慰安婦問題について、いろんな報道: 教科書の慰安婦 誤解を招く表現は訂正したい。日本での教科書修正申請に韓国SBS美人キャスターが、わなわなと興奮をおさえつつ伝える・・・

Translate

2015年1月29日木曜日

教科書の慰安婦 誤解を招く表現は訂正したい。日本での教科書修正申請に韓国SBS美人キャスターが、わなわなと興奮をおさえつつ伝える・・・

教科書の慰安婦 誤解を招く表現は訂正したい
2015年01月29日 01時20分 YOMIURI ONLINEホームへ
生徒が使う教科書に、重大な誤解を招く記述があってはならない。
 数研出版が発行する高校の「現代社会」と「政治・経済」の教科書から「従軍慰安婦」と
「強制連行」の言葉が削除されることになった。文部科学省に訂正申請を行い、認められた。
 今年4月から使われる教科書に反映される。
 現代社会で、「強制連行された人々や『従軍慰安婦』らによる訴訟が続いている」
という記述については、
「国や企業に対して謝罪の要求や補償を求める訴訟が起こされた」に改められた。
 戦時中に多くの女性が慰安婦となり、名誉と尊厳を傷つけられたのは事実だ。
 ただし、慰安婦問題の本質は、旧日本軍の強制連行の有無である
これまでに政府が行った調査では、軍による強制連行を裏付ける資料は確認されていない。
 数研出版が、軍により慰安婦が「強制連行された」とも読み取れる紛らわしい記述を
改めたのは、妥当な措置である。
 朝日新聞は1980~90年代前半、韓国で「慰安婦狩り」をしたとする
吉田清治氏の証言を基に、軍が強制連行したなどと報じたが、昨年8月、
「証言は虚偽だった」として記事を取り消した。
 数研出版がホームページで、
「客観的事情の変更」を訂正の理由に挙げたのは、朝日新聞の誤報問題も背景にあるのだろう。
 そもそも、従軍慰安婦は70年代以降、使われるようになった造語だ。
軍属であるかのような誤解を与える不正確な用語を教科書に使うのは、適切とは言えまい。
 慰安婦に関しては、現在、日本史や世界史の多くの高校教科書にも記述が載っている。
 文科省は、政府による調査結果などを踏まえて検定を行っているが、明確な誤りと
認められない限り、修正を求めていない。
 このため、別の教科書会社の日本史の教科書には、
「日本軍に連行され、『軍』慰安婦にされる者もいた」と書かれている。
 戦地に送られた慰安婦には「朝鮮人が多かった」といった記述も見られる。
朝鮮人が圧倒的多数を占めたという従来の定説には、疑問が呈されている。
日本人慰安婦の方が多かったとの説もある
 文科省は昨年、学説が確立されていない場合はその旨を明示し、
政府の統一見解があれば、それに沿った記述をするよう、検定基準を改正した。
各教科書会社には、記述の再点検が求められよう。



※揚げ足取りをするわけじゃないが、ニュース動画からこちらの3人の女性は慰安婦ですかね?
それと、朝鮮戦争時代かなと思えなくもないし、日本軍慰安婦らならビルマあたりですかね
SBS
2015/01/11 20:09
続・慰安婦騒動を考える 教科書修正申請にSBS興奮 
数研出版が「従軍慰安婦」や「強制連行」といった言葉を文科省に申請して
削除した件について、予想通り韓国が沸騰している。

2015年1月9日金曜日
高校教科書:数研出版「従軍慰安婦」「強制連行」を削除

実際は、日本政府が訂正させたのではなく、訂正申請を受理したもの。
数研出版は口を濁しているが、「従軍慰安婦」や「強制連行」といった
イデオロギー色の強い言葉については以前から議論があり、世間の目が厳しくなったことが
影響しているのではないか。
同社は歴史の教科書は出していないので、気兼ねしなけれ ばならないような執筆者が
いないからかもしれない。
もっとも、これが、日本(政府)に対するネガキャンに利用されることは予想出来た。

韓国政府は「国際社会の要求に正面から挑戦する行為」と北朝鮮のような反応。
韓国も国定教科書を止めてから左派系に教育省の長官が訴えられていたりしているのだが
(韓国の教学社教科書騒動については→コチラ)、
同病相哀れむというのはないのだろうか?
SBSは特に過激で、「日本政府は教科書から『慰安婦』という言葉を
計画的に消している」「歴史を修正してきた安倍政権が歴史消去に出た」と。
出版関係者 という요시다(yoshida)なる人物がコメントを寄せているが、
日本人だろうか?今回の修正が出版社側からの要請であることは分かっているので、
SBSも陰謀論で固めるしかなかったようである。
朝鮮日報は「日本政府と極右勢力による圧力のせいだ」と怒ってみせるが、
SBSに比べれば穏当に見える。
YTNの東京特派員は、「日本の教科書慰安婦表現を削除・・・歪曲着々と」というタイトルで、
植村隆記者のインタビューを絡めてレポートしている。
これも、ちょっと紛らわしい報じ方かもしれない。中央日報(日本語版)は意外と冷静。

参考: 教科書検定基準を改正 近現代史で文科省、政府見解を明記(産経 2014.1.17)

0 件のコメント:

コメントを投稿