削除
  10. 情報収集衛星監視システムは特定秘密保護法の9割を占める極秘が安部政権の方針であり、テレビ局、大手マスコミ、朝日新聞社など国との癒着が考えられ、当然、裏金が動く。極秘の理由は軍事衛星(スパイ衛星)ともっともらしいが、真の理由は警察庁がこの監視衛星を悪用し、勝手に国民を監視、虐待、拷問、犯罪での裏金造りを隠す事であり、グルの大手マスコミまで存在する。

    返信削除
    返信
    1. 警察庁警備局、直接の配下である全国警察本部の警備部、公安警察の秘密組織、電波部の情報収集衛星による国民監視、拷問、性犯罪、人体実験と称しての裏金造りなどを、特定秘密保護法て゛全て隠しているのが日本の警察である。特に女性に対して監視衛星使用の電磁波拷問は、ほとんどの被害女性が、性器拷問を毎日されており、若い女性ほど長時間のレイプまがいの激しい性器拷問(太い電磁波棒によるピストン操作)と卑猥な音声送信をされている。女性の口からは、あまりにも卑猥で屈辱的な内容で、説明できないのである。加害者の警察官は出来る限りの、女性が恥ずかしがる事、肛門、クリトリス拷問も含め徹底的にやれば、電磁波による性器拷問が暴露されないとの女性の精神的欠点を巧に悪用した犯罪ではあるが、男性にしたら恥ずかしいと言うのは言い訳で、失礼な言い方かもしれないが、気持ちがいいM女にとって都合のいい、言い訳にも聞こえる。勝気なしっかりした女性は、これをきちんと説明し、男性にも臆さず堂々と被害状況を訴えてくれる。そのような女性は集団強姦などされず、当然、警察にも狙われず慰安婦にもされないし、男性から見ても魅力的な女性であり、話がそれたが実在する国家犯罪である。

      削除
    2. 警察組織の情報収集衛星使用をしての「電磁波による拷問と性犯罪(タグ)」http://denjiha.main.jp/higai/の閲覧により、警察の慰安婦にされた女性、同じ条件でも警察に何もされない女性、両方の女性を実際に見てきた電磁波の被害男性の、警察の闇と悪の実態である「金と女」などの国家犯罪を暴露したホームページ参照。

      削除
  11. 情報収集衛星の打ち上げ決定は、1969年「昭和44年」衆議院が「・・・平和の目的に限り」と言明、全会一致で可決したもので、防衛省がこの監視衛星を「平和の目的に限り」国外を監視するのは当然であるが、全国警察本部警備部、通称電波部が裏金造り、犯罪作りを目的に国民虐待、拷問に使用するのは国家犯罪であり、国はこれを禁止、取り締まりが必然だが、何故かこれを隠す為に特定秘密保護法の9割を占め、この監視衛星を警察が極秘使用し集団ストーカーとも言われている国家犯罪を黙認し人体実験に協力しているが、国民の代表となる政党がこれを禁止、国民を救出していただきたい。

    返信削除
    返信
    1. 情報収集衛星は監視衛星、偵察スパイ衛星であり宇宙から地上の人間を裸の状態で、走行中の車、室内、地下室など、あらゆる場所での監視が可能で、ターゲットに特定された人間は逃れる場所、術は無い。ターゲットが何処に移動しようが、屋根、壁、コンクリート、衣服も全て貫通しモニターに裸で映し出され防ぐ方法は無い。周りの人間の衣服を貫通させれば、同じく裸を見る事ができスケベな警察には、ピッタリの勃起システムの仕事と言える。裸の体の部分拡大、局部拡大(クリトリスなど)もでき、体の全てにあらゆる電磁波で拷問、挿入、いじくり、刺激など何でもできる、警察官勃起システムの衛星作動の科学機材設備が、全国47都道府県警察本部、通信指令課、指令室の隠された一角、通称電波部に存在しているが、全く何処までも国民を馬鹿にした、監視システムが全国に配置されている事が、この国のふざけた恐ろしい現実、国家犯罪であり、これを特定秘密保護法で全て必死に隠し、大手マスコミもグルで「日本で一番のタブー」と言える。

      削除
    2. 現在の政権では警察庁使用の情報収集衛星からの、電磁波による監視、拷問、性犯罪など国民に対する人体実験、虐待の国家犯罪の使用禁止が成立しない。次回の選挙でも同じ政権政党になるなら、マスコミの報道による世論向上が不可欠となる。

      削除
  12. 情報収集衛星使用による国民監視は、宗教団体には直接は不可能だが在日朝鮮人も多い創価学会などは警察組織にも多くはびこり、公明党が与党である為、間接的にこの衛星の使用が可能な立場にあると考える事もでき、手先の暴力組織とも言える創価学会は音声送信の協力のもと、加害者とグルになっての、集団ストーカー行為が十分考えられ警察と創価学会、在日朝鮮人の反日本的志向が見えてくるが、平和ボケした警察も国民も何も考えていなく、カルト国家、日本となってゆく。

    返信削除
    返信
    1. 全国の電磁波による被害者から集団ストーカーの被害を聞くが、あまりにも足並みが揃い先回り迄出来るのは、警察の電波部が思考盗聴し、警察とグルの集ストのリーダー格に音声送信で連絡しているからで、集ストの持込電磁波発生器では、思考盗聴もモニターに裸の映し出しもできない。出来るなら犯罪であり、裸を映し出す機械所持は違法で逮捕され、警察が犯罪者とグルになる訳がなく、仮に違法機材が存在し、金まで払うとしたらグルの警察も共犯となり、集ストと違法機材の所持で、大変な問題となり、知らなかったですまされる事ではなく、集ストとグルの音声送信だけでも問題がある。

      削除
    2. 追伸、持込の電磁波発生器による身体照射は、体に異常を感じれば犯罪であり、この機材で思考盗聴、室内監視もモニターに室内の人間を、写しだせるなら完全に犯罪で、プライバシーの侵害にもなる。

      削除
    3. 2003年、三菱電機エンジニアリングは、狙った特定の人物にだけ、超音波を利用した音声送信のできる機器を、価格140万円で商品化しが、持ち込み可能な小型超指向性音響システムは、当然、創価学会をリーダーとする集団ストーカーに悪用されテロ行為の道具となっているであろう。

      削除
    4. 2000年以降、思考盗聴器はアイ・ビー・エム、東芝、三菱、NEC、ソニーなどにより商品化し販売されており、善用されれば良いが、悪用はテロ犯罪、性犯罪にもつながるが、警察は持ち込みの音声送信器、思考盗聴器の悪用を取り締まらず、精神病呼ばわりする。当然、、人工衛星にも、より性能の優れた機器の搭載が可能となり、全国警察本部を主犯としての、国民を利用した人体実験をするのであれば、集団ストーカーによる悪用は、これをゴマカス為に都合がよく、取り締まりまどせず、逆に管理強制、操作、配金なども辻褄が合う。

      削除
    5. 思考盗聴器は2億3千万円、音声送信器は140万円。 仮に、集ストのリーダー創価学会であれば、簡単に買える金額であり、持ち込み電磁波発生兵器と合わせて使用するならば、テロ行為であり、共謀罪である。

      削除
  13. 創価学会による集団ストーカーの被害者は日本全国となり、被害報告の一例として睡眠中に家の中まで進入され家財道具の破壊、盗難など。電磁波発生器の持込による攻撃、集団での嫌がらせ、警察とグルになってかの、やってもいない暴力行為の虚言による逮捕など。そのほか数多くの被害状況が我々の組織に全国から情報収集衛星の被害と合わせて電話相談が入っており、自殺寸前の女性の救出をした男性までいる。他の人権相談などは監視衛星による電磁波の被害などは、理解できない無知な相談員が統合失調症のきちがい扱いする頭の悪い者が多く、一般国民は国が秘密にし、マスコミが報道をあえてしない為、監視衛星による国民監視、電磁波拷問、実験と称しての裏金造りなど気が付かない者が多い。

    返信削除
    返信
    1. 警察組織、関係者、無知でグルの精神科医、集団ストーカーの馬鹿達、その他、監視衛星による電磁波の被害者を統合失調症の気違い扱いする者が多いが、そういった連中こそ頭の悪い馬鹿が多く、「経験も無い馬鹿がしゃべるな」と言いたくなる。古より天才は頭の悪い馬鹿にきちがい扱いされてきたが、現代の科学についてこれ無い馬鹿はしゃべるな。

      削除
    2. 追伸、創価学会のほか、その他カルト組織の馬鹿達も、集団ストーカープログラムに参加している連中が、多く存在し中には警察、政党、企業などから金までもらっている、ふざけたストーカーも多い。この者達の行いにより、性犯罪等も当たり前のように、横行しているのが現状であり、この世界が犯罪者天国と化してしまっている。微々たる金の為に、人を不幸にして喜ぶ最低の、まともとでない馬鹿な人間達のいる事が、ひどい醜い現実の社会問題となっている。

      削除
    3. 集団ストーカー末端者の日当は、1日1万円、リーダーは3万円以上の金が配金され、金の出所は宗教団体、支持政党、指示企業、警察賞与金などで、情報源は集団ストーカー実行者であり、調子にのり手広くやる程、ボロがでる。警察電波部にしても集団ストーカー全員を、監視衛星からの監視は人員が少なく、警察の国家犯罪の一つでもある集団ストーカーの管理指導も、集ストの人数が多いと難しい。

      削除
    4. 集団ストーカーの一例。
      東京都豊島区西巣鴨の都営住宅の女性被害者。加害者、同住宅、創価学会会員複数による10年以上の犯罪行為と警察の隠蔽工作。女性宅への不法侵入、窃盗、食物毒物混入、暴力による骨折傷害、学会員の機械持込による電磁波照射、警察の衛星による電磁波拷問など創価学会と警察による犯罪がおこなわれていた。

      削除
  14. 情報収集衛星による国民監視、この衛星による電磁波の拷問、性犯罪などを記事掲載した雑誌等は、私の記憶にあるのは、九州の女性社長が発行していた全国版の月刊誌、名前は忘れたが後に社長は白装束の軍団となり死亡するが、この軍団の多くは電磁波の被害者であり、私はこの会社、女性社長と電話連絡をとっていた。他は旭川のタウン情報誌「ライフあさひかわ」で、他は単行本しか記憶に無く、過去、現在において大手マスコミが情けなく思ってしまう。この状況では無知な国民が何も分からなく国に騙されても仕方が無いのかもしれないが、グルになっているマスコミがあるのなら、この国家犯罪はより悪質と言える。

    返信削除
    返信
    1. この国の一番のタブーと言える悪質で卑怯な警察による警察が取り締まれない国家犯罪、法事国家である日本国において取り締まれない犯罪はありえない。警察組織が犯罪を犯している事を、一部の国民が気ずき訴えても、警察に握り潰されるのが現状で、多くの国民が警察を信用しすぎているのが原因である。真実は国民に極秘で行っている警察庁警備局、全国警察本部警備部、公安警察による組織犯罪であり、衛星による電磁波拷問、性犯罪、慰安婦などいつの時代も国家権力を持つ警察は、外面だけは良いが中身は腐っている。この国家犯罪を国が特定秘密保護法で隠し、大手マスコミもグルで隠すため被害者は世論にも潰され、何処にも訴えることができなく、法事国家としてありえない状況である。全てのマスコミがグルではないため、被害者(特に女性の性犯罪)が一致団結協力して被害状況を集団で訴え、マスコミに報道協力していただき、世論向上が不可欠であり、負けて諦めたら一生警察の裏金造りの道具され、慰安婦にされた女性も救われない。女性の性犯罪、慰安婦問題は警備部の秘密組織、電波部がスケベな男性の勃起警察官には、絶対に起こる性犯罪で、電波部の職員は、全員女性にしてしまえば解決する為、関係者全員がこの国家犯罪に加担していないのだから、是非検討していただきたい。

      削除
  15. 情報収集衛星(偵察衛星、スパイ衛星)を使用する者
    警察庁、防衛省、内閣官房(内閣情報調査室)、公安調査庁、外務省、経済産業省、海上保安庁、消防庁、国土交通省(国土地理院)である。

    返信削除
  16. シリカ太郎様、 「インターネット監視法」を検索し、閲覧して下さい。大切な法案が2016年4月15日に、国会で可決しています。

    返信削除
    返信
    1. シリカ太郎様、「ネット監視法(刑事司法改革法案)」法案成立のため、41の投稿記事の削除、抹消してください。宜しくお願い致します。

      削除
  17. 追伸  41の投稿から43に増えました。抹消時期を検討され、よろしくお願いします。

    返信削除
  18. 集団ストーカーのイチミに公明党が発案、組織化した防犯パトロールが、町内会、一般企業、一般法人、公務員、宗教団体などに、公安警察と協力して、情報収集衛星使用の警察の電波部による電磁波と集ストの被害者(ターゲット)を人格破壊目的に、危険人物と街中に噂を広め、在日創価学会の幹部をリーダーとする集スト組織と協力関係にあり、国民征服、全国民管理が最終目的か。

    返信削除
    返信
    1. 創価学会の幹部は、7割が在日で学会から電磁波発生器を配られ、集団ストーカーのリーダーとして、被害者であるターゲットに多大な被害を与える事は、学会脱退者が証言している。

      削除