慰安婦問題について、いろんな報道: エジプト軍、空爆は「リビア軍と連携」  アフリカまで広がる「イスラム国」脅威

Translate

2015年2月16日月曜日

エジプト軍、空爆は「リビア軍と連携」  アフリカまで広がる「イスラム国」脅威

産経ニュース2015.2.16 23:17更新
エジプト軍、空爆は「リビア軍と連携」 
アフリカまで広がる「イスラム国」脅威
【カイロ=大内清】エジプト軍は16日、隣国リビアにあるイスラム教スンニ派過激組織
「イスラム国」の訓練キャンプや武器庫をリビア軍と連携して空爆したと発表した。
これに先立つ15日、同組織に忠誠を誓う武装勢力が、リビア国内で出稼ぎのエジプト人
キリスト教徒21人を殺害したとする映像をネット上で公開したことへの報復。
シリア・イラクでのイスラム国本体のほかにも、中東・北アフリカ各地で傘下組織の脅威が
高まっていることが改めて裏付けられた形だ。


 エジプトがイスラム国系への空爆で他国に介入したのは初めて。
今後、エジプトも参加する対イスラム国有志連合の戦線拡大につながる可能性もある。
 アラブ・メディアは東部デルナが空爆対象になったと報道、リビア軍も16日、
中部シルトなどを空爆したと発表した。
エジプト国営放送は、一連の空爆でイスラム国側戦闘員40~50人が死亡したとしている。
 イスラム国は今月発行のオンライン機関誌で、キリスト教の一派、
コプト教徒のエジプト人21人をシルトで拘束したと公表していた。
全員殺害されたかはただちに確認できないが、映像には人質らが並んでひざまずかされ、
首を切断される様子が写っている。
【イスラム国】「アラブの春」が裏目? 事実上「内戦」のリビアが格好の標的に
エジプト、リビアの「イスラム国」系施設を空爆 キリスト教徒「大量殺害映像」に報復
武装組織撤収求め決議 イエメン情勢で安保理
リビア難民、流入相次ぐイタリア 救助の半面、テロリスト潜入警戒
エジプト人人質を大量殺害、「イスラム国」系武装勢力が映像流す
リビア中部のラジオ局占拠 「イスラム国」支持勢力か 

2015年2月10日火曜日
「米空爆情報は得ている」アサド大統領。ヨルダン・アブドラ国王が空爆参加という情報は(やはり)誤報。ヨルダン・アブドラ国王、自ら戦闘機を操縦し「イスラム国」空爆に参加か―米メディア。日本人大学生 シリアへの渡航を計画
2014年12月8日月曜日
イスラエル:「シリア空爆」報道 首都の国際空港と郊外。 ウクライナ巡りロ大統領、国境付近の軍に撤収命令?・・・。イスラム国で韓国人隊員も活動 CNN。米軍、ウクライナで合同演習へ 地上部隊200人派遣検索キーワード「イスラム国」に一致する投稿を関連性の高い順に表示

0 件のコメント:

コメントを投稿