慰安婦問題について、いろんな報道: 経営破綻したスカイマークが12路線を減便、 経営を圧迫したA330運航を中止に。スカイマーク、民事再生法を申請へ

Translate

2015年1月29日木曜日

経営破綻したスカイマークが12路線を減便、 経営を圧迫したA330運航を中止に。スカイマーク、民事再生法を申請へ

株式会社マイナビ経営破綻したスカイマークが12路線を減便、
経営を圧迫したA330運航を中止に [2015/01/29]
民事再生法の適用を申請したスカイマークは1月29日、都内の本社で
記者会見を開き、経営破綻についての謝罪とともに経営効率化のため
2月から12路線を減便、A330による運航を中止することを発表した。
記者会見には1月28日に辞任した西久保愼一氏に代わり、井手隆司会長と有森正和社長が
謝罪とともに今後の運営について説明。2月からは席数が多く リースなどのコストががかかる
A330の運航を中止する。
そのため、新千歳~仙台/茨城/中部/神戸、中部~那覇、神戸~米子/那覇、
福岡~仙台/茨城 /那覇、那覇~宮古/石垣の12路線で便数を減らし、
1日152便から曜日により1日126~128便に減る見通しとなっている。
那覇~宮古線/石垣線に 関しては、3月29日から運休となる。
スカイマーク、民事再生法適用を申請へ 運航は継続
2015/1/28 18:52日本経済新聞 電子版
 国内航空3位で経営不振が続く東証1部上場のスカイマークが自力での経営再建を断念し、
民事再生法を申請する方針を固めた。
今夜開く臨時取締役会で決議し、東京地裁に申請する。
当面の運航や燃油費などの支払いは継続する。
 負債総額は欧州エアバスから求められている最大7億ドル(約820億円)の損害賠償など
簿外の債務を加えると1千億円超になる見通し。
格安航空会社(LCC)との競争などで業績が悪化し、足元の資金繰りに行き詰まった。
  民事再生法の申請が受理されれば、裁判所が選任する弁護士とともにスポンサーの選定と
再生計画作りに着手する。
再生計画がまとまるまでの運転資金について、投資ファンドであるインテグラル(東京・千代田)がつなぎ融資の実施に名のりをあげており、運航と営業活動を継続する考えだ。
臨時取締役会では西久保慎一社長は退任し、
井手隆司会長が社長に就くことも決議する方針。

0 件のコメント:

コメントを投稿