慰安婦問題について、いろんな報道: 新華社 事件利用して安倍政権批判  「反テロを口実とする政治的な私利強奪だ」とブーメラン記事をだしていたらしい・・

Translate

2015年2月1日日曜日

新華社 事件利用して安倍政権批判  「反テロを口実とする政治的な私利強奪だ」とブーメラン記事をだしていたらしい・・

産経ニュース2015.2.1 19:36更新
【後藤さん殺害映像】 過激組織「イスラム国」
新華社 事件利用して安倍政権批判 
「反テロを口実とする政治的な私利強奪だ」
【北京=川越一】中国国営新華社通信は1日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が
後藤健二さんを殺害したとする映像を公表したことを速報するとともに、
「反テロを口実とする政治的な私利強奪を警戒する」と題する評論記事を配信し、
安倍晋三政権の右傾化を牽制(けんせい)した。
  同通信は、「日本がテロに屈することは決してない」という安倍首相の発言を伝える一方、
首相が人質事件と安全保障法制の改革を結びつけていると指摘。
「自国の公民が海外で危機に遭遇しているのに、自衛隊は能力を十分に発揮する方法が
ないという安倍首相の理論は、まさに安保法制改革が切実で必要と訴えているのだ」と主張した。
 中国の習近平政権は反テロを口実にウイグル族に対する締め付けを強化している。
同通信は自国の現状を棚に上げ、
「今回の人質危機は明らかに、安倍首相が求めている自衛隊の海外派遣問題の突破口を得る
口実になった」と、事件を安倍政権批判に利用している。

【イスラム国殺害脅迫】中国の新華社通信も速報
【仏紙銃撃テロ】中国新華社「報道の自由に制限必要」仏紙編集方針を問題視
日中首脳会談を選ぶ 新華社が十大ニュース 「実際の行動で相互信頼築くよう」要求
“南京虐殺”追悼のスマホ・アプリ 新華社と記念館が運用開始
「安倍首相は偏狭」と批判 鳩山元首相、新華社に
南京大虐殺の遺産申請 中国、2009年から準備 ユネスコ7月に内容公表

2015年2月1日日曜日
29組織が 「イスラム国」支持=過激派のネットワーク拡大。イスラム過激派、ネットの危険性を知り 「ダークウェブ」へ 。朝日の複数記者、外務省が退避要請のシリア入国。習政権、「イスラム国」からの「テロ還流」警戒。韓国人少年がトルコで失踪、ISIS参加の可能性も。 中国人300人余が「イスラム国」参加

0 件のコメント:

コメントを投稿