慰安婦問題について、いろんな報道: 財政再建にアテネ市民は激怒 「国民投票意味ないじゃん!」「チプラスに計画性ない」。【7月3日、オピニオン】ギリシャ危機、金融メディアが語らない10のこと。ギリシャに迫る時間 財務相辞任、EUは譲歩難しく。【ギリシャ国民投票】緊縮反対派圧勝、国家のモラルハザードと破綻の文化 [桜H27/7/6] 。その他、ギリシャ関連

Translate

2015年7月11日土曜日

財政再建にアテネ市民は激怒 「国民投票意味ないじゃん!」「チプラスに計画性ない」。【7月3日、オピニオン】ギリシャ危機、金融メディアが語らない10のこと。ギリシャに迫る時間 財務相辞任、EUは譲歩難しく。【ギリシャ国民投票】緊縮反対派圧勝、国家のモラルハザードと破綻の文化 [桜H27/7/6] 。その他、ギリシャ関連

  10日、アテネで行われた抗議デモで反緊縮を訴える労働組合の男性(AP) 

2015.7.11 19:42更新 【ギリシャ危機】産経ニュース
ギリシャ議会は11日、欧州連合(EU)側に提出した
財政再建策を賛成多数で承認したが、6日前の国民投票が反対多数で
拒否したものよりEUに譲歩した内容。
アテネ市民の間からは「国民投票は無駄だった」と怒りの声も聞かれた。
  元公務員のカラスさん(70)は「EUに残りたいのはみんな一緒。
国民投票をやる意味なんてなかった」と指摘。
広場にいたパパドブロスさん(43)は
「チプラス(首相)に計画性はなく、国民投票はただの時間稼ぎだ。
銀行を閉鎖して危機を演出し、自分が『救世主』になろうとしている」と切り捨てた。
  議会承認を歓迎する意見もある。
「議会では与野党が再建策に賛成した。一部を除き国民が一緒になった。
こうなればギリシャは強いよ」。デニヤニスさん (69)は話した。
タクシー運転手のゾージさん(50)は
「市民は国民投票で増税に反対した。
議会はEUに残るために賛成した」と解説した。(共同)
【ギリシャ危機】ギリシャ国会、再建策を承認 EU側評価は「肯定的」
【ギリシャ危機】破たん怖くなった? 増税、年金削減…ギリシャ、EUに歩み寄り再建策 見返りに7兆2千億円支援要請
【ギリシャ危機】「いつまで…」ため息 行列ATMが日常風景
【ギリシャ危機】12日に合意できなければ「ギリシャは破綻」 支援判断の最終期限、EUが警告
【ギリシャ危機】「EUはチプラス首相を窒息死させる気。圧力に屈しない」 最後通告に反発する“民主主義国家”ギリシャの人々
【ギリシャ危機】「NO!」に踊って喜ぶ若者たち “勝利”の裏に破綻の足音…
 
バルファキス財務相の辞任がEUとの交渉にどう影響するか=AP

ギリシャの国民投票が欧州連合(EU)の求めた緊縮策を拒む結果となり、
財政危機に 直面するギリシャへの金融支援交渉の行方は一段と混迷してきた。
ギリシャはユーロ残留へ新たな金融支援を求める構えだ。
民意を追い風に緊縮緩和や債務減免を求める構えのチプラス政権に、
EUはどこまで譲歩するのか。難しい判断を迫られる。
 ギリシャのチプラス首相は民意を反映し、年金支給の削減といった
緊縮策の緩和や、債務元本の減免を盛り込んだ金融支援を
EUに要請する方針だ。
EUは7日、ブリュッセルで緊急のユーロ圏首脳会議と財務相会合を開き、
ギリシャ側が示す新たな提案への対応を協議する。
 チプラス首相は6日、
EUとの交渉を担当してきたバルファキス財務相の辞任を認めた。
EU側の評判が良くなかった同氏を外し、交渉を前に進める狙いとみられる。
 EUもまずはギリシャのユーロ残留をめざして新たな金融支援策での合意を探る。
ただ、ギリシャの国民投票が否決したEUの緊縮策は、
ギリシャ側に最大限譲歩した内容だ。
さらなる歩み寄りにはユーロ圏各国の反発も予想される。
交渉は難航が避けられない。

 EUとギリシャの神経戦は続く。
 ギリシャの銀行は手元にユーロが無くなりつつある。
欧州中央銀行(ECB)がギリシャの銀行の資金繰りを支えるために
実施している資金供給の額を据え置いているためだ。
 この額が増えなければ6月29日から休業している銀行は営業を再開できない。
ECBは今のところ資金供給額の上積みに応じる気配をみせておらず、
ギリシャの銀行は営業再開をめざしていた7日以降も
休業を続けざるを得ない状況だ。
 ヤマ場は20日のECBが保有する国債(35億ユーロ)の償還だ。
償還資金を手当てできなければ、ECBはギリシャの国内銀行への
資金繰り支援を打ち切るかどうか厳しい判断を迫られる。
 ギリシャとEUが互いに強硬姿勢を崩さなければ交渉が決裂し、
ギリシャのユーロ離脱が早々に現実となりかねない。
 「(ユーロ離脱が)現実的なシナリオになった」(スロバキアのカジミール財務相)。
対ロシアなど安全保障面で要衝にあるギリシャがユーロ圏から離れるのを
許すのは非現実的との見方が根強いものの、ドイツを中心に
ギリシャへの強硬論もくすぶる。
 ギリシャへの金融支援が早急にまとまるには、ギリシャ側がEUと緊縮策で合意し、
財政改革関連の法案を成立させるなど改革実行の確証をEU側にみせる必要がある。
ただ、国民の6割が「緊縮反対」を表明したギリシャ政府や議会が応じる可能性は乏しい。
【ギリシャ国民投票】緊縮反対派圧勝、国家のモラルハザードと破綻の文化
[桜H27/7/6] SakuraSoTV
緊縮財政反対派が圧勝したギリシャの国民投票。
市場への影響と、今後の見通し、そして­今回の事態に立ち至った
原因などについて、渡邉哲也が解説していきます。 

Flickr/MyEyeSees 写真提供:: Flickr/MyEyeSees

【オピニオン】ギリシャ危機、金融メディアが語らない10のこと
Brett Arends 2015 年 7 月 3 日 14:07 JST 
ウォールストリートジャーナル 
ギリシャ人たちが危機に陥っているのは、彼らが怠け者で

借金を踏み倒す連中だからだ、というのは正しいか?
 結局のところ、彼らは1年に10カ月間しか働かず、
14カ月分の支払いを受け取っている。

25歳で引退し、カフェにたむろして
ウーゾ(アニスの香りがするギリシャの蒸留酒)をあおっている。
ドイツからの施しで生活し、税金をごまかす。
欧州委員会、欧州中央銀行 (ECB)、国際通貨基金(IMF)のトロイカが
繰り返し支援しようとしたが、彼らは聞く耳をもたない。
そして今や、極端なリベラルに走り、借り入れたカ ネをびた一文返そうとしない。
 それは正しいか?
 全く正しくない。
 ギリシャ危機について皆さんが教えられているほとんどあらゆるものは、
完全なたわごとである。
以下はその理由だ。

 1.ギリシャ人は既に要請されている以上に緊縮している。
5 年前の救済取り決め以降、ギリシャ政府は支出を削減し、増税し、
そして基礎的財政収支(プライマリーバランス)を240億ユーロの赤字から
30億ユーロの 黒字に転換した。
同国は実際には救済側の要求以上に債務を削減した。
IMF自体が緊縮対策は「どんな基準でみても異例だ」と述べ、
改革面での彼らの「重要な進展」を称賛したのも無理はない。

 2.本当の問題はトロイカの薬が効かなかったということだ。
IMFは当初、緊縮政策を採用すれば、ギリシャは2011年から
「V字型」の経済回復に入ると予測していた。
「信頼感の効果と、市場アクセス再開」が期待された のだ。
だが、現実にはそうではなかった。これらは10年の救済文書から引用したものだ。
IMFは、14年までに経済成長率が3%を超え、
「失業率は12年 までに15%近くでピークになるだろう」と予測した。
何たることだろう。つまるところ、ギリシャ政府が債務を削減する間、
経済は一段と縮小しただけだっ た。

 3.引用される「専門家」の発言は、皆バイアスがかかっている。 
確かに、TVやインターネット上では大勢の賢人たちがあれこれ非難したり
警告したりしている。問題はどこにあるか。
彼らがおおむね金融部門で働いている点 だ。
したがってその関心事は株式、債券、その他の金融資産であって、
アテネやテッサロニキのような諸都市の雇用や
世帯収入など日常生活の実態ではない。
金融は実際に大切かもしれないが、それがすべてではないことは確かだ。

 4.ギリシャは既に破局している。 
わたしにとって開いた口がふさがらないのは、ギリシャはトロイカへの返済を停止したり、
ユーロから離脱したりすれば、経済的な災厄に直面すると別の専門家が主張する時だ。
国内総生産(GDP)は8年間で25%減少した。
輸入は40%減少した。公式の失業率は25%だ。
災厄だって?それは既に発生している。

 5.国というものは、財政緊縮でマネーを「創出」できない。 
ギリシャとトロイカの話し合いは、ギリシャ政府がどれほど増税ないし
支出削減すべきかをめぐって決裂した。
これは「単式簿記」システムの誤りに基づいている。
それでも、広い範囲(尊敬すべき報道機関をも含む)で繰り返されている。
ある国が増税ないし支出削減しても、全体としてマネーを創出しない。
それは、 一つの手から別の手にマネーが移動するだけだ。

 6.本当は、ギリシャのドラクマ再導入は極めて容易だ。
容易でないとする恨み言は、全く偽りだ。
この種の措置は以前にも実行されたことがある。
例えば、ベルリンの壁崩壊後の多くの東欧諸国がそうだ。
当時、IMF とその他国際機関は手を差し伸べたし、新通貨への移行は成功し、
比較的痛みも少なかった。彼らがギリシャを助けるのを拒否するなら、
それは意図的な悪意ある行為だろう。

 7.本当は、ユーロ無しでもギリシャはやっていける。 
英国がそうだし、ポーランドがそうだし、スカンジナビア諸国がそうだ。
アイスランドは自国通貨の管理ができることもあって、
2008年の通貨危機から回復した。
実際、IMFは、ギリシャが今もドラクマを使っていてそれを切り下げてさえいれば、
このような不況を回避できた可能性があると認めている。
ギリシャが ユーロを必要とするという考えはくだらないのだ。

 8.ギリシャだけがこの危機の原因だったのではない。
非は「ダボスの寵児たち」にある。
彼らはお気に入りの「ユーロ」構想を誰にでも売り込んだ。
その中にはユーロは不釣り合いなギリシャなどの国も含まれていた。
これが過去10年間の膨大な債務バブルを膨らませる一因になった。
それ以降、ダボスの寵児たちは自分たちの専売特許の
パンと水と粥(かゆ)という治療食を強く勧めた。
だが、効果は全くなかった。
皆さんは、ダボスの寵児たちが自分たちのこの治療法を
自分で試そうとするほど間抜けでないことに気づくだろ う。
ブリュッセル、フランクフルト、ロンドン、ワシントンでは、
食事のメニューはこのような治療食ではなく、ロブスター・テルミドール、
オイスター・ロックフェラー、そしてシャトー・ディケムだ。

 9.パニックになるな。 
今回のギリシャ危機は他の世界にとって大きな問題にならないはずだ。
ギリシャ経済の規模は米アラバマ州のそれと同じくらいだ。
市場は既にギリシャの金融資産の大半を償却している。
ギリシャ危機が「伝染」するのは、
海外の政策担当者がそれを放置した場合だけだろう。
わたしは良いパニックを好む人がいることは評価しているが、 
彼らは気持ちを落ち着かせる必要がある。

 10.トロイカの提案する「治療薬」は無意味だ。 
トロイカが提案するように、ギリシャは年金制度を改革すべきか?
課税基盤を広げて簡素化すべきか?
港湾を民営化すべきか?確かに。よろしい。
しかし、これらはどれも100万人規模の人々を職に復帰させ、カネを稼がせ、
消費させるのに全く助けにならない。
弾丸による負傷を「食事と定期的な運動」で治療しようとするようなものだ。
それらの処方が悪いのではない。完全に的外れなのだ。
(筆者のブレット・アレンズはマーケットウォッチのコラムニスト) 
原文:Opinion: 10 things they’re not telling you about the Greek crisis
2015/07/01 16:47 【共同通信 
1日の東京株式市場は、日銀の企業短期経済観測調査(短観)発表で
景気回復が続くとの期待感が高まり、日経平均株価(225種)は続伸した。
アジアの株式市場が総じて堅調だったことも支えになり、
上げ幅は一時100円を超えた。
 終値は前日比93円59銭高の2万0329円32銭。
東証株価指数(TOPIX)は6・01ポイント高の1636・41。
出来高は約21億6600万株。

 朝方は、日銀短観で大企業を中心に景況感が改善した点を好感した
買い注文が先行したが、国際通貨基金(IMF)への返済が延滞した
ギリシャ財政危機の混迷が重しとなり、狭い値幅でもみ合う場面もあった。 

ギリシャ:「延滞状態」 事実上の債務不履行 IMF表明
毎日新聞
 2015年07月01日 東京夕刊
【ロンドン坂井隆之、ワシントン清水憲司】国際通貨基金(IMF)は
6月30日(日本時間7月1日午前)、ギリシャに対する融資
16億ユーロ(約 2200億円)が返済されなかったと発表した。
IMFは「(ギリシャからの返済は)延滞状態」と表明。
ギリシャは事実上の債務不履行(デフォルト)状態に 陥った
欧州連合(EU)は30日夜、ギリシャ向け金融支援を延長せず、
打ち切ることを決定、ブリュッセル時間1日午前0時
(日本時間午前7時)で支援を終了した。
 IMFは、ギリシャ政府からの返済が「延滞状態」に陥ったことを明らかにし、
延滞分を返済しない場合、ギリシャは
「IMFから新たな支援を受けられない」(IMF報道官)と表明した。
また、ギリシャから同日、返済期限の延長要請があったとして、
理事会で取り扱いを検討する方針も明らかにした。
IMFに対する延滞例としては、ジンバブエやスーダンなどがあるが、
先進国では初めて。公的機関であるIMFに対する延滞は、
民間の銀行や投資家への
返済ができなくなるデフォルトとは区別されているが、
借金を返済できない状態であることに変わりはない
 一方、ギリシャ政府はEUに対し、
2年間で290億ユーロ(約3兆9500億円)の金融支援と
債務の再編を要請。
債権団からIMFを外し、ユーロ圏単独での支援を求めた。
EU側が求めている年金支給額の削減や付加価値税
(日本の消費税に相当)増税などの緊縮策への対応は明らかにしていない。

 EUのデイセルブルム・ユーロ圏財務相会合議長は会合後、
CNNのインタビューに対し、
「ギリシャ政府は(EUなど債権者側の財政再建案への賛否を問う)
国民投票について、依然として『ノー』のキャンペーンを行っており、
建設的な議論は期待できない」と指摘した。

 ただ、ギリシャ側が新たな提案を提出する意向であるとして、
1日午前にユーロ圏財務相会合を再招集することを明らかにした。
しかし、デイセルブルム氏は
「新たな支援プログラムは現行支援より厳しい条件が必要になる。
簡単ではない」と厳しい認識を示した。

IMF、ギリシャ監視継続=「支援用意」も-ラガルド専務理事 
(2015/06/29-17:11)
【ワシントン時事】30日が返済期限日となるギリシャの国際通貨基金
(IMF)向けの債務は15億ユーロ(約2000億円)。
返済できなければ、ギ リシャが
実質的なデフォルト(債務不履行)に陥る公算は大きくなる。
IMFのラガルド専務理事は28日声明を出し、金融市場の混乱を避けるため、
ギリシャ などを監視し、「必要に応じて支援する用意がある」と表明した。

【特集】ギリシャ債務危機現地リポート~国民の1割が公務員の国~
 債務はIMFが2012年に決定した総額280億ユーロの支援融資の一部。
ギリシャは欧州連合(EU)などから金融支援の延長を受け、
返済に充てる意向だった。
しかしEUなどとの支援交渉は決裂が差し迫り、資金繰りの見通しがついていない。
  IMFはギリシャが返済期限やEU側の要求を無視し、
7月5日に財政緊縮への賛否を問う国民投票を行うと言い出した時点で、
返済を受けるのは困難と判断したようだ。
ラガルド専務理事は28日、「失望」を表明するとともに
「今後の数日が明らかに重要になる」と訴え、
ギリシャとEUに混乱の回避に向け、連携を促した。
ギリシャ債務不履行への懸念が広がった29日の東京株式市場は、
日経平均株価が今年最大の下げ幅(596円安)で取引を終えた。
朝方から全面安の展開となり、値下がり幅は一時、600円を超えた。
 日経平均の終値は、先週末より596円20銭(2・88%)安い
2万0109円95銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX
(東証株価指数)は42・21ポイント(2・53%)低い1624・82。出来高は25億3千万株。
 朝方から輸出関連などすべての業種で売り込まれた。
午後になると、為替が対ドルで円高に振れ、
アジアの株式市場も軒並み下落した流れを受け、
投資家心理が悪化。東京市場も値下がり幅を拡大させた。
ギリシャ支援打ち切り 週明けから銀行休業で混乱拡大か
06/29 04:56 FNNnewsCH

深まるギリシャ危機、今後予想されるシナリオ
2015年 06月 29日 13:21 JST  ロイター
[ブリュッセル 28日 ロイター] - ギリシャ支援をめぐる同国政府と
債権団の話し合いは決裂し、ギリシャ政府は30日を期限とする
国際通貨基金(IMF)への16億ユーロの返済が不履行に陥る恐れがある。

今後予想されるギリシャ問題の展開をまとめた。

◎30日以降の動き
ギリシャはIMFへの返済ができない恐れがあるが、

ユーロ圏当局者からはIMFがギリシャ政府に対して
即座に債務不履行を宣言せずに
返済遅延にとどめると期待する声が出ている。
その場合、ユーロ圏と欧州中央銀行(ECB)は、

ギリシャはテクニカル的には債務不履行ではないと主張することが可能で、
他の貸し手が返済を要求する状況を回避し、
ECBはギリシャの銀行への資金提供を継続する余地が得られる。

◎ECBの緊急流動性支援
ECBは28日、ギリシャの銀行に緊急流動性支援(ELA)を提供し、

支援を続けることを決めた。
ECB当局者は、ギリシャの銀行が十分な担保を保有する限り
支援を継続すると示唆している。
しかしギリシャがIMFへの返済で明確に不履行に陥り、

ユーロ圏から金融支援を受けられる見通しが立たなければ、
ギリシャの担保の価値は大幅に低下してELAは打ち切られる。

◎ECBが保有するギリシャ国債の扱い
ECBは同行が保有するギリシャ国債35億ユーロ相当が償還期限を迎える

7月20日まで支援の撤回を先送りする道を選ぶかもしれない。
ギリシャがこの期限に支払いができなければ、ユーロ圏の
支援を受けずに財源を見付けることは不可能で、
ECBがギリシャ 銀に資金を提供するのは難しくなる。

◎IOU導入とユーロ圏からの段階的離脱
ギリシャの銀行セクターは、ECBからの支援がなければ

経営破綻に陥り、政府は国内での支払いを賄うためにIOU(借用証書)など
通貨の代替手段を導入せざるを得ない。
ユーロに代わる支払いの代替手段がギリシャの新通貨となる可能性もある。

ギリシャが2種類の通貨をどの程度維持できるか、
維持するつもりかはっきりしないが、
IOUはすぐに大幅な減価に見舞われるだろう

◎EU提案めぐる国民投票
ギリシャはキャッシュが不足して資本統制が導入され、

社会不安の起きる恐れがある状態の中、7月5日 にEUが提示した
財政改革案の受け入れの是非を決める国民投票を実施する。
政府は債権団の要求を拒否する方向に世論を誘導している。
ギリシャやユーロ圏の 政治家の一部は、
投票はユーロ離脱の是非を問うに等しいものだとみている。

◎EUの財政改革案が承認された場合
債権団側が追加支援の条件として示した提案が国民投票で支持されれば、

ギリシャ政府は国際的な貸し手 に第3弾の支援計画を求め、
交渉しなければならない。
当局者によると、その場合は先週末に決裂したよりも厳しい話し合いになり、
数週間あるいは数カ月を要する可能性があるという。 

ギリシャ国内の銀行休業、首相「預金は安全」
2015年06月29日 13時09分
【アテネ=青木佐知子】ギリシャのチプラス首相は28日夜、テレビ演説を行い、
国内の銀行について、29日から
預金引き出しや送金を制限する資本規制を行うと発表した。 
  これに合わせて銀行も休業させる。チプラス氏は
「預金は安全だ。給与や年金の支払いは保証される」と強調したが、
市民生活や経済活動が打撃を受けるのは必至とみられ、
国内では現金自動預け払い機(ATM)に長い列ができるなど不安が広がっている。

 チプラス氏は演説で、27日の欧州連合(EU)のユーロ圏財務相会合で
ギリシャが要請した金融支援の延長が拒まれたことから、
「ギリシャの中央銀行は、銀行の営業停止と引き出し制限の提案を迫られた」
と説明した上で、国民に冷静な対応を呼びかけた。
支援延長の拒否については、
「民意を脅かし、(7月5日に予定する)国民投票の円滑な実施を阻むものだ」と批判した。

27日、ドイツ議会でシュタインマイヤー外相と談笑するメルケル首相(右)=AP
日本経済新聞ギリシャ支援延長、独議会が承認
ユーロ圏も正式決定へ 
2015/2/27 21:03
【ベルリン=赤川省吾、ブリュッセル=御調昌邦】ドイツの連邦議会(下院)は27日、
ギリシャへの金融支援を4カ月延長する案を賛成多数で承認した。
ドイツ以外の国の手続きを経て、ユーロ圏は同日午後にも支援延長を正式決定する。
ギリシャ問題を巡る同国と欧州連合(EU)の交渉はひとまず収束するが、
4月末に向けて再び激しい攻防が繰り広げられる可能性がある。
ドイツやエストニアなど一部の国ではギリシャ支援の延長について
国会承認が必要となっていた。
EUでは24日にユーロ圏の財務相らが電話協議を実施し、延長で合意している。
最大の焦点だったドイツ連邦議会では542票の賛成票に対し、
反対が32票、棄権が13票だった。
メルケル政権を支える二大政党のほか、欧州統合に積極的な緑の党など
大半の野党議員も賛成に回った。
 ショイブレ独財務相は採決に先だって議会で演説し、
「欧州が結束できるように、あらゆる手段を講じるべきだ」と主張した。
「欧州は運命共同体」とも語り、ギリシャを失えば欧州の未来が揺らぐと訴えた。
すんなりとギリシャの支援延長が決まったかのように見えるが、
ドイツ政界に不満はくすぶる。
特にメルケル首相が率いる保守系のキリスト教民主同盟 (CDU)で批判が強い。
改革に後ろ向きなギリシャのチプラス政権を支えるのはドイツの納税者に
説明がつかないという理屈からだ。
 ショイブレ財務相も、そこは意識している。「ギリシャの信頼はかなり失われた」とも話し、
EUに公約した改革案を順守するようにクギを刺した。
 ドイツなどの議会承認を受け、
EUのギリシャ支援の主体で、ユーロ圏19カ国で構成する
「欧州金融安定基金(EFSF)」は27日午後にも、
ギリシャ向け金融支援の4カ月延長を正式に決定する予定だ。
 火種は残る。EUとギリシャは4月末までに
同国の財政構造改革案の詳細について合意することになっている。
ギリシャはEUに改革の1次案を提出し、了承を受けているが、中身が
非常に曖昧であることは否めない。
  EUとともにギリシャを支援している国際通貨基金(IMF)の
ラガルド専務理事は書簡で同改革案について「概して明確ではない」と指摘した。
年金、付加価 値税(消費税に相当)、行政改革など多くの分野について具体化が
必要との認識を示した。
EUも4月末に向け、必要な法的措置や財政面の影響を含む具体的な 内容を
要求するとみられる。
 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は25日、2月上旬に停止した信用力の低い
ギリシャ国債を担保とした資金供給の特例を復活させる可能性に言及した。
ギリシャの改革姿勢などを見極める方針も強調した。

ギリシャ紙「ナチス軍服姿の独財務相」風刺画
2015年02月14日 19時58分 YOMIURI ONLINEホームへ
【ベルリン=工藤武人】ギリシャでチプラス政権を支持する地元紙が今月8日、
ドイツのショイブレ財務相にナチス・ドイツ時代の軍服を着せた風刺画を掲載し、
独政府が反発している。

 チプラス政権は、債務問題で欧州連合(EU)に緊縮策を伴う現行の支援制度廃止などを
提案しているが、EU側は同政権に緊縮財政路線の継続を求めている。
ギリシャ国内では、緊縮財政の要求で主導的立場のドイツに対する批判が強く、
風刺画もその一環とみられる。

 独財務省の報道官は13日の記者会見で、「報道の自由は支持する」と前置きしつつも、
「風刺画は不快で作者は恥を知るべきだ」と非難した。 

ロシア下院議員ら、
ドイツから戦争の賠償金求めるチーム結成

2015年02月12日18:35
ロシア議会下院に
議員らの作業グループが結成された。
その目的は、大祖国戦争中にソビエト連邦が
ドイツから受けた損害を計算することだ。
イズヴェスチヤ紙火曜版によれば、
計算が終わったら、その金額をドイツに伝え、賠償金支払い義務を帯びさせる計画だという。
この議員らによれば、ドイツはソ連に対し、大祖国戦争中の破壊と蛮行について、
ほとんど何らの賠償金も支払っていない。
そして今になっても「ドイツはEUの不法な制裁を焚きつけ、ロシアに損害を与えている」。
この動議の大本であるロシア自民党最高評議会によれば、ドイツがソ連の継承国たる
ロシアに支払わねばならない賠償金総額は3-4兆ユーロを超える。
ロ シアの専門家によれば、この要求は無根のものではないが、賠償金の支払いは
国家間の条約に則ってのみ可能であり、終戦70年後に賠償金というのは非現実的 である。
先にギリシャのツィプラス新首相がドイツへの賠償金請求を行う可能性があると述べた。
ドイツは何らの支払いも行わない旨をすでに述べている。
No 741831
Kosuke Yamakawaギリシャ「緊縮財政やめたいからナチスの損害賠償22兆円払えよ」
独「え…」  国際 公開日:
ギリシャ総選挙で野党シリザが第1党となったことに伴って、欧州連合(EU)などに
緊縮策の見直しを求めていることで、ギリシャ側が、第二次世界大戦中のナチス・ドイツによる
占領期の損害賠償を求めていることがわかった。
関連記事:ギリシャ総選挙で野党シリザが第1党に:EU全体に影響をもたらす重大な結果に?
関連記事:衝撃、ギリシャの自殺率が36%も増加:経済危機による財政緊縮の後に
なぜ今更?
これは、10日におこなわれたギリシャ・コジアス外相とドイツ・シュタインマイヤー外相で
話題となったもの。これまでにもギリシャ・チプラス首相は、就任前から緊縮策の脱却と
合わせて、ナチスによる占拠への損害賠償を主張してきた。
ギリシャでは、EUの主要国であり、金融危機に際して多額の支援を行ったドイツが
緊縮策の実行を強く求めていることに、反発が強まっている。
こうした中で、緊縮策の見直しを求め、ドイツに対して強い姿勢を見せるチプラス首相へ
支持が集まった。
これに対して、「すべての賠償問題は法的に解決している」という立場のドイツ国内からは、
緊縮策を諦めてギリシャ国外から金を取ろうとする行為であるとして批判が高まっている。
ナチスによるギリシャ占拠
第二次世界大戦中、ナチスドイツ1941から44年までギリシャを占領した。
ギリシャ本土はドイツ、イタリア、ブルガリアの三国で分割占領されることとなり、
その厳しい占領政策によって多数の死者が出た。
これに対しては、旧西ドイツ時代の1960年に、ナチス時代の不法行為に対する補償として
ギリシャに1億1500万マルク(約97億7500万円: 当時)を支払う協定が結ばれている。
また1990年にはドイツ統一によって、東西ドイツが旧連合国の米英仏ソと条約を
調印しており、ここから「請求権問題 は解決済み」という立場が示されている。

2015/02/11 ザ・ボイス 長谷川幸洋 ニュース解説

臨時ユーロ圏財務相会合開催へ

北朝鮮、米国で対日訴訟 米弁護士平壌に招聘
015/02/10  Hazama Hisatake 続・慰安婦騒動を考える 
当然、これは北朝鮮が国家として進めている訴訟、というより政治的なプロジェクトだろう。
それに協力するアメリカの人権派弁護士。
本当に人権の為にやって いるのかどうか・・・。
オーストリア政府に日本の戦争犯罪清算のための資料提供を要請と。
オーストリア軍人もドイツ兵として第二次大戦を戦ったはずだが、 彼らはドイツに対して
謝罪とか賠償とか言っているのだろうか?
アメリカで訴訟を起こすというのに、アメリカ軍の問題については持ち出さない不思議。

これは韓国系にも言えることだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿